一覧のコンテスト


一覧のコンテスト

みんなの手でサイトをより便利にしよう!



ルール

[参加条件]

  • SCP-JP一覧 - Tale版の掲載条件(ただし評価の条項を除く)を満たしているTaleであること
  • 参加記事のDiscussionで参加を表明していること(投稿から2日以上このページに掲載されていない場合はTwitter、DiscordのDM、wikidotのPMでご連絡ください。)
  • 参加記事の中に使用した報告書のリンクが入っていること、もしくはDiscussionで使用した報告書について表記していること

[期間]

投稿期間: 2022/11/1~2023/2/14
投票期間: 2023/2/21まで

[参加記事]

骨折り損
by KABOOM1103KABOOM1103
評価: 82







迷子
by aaasaan777aaasaan777
評価: 45


御製
by str0717str0717
評価: 16


[表彰]

投票期間終了時点で最も得点が高い方には「シャッター前1を得る者」

二番目に得点が高い方には「壁を勝ち取った者」

三番目に得点が高い方には「誕生日席へようこそ」

最も多くの作品を残していた方2には「ストーリーメイカー」

得点に関係なく私が一番お気に入りの作品には「野生の公式」

そして参加者の皆様に「同志」とそれぞれ称号をお送りし讃えさせて頂きます。

[開催の目的]

個人コンテストってかっこいいですよね。以上です。







嘘です。流石にそれだけではないです。
まず第一に、Tale限定の個人コンテストって最近見ないなと思ったこと。自分がTaleしか書けないので、たまにはいいかなと。

第二に、SCP-JP一覧(2000-JP-2999-JP) - Tale版 に載ってるTaleが少ないな~と思ったこと。果たして本当に少ないのか作業を忘れているのかはわかりませんが、せっかく便利な機能があるので、作品が増えればいいのに、と思ったこと。

というわけでこのコンテストを開催します。

採点条件

上記の目的があるため、採点はrateのみではなく、少し特殊な点数を付加します。

  • これまでSCP-JP一覧 - Tale版に関連するTaleが載せられていない報告書のTale +3

をrateの点数に加えて最終結果とさせていただきます。

[Q&A]

Q: 自分で新しく書いた報告書を追加してTaleを書いても+は貰えますか?
A: もちろんです。努力の結晶なので。

Q: 3000番台のTaleも参加できますか?
A: もちろんです。

Q: 書いた作品はSCP-JP一覧 - Tale版に載せなくちゃダメですか?
A: 出来れば載せて欲しいですけど、どうしても嫌なら強制することは出来ません。

Q: 他のコンテストと同時参加してもいいですか?
A: 大歓迎です。

Q: Tale書いたことないし自信もないですが参加したいです……。
A: 何でもやってみることが大事!あなたは偉いです。批評はいつでも受付中。

Q: 海外支部とか本部の報告書を使ってもいいの?
A: 少しでも日本のオブジェクトが出て来て掲載条件を満たしているなら何でもOKです。

Q: 主催者はもちろん参加するよね?
A: 何なら、全表彰を頂く気位さえあります。

Q: 賞品はありますか?
A: 今日も、馬券が、外れました……。

その他質問などありましたらお気軽にTwitter、DiscordのDM、wikidotのPMへ。




1666413497056.png

休日の丁辻ヶ原博士

名前: 丁辻ヶ原ちょうつじがはら 幸四郎こうしろう

職務: サイト-81██内のオブジェクトを扱う実験計画の立案(主に低危険度小型オブジェクト)、静物オブジェクトの初期収容作戦の立案、芸術部門長つまり問題児たちのお守

所在: サイト-81██ 研究室208もしくは施設内アトリエ

セキュリティレベル: 3

来歴: 公立██高校卒業後、アメリカに留学し現地の大学に入学。卒業後に一時帰国していた際SCP-████-JPの事案に巻き込まれましたが、曝露者の中で唯一影響を受けなかったことから財団の興味を引き、その経歴や能力を鑑みた上で雇用されました。

人物: 丁辻ヶ原博士は、身長177cm、体重72kg、現在30歳の男性です。財団への忠誠度や職務への意欲は高く、基本的に勤務態度は良好です。が、芸術部門での業務に関しては無気力な場合が多いです。

丁辻ヶ原博士の特異性は異常芸術に対して発揮されます。丁辻ヶ原博士はいわゆる『異常芸術』と呼称されるオブジェクトの影響を受けることがありません。しかし、これは異常芸術全般に通用するわけではなく、本人が芸術作品だと認識したうえでオブジェクトに触れた場合のみであり、あまりに前衛的であるものに対してはおおよそ特異性が発揮されることはありません。

また、丁辻ヶ原博士は一般的に芸術作品と称されるものに一切の関心を示しません。本人曰くこれは幼い頃からであり、どんな作品を見聞きしても一切感情が動いたことが無いと主張しています。上記の特異性はこの性質によるものだと推測されています。

丁辻ヶ原博士は上記の特異性から芸術部門の初代部門長に任命されました。本人は否定していますが、芸術部門配属以降、丁辻ヶ原博士の勤務態度は以前より良化したように見られます。


財団職員は世界を救う使命がある。


けれど、財団職員だって救われる権利がある。


ペンと紙があれば。ピアノが一台あれば。体さえあれば。
人の心は癒される。想いだって託せる。命だって救うことが出来る。


ようこそ、芸術部門へ。


概要

芸術は、日々の生活で魂にたまったほこりを洗い流してくれる。 -パブロ・ピカソ


財団に設けられた各部門はそれぞれが特定の分野に特化したプロ集団であり、彼らには各分野の形式を追求することが求められます。しかし、芸術部門は決して世紀の芸術家が集まっているわけではありません。

素人同然の職員も、芸術に造詣の深い職員も、中には一切の芸術を解さない職員も属しています。
芸術部門の目的は優れた作品を残すことではありません。芸術を用いて人の心を救うことです。そのために必要なのは芸術に対する知識、技術ではありません。

芸術を以て人を救おうとする信念です。

こっち側の話

という設定です。財団世界では異常芸術が取り沙汰されますが、じゃあ普通の芸術だってあっていいよな、と考えた結果生み出されました。今のところ登場人物は人事ファイルの3人しか考えていません。とりあえず、3作は書かないと……。


アカウント名: XthoughtXthought


SCP

SCP Rating Comments Created

Tale

Tale Rating Comments Created
夕ぐれは 雲のはたてに ものぞ思ふ 33 (+34/-1) 3 24 Jan 2023 12:11
落とし噺:初天神 17 (+19/-2) 1 31 Dec 2022 07:42
銀杏に妖 19 (+22/-3) 1 24 Dec 2022 15:49
落とし噺:死なない今、死ぬなら今 29 (+30/-1) 1 19 Dec 2022 10:54
或る音楽家の遺書 18 (+21/-3) 2 11 Dec 2022 00:59
落とし噺:木彫りの熊 29 (+29/-0) 1 20 Nov 2022 10:48
夜と恋人 30 (+32/-2) 1 25 Oct 2022 11:23
チャンガラ 33 (+34/-1) 1 21 Oct 2022 12:13
落とし噺:死神の家 67 (+67/-0) 5 14 Oct 2022 09:02
幸せな世界の、不幸な殺し屋のお話 28 (+34/-6) 1 30 Sep 2022 10:06

GoI-Format

Tale Rating Comments Created

Other

Others Rating Comments Created

共著


現実だけの人生は
Author: teruteru_5teruteru_5XthoughtXthought

氷我のおでん
Author: teruteru_5teruteru_5XthoughtXthought


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。