某佐藤氏の著者ページ

人事お見合い大計画2020は終了しました。ハブページはこちらです。






    • _

    創作力

    翻訳力

    批評力

    描画力

    幻覚力

    技術力

    運営力

    アクティブ率

    {$label9}

    {$label10}

    Nanigashi Satoです。以前はMrSatoというアカウント名でした。ネット上では某佐藤氏ぼうさとうし、あるいは佐藤何某Nanigashi Satoと名乗っていることが多いです。佐藤や某氏などとお呼びくだされば分かります。

    執筆面ではSCP財団にあまり貢献できていません。翻訳を少々やってますが、その質は悪く、査読してくださいますと嬉しいです。ここが私のサンドボックス・ポータルです。
    執筆以外の面でSCPワールドに貢献できたら良いなと日頃から考えております。

    あなたが私の名前をこのコミュニティ内で見かけるとしたら、それは私がスタッフとして仕事をしているときかもしれません。専門はサンドボックスⅢ利用ガイドとタグガイド・タグリストです。
    また、Discordにもしょっちゅう現れます。あなたが国外のSCP支部の公式Discordに加入した場合、必ずそこには私の姿があるでしょう。非公式支部も含めたSCPの公式サーバー全てに参加しているJPメンバーは恐らく私だけでした。よその支部でのちょっとしたニュースをJPに届けるなんてこともするかもしれません。
    あ、 Twitterもやってます。財団職員の方は基本フォロバします。フォロバされてないって場合はたぶん気付いてないので言ってください。

