【クトゥルフTRPG風】確保・茶番・爆笑するTRPG【Tale】
rating: +32+x

よし、集まったな。面識はあるが一応名乗るぞ、アタイはエージェント・九丁麗、今回のゲームマスター進行役だ。

九丁麗君が名乗るなら私も続こうか、エージェント・猿児。今回はプレイヤー1として招集されました。楽しくいこう!

安堂用務員と申します♡ステキなオアソビができると聞いて……火照りを抑えて待ってましたぁ♡

咬冴隊員やで。こういうのは初めてやから、動画で見て勉強してきた。よろしくな。

……あんまりクネクネしてると蹴るよ安堂。霧甲水研究助手。この手の遊びは……まぁ、知ってるよ。

それじゃあ、楽しい楽しいなりきりごっこの時間だ。アタイたちが紡ぐ対話が、物語となる。アツいおままごとを、始めるとしよう。今、探索者がいる場所は……、



クトゥルフ神話TRPGとは、
恐ろしいものを想像する遊び。



シナリオ
ミエナイ隣人



Call-of-Qthylla-TRPG.jpg


……事務所、そう、そこはこじんまりとした探偵事務所だな。日時は土曜の昼前、としよう。
事務所……?
向かい合わせに置かれた2人掛けのソファーに全員座っている。お互いを見つめ合っている姿勢としてくれ。
そうだなぁ……1D1001個の100面ダイスを振ってくれ、数値が高い2人と、数値が低い2人が隣り合わせで座ってるとする。
じゃあ、PLプレイヤー1からどうぞ。

ちょっと待った!九丁麗クティウラ、まだ私たちの手元にキャラシート設定資料がない。RPロールプレイができないうちに席順を決められても困るでしょ。

あぁ、それもそうだったな。主催から受け取っているキャラシートを配布する。

ちょっとジーエムー?ウチ先行き不安なんやけど。

アタイもアンタもこういう遊びは初めてなんだ!いきなり噛みついてくるんじゃない!

ケ、ケンカはダメですぅ!

うん、うん。咬冴君も九丁麗君も落ち着こう、君たちは美しい。そんな君たちとCoCクトゥルフ神話TRPGのレクリエーションを同席できる喜びに私は震えているのさ……本当はマスカレイドスタイルとかネクロニカとかしたかったけどね……という感じの私に免じてここは進行に戻りましょうじゃないか。GMゲームマスター、ここでキャラシートを読み込む時間を取っていいです?特に初心者の安堂君と咬冴君に説明できるところは協力したい。

それなら、安堂の面倒は私が見る。

OK、アタイも頭に血が上った。落ち着く時間が欲しい。そうだな……10分とろう。その後はPL1から順に1D100を振ってからPC探索者の自己紹介を行ってくれ。


GM、ちょっといいかい?このキャラシートは……

あぁ、気が付いてるよな。今回のTRPGオリエンテーションには目的として怪異と遭遇した際のシミュレーションという意義がある。そこで、探索者を参加者の再現キャラクターとして用意させてもらってる。技能値などは脚色されてるが……文句があれば羽山……有子山……あぁ思い出せねぇ、栄治博士に言ってくれよ。
なるほどぉ!この人は親近感湧く方だと思ってましたぁ!

まぁそういうわけだ、というわけでほとんど自分自身みたいなものだからキャラシートで説明のない部分は適宜自分の経験を参考にしてくれ。アタイは初めてこういうゲームを、それも進行役をすることになるのでミスはあると思う、なるべく気まずくならないようなゆるいゲーム進行をするつもりでいるから、温かく頼むぞ。それじゃあPL1、頼んだ。

これ名乗る必要あるのかな……猿児秀楠エンジ ヒデクス 、職業は探偵です。1D100は……

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(100) = 100''
95<100
ファンブル!

一番大きな数字ですね!

あっもう出ちゃう?

ん˝ん˝ん˝ん˝ん˝ん˝ここでファンブル致命的大失敗ッ!?

くくくく……これがダイスの女神クソビッチってやつなんやな……。

うわぁ……どうしよう。えーーーー……とりあえず、自己紹介進めてくれ、終わるまでに処理考えるから……。

ッスゥゥゥゥ……ふぅぅぅぅ……えー、っへっへっへ、波乱の幕開けだねぇ。とにかく、探偵、顔立ちがいいのと精神的に打たれ強いのを武器になんとか個人事務所の経営を成り立たせています。

つまり、APP外見POW精神が高いと。

自分の再現キャラクターでよく言えるわ。

APPが最大値に近い16だからね。幼い頃から特撮オタクの道を進んでいて、特撮のヒーローの力強さや悩む姿、さらに悪役の団結力や人心掌握に感銘を受け精神的にたくましくなった、しかし、特撮以外の知識には関心がない。これはEDU教育INT知性が低めな説明ですね。GM、いや……九丁麗君、この跳躍(ライダーキック)60って言うのは何かな?

これはキック75と組み合わせるんだ。ダメージボーナス体格の立派さ込みで猿児の近接格闘の威力は1D3+1D4となっているが、今回のハウスルール独自性として跳躍も連続して成功した場合に限り、威力が1D3*2+1D4に修正される。

なるほど、面白いね、マーシャルアーツ基礎ダメージ2倍化の判定に代用できるのか。私はライダーより怪人の方が好みなんだがね……まぁいいです、特撮のアクションは全てが美しいからね。安堂君、いやPL2、どうぞ。

はぁい♡自分の番ですねぇ♡安堂戯乃介アンドウ ギノスケ です♡職業はディレッタント資産家……これなんでしょう?

ちょっと見せて……うん、御曹司って書いてある。えっと……華族の子孫だけど、両性具有の奇形を理由に亡くなった両親の遺産を狙った親族から別荘に軟禁されているみたい。幸い、身の回りの世話をしてくれるのは昔から付き合いのある召使いだから、軟禁というのは名ばかりで伸び伸びとした暮らしができているのね。

でも、金持ちの子どもにしちゃ教養ついてないステータスなんやね。今まさに”御曹司”が読めなかったわけやし本人もその通りなわけやけど。

そこはほら、お家騒動の渦中だからってのはあるんじゃない?INTは高めだし、頭脳派ではあるけど勉強に身が入らない家庭環境だったって感じじゃん。その証拠に、ほら、PC1の猿児とは両親の死を調査させていることがきっかけで親友になったんだって。軟禁されながら探偵雇えるくらい行動力があるんだし、頭はいいよね、きっと。

この図書館70っていうのと嗅覚(聞き耳)70っていうのと魅惑50っていうのは何でしょー?

安堂君は魅力的だからさ……人によってはイチコロ……ということだよ。図書館と聞き耳はそれぞれ読破能力と察知能力だね、実務経験レベルの習熟度だよ。目星も50ある、こっちはアマチュアレベルってところかな。安堂君は部屋の探索に向いているような仕上がりでしょう。

そのかわり足が遅くて体力がないので運動には向いてませんよぉ!

何で誇らしげにしてるんだ!ほら、PL3に回すから1D100振って。

はぁい♡そぉれ♡

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(95) = 96''
95<96
ファンブル!

ハァ!?
ええ!?
アハハハハハ!

大きい数字ですぅ!

喜ばない、ほら思い出して、その出目は超ダメなルールでしょ。

もう!最初からこんなにファンブルを出すんじゃない!

ああ、でも、これなら確実に猿児さまと隣ですねぇ♡

いや……どうなるんだろうこれ。

笑けすぎてお腹痛い……まだ冒頭どころかウチらの紹介もできてへんやん。

そうだった、処理は考えるから自己紹介の続きを。

よし!ウチのキャラは咬冴舞波コウガ マナ 、高校生や!孤児なもんで金がなくて、奨学金目当てで勉強と水泳を頑張ってスポーツ推薦に合格してるで。まだ1年生やけど、もう部内トップクラスの実力やで!PC1の猿児とは特撮好きの縁で知り合った仲間や。ケンカで頭かち割られそうになったんがきっかけで、格闘術と治療術を学んでるんや。

応急手当HP回復技持ちか。

応急手当は65 や。英語も70あるで!ステータス面の特徴は水泳で鍛えたDEX器用・敏捷が18、ただしCON体力が6でPOWは7とあまり戦闘向きのステータスではないで。格闘を習ってるだけあってマーシャルアーツがあるけどな。初期SAN正気度は35……なーんかウチのキャラクターに悪意を感じるんやけど?

そりゃ、リアルでも孤児でこの前もカオスのゲリラに一発もらって失神してたから心身の打たれ弱さは妥当な数値じゃないか?それにパーティのバランスを考えるとシーフ的な能力値のキャラクターはいるに越したことはない。

ぐぎぎ、反論でけーへんわ……1D100振ってPL4に回すで。

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(16) = 16''

はいはい次は私ね……霧甲水優奈ムコウミズ ユウナ。大学講師。体を鍛える趣味が高じてスポーツ科学を研究してる。SIZ身長は11だけど鍛えてるからSTR筋力が16もあってダメージボーナスはきちんと1D4ある。実家は格闘技ジムを開いていて、そこに咬冴が通ってる。面識があるって事よね。それどころか、大学にスカウトしているところみたいね。猿児とも面識がある。同級生だった、って感じでしょ。マーシャルアーツ30を持っていて、成功すれば攻撃は1D3*2+1D4の威力よ。

戦闘技能持ちのPCが多いな。

それに精神分析SAN回復技 15と心理学70がある。んー、そうね、相手の筋肉の動きを見て感情を察知できるって感じでしょ。実際の心理学にも身体の動きから情動を測定する実験があるし。

パパさまのようにドアを蹴破ったりするんですかぁ?

マーシャルアーツ込みでいい数値が出せればキック一発で行けるんじゃないか?だからってずっと乱暴なプレイしたらアタイ怒るからな?じゃあ最後の席順決めを。

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(82) = 82”

ウチと隣やね。

お2人はお知り合いって設定ですし自然だと思いますよぉ。

なら、咬冴にうちの大学の勧誘を耳打ちしてる。

やだぁ!この人なんかたぶん怖いで!

