rating: +26+x

ストーリー概要

長い時が過ぎた。ある時点から、財団は一つのアノマリーも見つけられなくなり、収容されているアノマリーについても、次第にその異常性を失っていった。胸を撫で下ろす職員もいれば、事実を受け入れられない職員もいる。全てのアノマリーが無力化されるまでに、人々は未来のための選択を導き出さなければならない。


「異常の消失は果たして、人類が再び秩序と新しき黎明を得ることなのか、
それとも、物語がフィナーレ/終わりの落日へ向かうことなのか?」


作品目録

評価順

  1. 全き闇 (rate: 69, コメント:10)
  2. アンブローズ・タイペイ コースメニュー - ページキャッシュ (rate: 34, コメント:1)
  3. 彼らは死んだ、間違いなく (rate: 29, コメント:1)
  4. 収容ドキュメント: 最後の更新 (rate: 16, コメント:1)
  5. 計画失敗 (rate: 15, コメント:1)
  6. なお青く (rate: 13, コメント:0)
  7. 私達が得るべき美しさ (rate: 10, コメント:1)
  8. 飴細工の老人 (rate: 9, コメント:1)

新着順




(訳注: 日本支部に投稿された記事を表示しています。完全なリストは原版を参照してください。)


執筆ガイド

  • これは合同執筆プロジェクトの一つで、各人はアノマリーの失われた世界を描くことになります。あなたはそうした世界の一端を描くことができますし、事実を理解した/していない人々の所見や思いを描くこともできます(設定はページトップの通りです)
  • 作品間における設定の衝突は許容されますし、繋がりを持たせる必要もありません。唯一の要求は「アノマリーが消失した」財団宇宙を描くこと、ただそれだけです。
  • 当ページには誰でも作品を追加することができます。作品が当合作の設定に符号しているだけでOKです。ただ、作品が低評価削除の基準に達したり、当ページの管理者が設定に合わないと判断したりした場合は、ページから削除/移動されることになるでしょう。
  • それでも、投稿を恐れることはありません。私たちはあらゆるユーザーの参加を歓迎しています。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。