    私に何か用がある場合、最も反応が早いのはDiscordであり、次点でTwitterです。WikidotのPMの場合、気付くのがちょっと遅れても許してください。

    あなたに読んで欲しい、私の一押し記事たち




    • _










































































    参加表明
    サイトへの参加を承認される

    はじめましての挨拶
    フォーラムに書き込む

    秘密の実験室
    サンドボックスに自分のページを作成する

    三人寄れば
    フォーラムで下書きを公開する

    小さな一歩
    記事を作成する

    採用通知
    人事ファイルを作成する

    私の提言
    評価が1以上のSCP-001-JP記事を作成する

    巻頭カラー
    執筆したSCP記事が注目のSCPに取り上げられる

    表紙を飾る
    執筆したTaleが注目のTaleに取り上げられる

    銅メダル
    評価が15以上の記事を書く

    銀メダル
    評価が30以上の記事を書く

    金メダル
    評価が50以上の記事を書く

    テレキル合金メダル
    評価が100以上の記事を書く

    みならい・そうさく
    SCP記事を5以上作成する

    みならい・冗談じゃないぜ
    SCP-J記事を5以上作成する

    みならい・かたりべ
    Taleを5以上作成する

    みならい・ほんやく
    海外記事を5以上翻訳する

    ミスター・そうさく
    SCP記事を10以上作成する

    ミスター・冗談じゃないぜ
    SCP-J記事を10以上作成する

    ミスター・かたりべ
    Taleを10以上作成する

    ミスター・ほんやく
    海外記事を10以上翻訳する

    多分SCP-001か何か
    SCP記事を20以上作成する

    博士の大爆笑ギャグ20連発大図鑑!
    SCP-J記事を20以上作成する

    短編集
    Taleを20以上作成する

    とってもエキサイト
    海外記事を20以上翻訳する

    マスター・そうさく
    SCP記事を50以上作成する

    マスター・冗談じゃないぜ
    SCP-J記事を40以上作成する

    マスター・かたりべ
    Taleを50以上作成する

    マスター・ほんやく
    海外記事を100以上翻訳する

    お祭り好き
    コンテストに参加する

    お祭り男
    コンテストのために累計10以上の記事を書く

    ダイスキミヤザワ
    コンテストで優勝する

    主催者
    コンテストページを作成する

    人類学者
    評価が20以上かつ、自我を持っていて人間に近い外見の人型オブジェクトについてのSCP記事を書く

    生物学者
    評価が20以上で、かつ生物学、生命、遺伝子、動物、植物、バクテリアのいずれかのタグを持つSCP記事を書く

    物理学者
    評価が20以上で、かつ物理法則、外部エントロピー、電気、磁力、重力のいずれかのタグを持つSCP記事を書く

    化学者
    評価が20以上で、かつ化学、腐食、ガス発生のいずれかのタグを持つSCP記事を書く

    地質学者
    評価が20以上で、かつ地質、水晶、鉱石のいずれかのタグを持つSCP記事を書く

    天文学者
    評価が20以上で、かつ外宇宙、惑星、衛星、太陽のいずれかのタグを持つSCP記事を書く

    言語学者
    評価が20以上で、かつ言語、文書、文字入り、記述、語りのいずれかのタグを持つSCP記事を書く

    心理学者
    評価が20以上で、かつ精神影響、ミーム、強制力、感情、記憶影響、知識のいずれかのタグを持つSCP記事を書く

    数学者
    評価が20以上で、かつ数学、立方体、多面体、球体のいずれかのタグを持つSCP記事を書く

    医者
    評価が20以上で、かつ医療、生理的、眼球、骨格、毒性のいずれかのタグを持つSCP記事を書く

    芸術家
    評価が20以上で、かつ芸術、彫り物、装飾品、音楽、彫刻、像のいずれかのタグを持つSCP記事を書く

    建築家
    評価が20以上で、かつ都市、建築家、場所のいずれかのタグを持つSCP記事を書く

    旅人
    評価が20以上で、かつ時空間、未来、異次元、地図、ポータルのいずれかのタグを持つSCP記事を書く

    エンジニア
    評価が20以上で、かつ機械、時計仕掛け、電子デバイス、自動装置、コンピュータのいずれかのタグを持つSCP記事を書く

    崩壊のきっかけ
    評価が20以上で、かつxkクラスのタグを持つSCP記事を書く

    めちゃめちゃいケテル
    評価が20以上のKeterクラスオブジェクトについてのSCP記事を書く

    秩序を守る悪魔
    評価が20以上のThaumielクラスオブジェクトについてのSCP記事を書く

    ニュートララライスド
    評価が20以上のNeutralizedオブジェクトについてのSCP記事を書く

    映画とかで後ろの方にいるモブ
    評価が20以上のExplainedオブジェクトについてのSCP記事を書く

    常識外れ
    評価が20以上のunclassedオブジェクトについてのSCP記事を書く

    英雄譚
    自我を持っていて人間に近い外見の人型オブジェクトが主人公であり、評価が20以上のTaleを作成する

    誰かの日常
    財団職員が登場せず、かつ評価が20以上のTaleを作成する

    SCPは世界をつなぐ
    日本支部以外の支部、または本家サイトの記事が元となっており、かつ評価が20以上のTaleを作成する

    てのひら財団
    800文字未満かつ評価が20以上のTaleを作成する

    シンプルイズベスト
    通常の形式で補遺、音声記録、実験記録、インタビュー記録、探査記録等が無く、かつ評価が20以上のSCP記事を作成する

    人気者
    自分が書いたSCPオブジェクトについて書かれており、かつ自分以外が作成したTaleが10以上ある

    ひっぱりだこ
    自分が書いた人事ファイルの職員が登場しており、かつ自分以外が作成したTaleが20以上ある

    議論の的
    ディスカッションに総計50以上の書き込みがある記事を作成した

    週刊誌
    一か月に4つ以上の記事を作成する

    先達はあらまほしきこと
    エッセイ記事を作成する

    普通のぉぉぉ標識ぃぃぃ
    ガイド記事を作成する

    みんなでつくろう
    合作記事を作成する

    普通じゃない
    日本のAnomalousアイテム一覧に追記する

    メン・イン・ブラック
    日本の超常現象記録に追記する

    先生、質問です
    財団質問箱に追記する

    砲手
    カノンハブページを作成する

    来週もお楽しみに
    連作Taleのためのハブページを作成する

    フリーのカメラマン
    SCP日本財団中枢資料室に画像を投稿する

    スカスカのアルバム
    自分の撮影した写真を使用した記事が10以上ある

    バイリンガル
    本家以外の支部サイトの記事を日本語に翻訳する

    ドクター・フー?
    「博士」の起源に関するTaleを執筆する

    ©hal_aki, tsucchii0301, Sekai_s, 7happy7

    SCP-JP内

    執筆


    SCP報告書

    ▽ [削除済み]
    リサイクルコンテスト2019参加記事でした。力及ばず低評価削除……


    Tale


    GoIフォーマット


    合作


    その他

    翻訳


    SCP報告書

      • _

      邦題: SCP-1771 - 季節の住む家
      リンク: http://scp-jp.wikidot.com/scp-1771
      Vote: 13
      作成: 2019/04/03
      初訳: Nanigashi Sato