霧甲水さま、マナさまが逃げられないように肩に手を回してそうですねぇ。抱き寄せて……甘い言葉を囁く……あぁ~~~~。

では席順も決まったみたいなので、PL1、このメモを見てくれ。この内容をRPで話してほしい。

わかった、ちょっと読ませて下さいね……。

そうはいかない、猿児は3人に目配せすると仰々しく立ち上がり、演説を始めた。即興の演技力を試させてもらうよ。

なんでそんな!?ええい頼まれたからには引けない……。
『さて!まずは皆々様方、私の城、猿児探偵事務所へようこそ!よそゆきの椅子を用意させていただいたが座り心地はどうでしょうかな?それは私の趣味だ、いいだろう?……さて、昨日、私は4つ依頼を受け取った。一通り目を通して、そこで私は疑問に思いました……”なぜ、全ての依頼が行方不明者の捜索なのか”と。そして、”なぜ、いずれも同じ町内の私の知り合いからの依頼なのか”と。そこで、依頼主であるあなた方に集まっていただいた……今、私は、この依頼は普通の事件ではないと、この事件の解決には人手がいると直感しています!そして……これらの事件には何か関係があるとも、ね!だからこそ、依頼者同士で集まっていただき、情報共有の場を設けさせていただいた、というわけです!』

なんやこの人胡散臭っ、て感じでユウナとドタバタしながら横目で見るわ。

あぁっ!?そんな、揉み合いに!?ごちそうさまです……。

猿児はだいぶわざとらしい口調でソファーの周りを歩きながら説明し、勢いよく元の席に腰かけたな……その時、ボロボロだったソファーの、老朽化で限界だったスプリングがついに事切れた!猿児は椅子の奥へと腰が引きずり込まれるのを感じ、とっさに手を伸ばすね。幸運ロール振ってくれ。失敗すれば折れた針金がケツの穴を増やすぞ。

うわっ。ファンブルのこと忘れてたよ。

幸運の成功値は!?

70だ!いけっダイスっ!

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(5) = 5”
6>5
幸運クリティカル!

いいね。

きたぁっ!クリティカル最大成功ッ!

うーん……アンタら極端だなぁ……適当な数値が出れば1ポイントだけダメージって事にしようと思ってたが……ここでクリティカルが出ると安堂のファンブルもまとめて帳消しにしてあげたいし……。

おお!安堂君への優しい裁定、期待しますよ。

こうしよう、猿児は足元に生じた”バキッ”という嫌な音に即座に反応した。また、それは隣に座っていた安堂も同じであった。互いが互いに手を伸ばし……互いを引き付けあい……椅子の中央で強く抱擁を交わし……、

うんうん。

勢い余ってKISSした。

ええぇ~~~~!???
へぇ、お熱い。
あー、親友ってそういう……。
猿児さま……なんて情熱的な……♡

待て待て待て待て!か、軽く唇が触れただけですね!?九丁麗君?

いやぁ、これはもう互いを抱き寄せつつのKISSだからなー?これはもう向かいに座っていた2人が思わず気恥ずかしいと思うくらいの……。
あーーーー!すみませんでしたァ!

そんな、舌を……?

あっ、安堂もじもじしてるけど、これって誘っているんでしょ?

魅惑ロール!?魅惑ロール!?

ちょっと!こんなとこで悪乗りされると……安堂君振るなぁ!

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(67) = 67”
50<67
魅惑失敗

ちぇっ……
まぁ50じゃあねぇ……
はぁー、しゃーないわ、次いこか。

君たちはねぇ!?私と安堂君に何を求めてるのさ!?

とりあえずこれで猿児さまが怪我しなくてよかったじゃあないですかぁ。自分とキスをしてしまって恥ずかしがる猿児さま、かわいかったですよぉ♡自分……興奮して……。

実際にしてるわけじゃないよ安堂君!!妄想から戻ってこーい!

それじゃあ思わぬハプニングに安堂が猿児へ色目を使ったところで正式に卓を始めるぞ。
トレーラー導入文を読み上げるから、ちょいと静かに。


その影の元を見てはならない。あなたは声を上げてしまうだろう。
その影の先を追ってはならない。あなたごと消えてしまうだろう。
だが、あなたはそれを暴く。影を払い、見えるものを拾うために。
町が夜の恐怖に覆われる前に、遺された秘密を手に入れるために。

あなたたちは縁あって同時多発行方不明事件の調査に協力することになった。
失踪したものの中には親しい者もいる。
この機になんとしてでも真相と友人の安否を知ることを諦められない。
それがどんな光景に直面することになるのかも知らずに。

シーン1
去りし影

行動キャラクター
猿児安堂咬冴霧甲水

ロケーション
猿児探偵事務所


ふむ……同時多発……ということは私が依頼を受けた他にも同様の事件が起きているということでしょうかね?

そうだな。今回調査するのはここ1週間ほど連続して発生している事件のうちのいくつかだ。あと、依頼者たちが猿児のもとに集まったという話だが、安堂・咬冴・霧甲水の3人がそれぞれの依頼のため探偵の猿児に頼った、といういきさつがあるということになっているぞ。また、1件の依頼については依頼主がここにはいないな。

九丁麗さま、自分たちが猿児さまに持ち込んだ依頼ってどんなものなんですかぁ?

うん、それじゃあ事件を探っていってもらうぞ。まず猿児が受けた依頼からだ。ここは全体共有メモとして開くからそれぞれ読んでくれ。RPはなくていい、内容が重複するからな。

依頼1、依頼者は家庭教師の猫舞楓ネコマイ カエデという女性だ。行方不明者は彼女の生徒で集姫鈴音ツドウキ スズネ集姫鈴呼ツドウキ リンコという姉妹。この姉妹は猿児とは仲の良い隣人で、その関係で依頼者とも猿児は面識がある。この場にいない依頼者というのは彼女だな。猿児が連絡をとれば今から呼び出すこともできるんじゃないか?

依頼2、依頼者は安堂。安堂の家のメイド長である多那瀬美耶子タナセ ミヤコが無断欠勤していることから安堂が失踪を疑って猿児に捜索を依頼したものだ。安堂の屋敷に行けば多那瀬の作業部屋があるので情報収集できるかもしれないが、執事の三丸子サンマルコという男が中々の曲者でね……もともと安堂の家に出入りしてはひょうきんな振る舞いをする猿児に不信感があり、猿児に安堂の両親について調査させることは快く思っていなかったことを安堂は記憶している。

依頼3、依頼者は咬冴。同じクラスの上波ウエナミという男子から、最近学校に来ない保険医の春紫苑ハル シオン先生が失踪してるのではないかと相談されたことから猿児にお鉢が回った。もちろん、咬冴と春とは面識があるぞ。咬冴はこの曜日なら上波はいつもゲームセンターに遊びに行っていることを知っているね。

依頼4、依頼者は霧甲水。同じ大学で陸上部の顧問をしている 福路フクロという博士が路上で暴行を受けて病院送りになったのだが、その福路から学生の三峰ミツミネが誘拐されたと相談を持ち掛けられ、同窓生で探偵業を営む猿児のことを思い出した。といういきさつだ。三峰は霧甲水の実家のジム生で、霧甲水にとって互いの肉体美を称えあう好敵手のような人物だった。

以上、4件の依頼を猿児は完遂させる必要はないが報酬を受け取るだけ調査は進めたいところだ。特に親しい隣人であった姉妹の安否は気になるところだろう。依頼者である3人は知り合いの無事は何としてでも知りたいと思ってるだろうな。

失踪3に誘拐1、かぁ。

この他にも同じ町で行方不明の人がいるってことは、霧甲水さまの誘拐事件は1つだけ浮いてますねぇ。

残りの事件も誘拐なんじゃない?

あぁ、これは特に指摘がなければ猿児に開示しようと思ってた情報だから、今まさに猿児から皆に話した情報と思って聞いてくれ。猿児はこの連続失踪事件を報道で知り、商売のタネになるのではとその動向を見守っていた。そうしているうちに猿児は事件にいくつかの共通点を見つけていたんだ。共有メモとして掲示するからちょっと待ってて……よし。

1、事件は必ず夜に起きる。時間は問わず日没前に失踪が起きることはない。

2、行方不明者は全て、探索者がいるこの町の住民である。

3、女性しか行方不明にならない。

警察はこれらの事件をまずは個別に取り扱っているのだが、猿児は何者かが失踪者を夜に乗じて誘拐していると確信している。そんなわけで猿児は依頼の解決には誘拐犯の特定が優先事項であることを念頭に置いている、と思ってくれ。

えっ?そんなに多くの情報、ロール合否判定なしでいきなりもらっちゃっていいのかい?

アタイも含めて初心者が多いだろう?だからあまりダイスに委ねて失敗しすぎて進展が止まる方が怖いんだ。基本的に戦闘以外では立て直しができる部分でしかダイスロールは行わないと思ってくれ。そう、主催がお望みだ。

なるほどなぁ。

TRPGを嫌いになってほしくないという意思が透け透けの見え見えよね。それで、猿児は私たち依頼者を呼びつけて、手間賃の準備はあるんでしょうね?

それは安堂から支払うことになる。これについては、猿児と安堂との契約料に今回の件の皆の交通費なども含まれているということにしておいてくれ。

そのためのディレッタント、っちゅーことなんやね。

鋭いな、これもRPを円滑に進めるための配慮の1つだな。

九丁麗君、実は情報が小出しでこんがらがってきました。とりあえず、私たちはこれからどうすることができるのか教えてくれないかな?

そうだな、シンプルにこれからすることは聞き込みだ。事件の関係者として名前が出た猫舞・三丸子・上波・福路の元へ行くことになる。行き帰りの移動込みで1件につき3時間かかるものとしてくれ。

ん?聞き込み1件につき3時間かかるんやろ?今は昼やから……全員で回ると明日になってまうで?

えっ!?なら急ぎましょう!夜になったらまた誰かさらわれちゃいますぅ!

なるほどね……九丁麗、これはチーム分けを決める流れなんでしょう?

その通り。んまぁ、固まって1件ずつ着実に潰していくこともできるように土曜日って設定にしてたけど……。

それなら簡単な話じゃないかな?面識がある人が面識のある人の所に行けばいいでしょう。私と安堂君で猫舞と三丸子の所へ、咬冴君と霧甲水君が上波と福路のところへ行くんだ。皆この案はどうかい?

ええで。
異論なーし。
はぁい!

