SCP-7000 - 企業的神格化
rating: +18+x
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        top: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 5;
        font-family: 'Nanum Gothic', san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888;
        background-color: #fff;
        border-radius: 3em;
        color: #888;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    #top-bar .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    #top-bar .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -20em;
        width: 17.75em;
        height: 100%;
        margin: 0;
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        background-color: rgba(0,0,0,0.1);
        transition: left 0.4s ease-in-out;
 
        scrollbar-width: thin;
    }
 
    #side-bar:target {
        left: 0;
    }
    #side-bar:focus-within:not(:target) {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        margin-left: 19.75em;
        opacity: 0;
        z-index: -1;
        visibility: visible;
    }
    #side-bar:not(:target) .close-menu { display: none; }
 
    #top-bar .open-menu a:hover {
        text-decoration: none;
    }
 
    /* FIREFOX-SPECIFIC COMPATIBILITY METHOD */
    @supports (-moz-appearance:none) {
    #top-bar .open-menu a {
        pointer-events: none;
    }
    #side-bar:not(:target) .close-menu {
        display: block;
        pointer-events: none;
        user-select: none;
    }
 
    /* This pseudo-element is meant to overlay the regular sidebar button
    so the fixed positioning (top, left, right and/or bottom) has to match */
 
    #side-bar .close-menu::before {
        content: "";
        position: fixed;
        z-index: 5;
        display: block;
 
        top: 0.5em;
        left: 0.5em;
 
        border: 0.2em solid transparent;
        width: 30px;
        height: 30px;
        font-size: 30px;
        line-height: 0.9em;
 
        pointer-events: all;
        cursor: pointer;
    }
    #side-bar:focus-within {
        left: 0;
    }
    #side-bar:focus-within .close-menu::before {
        pointer-events: none;
    }
    }
}


/*
 
    AZASTYLE CSS
    [2022 Wikidot Theme]
    By Azamo
 
    Based on:
       BLANKSTYLE CSS by HarryBlank, Placeholder McD
 
*/
 
@import url('https://fonts.googleapis.com/css2?family=Fira+Code:wght@400;700&display=swap');
 
@import url('https://fonts.googleapis.com/css2?family=Inter:wght@500&display=swap');
 
:root {
   --header-title: "SCP FOUNDATION";
   --header-subtitle: "SECURE - CONTAIN - PROTECT";
   --accent: 10, 10, 10;
   --logoimg: url(https://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/theme%3Apaperstack/lgtrans.png);
}
 
/* Disables BLANKSTYLE fade-in */
/* --- */
@keyframes fadeIn {
   from {
      opacity: 1;
   }
   to {
      opacity: 1;
   }
}
/* --- */
 
/* MAIN */
 
body {
   color: black;
   background-image: linear-gradient( to bottom, rgba(var(--accent), 0.25), #ffffff 70px, #ffffff 100px, #ffffff 100%);
}
 
 ol li {
     margin: 0 0 1em;
}
 ul{
     margin:1em 0;
}
 li, p {
     line-height: 1.6;
     text-underline-offset: 40%;
}
 
div#extra-div-1 {
   background-image: var(--logoimg);
   opacity: 75%;
}
 
#header h1 a::before {
   font-size: 1em;
   -webkit-text-stroke: 2px black;
}
 
#header h2 {
   margin-top: 0.9rem;
}
 
#main-content {
   top: -0.5rem;
}
 
#top-bar div.open-menu a {
   border: none;
   background: rgb(var(--accent));
   color: white;
}
 
#top-bar,
#top-bar a {
   top: 10rem;
   font-weight: bold;
   color: black;
}
 
.mobile-top-bar {
   left: unset;
}
 
#page-content .divider > hr,
div.paper hr {
   background: transparent !important;
   border-top: double 4px black;
}
 
#side-bar {
   background: white;
}
 
#side-bar .side-block.media,
#side-bar .side-block.resources,
#side-bar .side-block {
   border: solid 2px black;
   background: rgb(var(--accent));
   background: linear-gradient(0deg, rgba(var(--accent), 1) 0%, rgba(var(--accent), 0.8) 100%);
}
 
