七曜博士の人事ファイル

人事ファイルが多くて、何から読んだらいいのか分からない…。読む気が失せる…。
客観的にそういった問題があるな~と自分で思います。
そこで、ランダムに表示される構文を置いてみました。(構文協力: FeS_ryuukatetuFeS_ryuukatetu様)
思い付きでランダム占いも実装してみたので、良かったら試してみてください。



こちらは、メニューです。タブが多すぎるので、一度このタブを経由する形になります。

さっきまで読んでいた人事タブの位置を見失いやすいので、少しだけご注意ください。

※ここのタブの内容も、いずれ何か面白く装飾したいです。良い案が思いつくまで、この文章が掲載されます。



サイト

外観

正式名称: SCP財団日本支部長期保管収容サイト-81██

設立: 19██年4月3日

前管理者: 蓮見 岬

現管理者: 蓮見 透

場所: 日本国東京都██区██ █丁目██番██号

カバーストーリー: 環境問題に関する国立研究関係法人、公的研究機関(通常情報操作コード:08を適用)

説明: サイト-81██は異常性が無い、もしくは不活性のオブジェクトの長期的な保管・収容を維持する事を主目的とする大規模施設です。収容されているオブジェクトの全てがSafeもしくはEuclidですが、潜在的危険が高いオブジェクトが大半を占めています。サイト-81██には、現在██種類のオブジェクトが収容されていますが、設立以来、収容違反やその他の事案は発生していません。また、サイト-81██は、近隣の収容サイトとの連携ネットワークにおける中継の役割を持っています。近隣の収容サイト同士の相互協力の補助や、人材派遣など幅広い職務を行います。また、近年では諜報部門や研究部門も設置されたため、収容に関わる全般的な活動が可能になっています。特に研究部門は大規模な増員や施設の拡張が行われており、主目的の1つになる予定です。

サイト-81██の特徴は、指導グループが存在している点です。指導グループは、他の収容サイトやフロント企業に対し、業務支援やアドバイスを行う部門であり、現在まで大きな成果をあげています。





usubaorigekiusubaorigekiの著作一覧

SCPs


SCP-961-JP%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF

SCP-961-JP
+21 8
Author: usubaorigeki
Latest comment: usubaorigeki at 01 Nov 2020 11:32
Last edited: Rokurokubi at 10 Jan 2021 17:19


SCP-1124-JP%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF

SCP-1124-JP
+5 3
Author: usubaorigeki
Latest comment: usubaorigeki at 01 Nov 2020 14:00
Last edited: Rokurokubi at 10 Jan 2021 17:24


SCP-1103-JP%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF

SCP-1103-JP
+52 4
Author: usubaorigeki
Latest comment: usubaorigeki at 03 Nov 2020 01:23
Last edited: Rokurokubi at 10 Jan 2021 17:29


SCP-1197-JP%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF

SCP-1197-JP
+4 10
Author: usubaorigeki
Latest comment: usubaorigeki at 10 Dec 2020 21:08
Last edited: Rokurokubi at 10 Jan 2021 17:32


SCP-1698-JP%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF

SCP-1698-JP
+ 1
Author: usubaorigeki
Latest comment: usubaorigeki at 25 Nov 2019 12:52
Last edited: Rokurokubi at 10 Jan 2021 17:51


Tales


%E5%A0%B4%E9%81%95%E3%81%84%E3%81%AA%E7%89%A9%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF

場違いな物
+39 3
Author: usubaorigeki
Latest comment: usubaorigeki at 03 Nov 2020 04:13
Last edited: Rokurokubi at 10 Jan 2021 18:16


%E3%81%8A%E6%99%82%E9%96%93%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%A8%E3%81%86%E3%80%82%E3%81%94%E3%81%96%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF

お時間ありがとう。ございます。
+10 3
Author: usubaorigeki
Latest comment: usubaorigeki at 19 Jul 2020 06:40
Last edited: Rokurokubi at 10 Jan 2021 18:30


%E9%83%A8%E5%B1%8B%E3%81%AE%E9%9B%BB%E6%B0%97%E3%81%8C%E3%81%A4%E3%81%91%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%AD%E3%81%87%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC

部屋の電気がつけられねぇ
+27
Author: usubaorigeki
Latest comment: at
Last edited: Rokurokubi at 10 Jan 2021 18:53


