NorthPoleの著者ページ

SCP:

  • (05 Apr 2018 07:50) SCP-1222 (評価: 2, コメント: 0)
  • (01 Nov 2018 17:52) SCP-3284 (評価: 17, コメント: 0)
  • (11 Nov 2018 01:10) SCP-1273 (評価: 7, コメント: 0)
  • (07 Dec 2018 15:34) SCP-3478 (評価: 10, コメント: 0)
  • (23 Oct 2019 15:14) SCP-3631 (評価: 0, コメント: 0)

Tale:

その他

椅子に座る死体コンテスト

投稿期間 2021/02/01~2021/02/28

投票期間 2021/03/01~2021/03/07

結果発表 2021/03/08


Conglatulations!

優勝

In The Clutches Of Beautiful Day
by Jiraku_MoganaJiraku_Mogana

準優勝

SCP-2831-JP
by taneyamataneyama

第3位

彼女を継ぐ者
by sbjt_coffeemilksbjt_coffeemilk


古くから人は椅子に座ってきました。椅子に座るというその行為は人類が何世紀もの時を越えて受け継いできたものの一つです。人が椅子に座るならば、それは事象の切り替わりを意味します。例えば食事。例えば仕事。例えば、ただ休憩を取るだけ。椅子に座るという行為はどのような形であれ、人間と直前の行動とを明確に切り離します。その前と後では別の事が起きており、あるいは起こっていくのです。椅子に座るという行為は、言わば転換の象徴です。

では、死体はどうでしょうか?人の歴史は死体と共にあると言っても決して過言ではないでしょう。人類は死体を時に利用し、時に捨て、時にそれ自体をある種崇めるように生きてきました。死体はただ腐っていくものです。けれど、それゆえに死体は人を動かします。腐りゆく死体に人は過ぎ去る時を見るのです。ならば死体は、大いなる流れの象徴です。

今、死体が椅子に座ります。どういう訳か大いなる流れは断ち切られ、転換の時を迎えます。見せてください。その時何が起こるのかを。

あるいは、椅子に座る死体の姿を。

これは何?

椅子に座る死体コンテストは「椅子に座る死体」に興味がある人間のための個人コンテストです。

条件

あなたが椅子に座る死体コンテストにエントリーするためには、以下の条件のいずれかを満たした何らかの形式のオリジナル記事を投稿する必要があります。

・重大な事象の転換点を描いている
・椅子に座る死体を描写している

また、作成した記事のディスカッション上で椅子に座る死体コンテストにエントリーする旨を宣言する必要があります。

その他の条件はありません。

順位決定について

投票期間終了時におけるエントリー作品のrateの値をそのまま得点とし、もって順位を決定します。ただし集計のタイミングは主催者が寝たなどの理由で遅れる可能性があります。

表彰について

椅子に座る死体コンテストの第一位から第三位までの作品と著者は当著者ページ上、椅子に座る死体コンテストタブ内にて表彰されます。

よく分からないんだけど

何かご不明な点があればwikidotのPM、discord、twitter等でご気軽にNorthPole NorthPole に連絡してください。気付き次第対応します。

エントリー作品一覧

2/26 SCP-2609-JP +14 -atsuburiatsuburi

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。