里親募集ポスター: ボンゾ!

rating: +20+x

ハロー、僕の名前はボンゾ!

6970874302_af431f0810_b.jpg

とある里親さんの家で子供たちを楽しませるボンゾ!

僕と知り合いになろう!

住み心地の良い愛情たっぷりの家を、スリー・ポートランド-ボーリングの辺りに探しています。僕は他のクラウンたちと一緒に過ごすのが大好きだから、他にも何匹かクラウンがいる家で引き取ってもらえるならとても嬉しいな。いやいや、仲間のクラウンがいなくたって、あなたの子供たちと遊べるならそれでいいんだ! あなたが今まで見た中で最高のベビーシッター 兼 番犬 — じゃなかった、番道化になってみせるよ!

僕はホワイトフェイス普通種のクラウン。.科学系の人たちにとってはシロヌリドウケ (candida facie jesterous) さ! 賢い仲間たちとは違って、僕は素敵な英語でお喋りできないんだ。鼻を甲高くパフパフ鳴らすだけで十分だからね。

僕は昔のお外暮らしで何度かとても酷い目に遭ったから (親指が無いのは手品じゃないよ) 、大柄な僕でも屋内で生活するのに十分なスペースを確保してほしいんだ。買い物とかの用事で僕を家に置いていかなくちゃいけなくても、心配しないで。僕はしっかり訓練されているんだ!

僕は雷、花火、掃除機とかの大きな音が恐ろしくてたまらない。特に犬の意地悪な吠え声や唸り声を聞くと、思わずボールプールの隅っこに縮こまっちゃうよ。だから、僕の生活空間はある程度静かで、お家の中に犬のお友達がいないようにしてもらいたいな (他のモフモフな生き物は大体平気だから、そこは心配しなくて大丈夫) !

僕についての重要事項!

  • ご想像の通り、僕はとてもお世話に手間がかかる。あなたのスケジュールに僕みたいな要求の多い友達を入れても問題ないのをしっかり確認してから引き取ってね。
  • 遊んだり探検したりできる広い場所が必要なんだ。自分の部屋があれば素敵だけど、広い部屋の隅っこでも心地良く過ごせるよ!
  • 水受け皿と餌のボウルは毎日掃除してね。
  • 清潔なクラウンこそが幸せなクラウン。それを念頭に置いて、せめて月1回は入浴させてほしい。お風呂の後はちょっと変な匂いがするって言われてるけど、気にしないで! 長い目で見ればもっと良い匂いになるからさ!
  • 僕はアメリカンドッグ、プレッツェル、ほとんどの種類のケーキを食べる。ピーナッツ、ポップコーン、マシュマロを食べるとお腹の調子がかなり悪くなってしまうからご用心。
  • 僕は世界一の甘党なんだ。時々、美味しいおやつとしてキャンディを貰えると嬉しいな。だけど気を付けて、僕には命に係わるチョコレートアレルギーがあるんだ!
  • クラウンの品種は大抵そうなんだけど、僕も生まれつきのエンターテイナーだ! ちょっとした手品であなたを、あなたの友達を、そしてあなたの家族を笑顔にすることほど、僕の小さなクラウン心を高鳴らせるものは無い。

昔の里親さんたちからのメモ!

“ ボンゾは僕が出会った中で一番可愛らしいクラウンだ。子供たちもこのちびっ子さんをすごく気に入ってくれた。でも残念ながら、僕らはボンゾが夜遅くにパフパフうるさいという近所からの苦情の数に対処しきれなくなってしまった。ごめんな、相棒。終の棲家がすぐ見つかることを願ってる! ”

~ハリソン・スモールズ

“ ボンゾと一緒に過ごした時間はとても楽しかったです。彼は求め得る限り最高の友達でした。でも、私のガールフレンドが犬を連れて先週引っ越してくると、可哀想なボンゾは身震いが止まらなくなり、部屋に籠ってしまったんです。彼のあんな姿は見るに忍びませんでした。ごめんなさいね! ”

~コンスエロ・ゴンザロ

“ ある夜、私が仕事している間に、ボンゾは私の部屋に入り込んで銀細工を一つ残らず壊した。幾つかは私が心底大切にしていたものだった。あれ以来、もう彼の世話を焼くのが耐え難くなってしまった。すまない。 ”

~アナスタシア・ヘンドリックス


送信者: ティム・ウィルソン
受信者: グリーボ・グラーボ
日付: 02/05

こんにちは、グラーボさん!

可愛いボンゾを新しい愛情溢れる家に迎えていただいたことに、一つお礼を言わせてください。実を言えば、彼の相応しい引き取り先を探すのには大変な苦労を重ねてきました。そこにあなたが現れて助けの手を差し伸べ、あの素晴らしい坊やの面倒を見ると申し出てくださったのです。

本当に、私たち一同、心の底から感謝しております。ありがとうございました!

~ティム

送信者: グリーボ・グラーボ
受信者: ティム・ウィルソン
日付: 02/26

やぁ、どうも!

ボンゾについて取り急ぎ連絡したい事ができた。あいつは確かに面白い子だよ! 非の打ち所が無いぐらい可愛くて、一緒に居るとマジで楽しいし、全くもって俺たちの人生を照らし出す光だね!

ただ一つだけ、知らせておくべきだと思った事件があるんだ。悪い事ではない、ただ興味深かった。ある晩、俺が夜遅くまで起きて書類整理なんかしてると、ボンゾの奴が外でパフパフ鳴くのが聞こえた。きっと君らも分かってるだろうが、あいつにしては随分と珍しい事だ。とにかく、俺が様子を見に外に出たら… そうだな、君らの目で直接見てもらおう —

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。