21g
rating: +41+x
blank.png

魂なる物があるのかという問題は、古くから論じられてきた。あると言う者も数多くいるし無いと言う者も同じほどいる。その答えは今に至るまで出ていない。

ある病院に一人酔狂な男がいた。彼は人間が死ぬときに何が失われるのかを知りたがった。彼はホスピスに赴き、患者が死にかける度にベッドごと患者を秤に乗せた。そして患者が死ぬと秤の針を読んだのだ。

秤の針は21gの減少を示していた。男は頷き記録を取った。数年後、記録は世界に公表された。

ある時誰かがある疑問を持って実験をした。人が死ぬ時何かが失われるのなら、それはどれほどの量があるのだろう?結果は21g。人が死ぬ時失われる物には21gの重さがあった。財団の介入は間に合わず、事実はみるみるうちに広まった。その実験は杜撰で稚拙で信憑性など少しも無い。後手に回った財団によりそんな評価が広がってなお、人はそれを魂の重さだとして伝えていった。

財団に一人酔狂な男がいた。彼はその実験を面白がった。彼は隠蔽に奔走する同僚を尻目に病棟に赴き、ベッドを巨大な秤に乗せて患者が死ぬのをじっと待った。そして患者が死ぬと秤の数字を読んだのだ。

秤の数字は21gの減少を示していた。男は頷き記録を取った。記録は財団のデータベースにしまい込まれた。

時代が変わり、死そのもの━━タナトマが抽出されるようになると、この見方は段々と変わっていった。人が死ぬ時に失われる物。タナトマがその条件を見事に満たしていたからだ。それまでの俗説は駆逐され、21gとはタナトマの重さであるという新たな俗説が広まっていった。この俗説は概ね正しい。けれどその裏側には隠された事実が存在する。

あるところに一人酔狂な男がいた。彼はその実験を面白がった。けれど真似するだけではつまらない。彼は考えた末にタナトマを抜いた後の人間の重さを計ってみようと思いついた。できる限り精度の高い企業を選んで依頼し、彼は準備を整えた。可能な限り全てのタナトマの抽出を受け、タナトマが抽出されると彼はその場で秤に乗った。

人が死ぬときに失われる重量は確かに21gだ。抽出されたタナトマの重さもそれを超えることはない。財団はそれをよく知っている。けれど、全てのタナトマを抽出した時に人から失われるものの重さは━━

秤の数字は42gの減少を示していた。男は瞬き、注射器のタナトマを秤に乗せた。タナトマは21g。42-21=21。21gの重量がこの空間から失われていた。

21g。それは人が死ぬ時失われていく何かの重さ。それは人から取り出した、死そのものの持つ重さ。そしてそれは、タナトマと共に取り出され、どこかに消えた何かの重さ。その重量が指しているのが何なのか、男はきっと知っていた。

━━タナトマよりも21g魂の重さ だけ大きいのだ。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。