最終超合金プロトコル-S.C.P.
    • _

    ようこそ パイロット

    scpppppp

    サーキシズム・モータによるブロークン・ハンマーの運用試験


    個体名: S████-C████-P████

    製造番号: なし

    概要: S████-C████-P████(以下S.C.P.)は財団の重大な危機の際に起動するヒト科ヒト目超弩級大型機動ヒトです。

    S.C.P.は
    ・████船舶s██-s██-ship[S.S.S.]
    ・████車両c██-c██-car[C.C.C.]
    ・████航空機p██-p██-plane[P.P.P.]
    の3台が素粒子レベルで融合し、担当職員(以下パイロットと呼称)の頭部をコクピットに備え付けられている特殊現実改変性限定的付与拳銃で射撃する事により起動します。

    融合時のスペックは統括機となる機体に依存し、3パターン存在します。

    統括機 特徴
    S.S.S. 確保に特化した形態です。巨大な敵対存在の無力化を可能とする肉弾戦が可能です。
    C.C.C. 収容に特化した機体です。豊富な捕縛兵器を使用し、簡易的な収容を行います。
    P.P.P. 保護に特化した形態です。起動部隊の盾として堅い装甲を持ちます。

    S.C.P.の最大の特徴は各所に使用されている特殊な合金です。(以下s.c.p合金と呼称)

    s.c.p.合金は特殊現実改変性限定的付与拳銃によりパイロットに一時的に付与される、非常に限定的な現実改変により形状と材質を自由に変化することができます。

    形状は1pm単位で変形させることができ、形状の設定はパイロットの思考で自由に変化可能です。
    また、材質は原子レベルから変更が可能であり、燃料として使用することもできます。
    既存の装備の他に、状況に合わせた簡易的な装備をs.c.p.合金によって作成することで、いかなる作戦状況にも対応する事が可能と考えられます。

    以下はs.c.p.合金を用いた各形態時の装備一覧です。

      • _

      奇跡論エンジン: EVE量子を燃料とした多次元重複リングエンジン。出力は6.525×10250 GW。

      自爆装置: 武装や燃料を全て誘爆させます。有効爆風半径は75,984 km。しかし、燃料の特異性により爆風は球形ではなく空間を歪曲して広がり、最終的には被子植物の花弁のような形になります。

      • _

      サーキシズム・チェーンソー: 腐食する肉を高速に流動させ溶断します。

      • _

      スネークズ・ハンド: ヘビのようにしなるロボット・アームです。量子力学を応用した無限に近い関節は予測不能な動きを見せ妨害を掻い潜り、敵対存在を捕縛します。

      • _

      壊れたる装甲: 最初から"壊れている"装甲です。壊れているため、これ以上破壊されません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。