それじゃあ九丁麗君、私は安堂君と三丸子の所へ行くとします。猫舞は呼び出せるってさっき聞いたしね、事務所へ呼び出せば本人の到着前に咬冴君と合流できるかもしれない。その間に咬冴君たちは上波をよろしく頼みます。

ウチらに任せとき!

よし、行動が決まったところでシーンを切ろうか。まずは猿児・安堂チーム。場所は安堂宅。目的は多那瀬の作業部屋の捜索およびその許可の取りつけ。休憩はいいか?

いつでもいける。
問題ないですよぉ!

ならシーン2に移るぞ。悪いが咬冴と霧甲水は少し休憩だ。


シーン2
消え入る影

行動キャラクター
猿児安堂

ロケーション
安堂家邸宅


''【ダイスロール結果】''
1d100
''(??) = ??”

ん?なんかシークレット合否非開示ダイス振ったかい?

あぁ、気にしないでくれ、NPCの機嫌を伺ってるんだ。

そうか……。

さて、2人は現在安堂の自室にいる。安堂の家は町外れの丘の上にあり、街を見下ろしている。この町はどちらかと言えば田舎な方だが、そんな質素な情緒のある地域では存在感を放つ建物なわけで、町内では”お屋敷”と言えば通じる家だ。部屋の中は天蓋付きベッド、伽羅の香、舶来の陶器、白磁の床。一代で富を成したものには実現できない本物の贅がその部屋からは臭い立っているな。たった今、メイドの1人がロイヤルミルクティーを淹れてくれている。

じゃあミルクティーを頂くとしましょう。

いきなり口をつけたのか?……なら、猿児は舌先に耐えがたい熱を感じ、すぐにティーカップを受け皿に戻すね。ダメージは食らわないが使用人たちから笑われるだろうな。

『うおお!?アッツっこれ!?』と悶えます。

そうしていると、ノックの音が部屋に心地よく響き、部屋に一人のこざっぱりした紳士が入ってくる。服装はフォーマルなドレスコードという感じ、顔立ちは肌の黄ばみが強く、黒髪のオールバックがいかにも真面目そうな雰囲気を持っている。という恰好だ。恭しいお辞儀の後に口の中の火傷で渋い顔をする猿児を見て、
『はぁ……これだからわたくしは探偵は嫌いなのですよ。騒がしいばかりで、さほど興味深いわけでもない誰かの秘密を侮辱することしかできない』
とぼやくぞ。2人はこの人物に面識がある、三丸子だ。彼は安堂家の執事として、質の悪い親族から安堂の身柄と財産を守るために尽力している切れ者だな。

なんだかとっつきにくい感じだな、安堂君。

私にはアンティーク家具に囲まれてラバースーツ姿で紅茶を飲んでる安堂の方がとっつきづらく感じるけど。

ふふふ、そりゃそうやな。

それにしてもずいぶん皮肉屋な手合いね。

自分の知ってる三丸子博士は何でもできて真面目な方ですよぉ!

あー、なるほどね。大体わかった。そういうこと。好感度がマイナスだからね。それじゃあ普通に、まずはいなくなった多那瀬について知ってることを聞かせてもらいましょうかな。

それなら、何かしらの話術のロールの技能判定を成功する必要があるぞ。本来なら同僚に降りかかった事件の捜査にならすぐに協力するだろうが、彼は猿児に不信感を抱いているからね。それを解けるかどうか、ダイスに決めてもらおう。

信用が30ありますぅ!

私は言いくるめ60を活用しましょうかな。GM、安堂君の魅惑は使えないと判断していいかな?

当然だろ、主人が執事を誘惑して対価を要求するとかエロ同人みたいな展開にするんじゃない!信用でやれ。

そ、そんな強い言葉で言わなくても……じゃあ私から振ります。

まぁ信用は本来なら事業を持ちかけるような取引に用いる技能なんだがな、交渉技能であることは間違いないから振っていいぞ。アタイも初心者だし厳しくしすぎて気まずくなるのはゴメンだからな。頼むから2人とも失敗しないでくれよ?

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(22) = 22”
60>22
言いくるめ成功

よしっ。30じゃ望み薄だが、安堂君もやってくれると信じてるよ。普通、信用ってこういう時に使えるものじゃないと思うが……九丁麗君がいいと言ってるからね、甘えよう。

はいっ♡

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(4) = 4”
30>4
6>4
信用クリティカル!

この出目はぁ♡

最高じゃないか!安堂君、クリティカル、成長だ!

せ、性徴……!?

あ、待った、その顔、絶対君ソッチの解釈しただろう?悪い癖出てるだろう?ちょっと落ち着こうか?

く、く、ぷぷ……、

そこ、笑っちゃ悪いでしょうさ、安堂君はこういう育ちなんだから……安堂君、ダイスの出目が1から5の時は成長できることがあるんだ、パワーアップするのさ。というわけでちょっと信用のダイス1D100振ってみようか。

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(63) = 63”
30<63
ダイスロール失敗、1D10成長可能!再ロール!

失敗ですぅ。

いや、このゲームには失敗するのがいい要素もある。これもその一つさ。これで安堂君は信用を1D10だけパワーアップする機会を得たのさ。九丁麗君、シーンが終了したら成長のロールをすることでいいかな?

いや、ちょっとまって、信用って……ダメだ。信用は当人の収入に依存する要素だから今回のセッションで成長することはできないぞ。優しいGMを心がけるなりにルールブック上認められないことは見過ごさないようにしないと。

OK、すまないね、言われるまで忘れていました……こういう細かいルールは暗記が難しいですよね。ごめんね安堂君今のはナシ。そろそろRPに戻ろうか、三丸子が待ってるからさ。

それなら、まず猿児と安堂の発言を聞こう、それを聞いた上で三丸子は回答する。

はぁい!

なら、通常成功の私からいこう。立ち上がって目線を合わせて語り掛けるかな。こう、気さくに片手を上げて、
『やぁやぁ!いつもお邪魔しています、三丸子さん!……あ、やっぱりちょっと、歓迎されていない雰囲気、ですよね……』
と、少しシュンとしましょう。

ここで、ちょっとしばらくはRPを交えるぞ。三丸子を説き伏せてくれ。
『ええそうとも、猿児どのは悪い羽虫なのです。お坊ちゃんの周りをそうやかましく飛び回っていると……安堂戯乃介という人間は品がないように見えます。あと、お坊ちゃんから伺いました、自分に舞い込んだ依頼の解決にこれからお坊ちゃんを引き連れようとしている?……”恥”を知ることです。お引き取りを。さもなくば、猿児どのには悲劇的な事態が舞い込むかもしれませんからね。例えば、あなたの受けている融資を凍結させることもできるでしょう』

『ちょっと三丸子!』

『いや、安堂君、いいんだ。聞いて下さい……三丸子さん、今回の多那瀬さんの無断欠勤事件、私は最近多発している失踪事件と併せて、全てが1つの誘拐事件と考えています。三丸子さん、私は今回の出来事は早く誰かが解決しなければならないと思うのです……そうしないと、多那瀬さん、どこか遠いところに行ってしまうかもしれませんよ?』
と、三丸子に強く協力を訴えかけましょう。

ふーん……猿児の言い回しに三丸子は少々動揺の色が見えるな。

えーと!えーとぉ!自分も続きます!三丸子を真剣な顔で呼び止めますよぉ。

『はい、お坊ちゃん、なんなりと』
と、三丸子は安堂の椅子のすぐそばに片膝を立ててしゃがむ。

いかにも執事らしい座り方ね。

さっきの態度やとアンドーのとこ着くときワザとエンジに肩ぶつけてきそうやね。

『……猿児が動いたからには、解決します。猿児が「普通の事件じゃない」って言ったから、これは普通の事件じゃないんですよぉ。自分は、猿児を信じています。猿児の探偵の腕前を。その猿児に自分は正当な対価を支払って調べてもらってるんですよ。三丸子は……猿児を信じてる自分を、親友を誇りに思う安堂戯乃介を信じてくれますね?それとも、この”事業”に不満がまだありますかぁ?』
と、訊ねますよぉ。

…………おっと。頭いいね。信用のロールがお金の話だとちゃんと理解したRPじゃん。
やるやん。
素晴らしいッ!!たしかに執事が主人にこう突き立てられたらそりゃあクリティカルにもなるでしょうさ。

……ハァ、そう来たか。安堂のその言葉に三丸子は震えて、溜息しか出せないね。少し、そうして俯いていた三丸子は、頭を上げます。握った拳は彼の感情が強く揺れ動いていると鮮明に伝えるな。
『お言葉ですが、お坊ちゃんはバカか?』
と、吐き捨てて続けざま、
『猿児どののような薄暗い職種の方とお坊ちゃんが共に行動されているだけで、わたくしどもには不安と苦痛が降りかかるのですよ。ええ認めましょう、猿児どのの意見に同調します、これは誘拐事件だと。しかし、であれば、お判りでしょう。お坊ちゃんの御身に、多那瀬に降りかかったものと同じ凶手が、迫らないと保証できるのですか……!?わたくしは、無駄は嫌いです、無駄なリスクが……嫌いです。お坊ちゃんが事件に巻き込まれて傷つくのではないかという仮説がこの瞬間、この瞬間に”存在”している!』

なんかすごいポーズ取ってそうな言い方じゃん。

おわかりでしょう~のとこな。

『猿児は強いですよぉ。それに、今回は猿児の仲間たちがいます。大丈夫、多那瀬は自分たちが連れて帰ります。三丸子はメイドたちがこれ以上怯えないように支えてあげてください。頼めますかぁ?三丸子?』
と、三丸子の肩に手を置きますぅ。じっと、視線を合わせて、返事があるまで、逸らしません。

『……仰せのままに』
三丸子は涙目で返答する。その顔は、安堂の眼差しに亡くなった両親の姿を重ねたのだろうか。とにかく、三丸子の探索者への心の隔たりは完全になくなったと思ってくれていいぞ。

やっと調査開始やね。

ここまでやらないと協力もらえないとか猿児信用ないね。

ほんまやで。アンドーの家で何やらかしてたん?クリスマス会にシャケでも持ってきたん?