      原題: SCP-1771 - Seasonal House
      リンク: http://www.scp-wiki.net/scp-1771
      参照: rev.12
      Vote: 111(2020/01/24時点)
      作成: 2012/05/05
      原著: SoullessSingularity

      私が初めて翻訳した記事で、思い入れがあります。かつては二十四節気だなんて言いましたが、今は春夏秋冬+梅雨くらいしか残っていないような気もします。春秋もどんどん短くなっていますが、四季くらいはいつまでも残っていて欲しいと切に願います。気候の変化というよりも、区分する文化の希薄化によっても季節は消失しているのかもしれません。メタタイトルは単純に「季節の家」だとつまらないかなと思いこうしたのですが、今思えば余計だったかも。


    Tale


    カノン


    GoI


    その他

    サイト運営

    サイトメンバー

    • 2017/08/14〜現在

    サンドボックス3オペレーター

    • 2019/05/26〜2022/03/21

    合作記事調査メンバー

    • 2019/10/22~現在

    SCP-2000-JPコンテスト運営委員

    72時間ジャムコンテストテーマ決定協力

    個人企画「人事お見合い大計画2020」主催

    ルーキーコンテスト2020運営委員長

    サイトモデレーター

    • 2020/05/13~現在 (Wiki運営スタッフ/ウィキ運営チーム)
    • 2021/04/08~現在 (タグ専任チーム)
      • 2021/04/28~現在 (タグ専任チーム チームリーダー)

    イベント常任委員

    • 2020/08/29~2021/04/12 (2020年度委員)
    • 2021/02/16~現在 (2021年度委員)
      • 2021/04/12~現在 (2021年度常任委員長)
    • 2022/02/26~現在 (2022年度委員)

    AF2021-JP(および適正価格コンテスト)企画委員代表

    令和三年度三題噺言霊競演主催

    財団日本支部お見合い計画2021主催

    SCP-JP外

    SCP-EN


    JP記事英訳

    SCP-INT


    JP記事英訳

      • _

      英題: JP-HUB (INTではカノンハブは存在しません)
      リンク: http://scp-int.wikidot.com/jp-hub
      更新: Nanigashi Sato, 2020/01/26(以下を追加: <ODSS>, Fusōki), 02/08(以下を追加: 1998th), 03/10(以下を追加: Sushiblade), 03/15(以下を追加: Foundation Collective), 04/22(以下を追加: Crossroad Comedy), 05/08(以下を追加: Making the Arca)

      原題: カノンハブ-JP
      リンク: http://scp-jp.wikidot.com/canon-hub-jp
      参照: rev.35
      作成: 2013/12/22

      ODSS以降、カノンが追加される度に概要を出荷しています。
      ODSSのスパイのとこだけにカノンページのリンクを貼ったりしていますが、文句言われたら直します。でもこっちのがかっこいいと思うんですよね。JPもこうしません?
      スシブレードは元ネタである██ブレードに合わせてSushibladeとしました。ただ、SCP-1134-JPのメタタイトルの訳は未だに悩んでいます。██ブレードの方は「爆転シュート ██ブレード 」ですが英訳は「███blade」だけなんですよね。「Explosive Nigiri Sushiblade」を「Sushiblade」だけにすべきか…………
      四辻喜劇の数え歌は数え歌要素を残すためややオリジナルになってしまっていますが、aisurakuto氏に確認していただいたものです。

      • _

      英題: Groups of Interest-JP
      リンク: http://scp-int.wikidot.com/groups-of-interest-jp
      作成: 2017/02/22
      初訳: SOYA_one does not match any existing user name
      更新: Nanigashi Sato, 2020/03/08(以下を追加: Sekiryu Club, Dreaming Technology), 04/17(以下を追加: Trismegistus Translation & Transportation, Koigarezaki Simbun, Kisaragi Construction, Confederate Island Countries of Phantom)

      原題: 要注意団体-JP
      リンク: http://scp-jp.wikidot.com/groups-of-interest-jp
      参照: rev.24
      作成: 2016/04/30

