水鐘博士の人事ファイル

名前: 水鐘 朱里 (Mizukane Syuri)

セキュリティクリアランス: 3(低温保管室・薬品庫内の物品について限定的に4)

所在: サイト-81██水鐘研究室、低温保管室・薬品庫

職務: サイト-81██の低温保管室・薬品庫の管理、化学系・温度異常系オブジェクトの管理・研究、温度異常の可能性があるオブジェクトの初期収容・山林での収容任務への同行、害獣駆除

専門: 有機化学、熱化学、環境化学

来歴: 1990/7/8生まれ。化学博士。2018/3/██、祖父母宅近くの山林に祖父とともに高熱を発するカピバラ1と遭遇し、抱きかかえているところを当該異常存在の収容に向かったエージェントに発見され、異常性が発覚しました。水鐘博士の祖父は保護・検査ののち記憶処理を行い解放されました。水鐘博士は████大学大学院を卒業後、ポストドクターとしての就職を希望したものの全て不採用となったため就職先が未定であり、財団への就職を強く希望した上、その能力も十分であると判断されたため採用されました。

人物: 水鐘博士は身長162cmの常に白衣を着用している、肩から背中ほどの長さの暗い茶色の癖毛をもつ女性です。

水鐘博士はいかなる高温・低温によっても生命機能が損なわれない異常性を持ちます。これには衣服が燃えない2、手に付いた水滴が凍らない、といった事例がある一方、手に持った紙片を自身の一部と認識するよう指示した実験では紙片は通常通り燃焼したこともあり、影響範囲は水鐘博士の無意識の認識によるとみられます。また、その異常性に関わらず水鐘博士は冷たい場所を好みます。気温と触れたものの温度を正確に測る事ができるため、異常性もあって度々初期収容現場などで重宝されます。なお、この能力は異常性のために発達したものではありますが、異常性に直接起因するものではありません。

水鐘博士はその異常性のため一般に重い熱傷・凍傷を負うような行動をとることがあり、これが原因でこれまでに20回以上医療部隊の不要な出動要請がありました。これ以上の不要な出動を防ぐため、水鐘博士のとりうる一般に危険とされる行動・特異である行動のリストが作成されました。このリストは同サイトに勤務する職員全てに公開されます。

リストに記載された特異な行動の例

  • やかん内のお湯の温度を素手で確かめる
  • 冷凍保管庫内での仮眠
  • 冷凍保管庫内でアイスを食べる
  • 慣用句の「火中の栗を拾う」を「朝飯前」と同義として扱う

その異常性と化学分野における深い知識から、水鐘博士はサイト-81██の低温保管室・薬品庫の管理を日常的な職務としており、ほとんどの時間を低温保管室内で過ごします。低温保管室内部の冷蔵保管庫の室温は3℃、冷凍保管庫の室温は−20℃と低温のため、水鐘博士に用事がある場合はまず低温保管室正面の水鐘博士のオフィスにいるエージェント・赤羽、御影研究助手を通して連絡する3ことが推奨されています。

水鐘博士の趣味は狩猟4です。週末には祖父の害獣駆除業務の手伝いに行くことがあり、獲ってきた猪・鹿などの肉を職員に振る舞うことも多々あります。水鐘博士は銃器の扱いに優れ、特にライフル・ショットガンを用いた射撃能力は財団エージェントの平均を上回ります。

水鐘博士はアルコールの吸収能力が低く、分解能は非常に高いため、ほとんど「酒に酔う」様子が見られません。なお、これは遺伝的な体質であり、非異常のものです。

お酒は酔うのが良いって言うのはよく聞くんですが私にはさっぱり分からなくてですね、オレンジジュースとかの方がおいしいしコスパも良いんで好きです。まあ飲めないんじゃないし度々祖父に飲まされてきたので乾杯だけはしますが。—水鐘博士

水鐘博士は雇用時の心理診断において他者への無関心及び自身の活動に不要な交流を避ける傾向が見られましたが、現在そのような様子は伺えません。ただし、非異常、一般の職員との交流と比較して異常性を持つ職員、変人あるいは奇人と称される職員との交流が多いようです。