もしかして!?一緒にダンスしてたのが良くなかったのでしょうかぁ……。

ハハハ、今信用を得たからいいのさ。まずは多那瀬の無断欠勤について、トラブルに巻き込まれてないか、思い当たることはないか聞いてみましょう。その……ストーカーがいたとか、そういうこと。

それなら、三丸子は1冊の手帳を持って来るぞ。
『こちらは、多那瀬の業務日報でございます。ここには仕事の内容のみならず、様々な日常の出来事、悩みを書き散らす、日記の役割もございます。そして、ここをご覧くださいませ……』
と三丸子が10日ほど前のページを開いて指し示す。時間ごとに区切られた業務スケジュール管理帳の末尾、業務終了後の時間のスペースに、「古戦場公園で女の子の悲鳴を聞いた。怖い」という書き込みがある。
『この次の日、わたくしは多那瀬を家まで送り届けました。なので、この出来事で多那瀬が怯えきっていたことはよく覚えております。多那瀬が誘拐されたとして、犯行現場はこの公園ということで間違いないでしょう。なにせ、古戦場公園は彼女の通勤路で朝晩と徒歩で横切っておりますゆえ』
……というわけで、クリティカルを得たことによって、多那瀬の部屋を探して得られたはずの情報をスキップして三丸子から引き出すことができたぞ。

あぁいいねぇ……!部屋を捜索しなくて済んだ分、探索の時間が浮いてると思うんだが、どうでしょう、九丁麗君?

その通りだ、だいたい、部屋を探すのと図書館ロールなどで手帳を精査するのを省略できたから……2時間、2時間は日没まで余裕ができたと思っていいぞ。

古戦場公園ってのに私たちは聞き覚えはあるかい?あと、この日報を持ち帰りたいんだけど。

ああ。町の中央に位置してる。この家から丘を下って南だ。そのまま公園を南下すると多那瀬の家に着く位置関係だ。あと、日報は読む分にはいいが持ち出し厳禁だ。この家の仕事道具だからな。

猿児さまぁ、もう出発していいですかぁ?次は猫舞さまと会いたいですぅ。

そうしようか。古戦場公園ってのも気になるから探索できる時間を残したいからね。

よし、このシーンは切り上げるんだな。今から猿児たちは猫舞を好きな場所に呼んで事情聴取しに行くことになる。提案がなければ猫舞との合流地点に選べる選択肢は猿児の事務所くらいだな。

その集姫さまって方のお家はいかがでしょう?いなくなった日の状況を知ってると思いますよぉ、その方に勉強を教えてた方に話を聞くわけですから。猿児さまのお家の隣って話でしたし、自分たちは下調べなしでそこに行けると思いますよぉ。

いい考えだ安堂君。彼女たちの家に忍び込むより家に詳しい者に話を聞く方が情報を得るならもっと自然だからね。それでは九丁麗君、私は猫舞に集姫姉妹がいなくなったと気が付いた時のことを聞きたい、という内容で呼び出すってことでいいですね?

わかった、安堂の提案の通りでいいぞ。

ありがとう。私達からは以上です。そろそろこの家からは去るとしましょう。

じゃあ、安堂の家を出発するときに、猿児が三丸子から呼び止められるな。

応じて振り返りましょう。

じゃあ、三丸子は猿児に穏やかな調子で話しかけてくる。
『先ほどは、八つ当たりに近い感情で強くあたってしまっていました。申し訳ございません』

『気にする人間に見えますか?』と微笑み返すよ。

よっイケメンスマイル!

『それはよかった。それと……多那瀬の件のような事件、実は我々も少し思うところがあり、調べ始めたところでした。そこで、わたくしには思うところがありまして……このような厄介事の手引きをする者が、もしくは組織が、承認もなくわたくしどもの庭で好き勝手されておられる、更には我々の身内を相手に凶行を楽しんだ。ともなれば、事件性の大小は関係ございません。穏便な解決ともいかなくて結構でございます……猿児どの?』
三丸子は耳打ちしていいか、というジェスチャーを送ります。

それなら、三丸子の口元に顔を寄せるだろうね。

『潰せ。着実で、確実で、徹底しろ。わたくしよりお願い致します』
三丸子はお辞儀し、2人が去るまで姿勢をキープするな。

うへぇ……。

えっ……も、もしかして、安堂君の一族って……実はそういう系?

断言はしない。とにかく、シーン2、これにて終了だ。

あっ、そう……。

それと、PL3、PL4は戻っていいぞ。

ふふーん、マナさまぁ、霧甲水さまぁ、自分、やりましたぁ!

うはぁ、このリアル話術を求められると思うとウチ、胃が痛くなってきたわ。

気にしなくていいんじゃない。私には威圧が75あるし。

うーん……威圧か……。

どうしたんですかぁ?

いや……ここまでの流れ的に、これから会う上波って人は、たぶん、エージェント・上波のことと思われるでしょう。

ウエナミが相手だとアカンの?

だって、ほら、彼……いや、彼女?今は彼か。上波君は……すぐ泣くじゃないですか。

あ。
あっ。
んぇ?


シーン3
そこにいた影

行動キャラクター
咬冴霧甲水

ロケーション
ゲームセンター


さて、市内にある少々立派めなゲームセンターに入店した咬冴と霧甲水だ。この店は1階にパチンコ店、2階に大きなクレーンゲームコーナー、3階によくあるアーケードゲームの筐体がひしめいている。面識のある咬冴が来ているから上波は3階にいることが確定するぞ。

なんでそれを知ってるんや?

このゲームセンターにはリズムゲームの筐体が3階にしかないからだ。

あー。そっか、ウエナミってそういうやつばっか遊んどるっけ。

これ目星のターン?こっちは初期値。

察知はどうやろ?結局初期値やけども。

あぁ、そこで振るのは幸運。咬冴にやってもらう、ちょっと振ってみてくれ。合否に関係なく上波は見つかるものとする。

えっ、幸運なんだ……?

幸運~~~?ウチ35しかないんやけど。

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(83) = 83”
35<83
幸運失敗

まぁ失敗するわな。

ずっと成功してても九丁麗さまに迷惑だと思いますよぉ。

咬冴は見覚えのある背中を見つける。高校生男子にしては長めの黒髪、同年代の同性に比べてだいぶ細身なシルエット、首筋から見える地肌は彼がインドア派だということを印象付ける。上波だ。リズムゲームの筐体に立って、1プレイの支払いを済ませつつ気合を入れているね。いま、選曲が終わってプレイが始まるところだ。

えっと……これ、何が幸運の失敗の結果なのか全然わからんけど。

幸運の合否で上波が挑戦する機種が変わるんだ。

今その人が遊んでるのは?

[編集済]ubeat。

成功したら?

[編集済]DR。

んん??

なるほど……。

何かわかるんですか?猿児さま。

成功だったらプレイ中に振り向いてこちらの存在に向こうが気が付いていたんだろうね。

へぇー。

とりあえず、声かけるで。

残念、ゲームセンターという場所は存外うるさい場所なんだ。しかも上波はプレイに集中するためにゲーム機にヘッドフォンをつないでいるぞ。

多分猛烈にヘッドバンキングしてるから肩をポンポンするのも難しいでしょうね、上波君は。

それならキックで、
おうおうおう待ちーぃ!これから話を聞く相手をいきなり蹴飛ばしてどうするんや……。
えっ?意思疎通できない相手にはこっちにも手があるでしょう?
いやっ、ゲームくらい待ってあげようって?なぁ?今戦闘じゃない、わかる?

2人がモメてる間に上波は2回目のプレイを開始したぞ。

えっ、こいつ、またゲームするん?しゃーないわ、ゲームが終わるんを待って肩叩くで。

そのタイミングなら上波は振り向くな。

なんだ、つまらない。
アハハハハ……えっホントに蹴るつもりやったん?

目線が合った瞬間に上波はその相手が同級生の咬冴であることを理解し、笑顔を見せる。
『驚いたよ!こんなところに咬冴さんが来るなんて!咬冴さん、水泳部でしょう?練習、今日はお休み?いやぁ、でも驚いたなぁ、こういう遊びに興味があるって思わなかったから。あ、今僕がやってた曲、知ってる?この曲はさぁ……』
と趣味を共有できると見込んでまくし立ててくるぞ。

絶対目がキラッキラですよぉ。自分が上波さまのゲームしてる時に話しかけたときもそうでしたもの。

コイツ、自分で呼んでおいて忘れてるんやな?ちょっと待って考えるわ……じゃあ、ウチは……、
『あんな?相談を持ってきたんはアンタの方やんか、なぁウエナミ?ハル先生のこと、何か知ってるんやろ?ウチらはそれを聞きに来たんや。ほら、ここに大学のセンセまで来てもらったんやで』
って、ウエナミに切り込むで!

あぁ絶対ショボンとしましたぁ!上波さまショボンですぅ!
安堂君ちょっと落ち着いて。

それじゃ私は咬冴の紹介で名乗ったでしょ。で、
『実は、立て続けに起きている行方不明事件のうち1件は私の知り合いのものなのよ。同じように失踪した人の調査をすれば私の探し人に近づけるかもしれないと思って来たの。……ここだと話がしづらいから、場所を変えましょうか』
と、ゆー感じで上波をゲームセンターから出したい。九丁麗、ゲームセンターの周囲に喫茶店はある?

ああ、徒歩で行ける距離にいくつかカフェや飲食店があることにしよう。

なら決まり。咬冴、そのカフェの一軒に3人で向かうから。飲み物は何を頼む?

えっ、ウチ?ウチは……ココアかな、ホットで。

上波はアイスカフェオレを頼むね。

シロノワールを注文する。

……えっ?

シロノワールを注文する。ドリンクはホットの豆乳オレ。
がっつり食べる気やんユウナ!アハハハ!

……い、いや、アタイは店まで決めていいとは、

取り皿をもらってシロノワールを2人に食べさせる。食事を奢れば話しやすくなるでしょ。私は私で自分用にミニ小倉ノワールを追加する。

…………………しゃーねーなぁ。ちゃんとRP的に考えがあるならそれでいいよ。

あ、いじけさせた。

霧甲水君は押しが強いんだ。

霧甲水さまのテーブルに大きなスイーツが2つ、どーんですぅ!

まぁ、ごめんね。でも、この後たぶん誘拐犯との戦闘になるじゃんって思うと、昼過ぎの今のうちに何か食べておきたいと思うのよ。私は自分が抱えている案件が誘拐事件だから尚更……荒事は避けられないと思って行動する。ごめんなさい、今更だけど私はそういう乱暴なスタンスで行動していくつもりだから。

……それは、いつもの霧甲水さまですよねぇ。
それは言っちゃダメだ安堂君!