#side-bar .side-block.resources a,
#side-bar .side-block a {
   color: white;
}
 
#side-bar .collapsible-block-folded {
   text-align: center;
}
 
#side-bar .collapsible-block-unfolded-link {
   border-bottom: solid 1px white;
}
 
#side-bar .collapsible-block-unfolded-link .collapsible-block-link:hover {
   color: white;
}
 
#side-bar .heading {
   color: #ffffffc2;
   border-color: white;
   text-transform: uppercase;
   font-family: 'Montserrat', sans-serif;
}
 
#side-bar .menu-item.small {
   color: #ffffffc2;
}
 
/* ----------------- */
/* CONTENT */
 
::selection {
   background: rgb(var(--accent));
   text-shadow: none;
   color: white;
}
 
.scp-image-block .scp-image-caption {
   background-color: black !important;
   color: #ffffff;
   margin-top: 10px;
}
 
.scp-image-block {
   border: none;
}
 
.scp-image-block img {
   border: solid 1px black;
   box-sizing: border-box;
}
 
.scp-image-caption a {
   color: #ec7f8f;
}
 
.blockquote,
div.blockquote,
blockquote {
   border: solid 1px grey;
}
 
.table1 .blockquote,
.table1 div.blockquote,
.table1 blockquote {
   background: rgb(224, 255, 212);
}
 
.table2 .blockquote,
.table2 div.blockquote,
.table2 blockquote {
   background: rgb(226, 244, 255);
}
 
.table3 .blockquote,
.table3 div.blockquote,
.table3 blockquote {
   background: rgb(255, 245, 189);
}
 
.table4 .blockquote,
.table4 div.blockquote,
.table4 blockquote {
   background: rgb(255, 203, 148);
}
 
.table5 .blockquote,
.table5 div.blockquote,
.table5 blockquote {
   background: rgb(255, 207, 207);
}
 
.table6 .blockquote,
.table6 div.blockquote,
.table6 blockquote {
   background: rgba(255, 218, 255);
}
 
#page-content a.collapsible-block-link:not(.licensebox a.collapsible-block-link, .info-container a.collapsible-block-link) {
   font-weight: 600;
   color: white;
   padding-top: 4px;
   padding-bottom: 4px;
   padding-left: 7px;
   padding-right: 9px;
   background: rgb(var(--accent));
   border-radius: 6px;
   margin-top: 10px;
   margin-bottom: 12px;
}
 
tt,
.page-source,
pre {
   font-family: 'Fira Code', monospace;
}
 
.paper {
   border: solid 1px grey;
   padding: 3rem 1.5rem 1.5rem 1.5rem;
   margin: 1.3rem auto 1.3rem auto;
}
 
.quote {
   margin: auto;
   width: 90%;
   border: solid 3px #a6864c;
   background: #fff3cc;
   padding: 0.5rem 0.5rem 0.5rem 1rem;
}
 
.box {
   background: white;
   border: double 3px black;
   padding: 0.7rem;
   margin: 1rem auto 1rem auto;
   width: 80%;
}
 
.accentbox {
   background: rgba(var(--accent), 0.9);
   color: white;
   border: solid 4px black;
   padding: 0.5rem 0.8rem 0.5rem 0.8rem;
   margin: 1.5rem auto 1.5rem auto;
   width: 80%;
   text-indent: 8px;
}
 
h1, h2 {
   color: rgb(var(--accent));
}
 
.authorlink-wrapper > a {
   background: white;
   font-weight: bold;
   border: solid 1px black;
   padding: 0 4px 2px 6px;
}
 
.authorlink-wrapper > a::before {
   color: black;
}
 
.authorlink-wrapper {
   margin-top: 1px !important;
}
 
.info-container {
   --barColour: rgba(var(--accent), 0.8);
   --linkColour: white;
}
 
.anom-bar-container, .anom-bar-container * {
   font-family: 'Montserrat', Inter, sans-serif !important;
}
 