      石榴倶楽部・夢見テクノロジー・TTT・恋昏崎新聞・如月工務店・幻島同盟の概要を出荷しました。石榴倶楽部はmoririn5963氏とtonootto氏に、夢見テクノロジーはAMADAI氏に意見を聞き英名を決定しました。恋昏崎新聞と如月工務店は英名めっちゃ悩みましたが上記のようにしました。幻島同盟はハブにあった英名をそのまま使いました。
      警視庁公安部特事課は、英名と第一パラグラフは私による訳ですが、それ以降はSeail_ssm氏によるものです。

      • _

      英題: Groups of Interest-JP
      リンク: http://scp-int.wikidot.com/groups-of-interest-jp
      作成: 2017/02/22
      初訳: SOYA_one does not match any existing user name
      更新: Nanigashi Sato, 2020/03/08(以下を追加: Sekiryu Club, Dreaming Technology), 04/17(以下を追加: Trismegistus Translation & Transportation, Koigarezaki Simbun, Kisaragi Construction, Confederate Island Countries of Phantom)

      原題: 要注意団体-JP-ARC
      リンク: http://scp-jp.wikidot.com/groups-of-interest-jp
      参照: rev.24
      作成: 2016/04/30

      石榴倶楽部・夢見テクノロジー・TTT・恋昏崎新聞・如月工務店・幻島同盟の概要を出荷しました。石榴倶楽部はmoririn5963氏とtonootto氏に、夢見テクノロジーはAMADAI氏に意見を聞き英名を決定しました。恋昏崎新聞と如月工務店は英名めっちゃ悩みましたが上記のようにしました。幻島同盟はハブにあった英名をそのまま使いました。
      警視庁公安部特事課は、英名と第一パラグラフは私による訳ですが、それ以降はSeail_ssm氏によるものです。

    ファン活動


    収容違反インシデント
    003 スタッフ参加
    0043 カタログ作成協力(推敲・企画ページ「SCP-2000-JPコンテスト最終日」寄稿)


    その他一般人への布教活動



    • _


    • _

    注: 私は基本的に字幕派なので海外の映画のリンクはAmazon prime videoの字幕版に跳びます。ここに項目を作って置いている映画は私がお金払って観て損をしないと思うものだけですが、無料がいいという方が殆どだと思います。字幕版が有料でも吹替版が無料の場合があるのでチェックしてみてください。

    インセプション
    Inception
    2010年 / 2時間28分

    テネット TENET』(2020年)の監督の過去作。『テネット』と同じくSFな世界観ギミックにものを言わせた作品で、アクションにもストーリーにもギミックがフル活用される。『テネット』での「時間流の逆行」に当たるのが「明晰夢への侵入」で、主人公はターゲットの夢に入り込んで機密情報や本人しか知らないアイデアを「抜き取る」スパイ。主人公は人生の好転を懸け、不可能とされる「抜き取り」の逆である「植え付けinception」のミッションに挑む。
    『テネット』に比べると登場人物が整頓されていない印象を受けるが、私は圧倒的にこちらの方が好み。私に死別の性癖を植え付けた作品でもある。亡くなった最愛の人へのクソ重感情を味わいたいならマジで良い。


    魔法にかけられて
    Enchanted
    2007年 / 1時間47分

    御伽噺の世界のプリンセスが魔女によって異世界に追放されてしまう  その異世界とは現実世界のニューヨークであった。森の仲間たちに囲まれていたプリンセスは現代都市特有の他者への無関心や不親切に直面することになる。
    ディズニーがそのノウハウをフル活用して作ったミュージカル映画。分類的にはキッズ向け恋愛作品だが、童話的なディズニープリンセス文脈(小動物と心通わせるプリンセスが王子様と運命的な出逢いをし、魔女の妨害を真実の愛により乗り越えて二人は幸せに暮しました……)さえ知っていれば大人も子供も楽しめるように仕上がっている。
    要は異世界人が現実世界に転移するローファンタジー系作品だが、「御伽噺の世界」がいかにもテンプレートな童話的ディズニー作品の世界であるため、異世界側の設定が特に説明されなくとも視聴者に伝わる。アイデア的にはそう珍しくもないかもしれないが、ディズニーが本気でそれをやるとこんなにいい作品になるのかと思わせてくれる。
    ゴキブリがはっちゃけるシーンがあるためそういうのがガチで無理な人は辞めといた方がいいかも。