なるほど?なら、咬冴と霧甲水はしっかりと糖分を補給したことで日没まで判定にプラス2の補正をかけることにする。あと、上波は一緒に食事したことで2人を信用した。彼へのロールについては更にプラス8しておくぞ。

太っ腹やん!ええの?そんなに。

いい機転だと思ったからな。ただし、2人は満腹で少し気分が悪くなりその間はCONとDEXを使うときはマイナス1で計算することにする。いいこともあれば、悪いことも起きるからな。

うげ!ちゅーとなるとウチの体力なくなってまう!

いや、そのペナルティはむしろいい情報だ。これだけの甘い裁定を下したからって今更数値にペナルティ?どう見てもブラフじゃん。これならCONやDEXを今すぐ使う用事はないと言っているようなものだからね。

オイ!先の展開を予想するんじゃない!

ほえー!1つの提案からそこまでわかるなんてスゲーやん!

霧甲水君、九丁麗君はGMどころか実はTRPG初挑戦なんだよ?裏読みでシナリオを読むのは控えて下さいな。

ホントだよ!そういうの冗談じゃ済まんぞ。上波じゃなくてアタイが泣くぞ、そういうことされると。

1人勝ち狙いは嫌われますよぉ?

悪かったと思ってるってば。もう九丁麗にしないから。それじゃあ、上波が咬冴を呼んだ理由を尋ねるとしようか。

なら本題に戻るぞ。上波はリュックから小さな手帳を取り出した。見た目は胸ポケットに入るサイズの小さいスケジュール管理帳みたいなのだな。それは無秩序に色々な柄のステッカーがベタベタ貼ってある。
『これ…………春先生の手帳……』
上波はモゴモゴと言い淀んでいる。

……デコられてる手帳……間違いないですねぇ、ハルさまの持ち物だと思いますよぉ。

心理学ロール。技能値は70ね。

だろうね、言うと思った。振ってくれ。

九丁麗君、心理学はシークレットダイスです、この心理学はGMが隠れて振るやつ。

おっとそうだったのか、ありがとう。じゃあ結果は……

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(??) = ??”

よし、霧甲水には上波の態度が怯えた様子に見えた。それは上波が初対面の相手と話しているからではなく、何か……後ろめたさがあるような態度と感じ取れるな。

これは成功してるでしょ。上波はこの事件について気が付いていることがありそうね。

手帳を持ってる指が汗まみれなんでしょーねぇ。目も合わせない感じぃ。知られたくないことがバレたくない時の殿方はみんなそんなもんですぅ。

ユウナ、うちが気になった事先にウエナミに聞いてええ?

いいよ。

ジーエム、ウエナミに『その手帳、どこで見つけたん?』と聞くで。

その言い方なら……上波はビクっと大きな反応を見せて、
『ひ、拾ったんだよ!ど、どこで見つけたとか……そんなの、いいじゃん』
と何とかはぐらかそうとするな。まぁ心理学の必要もない、隠したいことがあって言わないでいる態度だ。上波から手帳の出どころを聞き出すには何かしらの話術の技能を成功させる必要があるぞ。

露骨に慌てだしたな。

声も身体も震えてますねぇたぶん。

ユウナ、ウチの説得を使うで。

任せる。

じゃあロールを。さっきのボーナスも入れて技能値は60だからな。

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(66) = 66”
50+10<66
説得失敗

あーーーーーーっ!もう1回なんとかならん?ほら、あの……なんやったっけ?

九丁麗、プッシュロール泣きのもう一回を使っていいよね?

そう!それ!

いいぞ。ただし、それでも失敗したら完全に希望が無くなる。あと、どうやってもう一度のロールまで持ち込めたのかまで考えてくれ。

んんー、そんじゃあ、ウチの頼みが断られた時に
『ウチらはハル先生が今どこにいるかを知りたいんや!』
って喰いすがるで!それじゃあもう1回!

立ち上がって机をバーン!

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(28) = 28”
50+10>28
説得プッシュロール成功

イェーイ!大逆転!

咬冴が店内で大声を出すものだから恥ずかしくなって上波は折れたな。
『……春先生の家の前だよ。僕、保健室によく行くから、春先生とはよく話してて。落ちてたこれが春先生のってすぐわかったんだ』

『えっ?なんでハル先生の家知ってるんや?』

『家、近いんだ……その……昔から近所付き合いで……小っちゃい頃から春先生みたいなお姉ちゃんがいたらいいなぁ……って、思ってたんだ…………あれっ、いやっ、僕、そんなこと、その……それだけだからね!?春先生の家がどこにあるかって知ってたからって、これ持ってるからって、僕がただ怪しいだけで、僕がなにかできるわけでもないし……』
と気弱そうにモジモジとしている。さっき心理学を振っている霧甲水はここで先ほどから上波から感じていた後ろめたさが彼の春への感情を知られたくなかったからだと気づくな。

……はぁ~~ん?なるほどぉ……これは……。耳、紅いですよぉ?目を合わせてくださぁい?

失踪事件の関係者として捜査されるのを恐れていたみたいだけど……遺留品の一つ持ち逃げしただけで犯人扱いされないじゃん。頭悪いわね。

……そういえばウエナミにそんなシュミあったの思い出したわ。

あははは……彼の年上好みは人事ファイルで公開されてるからね……あんなことまで詳細に公開されちゃってるヒトは滅多にいないよ。

上波は歯切れ悪そうに話を続ける。
『春先生、最近学校に来てないって聞いて心配になって家に行ったら、これを見つけて……あの、集姫さん、知ってる?ほら、隣のクラスの双子の……そっくりな……あの2人が不登校になってずいぶん経ってたのを思い出して、集姫さんは誘拐されたって話もあって、怖くなったんだ。だって……手帳なんてあんまり落としたりするものじゃないと思うし……玄関先でなくしたら、家に帰るときに気が付くと思うんだよ。ってことは……つまり……』
言葉が詰まる上波。その先の想像を口から出すことをためらっている様子だな。ここまで上波から情報収集したことで2人は春の家の所在地を獲得する。古戦場公園から見て南側だ。上波のRPはここまでだけど聞きたいことある?

ここで集姫の名前が出るのね。

上波は、春も集姫姉妹も人に恨まれるようなヒトじゃないとは思っているけれど、何か事件に巻き込まれたんじゃないかと心配してるぞ。

『せや、手帳に何か手がかりは見つけとらへんか?』
と聞くで。あえてツドウキが完全に失踪中なのは話さんとくわ。ハルの話題に集中したいからな。

そうね。話したらきっとビビって泣くんじゃない?

上波は首を横に振る。この事態にあってそれでもなお意中の相手の手帳を開く勇気がなかったのだろうな。

九丁麗、上波の手帳を開くよ。

ダメだ、上波は驚いた様子で霧甲水が伸ばした手から逃げて手帳を抱きかかえるぞ。

威圧ロール。技能値75にGMの補正で合計85。邪魔するなら泣かせるまで。

よ、容赦ないな、おい……振るといい。

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(27) = 27”
75+10>27
威圧成功

う、成功するよな……それなら、
『そんな、勝手に見たら春先生にひどいです……うっ、ひぐっ』
上波は泣き顔になりながら手帳を霧甲水が手に取るのを許すな。

顔がクシャクシャですねぇ上波さま。

奪い取るようにして、
『その人を見つけるための情報があるかもしれないでしょ、きみの一方的な恋愛感情で捜索の邪魔をされたら本人が迷惑じゃない?』

……いま、霧甲水さま、いい目をされましたねぇ……。

ああ、判断力が強いのは彼女の強みなんだ。そんな時は決まってああなるのさ、彼女のあの……、

Sっ気の強い侮蔑の眼差し♡
父親譲りの目。

はい?
えっ?

ウチは手帳をユウナの後ろから一緒に読むでー!ジーエム、手帳から使える情報を読むのにはどうするん?

手帳から事件の糸口を見つけ出すのは図書館ロールだな、ちょうど2人とも技能値を振っているしちょうどいいだろう?手帳を読み解くのに上波は関わらないから判定ボーナスはプラス2になる。だから……霧甲水が42、咬冴が72までは成功だ。

お、結構余裕そうやんね。今、手帳持ってんのはユウナやし、そっちから振ってみてや!

わかった。

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(56) = 56”
40+2<56
図書館失敗

ダメかぁ。ウチがやったるで!

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(3) = 3”
70+2>3
6>3
図書館クリティカル!

おおっ!
やりましたねぇ!

手記の読解でクリティカル……これは相当に本質的な情報が出そうね?九丁麗?
こらこらこら!プレッシャーをかけたらいけないでしょうさ、ね?
むぅ……。

いや、たしかに、描写に迷ってんのは事実なんだ……とりあえず、成長判定を。

おっけー。失敗すればええんやね!

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(68) = 68”
70>68
ダイスロール成功、成長ならず

ああ惜しいーっ!
妖怪3足りない、ってね。
むぅー、ジーエムぅ?ウチらは何を見つけたんやー?

ああーっ、ちょっと待ってくれ……シーン4と5で出てくる情報が無駄にならないような情報…………んーっと……えー、咬冴はここ最近の手帳の書き込みに焦点を絞って読み込んだな。そうしたところ、春は集姫姉妹が学校に来ないことを不審に思ってここ数日は何度も家を訪れていることがわかるな。書き込みを見る限り、春は親元を離れて2人だけで暮らしてる彼女たちを気にかけて毎週月曜日の仕事帰りに前々から姉妹の家に来ていたと知ったぞ。加えて、咬冴はさらに古い記述も追って確認すると、春に隣人とのトラブルを抱えていた事実を発見する。隣人宅は去年に入居して以来常に業者が出入りして昼夜を問わずしょっちゅう工事をしていたため、春は騒音にだいぶ悩まされていたようだな。この問題について春は相手に工事をやめさせたい一心で強気な対応をしていたらしい。もし、彼女が誰かの恨みを買ってこのような失踪を遂げたとするなら、この隣人は重要参考人として考えてよさそうだろう。というところか。

ふぅん……それを見て、
『ハル先生、隣人トラブル抱えてたんやな……』
と意外そうな顔をするで。ウエナミはその隣人を知っとるんか?

