別たれた世界を夢見て
rating: +3+x
blank.png

▶ ミリアム・サーバー内のオネイロイ・ネットワークを検索しています

以下に検索結果を表示します

神父様、こんな時間に告解を聞いていただいて、ありがとうございます。

──いえ、ここでの生活にも慣れました。

こんな私にも、みんな優しくしてくれます。

でも、最近、変な夢を見るんです。

夢の私は、昔の里親の元にいます。

──いえ、いいえ、違います。

私は決して、あの日を悪夢に見て、苦しんではいません。

確かに、あの強盗事件で里親は亡くなり、私も刺されて怪我を負いました。

でも、傷はもう痛みませんし、私を虐める里親もいなくなりました。

──ごめんなさい、そんなこと言うべきではありませんでした。

話を続けます。

夢の私は昔と同じように、里親から虐められています。

でも、夢では妹がいて、姉である私を里親から庇ってくれます。

もちろん、私に妹はいません。

だけど、夢の私は妹と話をしたり、遊ぶのが大好きでした。

でも、里親の虐めは日に日に激しくなっていきます。

そのせいで私も妹も疲れ果て、そしてある決心をします。

──いえ、いいえ、神父様。私は大丈夫です。

どうか、最後まで話をさせてください。

夢の中、私は現実で事件が起きた日付を迎えます。

その日、私と妹は眠る里親に復讐を行い、それは不思議なほど簡単に終わります。

だけど、里親を殺したと知れれば、私たちに未来はありません。

私たちは引き離され、更に酷い場所へ送られるはずです。

でも、決心した時点で、最初から未来なんてどうでも良かった。

そんな時、私と妹は古ぼけたを見つけます。

そして、どこかで聞いた、まじないを思い出します。

「鋏の2枚の刃、それぞれで互いに刺し合えば、来世でも一緒になれる」

どうしてそれを信じたのか、夢ですし、理由も分かりません。

でも、私と妹は迷わず、鋏の刃先を互いのお腹に向けます。

妹は私へと微笑み、私も微笑み返します。

それを合図に、私たちは互いに鋏を突き立てました。

鈍い痛みに続き、私のお腹から血が流れます。

でも、妹は私と様子が違いました。

なぜか、妹の身体に鋏は刺さっておらず、妹はそのことに驚いているようでした。

そして、妹の姿は消えて行くんです。まるで幽霊か何かのように。

わけも分からず、私は妹に叫びます。

だけど、妹はただ「ごめんなさい」と泣くように呟いて消えるんです。

残された私は傷が浅かったのか。死ぬことなく、暫くして意識を失います。

夢は、そこで終わります。

──ごめんなさい。なぜ泣いているのか、分かりません。だって、単なる夢なのに。

私は、妹が自分を殺してくれず、一緒の世界に連れて行ってくれなかったことを恨んでいるの?

それとも、互いに想い合っていたならば、両方の鋏が消えるはずだったと信じていたの?

違う、そうじゃない。私は、私は全て妹のために、あちら側からいなくなることを選んだの。

それじゃあ、この私はどこにいるのですか?

──私は、何を?

ごめんなさい。何も分からないんです。

ああ、神父様。どうして、夢なんかに、こんなにも心が痛むのですか。

表示を終了します


──ミス。話してくれて、ありがとう。

貴方はもう、何も気にしなくて良いんです。

全てはただの夢。貴方を責める者も、非難する者も、等しくこちら側には存在しません。

そう、きっと、今は疲れているだけ。いずれ心を苛む夢も見なくなるでしょう。

さて、もう時間も遅い。シスター・ミリアムに部屋へと送らせましょう。

それと寝る前にはお祈りと、お薬を忘れないように。

──ふふ、我慢して飲まなくてはダメですよ。

さあ、お休みなさい、良い夢を。


C:¥miryam.psyをスキャン中……更なる異常なオネイロイ型幽体は検出されませんでした。スリープモードに移行します。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。