    映画大好きポンポさん
    2021年 / 1時間34分

    もしあなたが『映画大好きポンポさん』をご存じないならばpixivで原作を読みましょう。無料です。
    読んだら劇場版を観ましょう。後悔しないから。創作をする人間には更にオススメ。映画のオリジナルパートが1/3強を占めるが、それがとても良い味を出している。


    セッション
    Whiplash
    2014年 / 1時間46分

    ドラマーの卵が音大で教授に見出され、夢への一歩を踏み出す……と思いきやこの教授がとんでもないパワハラ教師だった。人種差別・容姿侮蔑・人格否定・家庭環境揶揄の嵐に観てて胃痛がしてくるような気がしてくるが、作品の全てが最後の10分のために用いられており観終わった瞬間思わず拍手をしてしまった。
    この映画はH0H0H0H0さんに教えていただいたのだが、上述の『映画大好きポンポさん』の登場人物ポンポさんが好きな映画として挙げる作品でもある。『映画大好きポンポさん』のテーマに近い面もあり、併せて観ても良さがある。


    アバター
    Avatar
    2009年 / 2時間41分

    エルフの森を焼こうとしてる帝国軍人がエルフとの交流を経て忠誠心を揺らがせていくという、SFのガワを被った「なろう」文脈作品。エルフは青肌で尻尾付きの原住部族だけど。今更ここに書くような作品でも無いかなぁという気もしたけれど、世界一売れてるだけあってシンプルに面白いしボリュームの割に観易いからもし観てないなら是非。


    さよならの朝に約束の花を飾ろう
    2018年 / 1時間54分

    エルフの里が帝国に焼かれる話。里から人間界に逃げ落ちることができた主人公だが、不老のため一箇所に長くは留まれない。「別れ」をテーマにした作品で、序盤から終盤まで辛いしずっとシリアス。泣くよこんなん。オススメです。
    アマプラでのレンタル料がかなり割高なのでTSUTAYAとかで借りてきた方がいいと思う。


    この世界の片隅に
    2016年 / 2時間9分

    歴史の教科書シリーズ。広島在住女性の戦時下での日常を静かに描く。ゆったりと暮らしつつ、しかし生活はどんどん苦しくなっていく。戦争ってやっぱクソだわ。


    エリート・スクワッド ~ブラジル特殊部隊BOPE~
    Tropa de Elite 2 – O Inimigo Agora é Outro
    2010年 / 1時間54分

    『エリート・スクワッド』の二作目。一作目を観なくてもかなり楽しめた。ブラジルを舞台に社会問題をしっかりと大真面目に描く。seafield13seafield13さんの薦めで観たが、まともに面白くて驚いた。なおタイトルの特殊部隊BOPEはそんなにメインではない。彼は1998カノンでこれをやりたいと仰っていたが、ぜひ応援したい。


    ショーシャンクの空に
    The Shawshank Redemption
    1994年 / 2時間22分

    銀行マンの主人公は妻殺しの冤罪でショーシャンク刑務所に入れられる。そのショーシャンクを舞台にヒューマンドラマが展開される作品なのだが、主人公や受刑者たちの演技がとても良い。H0H0H0H0さんにオススメされて観たけどめちゃくちゃよかった。万人にオススメできる名作だと思う。


    南極料理人
    2009年 / 2時間5分

    南極に単身赴任してるおっさんたちの南極基地での日常を描く。ノリが男子中学生なんだよな……正直結構心地よかった。


    最高の人生の見つけ方
    The Bucket List
    2007年 / 1時間37分

    「白人の富豪」と「黒人の貧乏人」のタッグもの。病室で出会った対称的な二人だが、余命半年を宣告されたことで病院を飛び出し「死ぬまでにやりたいことリスト」を消化していくことにする。
    最強のふたり』(2012年)や『グリーンブック』(2018年)なども良かったけど、今のところ「黒人と白人が互いの身分や境遇の差を乗り越えて絆を育む」系作品の中では一番好き。話の畳み方が綺麗で満足度や読後感が素晴らしかった。オススメしてくださったVideoGameMonkeyMONOVideoGameMonkeyMONOさんありがとうございます。


    君の名は。
    2016年 / 1時間46分

    今更ここに書くことある?
    なんとなく観るのを先延ばしにしていたのだが、入れ替わりもの大好物なのでやっぱり好きだった。同じカノンの採用作品で『天気の子』(2019年)があり、好みが分かれる所だろうけれど私は『君の名は。』の方が好きかなぁ。