.acs-extra-1, .acs-extra-2, .acs-extra-3, .acs-extra-4 {
   font-family: 'Montserrat', Inter, sans-serif !important;
}
 
.sidebox th {
   color: white;
   background: rgb(var(--accent)) !important;
   font-family: 'Montserrat', Verdana, sans-serif;
}
 
.bt {
   font-family: 'Montserrat', Verdana, sans-serif;
   font-weight: bold;
}
 
/* ----------------- */
/* MISC */
 
.page-options-bottom {
   display: flex;
   flex-direction: row;
   flex-wrap: wrap;
   align-content: center;
   justify-content: center;
}
 
.page-options-bottom a {
   margin: 3px;
   color: white;
   background: rgba(0, 0, 0, 0.8);
   background: linear-gradient(0deg, rgba(var(--accent), 1) 0%, rgba(var(--accent), 0.8) 100%);
   padding: 7px 15px 7px 15px;
   text-decoration: none;
   font-size: 90%;
}
 
.page-options-bottom a:hover {
   background: rgba(var(--accent), 0.7);
}
 
#main-content .page-tags {
   border-top: 4px double black;
}
 
#main-content .page-tags a {
   display: inline-block;
   height: .8125rem;
   margin: 0 0 .5rem .75rem;
   padding: .1875rem .3125rem .1875rem 0;
   color: white;
   background-color: rgb(var(--accent));
   border-bottom-right-radius: .25rem;
   border-top-right-radius: .25rem;
   line-height: 13px;
   line-height: .8125rem;
   font-size: 11px;
   font-size: .6875rem;
   font-weight: bold;
}
 
#main-content .page-tags a:before {
   width: 0;
   height: 0;
   top: -.1875rem;
   left: -.625rem;
   padding: 0 .0625rem .1875rem;
   border-color: transparent rgb(var(--accent)) transparent transparent;
   border-style: solid;
   border-width: .5rem .5rem .5rem 0;
}
 
#main-content .page-tags a:before,
#main-content .page-tags a:after {
   content: "";
   position: relative;
   float: left;
}
 
#main-content .page-tags a:after {
   width: .25rem;
   height: .25rem;
   top: .2813rem;
   left: -.5rem;
   background-color: white;
   border-radius: .125rem;
}
 
#main-content .page-tags span {
   max-width: 100%;
   border-top: .5rem solid transparent;
}
 
#page-tags-input {
   font-weight: bold;
   word-spacing: 8px;
}
 
#edit-page-form input.text {
   font-family: 'Montserrat', sans-serif;
   font-size: 120%;
}
 
#edit-page-form>table.form>tbody>tr>td:nth-child(1) {
   font-weight: bold;
}
 
.edit-help-34 {
   font-size: 85%;
   opacity: 60%;
   transition-duration: 0.3s;
}
 
.edit-help-34:hover {
   opacity: 100%;
}
 
textarea,
#edit-page-form input.text {
   outline: none;
}
 
textarea:focus-visible,
#edit-page-form input.text:focus-visible {
   outline: solid 1px black;
}
 
.wd-editor-toolbar-panel {
   filter: invert(1) hue-rotate(180deg);
}
 
#action-area>p {
   font-size: 85%;
   color: darkslategrey;
}
 
#action-area>p:nth-child(5)>a {
   display: block;
   text-align: center;
   font-size: 120%;
   font-weight: bold;
}
 
#who-rated-page-area>div {
   column-count: 4;
}
 
@media (max-width: 900px) {
   #who-rated-page-area>div {
      column-count: 3;
   }
}
 
@media (max-width: 700px) {
   #who-rated-page-area>div {
      column-count: 2;
   }
}
 
@media (max-width: 540px) {
   #who-rated-page-area>div {
      column-count: 1;
   }
}
 
