宴の後 ハブ
rating: +27+x
blank.png


かつて、ちょっとした宴があった。
知られざる幕引き。
演目が終わり、演者が退場した後で、観客たちは安堵の息を吐く。
祭りはいつになく激しいもので、それでも終わりの時が来る。
少しの痛みと多くの悩みがあり、それらを嚥下して帰途を行こう。
日常はそうして廻っていくもので。
願いはいつだって平穏。
しかし招かれざる誰かがまた、舞台の上で踊り始めたのだ。
壇上に上がる時は今。
宴の後、これは力なき者たちの道行き。


japan-2014619_640.jpg


事件簿

  1. 宴の後、夜のはじまり - 事件が展開し、刑事たちは彷徨する。
  2. 宴の後、闇夜に走り - 財団はいつだって秘密主義だ。
  3. Coming Soon…


関連ファイル




手引書

日本という国家において、警察官は市民の味方だった──少なくともこの70年間、そうあろうと振る舞ってきた。いくつかの反証と恥ずべき不祥事を乗り越えて、彼らは社会の番人として街角に立っている。

今、前提は崩れようとしている。超常現象、異常存在、霊能力者たちが街に溢れている。そうではない? いや、事実だ。警察は無力であり、社会は脆弱だ。ただ、誰もそれに気づいていないだけで。


本当に?




警視庁公安部特事課は異常に対処する、日本で事実上唯一の警察組織だ。彼らの目的は被害者を助けることでも、容疑者を逮捕することでも、ましてや異常な存在を破壊したり、収容したり、利用したりすることでもない。

彼らは非異常な社会、その幻想を守る──ごく普通の、公務員なのだから。




これは何?



そしてみんな、笊で海に乗りだした。


────エドワード・リア


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。