    ザ・スイッチ
    Freaky
    2020年 / 1時間42分

    アステカのマジックアイテムに被曝したJKが中年男性の殺人鬼と入れ替わってしまい、元に戻ろうと奮闘する話。殺人鬼とJKの入れ替わり演技が中々に見応えがあり、しかも入れ替わりをしっかりとストーリーで活かしている。有名ホラー作品のオマージュがちょっとウザいかなぁというのはあったが、殺人鬼もテクニカルキルを見せてくれるので見応えがあった。


    エスター
    Orphan
    2009年 / 2時間3分

    第三児を流産で失った夫婦が代わりに孤児の女の子・エスターを引き取るが、この女児が実はヤベー奴というスリラーホラー。エスターによって子供たちは脅され、夫婦仲は険悪になっていく。
    私が今まで観てきたホラーの中ではかなり良かった印象がある。ホラー観てると「この人は死なないでくれ」とか思うことがあるが、兄妹や母ちゃんが本当に健気で感情移入してしまい終盤ずっと目が離せなかった。


    タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら
    Tucker and Dale vs Evil
    2010年 / 1時間28分

    aisurakutoaisurakutoさんが観たいと仰ってたので勝手に観たのだが、かなり面白かった。タッカーとデイルという冴えないオッサン二人組がいるのだが、この度めでたく山奥に別荘を買えたので様子を見に行った。このオッサンたちは普通に善人なのだが怪しく見えるわコミュ力皆無だわでキャンプに来ていた陽キャ大学生グループに山に潜む殺人鬼と誤解されてしまい、偶然と不運が連続して事態は泥沼化していく。
    ホラーらしく血がバンバン出るスプラッタ作品だが、作品の本質はコメディ的。スプラッタが大丈夫ならオススメ。


    エクストリーム・ジョブ
    극한직업
    2019年 / 1時間51分

    麻薬捜査班の刑事たちは結果を出せずクビの危機にあった。起死回生を懸けた捜査の過程でチキン屋をやることになるのだが、このチキン屋が予想外に繁盛してしまう。刑事かチキン屋かで揺れる刑事たち……というギャグ作品。
    韓国が舞台の韓国映画なのだが、韓国では失業して餓死するくらいなら必要な元手が少なく専門知識も不要なチキン屋を開業するという文化(?)があるらしい。韓国のチキン屋の数は日本でのコンビニの数を上回るとか。
    最終盤のアクションシーンがやや冗長な印象を受けたが、それはそうと面白かった。


    メン・イン・ブラック
    Men in Black
    1997年 / 1時間37分

    SCP界隈にいる人に今更これをオススメする必要は無いと思うのだが一応載せておく。もし観たことないなら観といた方がいいと思う。続編である『メン・イン・ブラック2』(2002年)と『メン・イン・ブラック3』(2012年)も併せてどうぞ。
    スピンオフの『メン・イン・ブラック : インターナショナル』(2019年)は今までのMIBと比較すると面白さ的に届かないなぁという印象が強い。カノンの世界観設定を拡張する作品ではあるが、Agt.JとAgt. Kのタッグのノリを期待すると肩透かしをくらう。


    踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間!
    1998年 / 1時間59分

    『踊る大捜査線』の劇場版第一作。今時の人は『踊る大捜査線』のタイトルすら知らないだろうし私も知識ゼロに近かったけど正直舐めてました。ギャグとストーリーのテンポが天才的でめちゃくちゃ面白い! 劇場版第二から第四作目も視聴しましたが、本作が一番面白かったです。


    記憶にございません!
    2019年 / 2時間6分

    支持率ドン底の嫌われ総理大臣が記憶喪失になったところから始まるギャグ・ストーリー。邦画のギャグ作品ということであまり期待せずに観たのだが、予想以上に面白かった。登場人物のキャラがいちいち立っていて、顔が覚えられないストレスとも無縁だったのでかなり楽しめた。


    プロメア
    2019年 / 1時間51分

    一言で形容すれば、ジェネリック『天元突破グレンラガン』。勢いと熱量で全てを押し流していきあっという間に観終わってしまう。BLと姉妹百合を同時に摂取できる。観てて「抱けー!」って叫んだよ私は。取り敢えず観て損は無い。友人とかと一緒に観て観ながら騒ぐのが楽しい作品。


