大嵐と妖精郷

rating: +20+x

ハイ・ブラジルでは嵐が起きるはずがなかった。ハイ・ブラジルは妖精の国で、永遠の春が訪れていた。雨が降っても暖かく優しいもので、その中で妖精たちが楽しそうに裸で踊っていた。

この雨は、彼らが慣れ親しんだ類のものではなかった。それは氷のように冷たくかつ激しいもので、液体の矢が一斉に射撃されるように彼らの上に強く降り注いだ。嵐雲は人間たちの不快な工場から出る煙と同じように暗く、星と月の光を遮っていた。唯一の自然光はランダムに、しかし頻繁に発生する稲妻で、目の見えない暗闇の中でまばゆい閃光を放ち、それに続いて耳をつんざくような雷鳴が戦太鼓のように鳴り響いていた。

王宮の玉座の間では、トゥアハ・デ・ダナーンの延臣たちが皆、その恐ろしい音の前で子供のように身を縮めていた。

「怪物よ!高さ60尋ものの怪物が海から昇ってきた!結界を突破して私たちを皆殺しにしようとしているんだわ!」と高級売春婦の一人が叫ぶと、部屋中に響き渡る悲鳴があちらこちらで起きた。

「そのようなことはない!」大王ヌァザ・アガートラムVII世はそう断言した。彼はいつものように気取った表情を保っていたが、本当は誰よりもこの嵐に怯えていた。「これは我々が慣れ親しんできた天候よりも穏やかなものではないことは私にも分かるが、少なくともお前たちは雷雨というものを聞いたことがあるだろう?今はまだ雨が降っているだけで、時間が経てば通り過ぎるだろう」

「ハイ・ブラシルは祝福された地、どんな嵐も国境を越えることはできません!」長老の一人が叫んだ。「単なる嵐であっても、それは結界が破られているということであり、我々は隙だらけなのです!」

「520年もの間、結界は間違いなく維持されてきた。なぜ今になって突然崩壊するのか」と王は尋ねた。

「なぜかって?私たちは残酷な人間から逃れるために、この島に避難してきました。あなたの偉大な祖父は、あなたが想像する以上に多くの犠牲を払って結界を作成したのです!約3世紀半の間、私たちは祝福された平和の中生きていましたが、あなたは財源が十分にないと判断しました!あなたは、この島を人間と私たちが忌嫌う奴らの黒魔術や邪悪な機械に開放したのです!人間の方が妖精より数が多いのに、どうしてここがまだ妖精の国であると言えるのでしょう!この国の魔法は少しずつ弱くなっていて、今では弱すぎて単なる雷雨でさえ抑えることができていないのです!あなたは自分の祖先を裏切った! あなたは私たち全員を裏切った!」

アガートラム王は強烈すぎる裏拳を長老に食らわせたために彼女は床に倒れ、他の宮廷の人々はショックで息を呑んだ。

「ちょっとした悪天候が突然の背信が許されることにつながるとは思わないでくれ」と冷たく言い放った。「私は177年間統治してきたが、私の統治は繁栄しかもたらさなかった。戦争も、飢饉も、疫病もなく、外来人との交易でコインの山が増え続けてきた。お前たちはその時、寛容でコスモポリタンなふりをして本当に満足していたのではないのか?雷雨が未曾有の災害であると見なされることは、私の支配の偉大さを証明しているのではないのか?」

「しかし結界が!」

「結界が崩壊したとすれば、それは結界が古かったからに他ならない。私の自由貿易制度の下で得られた知識と力で、新しくて優れた結界に取り替えよう。また、嵐が他の理由によるものであれば、我々のパートナーの人間が喜んで彼らの科学力をもって原因を究明し、解決策を見つけるために協力してくれるだろう。王として頼みたいのは、この些細な問題を私や協力者のせいにしないでほしいということである。私と協力者はあなたたちのためになることしかしていない」

先ほどのまだ泣きやまない高級売春婦を除けば、延臣たちは落ち着いて彼の説明を受け入れたようだった。

「ディルムッド、それはただ──」

「それは嵐じゃない!獣だ!」彼はヒステリックに叫んだ。「僕にはそれが見えるように思えるんだ!」

「お前は妄想が─」

「窓を見て!お願いします!」

王は目をぎょろぎょろとさせて窓に向かい、黒い嵐の中を覗き込むために窓に向かった。最初は何も見えなかったが、稲妻の閃きによって少年が話していたことが明らかになった。

それは高さが約60尋もある恐ろしき巨獣ベヒモスであった。雨はその鱗状と革状の皮膚を打ちつけ、稲妻の電気的な青色の光で輝いていた。それは5本の巨大な触手で浜辺に引き寄せて、それぞれの触手が地面を叩いて大地を揺らした。付け根からはヒドラのような茎が伸び、上部からはヒトデの形をした5本の指が誇示された奇妙な5本の腕が生えていた。

奇妙なことに、その生物はワニのような爬虫類の頭を持ち、ギラギラ光る歯でいっぱいの長い口と、頭蓋骨に沿って弧を描く5つの黄色い目を持っていた。咆哮すると、その音は難なく雷の上に昇っていった。

王は「ファータ・モルガーナへの"道"を開けよ」と命じ、できるだけ冷静に窓から離れた。

「陛下?」

王は「ファータ・モルガーナへの"道"を開けろ!避難するぞ!」と命じた。誰もがその命令に疑問を持つ前に、宮殿は巨体による魔法のブレスによる衝撃的な爆風に襲われ、一瞬にして瓦礫と化した。


彼の顔を打つ冷たい雨は、王を最後の一瞬だけ生き返らせるのに十分であった。彼は瓦礫の山の下敷きになってしまって、もう自ら脱出できる見込みはない。助けを呼ぶこともできず、たとえ呼べたとしても、彼の声が聞こえるほど近くにいる人が、さらに進行中の災害の不協和音の中で、いるとは思えない。

彼の肺が自身の血で満たされると同時に、彼は自分の上にそびえ立つ巨体を見ることができた。恐ろしい咆哮は彼が下に埋まっている大理石に反響していた。それは彼の宮殿に飽き足らず、彼が人生をかけて豊かにしてきた輝かしい都市を攻撃していたのだ。彼の統治下で成長した尖塔は、無慈悲な生物の暴走によって数分で倒された。

ミサイルや強力な魔法のビームが皮膚に突き刺さり、獣は痛みで声を上げた。混乱の真っ只中、アガートラム王は焚書者たちが獣と交戦したことが分かったが、それは彼にとって何の慰めにもならなかった。

攻撃が終わったとき、何も残らないだろう。ハイ・ブラシルは決して回復しない。彼が、彼の父が、祖父が、曾祖父が、そして彼の国の人々がこれまで築いてきたものすべてが、いまや破滅してしまったのだ。これが美しく魅惑的な妖精の国の終わりである。それまでの多くの国がそうであったように、たった一日の純然たる大惨事で滅びることになるのだ。アガートラムは、自分の政策がハイ・ブラシルの滅亡を招いたのかどうかは分からなかったが、結局は何の違いもなかったのだ。幸運は何世紀にもわたって彼の国に親切に接してきたが、今、不幸はその長い不在を一度に補うことを決め、彼の祝福された地が二度と祝福されないようにしたのである。

これが、暗い嵐の夜に、アガートラム王が目を閉じたときの最後の思いであった。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。