#page-content .content-warning.creditRate {
   padding-top: 8px;
   padding-right: 21px;
}
アイテム番号: SCP-7000
レベル3
収容クラス:
keter
副次クラス:
none
撹乱クラス:
keneq
リスククラス:
warning

canningmachine.jpg

SCP-7000製缶機、1980年ごろ。

配属サイト:
エリア-150
サイト管理官:
アデレード・ウォース
研究主任:
エゼキエル・ヤン博士
配属任務部隊:
χ-2 "カエサルに"

特別収容プロトコル: 調達・清算部門はSCP-7000の漸次的な全ての未払い負債およびシェア全体の買収を試みます。財政秘術Financial Esoterica部門および戦術神学部門はこのプロセスの間継続的にリスク評価を行います。

異常な悪影響が検出されなかった場合、買収ののちにSCP-7000の清算は行われます。

SCP-7000の議決や代理人の異常効果は、進行中の偽情報活動の対象となります。

説明: SCP-7000、以下「当企業」は、株式公開している靴墨専門の製造企業であるブラキストーン靴墨社Brachistone Shoe Polish Companyであり、2021年7月23日に神格化を達成しました。

SCP-7000は、フェティシズム的履物用の高品質な靴墨専門の供給者として1977年にアメリカ合衆国に創立されました。当企業の価値は不明です。SCP-7000には主要な証券取引所において相場のついた株価が存在しないものの、2009年から店頭取引のピンクシートの株式として上場していました。SCP-7000は非流動性であり、株式は$1から$10の間の価格で1年に平均4回売買されます。

SCP-7000の60%以上は当企業の執行役員("経営役員")が所有しています。残りの40%は、個人投資家や当企業の元メンバーといった人物数百名が所有していると推定されています。

SCP-7000は、その規模の小ささ、専門的な産業、奇跡術の最小限の使用1のため、創立以来大部分において規制監督を回避しています。このため、SCP-7000が神格化した正確なプロセスは不明です。財政秘術部門および戦術神学部門の共同任務部隊joint task forceであるJTF カイ-2("カエサルにUnto Caesar")は、SCP-7000の内的な企業プロセスや、従業員の当企業を代表する行動、あるいはそのようなものの組み合わせにより神格化儀式として機能する基準が満たされたと理論立てています。このような行動の性質は現在不明です。SCP-7000の神格化はブラキストーン社のメンバーの故意の決断ではなく、むしろ一連の無作為な偶発的イベントの結果であると考えられています。

SCP-7000は神力(さまざまな文化的伝統において、ヌーメン、神道的な神、マナとして言及される)の隠喩的源泉を有します。この力は多種多様な現実歪曲の利用に局地的に発揮可能ですが、広範囲ではSCP-7000の領域に関連してのみ発揮可能です。SCP-7000の天与的影響範囲は、靴墨の製造、フェティシズム的道具のメンテナンス、ナフサ2の蒸留であると思われます。例を挙げると、SCP-7000の従業員はその作業場を自由に再構成する能力(例、物質の合成、操作)があります。しかし、SCP-7000の主要なオフィスや専門店以外では、SCP-7000の物質操作能力はミストレスのブーツの無料修理や異常効率の石油蒸留においてしか検出されていません。

財団は異常能力を有する企業を複数認知しています。SCP-7000の内部機能は不透明であり、SCP-7000の神格実体としての分類は以下のような定性的比較分析に基づいています。