    バーフバリ 伝説誕生
    Baahubali: The Beginning
    2015年 / 2時間17分

    最強のインド映画。「バーフバリ」という英雄が祖国を愛し愛される様を描く。インドの英雄ってこんなんなんだな……という感覚を味わえるパワフルな作品。最初から最後まで面白いので本当に観てほしい。ひたっすらにキャラが強者でネームドは大抵無双してる。私は字幕有料・吹替無料だったので吹替で観たけども、ミュージカルシーンがそこそこある関係上可能なら字幕の方がいいと思う。


    バーフバリ 王の凱旋
    Baahubali 2: The Conclusion
    2017年 / 2時間20分

    前作がそこで終わるなら続きも観るしかないじゃん!??? バーフバリは実は前後編二部作なのであった。私が観た時は『王の凱旋』が吹替も有料というトラップだったけど金払う価値は余裕である。バーフバリはマジでいい。良すぎて観た翌日に2MeterScale2MeterScaleさんに観ろオラァってウォッチパーティーしたけど彼も満足してたよ。観ようバーフバリ。騙されたと思って前編を観てほしい。前編観れば後編も観たくなるから。


    ガネーシャ マスター・オブ・ジャングル
    Junglee
    2019年 / 1時間47分

    たたかう獣医さん(インド人)が象牙狙いの密猟者と戦う話。割と子供向けなストーリーという印象を受けたが、面白かった。ドクター・ドリトルに近いものがあるかもしれない……ないかもしれない。インド人が無双してるだけでちょっと面白いのズルいよ。


    ジョン・ウィック
    John Wick
    2014年 / 1時間41分

    人の犬や車に手を出しちゃいけないことをこれでもかと教えてくれる。話の中身はほぼ無く、ひたすらに銃撃ったり轢かれたりする主人公がカッコいいだけの作品。かっこよくガンアクションするキアヌ・リーブスを観るための作品と言っても過言ではない。
    これ書いてる時点では『ジョン・ウィック』シリーズは3作まで出てるのだが、チャプター3が一番面白い。それを観るなら吹替ではなく字幕で観ること! みんな大好きスシ屋が出てくるよ。


    コラテラル・ダメージ
    Collateral Damage
    2002年 / 1時間48分

    ジョン・ウィックほど強くないけど主人公無双系の復讐劇。『ジョン・ウィック』と比べると、話の起伏にややリソースを割いている作品と言えるかもしれない。あんま強くないアーノルド・シュワルツェネッガーがやや物珍しく映った。


    ブレイド
    Blade
    1998年 / 2時間

    洋画SAMURAIのKATANAアクションを見たくなったらこれ観ればいいと思う。カッコいいんだわこれが。


    チャーリーズ・エンジェル
    Charlie’s Angels
    2000年 / 1時間38分

    探偵事務所の美女エージェント3人組が時に潜入、時に戦闘をこなし依頼人のミッションをこなしていく。アクションとお色気を観るための映画で、話の中身はそんなではないがなんか楽しめる。
    続編『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』(2003年)が『チャーリーズ・エンジェル』の劇場版3作の中では私は一番好き。なお2019年公開の 3作目が本作とまったく同じタイトルなので注意すること。3作目はヴィランの魅力不足や『チャーリーズ・エンジェル』的長所の喪失などを感じ、そこそこ面白くはあるが『フルスロットル』の続編を期待すると微妙な印象を受けるかも。『メン・イン・ブラック』における『インターナショナル』のようなものと思ってもらって相違ない。ただ2019年版『チャーリーズ・エンジェル』はBGMがかなり良かった印象が強い。


    映画プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち
    2011年 / 1時間11分

    プリキュア観たこと無い人にもオススメしたいよ私は。歴代プリキュアが全員大集合するオールスターズの中で最も好きな作品。滑走する船をピタっと止めるシーンはTwitterとかで有名なのでプリキュア未履修の人もそれは知っているかも。プリキュアという作品を雑に一時間で楽しめるのでオススメです。ぷいきゅあがんばえ~!


