織部博士の人事ファイル

名前: 織部 庵(おりべ いおり)

セキュリティレベル: レベル3(対象に応じてレベル4)

専門: 文化人類学、応用心理学、言語学

所在: サイト-81██、I5サイト群

役職: 非ヒト的知性体業務コーディネーター

職務: 財団管理下の非ヒト的知性体への支援、ファーストコンタクト及び文化変容についての研究、業務支援を目的とした人工知能の実地試験

来歴: 19██年9月19日、日本国にて誕生。男性。両親は、アメリカ合衆国陸軍士官として潜入中だったエージェント████と現地日本人女性は████。その後、進学した一般大学にて文化人類学を履修し、ファーストコンタクト及び文化変容1について学びました。
博士課程修了直後の家族旅行先にて、現在SCP-████-JPに指定されるオブジェクトに遭遇。唯一の民間人生存者として財団による調査を受けた後、研究職として雇用されました。

dr-oribe-in-california
カリフォルニアにて。早々に出張先の仕事を早々に終わらせてはしゃいでいる写真です。("エルア")

人物: 現在、財団管理下の非ヒト的知性体への支援、ファーストコンタクト及び文化変容についての研究、業務支援を目的とした人工知能の実地試験を兼務しています。この業務支援については、財団在籍カウンセラーと連携し、収容環境や業務環境の整備を行なっています。この業務のために、複数のセキュリティ施設への出張をこなしていますが、そうでない場合は人工知能の実地試験や休息に当てており、夜の時間帯を自身の研究に当てています。
身長は16█cm、体重6█kgと同年代の日本人男性と比較すると小柄です。
現在は明るい性格であり、親交のある人間や接触予定だった人間と遭遇すると、よく出張の土産と称して贈り物をするようです。しかし、自身のコミュニケーションスキルでは、事前準備した会話のキッカケなしにその場の"空気"を維持することは不可能だと説明しています。本来はどちらかというと内向的な性格であり、趣味の合わない人や大勢の人と対することへの苦手意識は残っているようです。
土産物の中には最近の出張先としての記録がない地域の特産品2を接触対象に渡したりすることがあります。なお、対象が好むものを必ず渡すという訳ではないようです。


また、ゲーマーとしての知識レベルやプレイスキルが非常に高い訳ではありませんが、ボードゲームを好んでおり、接触対象にプレイヤーでないかよく尋ねたり、未プレイ者に布教活動を行います。

彼は基本的にカジュアルなスーツを身につけています。また、ビジネスバッグに筆記用具、手帳、本、携帯端末、人工知能試験用端末、ボードゲームを収納して常に携帯し、冬季から春季にはBOXティッシュを取り出して鼻をかむ様子がよく目撃されます。

春は花粉症。夏は冷房で夏風邪。秋冬は普通に風邪。BOXティッシュは必需品です。このバッグは大容量3ですし便利ですよ。- 織部博士

職務上、81-地域ブロック各地のセキュリティ施設に出入りしています。普段は施設の中庭や食堂、談話室にて試験中の人工知能であるSCP-AI-BINARY-07を交えた少人数で職員同士の会話をする他、ボードゲーム卓を囲んだり、中庭で本を読んでいます。

備考として、サイト81██、談話室にはエッセンシュピール4にて購入したドイツボードゲー厶が寄付されているほか、出張先で買ってきた菓子が集積されています。

私がサイト81██にいる時は談話室にて不定期でボドゲ会を開いてます。どうぞよしなに。- 織部博士







著作一覧

Tale-JP:

曲がった背骨に歪んだ胸郭。そして奇妙な両腕。引き攣って骸骨を思わせる、継ぎ接ぎの顔。その様な、いわば怪物が礼儀正しく、相手の母語で挨拶をしようとしていたのです。

光り輝く摩天楼が立ち並び、アンドロイド、ロボット、ホログラムが渦巻くこの地で年に1回開かれるのが、全世界学生超常技術コンテスト、通称"Paracon"である。

「今はなきHarbingerも、新たなHarbingerも我々の"さきがけ"です。そして、我らもまた、人類の"さきがけ"なのです」

ヴェール消失によるパラダイムシフトは移動分野にまで及びました。当時、その例の一つが「跳躍路」でした。この技術の実現には「マンハッタン次元崩落テロ事件」による超次元力学の発展が背景にありました。

それは…今日発売のスシブレードウエハース!


GOIフォーマット-JP:

また結界内は外部からのEVE流入が不可能なため、重要施設を防護するレイライン堤体としても使用できます。

理外研電算機株式会社は、大正時代初期に理化学研究所を隠れ蓑に成立したとされる超常研究者集団"理外研"の流れを汲む、コンピュータ関連企業。1998年のヴェール消失を受け、株式会社に転換。

昨年夏のヴェール消失以降、数多くのパラヒューマンが一般社会に進出しています。MCFや蛇の手関係者によるメディアキャンペーンを通して社会的認知も高まり、テレビショー等で露出する機会も多くなりました。一方で、彼らに対する社会の目は必ずしも好ましくありません。

アートワーク-JP:

 ポーランはついに独立と民主化を達成したんね!(ポーラン イズ ストロンク!)

エッセイ-JP:

 秘密のサンドボックスから構文研究室まで。あなただけの財団風wikiサイトの作り方を紹介するエッセイです。

共著作一覧

Tale-JP:

ようこそ、外宇宙支部へ。〜『新人職員にとっての2つの大きな問題は重力と事務仕事だ。月の重力にはじきに慣れるだろうが、事務仕事は時に圧倒的すぎる』


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。