GoI-Format


%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%EF%BC%81%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF

生き物プロフィール: アーサー!
+60 2
Author: usubaorigeki
Latest comment: usubaorigeki at 03 Nov 2020 05:41
Last edited: Rokurokubi at 10 Jan 2021 18:20


%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%99%E3%83%AB%EF%BC%81%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF

生き物プロフィール: ミラベル!
+49 4
Author: usubaorigeki
Latest comment: usubaorigeki at 03 Nov 2020 08:05
Last edited: Rokurokubi at 10 Jan 2021 18:37


%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%B3%EF%BC%81%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF

生き物プロフィール: オーウェン!
+44 2
Author: usubaorigeki
Latest comment: usubaorigeki at 03 Nov 2020 08:41
Last edited: Rokurokubi at 10 Jan 2021 18:42

    • _

    チームコンテスト2020」に挑戦した記事。

    チームを結成し話し合い、異世界からの漂流者が集まってできた"ライフラフト"をタグ化すると決まった際、自分の頭に浮かんだ「科学が発達した世界」と「魔法が発達した世界」のうちの科学の方です。

    世界観で決まっているのは、「機械は1つの知的種族として認められている」所だけです。読んでくれた方のヘッカに委ねて頂ければと思います。自分のヘッカは最後に置いときます。

    構成として意識した所は、ライフラフトの要素である「故郷へ帰りたい」と、「この世界での絆や思い出も大事」という2点です。漂流者の悲哀というか、少し物悲しい表現を目指しました。反省としては、ライフラフトが登場しているだけ、というか実はライフラフトじゃなくても成立する点です。これは、もう少し上手くやれた気もする…!次に活かします。

    チーム内で批評・コメントして頂いたsantousantouさん、kyougoku08kyougoku08さん、home-watchhome-watchさんには感謝しかないです。Twitterなどで感想をくれた方々にも感謝します。ありがとうございます。(令和2年11月12日20:09時点で、確認したものです。)

      • _

      〇向こうの世界の世界観
      ・あるアンドロイドによって行われた革命によって、ロボットは新たな知的種族として認められている。
      ・ロボットは自らの種の存続のため、自身で工場を持って生産を管理している。出生が管理されているため、それを理由とした暴動が発生する事もある。
      ・ロボットは、人間の所に就職する。
      ・環境や経験などによって、性格や行動が変化していく「精神」と、欲求や感情などの「魂」は標準装備。
      ・死は怖い。「君が死んでも、同様の記憶を持った変わりが居るから大丈夫!」と言われても、大丈夫じゃないのと同じ。
      ・死んで機能停止すると、メモリーは消去される。バックアップ機能は、あえて放棄した。
      ・肉体の成長は個人の自由だが、寿命は設定されている。(法令により義務化されている定期点検でオーバーホールされる時)。ただし、性能的にはオーバーホールしなくても半永久的に活動しても問題ない。
      ・人間との取り決めにより、痛覚や疲労、寒暖差などを感じる義務がある。オフにする機能はない。
      ・人間の機械化も進んでおり、遠くない未来には人間とロボットは、ほぼ同じ種族になると計算されている。

      〇オーウェンの機能
      ・別次元から時空間移動してきたペット用のロボット。
      ・家の都合などでペットを飼う事が出来ないペットの代わりとして開発された。アニマルセラピーなども担う。
      ・孤独を埋めるため高度な言語認識機能を持っており、文字列や音声を認識して反応する。設定によっては、人と高度な会話等が出来る。また、緊急時に別次元の存在との意思疎通を行えるよう、未知の言語の解析機能も搭載。
      ・生体細胞を含んだ流動性の液体金属で肉体を覆われており、肌や毛の質感を再現し、リアルな触り心地とぬくもりを持つ。
      ・簡単な電子機器であれば、遠隔操作が可能。
      ・人間の肉体をスキャンし、健康状態などを確認できる。DNAを摂取する事で、病気の有無などの診断機能、最寄りの医療機関への連絡などを行える。
      ・高度な物理演算ソフトウェアにより、未来予測シュミレーションを行う事が出来る。事故などを事前に察知し、人間に警告し、助ける事が出来る。
      ・耐久力は無く、人間の腕力で簡単に破壊されてしまう。
      ・バッテリーの持続時間は、約50年。地球上では、紫外線を用いて充電できるため、ほぼ半永久的に活動可能。
      ・血液など、循環系の一部の生体部品は交換しなければ徐々に劣化・老朽化して、機能停止してしまう。