      • _

      名探偵ピカチュウ
      Pokémon Detective Pikachu
      2019年 / 1時間44分

      何らかのポケモン作品に触れていた時期がある人間にならかなりオススメできる。映画としては突出して面白いという訳ではないと思うが、ハリウッドの潤沢な予算で魅せてくる実写ポケモンの絵面がひたっすらに強い。私のファーストポケモンはドダイドスなので、かなり満足した映画だった。


      機動戦士ガンダムNT
      2018年 / 1時間29分

      機動戦士ガンダムUC』(2010〜2014年)の続編。UCの続きを期待して観るよりも、ガンダム作品群の単発映画として観た方が楽しめると思う。
      ニュータイプの文脈を理解しておかないといけないので、ガンダム観たことがない人にはオススメしづらい。ガンダム未視聴ならUC観ようぜ取り敢えず。UCはアニメ版あります。


      劇場版 少女☆歌劇 レビュースタァライト
      2021年 / 2時間

      アニメ『少女☆歌劇 レビュースタァライト』の続編。Pagema157Pagema157さんとHasuma_SHasuma_SさんとMtKani_666MtKani_666さんと高校時代の恩師にオススメされたので観た。スタァライト初見で劇場版を劇場で観てヤバかった(意訳)とislandsmasterislandsmasterさんは仰ってたけど、公式様が「こちらが弊作品が誇る最強百合CPたちです好きなだけご堪能ください!」って叫ぶような作品なのでアニメ観ておいた方が火力高まると思います。なおそういう人向けに『少女☆歌劇 レビュースタァライト ロンド・ロンド・ロンド』という総集編があり、それでも履修は可能(というか私はそれを通った)のだが、アニメ版を全編ちゃんと観た方が絶対いいと思った。これは『ロンド・ロンド・ロンド』の総集編としての質が悪いとかではなく、『ロンド・ロンド・ロンド』じゃなくアニメ版を観た方が熱狂できるという確信があるため。わかります。


      劇場版 メイド・イン・アビス 深き魂の黎明
      2020年 / 1時間44分

      アニメ『メイド・イン・アビス』の続編。『ダークナイト』(2008年)のジョーカーのようにヴィランが魅力的だと作品の魅力が引き立つが、それを体現している作品。Twitterでボンドルド卿が人気な理由が分かる。まぁまずはアニメを観よう。劇場版総集編も前後二部作であるらしい。


      コードギアス 復活のルルーシュ
      2019年 / 1時間52分

      アニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』の続編。『反逆のルルーシュ』がしっかりと物語を畳んでいるせいで蛇足な内容に感じるのだが、それがどうでもよくなる熱さがある作品。皆と肩を並べて妹のために戦えているルルーシュが生き生きとしていて嬉しくなっちゃう。『反逆のルルーシュ』を観ていないと観る意味はほぼ無いと思う。『反逆のルルーシュ』は劇場版総集編が『興道』『叛道』『皇道』と三部作にまとめられているが、特に『叛道』の端折りっぷりはすごく、可能ならちゃんとアニメ版を観るに越したことはないという印象だった。しかしちゃんと作品の良さは伝わるので、劇場版4作をぶっ続けで観るのは楽しかった。


      ONE PIECE FILM Z
      2012年 / 1時間47分

      ワンピ劇場版は『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』(2009年)以降原作者が監修するようになってクオリティがかなり上がっているのだが、同時に原作知識も要求するようになっているので、原作非履修者にはオススメしづらい。『Z』はワンピ劇場版の中で一番いい作品だと思っていて、敵ボスの渋さもワンピを体現していてとても良い。海軍の鎮魂歌が挿入歌として強く存在感を主張しており、それもやっぱりかっこいい。
      ただし所詮はジャンプ映画と言うべきか、手放しで誉められない質の声優がノイズとなる。特に敵幹部の女キャラは、キャラデザや能力、バトルスタイルが良いだけに残念。


      • _

      耳をすませば
      1995年 / 1時間51分

      ジブリでは少数派の非ファンタジー。ジブリっていつも薄れゆく神秘の話してるよね。
      昔に観た時はまったく面白さが理解できなかったのだが、この前観たらめちゃくちゃ面白くてびっくりした。青春ラブコメの原液なので、中高を通過して初めて作品の価値を感受できるようになったのかもしれない。けども中学三年生が創作に初挑戦する内容であるためここに来るような中高生には観てほしいと思う。


      ペンギン・ハイウェイ
      2018年 / 1時間57分

      おねショタ。ショタのことを少年と呼ぶお姉さんがメインキャラとして登場するのだが、彼女のキャラパワーが強すぎる。少年が性癖と人生をお姉さんに狂わされる話。


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。