  • SCP-7000の内部構造は企業のままであり、教会、寺院、他の宗教的あるいは非企業的階層構造(顕著な文化的改変のある異常企業の例にSCP-4985を参照)の特徴を採用していません。ブラキストーン靴墨社の以前の企業的文化は保全されており、それには自称する「声をあげること」の「長年の価値」が含まれます。神格化後に企業の不正行為を新たに示すものは検知されていません。
  • SCP-7000は主体性を有さないように思われます。SCP-7000は天与的神性を有するものの、執行役員や株主を越えたより大きなアジェンダはないように思われます。SCP-1442とは異なり、SCP-7000に知覚があるという証拠はありません。
  • SCP-7000は、靴墨製造のプロセスのノウアスフィア的支配権を関連する領域の小規模な支配権とともに獲得しています。最も直接的な効果は、SCP-7000の70名の従業員全員が役職に関連する靴墨製造の側面に対して異常に知識が豊富になり有能になっています。例を挙げると、製造ラインエンジニアは毎日生産できるロットの量の天与的な感覚を発達させ、経理は常に靴墨の正確な市場価格を認知しています。しかし、この知識は当企業から離れると保持されなくなるため、従業員の行動がSCP-7000の神格化に関与していたとしても、神力は当企業そのものに帰属し構成する個々人には帰属しないことが示唆されます。
  • 2021年7月23日の真夜中(現地時間00:00-00:59)以降、SCP-7000の企業としての機能の一環として行われた奇跡術能のある企業活動は残留EVE放射線3を生成しなくなり、代わりに非正規的なアキヴァ4バーストが発生しています。これは魔術師-王/神-王段階の推移と類似しています。その推移において、ヒト型現実改変者や奇跡術師5は神格化を達成し神格実体6になります。

以下の表は企業金融における一般用語を定義し、SCP-7000の文脈におけるそれらの機能の観測結果を説明します。

用語
標準的定義
SCP-7000の機能
従業員
賃金の対価の職の一環として特定の任務を行うために企業によって雇用された人物。
個々の従業員はSCP-7000の領域に関連した機能を果たす。各従業員はその職務に関連する目的にのみ利用できるごくわずかなSCP-7000の力を有する。例を挙げると、SCP-7000の「物流代表」は原料のナフサを発注する石油蒸留所の効率を上昇させ、「PRマネージャー」は専門アダルト機器の修理説明書を神力を用いて質量保存則を破ることで製作する。従業員が意識してアノマリーを作成しているかどうかはいまだ不明である。
経営役員
企業戦略や経営に責任を負う高位の幹部。
SCP-7000の執行役員はより大きな割合のSCP-7000の力を授かっており、より予測不能な方法での力の行使が可能である。彼らはとりなしの聖人や神の修辞句の同型とみなされ、「奇跡」の行使が可能である。例を挙げると、ブラキストーン社CFOのサリー・テラフィノは現在価格を下げずにブラキストーン靴墨社の需要を異常に増加させており、需給の法則を破っている。7
債券(負債)
企業は、債券を売り、定義された期限のある確実なスケジュールによって求められる契約で定義した金利とともに借りた額を返済することを約束することで借金する。債券所有者は企業に対する貸し手である。破産の際は、債券所有者は最初に支払う。
SCP-7000債券所有者は、さらなるブランドロイヤリティや、当企業との極度の個人的関係、債券を売ることへの極度の拒絶を示す。これらの債券は通常通り財政的な利札を支払い続ける。企業金融の類推により、SCP-7000債券はSCP-7000の神性の所有権を伝達する可能性があり、これにより所有者の当企業との深い個人的関係が説明される。現在まで、この類推がさらに広範に渡るかは不明である。
株式(自己資本)
企業の所有権の分配。株主は所有株式の数に応じて、会社の収益や清算時の財産を得る資格、また議決権が与えられる資格がある。
SCP-7000の議決権株式所有者は、より広範にSCP-7000の天与的能力を利用できる可能性がある。現在まで、この力は役員報酬として長寿と健康の形態で与えることや、ブラキストーン社の製品で磨いた靴の着用者に10%早く歩かせることや、競合する靴墨ブランドを集合記憶から消去することに用いられている。

補遺: 最新研究

内部配布のみ

SCP-7000作業文書
JTF カイ-2("カエサルに")
暫定主任: エゼキエル・ヤン、財政秘術部門

SCP-7000:

さらなる研究方法

SCP-7000は現在唯一の現象である。しかし、この神格化における確率論的な凝縮は、別のこのようなイベントが事前兆候なしに発生することを示唆しているものの、現代的企業の誕生から数百年間このようなイベントが発生していないことは、神格化は非常に起こり得ないことを示唆している。