共著


SCP-2719-JP%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF

SCP-2719-JP
+45 5
Author: santou、usubaorigeki
Latest comment: usubaorigeki at 18 Jul 2020 23:10
Last edited: Rokurokubi at 10 Jan 2021 18:30


%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%8A%EF%BC%81%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF

生き物プロフィール: ルーナ!
+29 1
Author: kyougoku08、usubaorigeki
Latest comment: usubaorigeki at 31 Oct 2020 12:02
Last edited: Rokurokubi at 10 Jan 2021 18:47

    • _

    チームコンテスト2020」に挑戦した記事。

    チームを結成し話し合い、異世界からの漂流者が集まってできた"ライフラフト"をタグ化すると決まった際、自分の頭に浮かんだ「科学が発達した世界」と「魔法が発達した世界」のうちの魔法の方です。

    世界観で決まっているのは、「月が砕けて2つになり、一部の鳥の知能が異常に発達している」所だけです。読んでくれた方のヘッカに委ねて頂ければと思います。自分のヘッカは最後に置いときます。

    構成として意識した所は、ライフラフトを描くうえで「ライフラフトに対する財団の対応」と、「ライフラフトにも色んな派閥がある」という2点です。おかげで、会話が長くなり、ほぼtaleみたいになってしまいました…。苦手な部分なので、メチャクチャ時間かかってしまい、チームコン間に合わなくなりそうになってました。その辺を助けてくれた、共著者であるkyougoku08kyougoku08さんには深く感謝しています。

    あとは、自分にしか分からない所ではあるんですが、改稿13回位しました。最初はルーナが大人になり切れない放浪者だったり、シリアスな戦争物だったりと、現在の記事とはかなり変わってます。難産といえます…。完成できて良かった…!!

    チーム内で批評・コメントして頂いたsantousantouさん、kyougoku08kyougoku08さん、home-watchhome-watchさんには感謝しかないです。Twitterなどで感想をくれた方々にも感謝します。ありがとうございます。(令和2年11月14日11:54時点で、確認したものです。)

      • _

      裏設定(ここの設定を、物語中に全て示す必要は無い)
      〇向こうの世界の世界観
      ・月の裏にあった文明が滅び、月自体も崩壊。2つの月が出来る。
      ・地球に流れ着いた月文明の生命体の1人は瀕死の状態で肉体も失っており、たまたま近くにいたヨーロッパのフクロウと融合したことで、命を繋いだ。
      ・月文明の生命体自体は融合先のフクロウの寿命と共に死んだが、残した技術はフクロウたちに人間を凌駕する知能と文明を与えた。
      ・その事実自体は、後のフクロウたちの歴史には伝わらず(一部のフクロウによって意図的に隠された)、フクロウは月の女神に「知恵」を与えられた「夜の鳥の種族」とされている。
      ・フクロウたちが栄えた頃、人間社会は「魔女狩り」が行われていた。フクロウたちは人間たちと交流しようとしたが、「魔女の使い」として虐殺された歴史を持つ。
      ・その時に行われた報復により、人間たちと長い戦争が勃発した。その際に、お互いに技術は急速に進歩した。
      ・戦争時に開発された異世界に行く技術もあったが、向こうの世界から現れた「異形なる者」と呼ばれた多くの異常存在にフクロウと人間、両方が甚大な被害をもたらされ、異世界への干渉は禁忌とされ、歴史からも抹消された。その歴史の抹消により、お互いに殺しまくったという歴史が広がり、フクロウや人間を過剰に憎んでいる者もいる。
      ・そのため、人間は珍しい。


Anomalous


お古のスニーカー
Author: usubaorigeki


かもめの玉子
Author: usubaorigeki


ムラサキツメクサの栞
Author: usubaorigeki


著者ページ


七曜博士の人事ファイル
Author: usubaorigeki
Latest comment: usubaorigeki at 15 Aug 2020 05:08
Last edited: usubaorigeki at 17 Jan 2021 04:55



ページ情報

執筆者: usubaorigeki
文字数: 1434
リビジョン数: 931
批評コメント: 17

最終更新: 17 Jan 2021 04:55
最終コメント: 15 Aug 2020 05:08 by usubaorigeki
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。