どうやら上波は心当たりがないみたいだ。彼の目には春しか見えてなかったんだろ。手帳の方も、春自身が人の悪口を書き留めるのが得意じゃないのか、その相手が何という名前なのかは書き記していなかったな。

なら、直接これから行って確かめる?

いや、それよりもユウナの誘拐事件の話を聞きに行った方がええと思うで?だってその福路っていうハカセは大切な学生がいなくなってユウナに助けを求めてきたんやろ?そんな人を放っておいてええんか?

……そうね。九丁麗、今上波と別れたら時間の管理はどうなる?

ちょうど持ち時間を使い切って3時間後に福路と会えることにしよう。

わかった。咬冴、猿児たちにシーンを回していいか?

ええで!ロールプレイをやるっちゅーのはこれが初めてやったけど、なかなか楽しめてるで!

それは良かったですよ……実に。

初めてでプッシュロールの提案ができたのはよく勉強してたんじゃないかと思う。

へへっ……ユウナって自分の筋肉しか褒めへんもんやと思っとったわ。

ん?

あーいや……ありがとうな!

はいはい……。

それじゃあ安堂君、出番が回ってきたよ。

はぁい♡

うん、いい返事だ。そう、いい返事、うん。そういうことにしておこう。

それじゃあウチはウエナミに
『今日はガンバってハル先生のこと伝えてくれてサンキューな!ウチ、きっとハル先生を連れて帰ってくるから!』
と肩叩いて精一杯明るく伝えて別れるで!

上波は咬冴の力強い宣言に感涙する。
『咬冴さん……!うぅ……咬冴さんに相談してよかった……咬冴さんは僕よりよっぽど強いから、もし何かあれば、逃げてこられると思うから……その……もう力になれることはないかもしれないけど、僕にできることがあれば言ってね』
と熱い握手を交わしたぞ。

やっぱり顔がクシャクシャになってますねぇ。

その間に私は猿児探偵事務所の名義で領収書をとるよ。

……ユウナ、ドアは蹴って壊すのにそういうとこはマジメなんやね。


シーン4
迫る影

行動キャラクター
猿児安堂

ロケーション
集姫姉妹宅


''【ダイスロール結果】''
1d100
''(??) = ??”

今、ダイス振ったかい?

気にするような結果じゃない、無視してくれ。

わかりました。

それじゃあ、集姫姉妹の家に着いた2人だが……実質自分の家に帰るだけの猿児とこれから出発する猫舞とでは到着に時間の差が出るだろう。だいたい…猿児たちの到着から20分後に猫舞が来るイメージでRPをすることになるが問題ないか?

私たちは大丈夫。

よし、猿児は自身の寝床であり姉妹の家でもあるくたびれたアパートに戻ってくる。そこでは塗料のはがれかけた手すり、長屋のように狭い家々の間隔、住民の数だけ通路に置かれた自転車と、ここに住む人々の質素な暮らしぶりがありありと見える。敷地に入った二人は野良猫の鳴き声に出迎えられたぞ。

九丁麗君、その野良猫は私が飼っているということにしてもいいです?

ん?あぁ、いいけど……

『よーーしよしよしよし!!バイオレットいい子にしてたか~~~~~????おっ!?今日はケイとミケも来てるじゃないか!!ほら、ササミがあるぞ~~~~?食べるか~~~~~~????』

えっ、何してんの?

私は動物は大切にしたいと思ってるんだ。そうだ……私の事務所が椅子がボロボロで貧しそうなのは地域の野良猫の避妊ボランティア活動をして支出が多いから、ということにしていいかい?

んー……ま、まぁ、いいよ。

『そぉ~~~~か~~~~~~よかったな~~~~~お前たち九丁麗君が優しい人でな~~~~~おぉほ~~~~お腹見せてくれるのか?いいのか?そんな甘えんぼさんに私は…………私は…………負けるッ!んおおおお~~~そんなピンクの肉球をおっぴろげするなんて罪作りだなぁ~~~~~!!!』
じゃあ、自分は『あっ!にゃんにゃん!』と猿児さまといっしょに楽しんでますぅ。

……いつまでそうしているつもり?

30分くらいかな!
30分くらいですぅ!

猫と美男美女が戯れてると言えば聞こえはいいんだけどね。

猫かぁ……猫はウチ苦手やなー。

なんで?

……ウチが触ると痛がるんや。

なるほどね。

……猫とたわむれて甘えさせているとすぐに猫舞が来たぞ。猿児たちが思ったよりずいぶんと早く着いて経過時間は2分ちょっとくらいだな。彼女は髪が長く、かなりスレンダーなシルエットを持つ若い女性だ。到着するなり、
『あーネコチャン!今日は昨日よりずいぶんとふわふわ……あっ、こんにちは~猿児さん』
という感じで猫の輪の中に入ってきたな。

あぁ、じゃあ仕事に戻りましょうか。
そぉですねぇ。

急に素に戻るな。
……っくっくっく……。
息ピッタリね。

猫にオヤツをあげながら、
『猫舞さん!申し訳ありませんこのような格好で。今日は来ていただいて助かります。こちらは私の友達で安堂さん、鈴音さん鈴呼さんの捜索を手伝ってくれています。外ではなんでしょう、私の家でコーヒーを出しますよ。隣なんです』
という感じで話を聞く姿勢を整えるかな。猫舞とは今回の件以前に面識はありますか?

猫舞は猿児の家へあがるのはやんわりと拒否する。あと、猫舞と猿児だが顔はそういえば見たことがある気がする、程度の面識だな。
『いや~お気遣いなく。とにかく、鈴音さん鈴呼さんが誘拐された件について力にならせてください。猿児さんはこの件がー……2人は今どこにいると思ってます?』
と猿児に意見を聞くな。RPを求めるぞ。

んー……そう来ましたか……九丁麗君、ゲームの中の私も同じように考えてる感じで頼みます。そうだなぁ……こうしよう、
『いや、この場では何とも……こればかりはあなたの証言頼りですよ、猫舞さん』
と相手の目を見て語り掛けるとしようか。とりあえず私は姉妹の家の扉のところまで連れて行って当日どうやって失踪に気が付いたのかを聞きたい。霧甲水君、咬冴君、何か意見はあります?

大家さんに言うて合鍵を借りるんはどうやろ?

アリっていうにはアリとは思います。でも相手が花の女子高生の家だろう?家の中を知ってる人間がいるからと言って家主がいない女性の家に入るのは気が引けるかな、実に。

多分この3人、猫の毛まみれだから家に入ると余計に迷惑でしょ。

仰る通りです……。

せやなぁ静電気であちこちバチバチ言うてそうやし。

じゃあ、姉妹の家の扉の前で話を聞くんだな?入らないんだな?なら、猫舞は当日の経緯について話すぞ。
『おとといのことですね。いつものように授業に来てインターホンを鳴らしたんですけど、2人の反応がなくて。これはおかしいなと思って開けて入ったら普段この時間にいる2人がいないんです。中は荒らされてたんですけど、生活感も残ってて……まるで急いで必要なものだけかき集めていったような……』

集姫さまがいなくなる前に何か変わったことがなかったか聞いていいですかぁ?

特別変わった様子はなかったらしいぞ。

なんか引っかかるなぁ……安堂君、どう思う?

集姫さまがいないのに猿児さまは気が付いてたんですかぁ?

そうだな、少なくとも10日間は二人を見かけていないと猿児は思い出せるだろう。家を出入りする時間帯は違うから今まで会えなかったのには違和感はなかったぞ。

これも10日前……九丁麗君、もしかして、姉妹が学校へ行く通学路に古戦場公園があったりしないかい?

そうだな、ここは公園から見て反対側に姉妹や咬冴の高校がある位置関係だ。この場所は公園の東隣、高校は西側になる。

やっぱり。

えっ、何が分かったんや?

もしかして、多那瀬?

そう。あの業務日報の10日前に聞いた悲鳴。あれは姉妹のものだったのさ。

なるほどね……いや、なら……なんで猫舞はおとといになって2人がいないことに気付いたの?

あぁ、その前から姉妹は失踪していたという情報を話すなら、猫舞は姉妹の家に行く日程がここ2週間くらいなかったからだと説明するぞ。

そうか……そうだな……九丁麗君、三丸子からの情報を提供して。様子を見たい。ここまで会ってきた2人には失踪について持論があった……彼女も何か考えがあるとみて、話を振ってみます。

なら、多那瀬の失踪の調査で知った悲鳴の件を伝達すると猫舞は大きく目を見開く。
『というのは、実は……こんなものがあるんです』
そう言うと、1枚の便箋を取り出す。そこには、新聞のスクラップを使い、”今日あなたのカラダをお預かりに参ります”という文字列が作られていたな。おっと、先に話しておくとこの情報は本来なら猫舞へ交渉技能ロールを行って得られるものなんだが、今回は他の関係者の証言を彼女に提供したということで自動成功した扱いになっている。シーンが終わるまで基本はRPが中心になるぞ。

ということはぁ、情報収集成功ですかぁ?うふふ!自分たちの人柄の勝利ですぅ!

そうさ、安堂君が真剣にゲームと向き合ってるから九丁麗君も応えてくれている。それじゃあ私がRPを切り出そうか。『これは、予告状?』

『……なの、でしょうか……連続失踪事件のさなかでこれです、イタズラだとあんまり気にしてなかったんです。だけど……他にいなくなってた人が、もしかしたら誘拐されているのかもしれないと聞いてしまうと……』
猫舞はうつむいて震えている。

『きっと大丈夫ですよぉ!怖ーいのはすぐ終わります、猿児が解決しますからぁ!』
って励ましますぅ!

『それなら……私の家に、後で来てもらっていいです?今夜……何かが起きるかもと思うと、気が気じゃなくて……』
と猫舞は提案したぞ。

ふーん、みなさん、どうしましょうか。

そりゃあ、猫舞を家で護衛するでしょ。犯人がそこに来るのを見越して返り討ちにする。簡単な話じゃない。

自分は猿児さまについていきますぅ。

ウチは……行くのは別にいいねんけど、4人で作戦会議する時間が欲しいわ。

だったら、これまで聞いた情報を電話で報告していることにしましょう。2組で集めた情報を共有できてればいいんだからね。考えたくはないけど、一度事務所に全員で集まって議論するシーンを作ったらその間に猫舞は誘拐されてるかもしれない。咬冴君、九丁麗君、いいですよね?

