Amamiel=Sanksの提言
rating: +155+x
blank.png



アイテム番号: SCP-001-JP

オブジェクトクラス: Apollyon Neutralized

特別収容プロトコル: プロトコル・モルフィウム履行以後、SCP-001-JPの収容は必要とされていません

本エントリは、財団の歴史における最大の功績の1つとしてアーカイブされています。アイテム番号001は将来的なレベルℵ高度優先対処事項の発生まで確保され、該当するオブジェクトの収容まで使用されずに保護されます。

アイテム番号001が再分類されるまでの間、本エントリの情報はSCP-001-JP報告書として掲載が継続される予定です。

説明: SCP-001-JPは、全人類に恒久的な精神活動停止を齎す、固有形而上空間inherent space)の自発崩壊現象です。

Inherent-Space4.png

人間-形而上空間の関係模式図
(クリックで拡大)

ここで述べる固有形而上空間とは、あらゆる人間が個々に専有する形而上空間内の1領域を指し、潜在意識を含む人間の精神活動のホストとして機能する非物質的存在であると定められています。

基底現実(形而下)におけるSCP-001-JPは、全人類に対して一斉に発生する意識消失現象として観測されます。SCP-001-JPが発生した場合、あらゆる人間は例外なくその影響を受け、その時点の状態に関わらずほぼ即座(10-2秒オーダー以内)に昏睡状態へ陥ると見積もられています。

SCP-001-JPの影響を受けた人物からは、一切の情動的反応が確認できなくなります。また、昏睡状態から覚醒させることも不可能となります。財団による意識スクリーニング検査の結果、被影響者の高次脳機能は完全に損なわれており、当該領域に接続していた人物の意識体は固有形而上空間から SCP-001-JPの発生と共に完全消失したと考えられています 追記を参照してください。

(20██/██/██追記)

SCP-001-JPを既に経験した並行現実に対して、形而上空間の走査試験が実施されました。その結果、当該領域に接続していた人物の意識体は、SCP-001-JP発生後も消滅することなく残存し続けることが判明しました。

SCP-001-JP発生後の意識体が置かれている状況は"醒めない悪夢"に相当すると考えられています。これは通常の"夢見"が自身の意識体を固有形而上空間へ接続することで行われるのに対して、SCP-001-JPという固有形而上空間の崩壊に伴って意識体が意識や感覚を保ったまま内部に取り残され、肉体に帰還することが不可能になるという観測事実に基づきます。

Sufman.jpg

SCP-001-JP発生後の宇宙における
人間の潜在意識から抽出された視覚図

並行現実から得られた観測データを解析した結果、SCP-001-JP発生後の意識体からは激しい苦痛を示す情動反応が検出されています。シミュレーションによるとこの感覚は"全身をすり潰されるような"痛覚であり、肉体に受ける苦痛と比べて物理的/生物学的制約を受けない事実上無限の苦痛であると見積もられています。

加えて、SCP-001-JP発生後の固有形而上空間は基底現実との同期が損なわれ、結果としてあらゆる内部プロセスに要する時間が圧縮されることが確認されています。この状態の固有形而上空間内に意識体が取り残された場合、主観的には時間が異常に引き伸ばされているように感じられます。財団夢界学部門の試算によれば、体感時間比は形而下の10██倍、意識体の自然消滅(寿命)までの期間は体感で███年に相当すると見積もられています。

SCP-001-JP発生後の固有形而上空間内から、その内部に取り残された意識体を救出または消滅させる手法は、現在も確立されていません。

補遺001.1: 発見及び登録の経緯に関して

SCP-001-JPの発見及び予見は、財団並行宇宙管理室(MultiUniverse-Administrators/MU-Aムーア)による定期的な多次元観測調査の結果として成されました。今日まで、SCP-001-JPが原因と考えられるEK-クラスシナリオを経験した並行現実は███個確認されています。特に、多次元立体角±█°以内に近接する類似宇宙のおよそ█割は、過去3ヵ月の間にSCP-001-JPを原因とする同時多発的な滅亡を迎えています。

これらの観測事実から、"SCP-001-JPは普遍的かつ不可避の自然現象である"という仮説が提唱されています。

仮説によると、SCP-001-JP現象は"人類種の精神世界の寿命"とみなすことができます。これは、形而上空間の中でも人類という知性種が使用する1領域(=固有形而上空間)は多数の意識体が活動するに足る耐用年数を超過しており、人類種が精神活動する際に与える過負荷が結果的にSCP-001-JPを引き起こしているとする推察です。この仮説は、最新のSCP-001-JP研究により立証が進みつつある状況です。

仮説が正しい場合、SCP-001-JP現象はあらゆる宇宙に普遍の"知性種の世代交代"イベントに相当すると考えられます。これは人類を含む精神活動を行うあらゆる知性種に共通の自然絶滅イベントであり、根本的に回避することができません。事実、過去及び並行現実に確認された知性種のうち、物質的要因による滅亡を回避し続けた知性種は、必ずSCP-001-JPに相当する現象によって絶滅しているとする観測結果が報告されています。

多くの観測事実より、これらの予想は高い確率で正しいとみなされています。SCP-001-JP現象の発生回避の困難さ、及び発生までの猶予期間の逼迫を理由に、SCP-001-JP研究はO5評議会の全会一致で財団の最優先事項に認定されました。




    • _

    まず最初に、O5名誉退任おめでとう。

    君は財団職員として数多くの挫折や苦難を乗り越え、波乱万丈ながらもO5の座にまで上り詰め、そして無事、今日という最後の日までO5の職務を勤め上げた。そのような立派な人物は、歴代のO5を見てもそう多くはない。ひとえに、これも君の奮闘と勤勉さ、そして財団職員としての使命感があってのことだろう。

    そう、他ならぬ君が、最後の日にこの提言を目にしたのも何かの縁だ。君ほどの人物には事実を知る権利がある。君に知る覚悟があるのであれば、どうか次の報告書に目を通してほしい。

    君より前のあるO5より




特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。