俺へ: 人事更新してコピペするのはここまでにすること

SCP-JP

SCP Rating Comments Created Last Comment
SCP-2231-JP 50 12 03 Apr 2020 01:48 29 Apr 2021 20:55
SCP-2480-JP-J 8 2 01 Apr 2020 04:43 01 Apr 2020 04:50
SCP-2480-JP 34 6 31 Jan 2020 12:19 17 Feb 2020 10:20

Tales

Tale Rating Comments Created Last Comment
オペレーション・ニコラウス 23 1 25 Dec 2020 05:00 25 Dec 2020 05:05

Others

Others Rating Comments Created Last Comment
02638 3 0 09 Mar 2021 04:38
01901 103 0 17 Jul 2020 10:34
01258 4 0 25 Nov 2019 08:45
01234 22 0 13 Nov 2019 14:43
    • _
      • _

      世界樹
      初生存記事、2000-JPコンテスト参加作品。
      テーマが「変遷」と聞いて系統樹を結びつけたことは覚えているのだがそこに至るまでの過程が全く思い出せない。投稿時点で既に覚えていなかったので永遠の謎。元々もう少し要素があったり批評でもっと広げるアイデアも頂いたりしたが手に余って今の形に。結果として悪くはない選択だったと思う。ただもう少し手を入れた方が良いとも思っている。
      番号は個人的に思い入れがある数字から。サイト参加前からJP記事を中心に読んでいたためにSCP-2480が有名作品であることを後に知るのはまた別の話。
      エゴサ適性は最悪。

      • _

      世界ジャガイモ
      af2020「SCP財男爵芋」関連作品。
      afは自著(SCP-2480-JP)のパロディが書けそうなら参加しようと思っていたところいい感じにアイデアが降ってきたので深夜2時に書き始め、睡眠等を挟んで13時頃完成、ダメ元で投稿、今に至る。元作品を知らない方にはあまり面白くないものであるのは承知の上で個人的にはUV。でも良く今まで生き残ってきたなとも思う。

      • _

      灰より生い
      人型Safe。
      読みは「はいよりおい23」。
      元は(当時はまだ公式でなかった)水鐘博士に「火に触れている間肉体の時間を巻き戻す異常性(普段は温度変化の影響を受けない異常性で無効化)」を付与してみようとか考えていたところその異常性で記事を書こうと発想を転換、形を整えた結果現状に着地した。人事のこと考えてても記事は書ける奇しくもこの記事が3作品目となり著者ページの作成要件を満たした。実はSCP-2480-JP-Jより先に書き始めた。
      著者ページにPoI-20059がSCP-2231-JPの曾祖父であるという記述があるが記事に未反映なのはあくまで未だヘッドカノンの範疇であることと付け足しても文章が浮いて記事のまとまりを損なうと考えたため。ちなみに汞姓でなく水兼姓なのはSCP-2231-JPの祖父の時点で汞家本家から分かれているから。独立すると同じ音または似た音の名字に変えるという設定は特定条件下で死なない人間を使いたい時などにでも適当に使ってください。
      これはヘッカで内容ともほとんど関係ありませんが彼女はポケモンシリーズをプレイしています。
      番号はSCP-231にあやかって。最初からリスペクトして書いた訳ではないが粗方書き上げたあたりで共通性を見出したので。

      • _

      初taleにして自人事オンリーの人事tale24。Idコン参加作品。
      自人事tale主役第一号はIdコン開始直前に追加した布宮兄(?)妹でした。
      クリスマスネタのためせめて当日には投稿しようとしていたが進みが悪く結局イブの夜にヒィヒィ言いながら書き上げた作品。一応サンドボックスで批評を募集するも昼過ぎにも批評は来ずそのまま投稿。そして推敲不足でAgt.布宮のジャージの色を明言していなかったというヘマをやらかす。(現在修正済)
      Agt.布宮のアホ毛を「普段から上向きに撥ねている癖毛の束」と表現したのは我ながら天才だと思っている。
      なお縫々を連れ出した縫が何をしたかはご想像にお任せします。


SCP-978拡張実験記録-JPオペレーション・ニコラウス織斑諜報員

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。