移動中の電話連絡ということで消費時間なしで情報共有してもいいぞ。

まぁ、それでエンジがいいなら、ええけど。

それで、猿児たちはこの後どうする?

護衛の依頼の提案は快諾しますよ。もちろん、警備の別契約としてさ。だけど、彼女にもこれから仕事がある以上、これからすぐ向かうわけじゃない。猿児探偵事務所に戻って他の失踪事件にも同じような予告状が見つかってなかったか調べたいですしね。あと、行方不明者の顔写真とかもらってるだろうけど皆に見せるロールしてないから事務所で拾ってきて咬冴君たちに送りたいな。

OK、姉妹の家にこのまま入らないなら猫舞は午後の勤務に出発するが、どうする?

いいよ、解散しましょう。猫たちにも別れの挨拶をしようかな。

九丁麗さまがそう言うなら、もう終わってもいいでしょうねぇ。

こらっ!だからメタ読みするんじゃない!

えへへぇ、ごめんなさぁい。

安堂、頭いいね。

ははっ。アンドーも鋭いこと言うやん。

もう!次のシーン行くぞ。場所は大学構内、目的は誘拐事件の事情聴取。咬冴と霧甲水、2人とも準備は?

ええで!
わかった。

そうだ、猫舞さまはハルさまを知らないですかぁ?同じ家に用があるヒトですから会ったことあると思うんですぅ。

そうだな、もうシーンを変えるから安堂の質問の返しだけ伝えるぞ。
『春紫苑さん?あぁ知ってますよ……数えるほどしか会ってませんが、彼女はとても、綺麗な眉でしたね』
としみじみと話していた。

あぁやっぱ面識あるんですねぇ。

うん、そんなとこだ。ここからは次のシーンに移るぞ。

結構長丁場になってるけど、捜査はここでようやく半分を超えた進み具合だ。休憩が欲しいヒトはいるか?

ジブンは休憩はいらないですけどぉ、お茶を飲みたいですぅ。

わかった。咬冴と霧甲水のシーン切れたら作ってやるよ。

わーい!お湯用意してきますぅ!


シーン5
現れた影

行動キャラクター
咬冴霧甲水

ロケーション
大学構内


ところで、2人は休憩いるか?

いらんなぁ。

早く犯人を見つけてやっつけましょ。

ならRPからいきなり始めるぞ。
『あぁ、待ってたのだ、霧甲水さん。三峰さんの事件に進展はあったのだ?』
と、待ち合わせをしていた大学の食堂でこちらを見つけた福路が呼びかけてくる。福路は多少くたびれたロングコートを端正に着こなしている身なりの整った研究者だ。霧甲水の同期のように見える見た目だが、指の関節とかを見ると意外と年齢を重ねているようにも見える。今は窓辺の席でこちらを手招きしてるな。それと、鼻先に絆創膏を貼っているのがわかる。壁の一角が大きくガラス張りになってて全体がカウンター席になってるようなイメージで頼む。

ケガしてるみたいやな……ん?そういえばフクロの身体に絆創膏って付くんか?

いいとこに気が付いたな、このセッションに出てくる見知った連中は全員まだ100%ニンゲンだった頃の姿をイメージして描写してるぞ。おっと、例外として咬冴はサミオマリエ人じゃなくて日本人として置き換えて話を進めていってる。気にくわんかったらすまんな。

いんや、別に気にしとらんで。

えーと、私、RPいい?
『……まずまず。何件か手分けして回ってるとこ』

『……それで、そこの彼女が霧甲水さんの言ってた秘密兵器さんなのか?なるほど、とても足が速そうなのだ、逃げる犯人を捕まえるのにはぴったりの人選、霧甲水さんが見込んだだけはありそうなのだ』

『彼女は別件。他の失踪事件の関係者でね。それぞれの失踪に関連があるかもしれなくて……事件の情報を集約してるのよ、博士』

『そうなのか、はじめましてなのだ!』
福路は咬冴にいきなりハグする。霧甲水は彼が人懐こい性格なのは理解しているが、咬冴は少し面食らうかもしれないし、不快に思うかもしれない。

のだー!

うわっぷ!安堂君、戻ってきて急に抱きつかないでくれよ、痛くないけど、びっくりするだろうさ?

のーだー!

んーわかったよ、撫でるから、ほら落ち着きなって。

突然いちゃつきだしたで。

悪いけどこっちはRP始めるからね。
『じゃあ、いきなりで悪いんだけど、別の聞き込みに行ってる探偵に伝えるから、あの日どんなことがあったのか、話せるだけ教えてよね。向こうの話だと誘拐の犯行予告が出てるらしいのよ?』
というわけで、福路の誘拐事件について聞こうじゃない。
あと、咬冴には『ごめんね、知らない人と会うとこの人はいつもこうで』ってフォローしとくから。

『わかったのだ。あの日、イオリさん……いや失礼、三峰さんの夜の走り込みに付き合っていて……古戦場公園を5周回ったところだったのだ』

やっぱり三峰庵隊長か……いくらゲームの中でもあの人を誘拐とかできるんでしょうか……?それが力ずくでできるような誘拐犯だったなら実に厄介ですよ。

身長差がすっごい2人ですぅ……。

さて、ここでシークレットダイスを振らせてもらうぞ。

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(??) = ??”

ん……それなら……

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(??) = ??”

おや……2回も振ったね。

あっ……これは……そうだなぁPCへのペナルティを出すわけじゃないから……この結果なら……よし。福路のRPをしよう。
『彼女は決まって同じベンチで休むのだ。私がそう三峰さんには習慣にするよう指示していたのだ。三峰さんは自分を追い込みすぎるから、キリが良くなったら休むように僕から言い聞かせないとトレーニングをやめてくれないのだ。俺はその時スポーツドリンクの粉を溶いてて、遠くに見える三峰さんが走ってくるのをぼーっと待ってたのだ。あぁ……あの時、わっちが自分から渡しに行けばあんなことには……』
福路は話すごとにだんだんと気分が優れなさそうな表情を見せはじめるぞ。

え、もしかして怖い話するん?えっ。
これは……NPCのSAN喪失?
あー、それならアイデアロール成功発狂しちゃったかな。
成功?
あぁ、さっきの話と逆で成功したらひどい目に遭うダイスロールもあるんだ。

『アレは……ヒトなのだ……?儂は……見たのだ、あっしが三峰さんにドリンクを渡そうとしたら、いきなり背中を突かれて、ウチが顔を上げたときには、三峰さんが……ぐったりしていて……彼女たち……あぁ、背が低くて、女性だと思ってて……あぁ……つ、翼、あ、あ……生えていて……腕が……いくつも……』
次第に福路の語りは要領を得なくなり、ついに口をかぱかぱと動かすばかりで言葉が一向に出ない状態になってしまった。体は恐怖で縮こまり、目線が泳ぎ頬は汗ばんでいて、見るからに福路は取り乱していることがわかるぞ。

精神分析挑戦していい?もちろんキックで正気に戻させる。

待て、蹴るな、蹴るな。

ふふっ、ホラーが台無しだ。

どこに”もちろん”があるんや!15しか技能値ないんやからそんな茶目っ気感覚で使わんといてな!?

いや、蹴るのはやめるけど、精神分析はするよ。同僚がこんな風になって放っておけないじゃない。でも技能値15じゃ大したことできるわけじゃないから、じっくりと福路の目を見て、深呼吸を促すしかできないけどね。

吸ってぇ……吸ってぇ……吐いてぇ……。

安堂君、それは深呼吸じゃなくてラマーズ法じゃないかな?

上波との食事の効果が継続して成功値は17以下だ。振ってくれ。

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(62) = 62”
15+2<62
SAN回復ならず
福路のSAN?→?

だめね。

事前に大したことはしていないと宣言しているから失敗に伴うペナルティは発生しない。1時間ほど休憩をとれば福路は証言を続けることができるようになるな。んー……GMからの提案だが、挑戦するなら咬冴の説得でなんとか恐怖を押し殺して福路の持つ情報を今すぐに吐き出させる、なんてこともできるが……。

いや、やめとくわ。今初めて会うた人にそんなこといきなり頼めへんって。ウチは福路が落ち着けるように温かい飲み物でも買うてくるわ。シロノワールおごってもらえたぶんウチもなんかしたいし。

わかった、霧甲水と咬冴の精いっぱいの看病で福路は少し落ち着いてきたことにしよう。ただし、時間はめいっぱい使ったものとするな。

なでなで~。

はいはい。

うひひぃ♡

福路は1つ1つゆっくりと恐ろしい記憶に立ち向かい、時間をかけて当時の状況を説明したぞ。現状で福路が話せるのはこんな感じだ。1に、犯行グループは細身な2人組の女であること。2に、その連中は突然現れて三峰を連れ去ったこと。3に、その2人組は明らかに人間であるとは思えない異様な姿をしていたということだ。

おっと、もしかして詳しく聞いてたらSANチェック入ってたんでしょうかね。

残念だが、この時点でもSANチェックだ、成功すればノーダメージ、失敗でSANを1削られる。

うわー!?ウチSAN低いんやって!35やで!?

話をちゃんと聞きだしてたら1D2のところだったぞ。

それでも嬉しないわ!えーい頼むでー!

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(37) = 37”
35<37
SAN1減少!
咬冴のSAN35→34

ギャー!!

これがこのゲームの醍醐味だよね。

ふふ、楽しくなってきたんじゃない?

あぁ、マナさまの処女正気が……。

アンドー!?処女正気ってなんやねん!!

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(40) = 40”
60>40
SAN減少回避!
霧甲水のSAN60→60

私はSAN60だから耐えれたね。

不思議な姿の犯人だからまるで現実味を感じていないんですねぇ。

咬冴は福路の証言を聞いて、この世のものとは思えないような不可解な犯人像の証言に、強い気味の悪さを感じたぞ。

うぅー、で、いつその被害に遭ったん?あと、絆創膏をつけてるのはそれのせいなん?

6日前だ、絆創膏はその関係で付けてるな。

その姿がヘンな2人組ってどこが異様なの?翼以外に特徴は?顔見知りの犯行?