ブラキストーン社のブランド認知は非常に限定的である。それにもかかわらず、標準的な学者やビジネスリーダーはすでにこの異常な業績を認知し始めており、学術出版や専門出版に潜んだ財団資産は、SCP-7000を分析した複数の論文をリジェクトしている。

SCP-7000が神格化を達成した手段は誰も理解していないと考えられており、ビジネスプロセスのセキュリティーポリシーによって込み入った調査が妨げられている。思いがけない幸運により、ブラキストーン靴墨社は秘術的市場調査専門の部門を有さない。しかし、競争上の優位性の秘術的手段による増強に精通している複数の大手の企業は、現在企業的神格化の再現を試みていると我々は考えている。

以前の企業による秘術的業務の玩弄には重大な反作用が伴っている。1999年における所有社のソフトドリンク以外の全飲料の脱概念化は、神性から授かる利益なしに達成された。神力を利用する経験と意志のある企業が神格化の達成に成功した場合、CKクラス再構築シナリオが発生する可能性がある。SCP-7000現象が比較的無害な企業に発生したことは幸運であった。さらなる研究は、戦術神学部門が開発する企業的神格のための信用可能な既存の神格マネジメント手続きの選択に焦点が向けられる。

以下は目下進行中の研究です。財政秘術部門および戦術神学部門における主題の専門家で構成される共同任務部隊カイ-2("カエサルに")は、収容の過程で生じ得る企業的現象の一連の仮説を提供しています。これは発展途上の収容問題であるため、複数の企業的イベントは神学的類推によって何度も熟考されています。

用語
標準的定義
SCP-7000の理論上の機能
子会社
親会社によって所有または制御される会社。SCP-7000は比較的小さな企業であるため子会社を有さない。
1. アバターあるいは顕現。物理的形態を取る神格。しかし、SCP-7000は神格の顕現としてすでに適格である可能性がある。靴墨製造や、フェティシズム的履物、ナフサ合成の既存の神が現在肉体的形態を取っているかに関する研究が進行中である。
2. 半神。神格実体から派生した部分的な神格。SCP-7000の子会社は、靴墨製造や、フェティシズム的履物、ナフサ合成のより特定の一部分における支配権か、特定の地理的範囲内でそれらの領域における支配権を有する可能性がある。
着服
一種の金融詐欺。企業の資金を受託された人物が無許可の目的に悪用する。
2021年7月23日以降、着服や同様の犯罪は規制当局に報告されていないため、SCP-7000資産の悪用が可能かどうかは不明である。理論上、そのような行動は神罰を受ける可能性がある。SCP-7000に関係する人物が受けた傷害は現在監視されている。
企業の乗っ取り
法主体が企業の株式の多数を買い、株主の議決権を用いて企業に影響し株価を上昇させる手段を取る。しばしば長期的な企業の展望を犠牲にする。
SCP-7000の標準的な乗っ取りが非神格実体によって可能かどうか不明である。神格実体がSCP-7000の支配権を得ようとした場合、結果生じる争いはテオマキア、つまり神々の間の戦争と類似すると理論立てられており、伝統的な物語においては敗者はその後切り離され暗闇に放られる。8
財政的債務不履行
契約条項に従った貸し付けや債券の返済の不履行。
これが起きた場合、SCP-7000債券所有者は見捨てられた感覚を感じる可能性がある。どのような環境でこれが発生し得るかは全く不明である。当企業は標準的な破産において消滅する可能性や、あるいはSCP-7000の神格実体がその領域を放棄する可能性がある。SCP-7000の性質をさらに学ぶまで、決定的なことを言うことはできない。
清算
企業が終了するプロセス。企業の資産や所有物は他の法主体に再分配され、企業は法人としての存在をやめる。
1. SCP-7000の天与的本質は有形資産の所有により生じており、新たな所有者が神格化状態を引き継ぐ。財団はそのような資産を複数所有しているため、さらなる資産の買収は財団の形而上学的状態に対する反作用も、収容のための過度な負担も与えるとは予測されていない。
2. 弑神の成功。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。