悲惨なエアコン
rating: -2+x

今日は非常に蒸し暑い。冷凍庫から出したばかりのアイスクリームが10秒で溶けてしまう程だ。スタッフルームで働いていた職員たちは皆作業に手がついていなかった…エアコンがなければの話だが。

トムソン・イラナム博士は何年も前にエアコンを修理してくれと頼んでいた。昔使われていた古い12,000BTU・TOSHIBA製のエアコンは昔にすでに使われていなかったが彼はそれを使った…この10年間で彼が初めてそのエアコンを起動させたとも知らずに。

ボン!!

エアコンを起動した瞬間地球を震わせるような騒音が鳴り響いた、その音は控えめに言っても美しくはなかった。その後サイト全体の電力網が停止して停電に陥った、さらにまるで古いホラー映画みたいに電球が次々と爆破されていった。

「おい!」ガマ研究員は電気系統の沈黙した化学実験室の中でうめいた。

「トームーソーン!」フェイマス博士は騒音に叩き起こされ怒り狂って叫んだ。

どうにかしないと!トムソン博士はそう思いもう一度エアコンのスイッチを入れようとした、リスクなど考えなかった。彼はスイッチを再度オンにして-

ボン!!


サイト-29の爆発の原因は未だに判明していません。KeterクラスのSCPの収容違反が原因だと財団は予想しています。生存者は見つかりませんでした。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。