3.14
rating: +6+x

ピッ、ピッ、ピッ

「邪魔をするな。」

ピッ、ピッ、ピッ

「聞こえてるから、静かにしてろ。」

ピッ、ピッ、ピッ

「あぁいや先生、気にしないでくれ。私は彼と長い人生を共にすごしてきた。慣れてはきたがこいつの機嫌の悪さは変わらない。こいつが時々私を傷つけて、私の周りの人々を殺してしまうのも、もうどうしようもないことだ。」

ピッ、ピッ、ピッ

「ああ、彼は悪意を持ってやってるのではない、合理的にやってるんだ。多くの科学者がこいつの事を賢くないと言っていたが、それはデタラメだ。私は本物の科学者だからわかる。やつら科学者は馬鹿だ。97%確信した。」

ピッ、ピッ、ピッ

「ああ、確かに。もちろんその場合はカウントされない。そんなことが彼に出来るわけない…くそ!くそ!今見たか?私を殴ってきた。理由もなく。ただ議論が途切れただけなのに。こいつはいつもそうだ!すぐに戻ってくる!」

ピッ、ピッ、ピッ、ピッ、ピッ、ピッ!

『やめてください!彼を殺す気ですか?』

「ああ、すまない。気にしてはいけないとはいえども、いつも怖いのだよ。彼に脅しを言えるような度胸は私にはない。」

『…それだけですか?』

ピッ、ピッ、ピッ

「ああそうそう、彼に簡単な足し算の問題をだしたら10秒以内で答えてくれる。」

『え、じゃあ2+2は?』

ピッ、ピッ、ピッ、ピッ

『素晴らしい!素晴らしいですがドクターF、あなたの言う"賢い"彼に財団の番号を与え、爆発物がついた首輪をつけさせてるというのに私に 「若い巨乳の技術者のペアと実験用の個室」を要求するのあんまりではないでしょうか。他に言うことがなければ、ご退出を願います。 違う技術者を寄越すようにします。』

ピッ、ピッ、ピッ

『次の方、入ってきてください!』

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。