Are We Cool Yet? ハブ
評価: +30+x

Are We Cool Yet?は19世紀末から20世紀初頭の初期シュールレアリストと、当時発展し始めていた科学的な理解と超常に対する研究を起源に持つ、国際的な前衛芸術家たちの活動の周縁に存在する芸術運動です。(どうやって運動がそれ自身の性質を持つようになったかについては、コンテスト参加tale"クールの誕生"で言及されています。)この運動には中心的リーダーと本拠地は存在せず、伝統や慣行はごく少数です。公的なメンバーとしての役割や要求される事柄もありません-一員と呼ばれるために必要なことは、異常なオブジェクト、存在、現象を利用したり展開したりしてアートを作ることだけです。

AWCY?の組織形態は場所によりとても多様です。多くのグループは創造的な指導者もしくは専門的な批評家に率いられた小さなサロンという形をとりますが、明確な指導者をもたないグループや、全くの独力で作業を行うことを好むメンバーもいます。いくつかの見解では、AWCY?の一部であるためには、必ずしもこの運動を知っている必要はないとされています。いくつかのグループの傾向として、死、傷害、恒久的な精神的危害をもたらすパブリックアートを生み出すというものがありますが、これは運動全体を"アートテロリスト"の集まりとして価値を下げるものです。メンバーにはこのレッテルを誇りとともに受け取るもの、完全に拒絶するもの、皮肉とともに受け取るものがいます。

AWCY?のアーティストがもっとも巨大でもっとも可視化された集団となるのは、1874年から10年ごとに毎回行われている"Sommes-Nous Devenus Magnifiques?"という巨大な展覧会です。これは"事情通"が10年間で生み出されたもっとも素晴らしい異常芸術のセレクションを鑑賞し、吟味するために集まることが出来るものです。作品が受けとられることは(それを気にしている者にとっては)異常芸術家が到達する事の出来るキャリアの中でもっとも偉大な業績の一つであり、世界中のメンバーたちが彼らの作品を展示するよう請願します。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。