そうだな……翼が生えてるというのは2人のうち片方で、もう1人の方には翼はなかった。かわりに、苔が生えてるみたいに身体のあちこちが緑色に変色していたそうだ。それと、福路は犯人に見覚えはなかったらしい。

…………翼の生えた女と、身体が緑の女……。
猿児さま?
なんでもないさ。

ウチらって地図持ってへん?そのベンチの場所をメモしときたいわ。エンジたちにも後でメールするってことでええ?

大丈夫だ。二人のケータイにばっちりメモできた。

その2人は何か武器になるものを持ってたりはしない?

福路は2人組の持ち物は覚えていないようだな。持っていたかどうかもわからない。

んー。銃火器は持ってないだろうけど護身用程度の何かは持っていそうというくらいには思っとくよ。

あの隊長が一瞬でノックアウトすると思えへんし、スタンガンとか持ってたんちゃう?

それは濃厚そうね。武器かスタンガン、どっちを持ってても咬冴が狙われたらひとたまりもない攻撃を出してきそうよね。

自分も倒れちゃいそうですよぉ!

あーせやなーうちら初心者やけど襲われたら一発なPCやん?こーわいーなー。

こ、こっちを2人して見つめるな!このゲーム、死ぬときは死ぬんだ!

ところで、その2人組はどの方向へ逃げたのよ?

南へ逃げたそうだ。

割って入って悪いが、ここで推理タイムを提案していいですかい?

いいぞ、どうしたんだいきなり?

だいぶデータが出そろってきていますし、咬冴君にちょっと頑張ってもらおうと思いまして。咬冴君……ずばり、この事件の犯人はどこから来てると思うかい?

えぇ?そら、南やろ。

あぁ、それはそうなんですがね……ここまで出てきた人で2人、南の方に家がある人がいなかったかい?

あ……タナセとハル!

いや、違いますぅ!多那瀬さまは細身じゃありませんよぉ!

ちょ……なんちゅう事をはっきり言うんやアンドー。

…………それ本人に言わないようにするんだよ、安堂君。

まぁ……でも、鋭いことを言うじゃないか、確かにこのゲームの多那瀬も決して細身とは言えない体型だ。雇い主の安堂が証言すれば、その2人組の正体が多那瀬ではないことはハッキリわかるだろうさ。

だけど、その2人組が多那瀬や春の家を根城にしている可能性はあります。つまり、黒幕ってやつさ。

猿児、それは春の隣人が犯人であるかもしれないという情報と矛盾していないか。

だからこそ、ですよ。メタ視点を持たずに考えると、それとこれは別件かもしれないので実に悩ましい。まぁ、私たちの空き時間で調査して白黒はっきりすれば儲けもんですね。どうしようもなければ猫舞の家でその2人組を出迎えましょうか。

ふーん。期待していいの?

そこは後でちゃんと提案してくれればGMとして許可できるぞ。何を調査するかによっては、犯人の身元に繋がる情報を出してもいい。

結局、ゴールに近づいてるようで、犯人の2人が誰なのかっちゅーのはエンジたちの調査待ちってことになるんやな。

まぁここまでの流れだとどうしてもそうなるかな。まぁ、猿児たちの空き時間の頑張り次第だ。

そか。じゃあもう怖い話はここまでにしよか。フクロに礼言って引き上げるとするで。

猿児に電話を入れて自分たちは終わったと連絡を入れる。このタイミングで猫舞の家に猿児が行くことを聞けるなら私たちも向かう。

ん、それなら去り際に福路から提案を1つ。公園の中の売店で友達が働いているからもし何かあれば彼女に聞いてくれ、と言っている。

わかった、自分たちはそれを頼りにしましょうかな。それじゃあ公園での調査後に咬冴君たちとは猫舞の家の前で集合という感じでいいです?九丁麗君。

OK、それでこちらからも頼む。じゃあ猫舞宅のシーンに入る前に更なる調査だ、多那瀬の調査の時に浮いた時間で猿児と安堂はどんな調査をしたのかを描写していくぞ。


シーン6
影はいずこへ

行動キャラクター
猿児安堂

ロケーション
古戦場公園


麦茶ありがとうございますぅ。

どうってことないさ。さて、そんなわけで余った時間を使って猿児と安堂は何かしらのロールを使って事件の調査ができる。1時間につき1つとして、2時間の余裕があるから2回挑戦できる。2回目の挑戦時に咬冴たちが福路から得た犯人の特徴や襲撃地点についての情報を得ることができるとしようか。

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(??) = ??”

ちょっと?今何かのダイス振っていなかったかい?さっきから私たち2人の番になるとそれをやっているようだが。もう見過ごしはしないですよ。

流石だな。ちょうどこのシークレットダイスの結果でちょっとしたイベントが追加されたことに触れておく。良いか悪いかは教えられないが、犯人の手がかりには間違いないな……チャンスをつかむことをアタイからも願ってるぞ。

ふーん。そうだなー、とにかく……九丁麗君、1つ目の行動は古戦場公園への移動と調査にしますよ。で、消費する時間はどんな感じかい?家から移動した上で公園の中を目星で調べるとなると難易度が上がる作業になりそうだが……

移動30分調査30分という具合になる。よって作業時間不足により難易度ハード成功値半減での挑戦となるがいいのか?

かまわないよ。移動のことを考えればそういう裁定になるのはしょうがないさ。

ハードだと成功値はいくらですかぁ?

私は端数切り捨てで32、安堂君は25だね。じゃあ、犯人の足跡がないか探そうか。

はぁい!振りますぅ!

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(21) = 21”
50/2>21
目星ハード成功!

成功ですー!

なんだって!じゃあそれに続こう。

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(70) = 70”
65/2<70
目星ハード失敗

んーまぁ、望み薄だったから素直に安堂君の成功を喜ぼう。安堂君は何を見つけたんだい?

それならちょっと、聞き耳も振ってみてくれ、その合否で内容が変わるぞ。難易度はここから先はノーマル通常成功値だ。

アンドーの聞き耳、70あったな。

いきまーすぅ!

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(44) = 44”
70>44
聞き耳成功!

はいっ成功ですぅ♡

そうか、それなら……安堂は公園の南部を猿児と散策しているときに、自分たちの背後の大きな植え込みが揺れる音を聞いた。その音に素早く反応した安堂が振り返ると……植え込みに身体を隠していた未成年っぽい女の子と目があったな。どうしてそんなところにいるんだろう、という当然の疑問を口に出す暇もなく、その女の子は次第に見えにくくなり……植え込みの中で消えてしまった。女の子は植え込みの奥へ逃げ出したようにも見えたが、安堂には女の子が影も形もなく見えなくなったことが不思議でならなかったね。そして何よりも疑問なのは、その女の子は探している集姫姉妹にどことなく似ていたということだ。

えっ!?猿児さまを呼んで一緒に植え込みを調べますぅ!

おっとどうした?という感じで安堂君に続きますよ。

猿児と共に植え込みをのぞき込んだ安堂はそこにカメラが落ちているのを見つける。先ほどの女の子の落し物だろうな。

カメラに女の子の名前が書いてあったりしないかな?なかったら持ち主を探すためにどんな写真を撮っていたか見るね。

持ち主の情報はカメラ本体からは見つからないな。カメラのデータを呼び出してみると、素人の写真らしくほとんどが焦点が合ってなかったりブレてしまっていてちゃんと撮れていない。肝心の中身なんだが、様々な角度・場所で撮られた猿児の写真がたくさん収まっていた。今朝方に家を出た瞬間や、先ほど猿児探偵事務所で椅子が壊れてひっくり返りそうになってた時、安堂の家で熱すぎる紅茶を口にした時、安堂と家で野良猫と戯れていた時の写真が納められている。

ストーカーですぅ!

おや……APPが高いと辛いね。

ぷっ、ホントにエンジは自分で言うて恥ずかしくないんやね?

冗談さ。だけど、ちょっと不気味ですね。九丁麗君、私は探偵事務所で写真を撮られた記憶なんて思い当たらないよね?あと、そのカメラってこの日より前の写真はあります?

鈴音さまと鈴呼さまはストーカーだったんですかぁ?

もちろん猿児はこんな写真を撮られた記憶はない。隠し撮りされていたのを直感する。姉妹のどちらかが自身を監視する素振りを見せていたなんて記憶もないな。それと、カメラの記録の中に納められたのは今日の日付がついた写真だけだ。それも、ほとんどデータが満杯になりかけているくらいの枚数が撮られているのがわかるぞ。

うーん、あの女の子は朝からずっと自分たちを追いかけていたのでしょーか……。

それだけじゃないよ安堂君。多分、もっと前から盗撮されていると思う。毎日データをバックアップしているとすれば1日でSDカードを使い切るほどシャッターを切るのも納得できるからさ。でも、なぜ私を盗撮なんて……。

うん、そういうわけで、2人は得体のしれない盗撮魔の存在に気が付いてしまい気分を害されたわけだが、SANチェックを入れさせてもらうぞ。失敗でSANを1喪失、この事実に動揺し恐怖したことにする。

まぁそうだな、そうなるよな。こんなこと現実に起きたら本当に冷や汗ものさ。私は70まで、安堂君は85までの出目ならセーフさ。さぁ、振ろうか。

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(39) = 39”
70>39
SAN減少回避!
猿児のSAN70→70

撮影されるのは嫌いじゃないですけど怖いのは嫌ですよぉ。振りますぅ。

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(88) = 88”
85<88
SAN1減少!
安堂のSAN85→84

きゃぃーん!

メンタル強い方がやられることもあるんやな。

『え、猿児ー!怖いですよぉー!』と抱きつきますぅ。ぎゅー♡

それなら安堂君の頭を撫でて落ち着かせるさ。ほーら、気分が良くなるまでよしよしするよ。

でへへへぇ♡

犬と飼い主みたい。

おおう、アンドー、ヨダレ垂れてんで。

あふぅん♡うふ♡くひひ♡きゅー♡

ダメだ、トリップから戻ってこない。で、最初の1時間はこれで消費し終えたかい?

そうだな。これ以上の行動はもう1回の行動を消費して行うものとするぞ。

もう1時間か……咬冴君たちが教えられてた公園の売店ってやつを探そうか。情報が私たちに入ってきてなくても公園で目撃情報を集めるのは自然なことですしね。

それならアイスを売ってるフードトラックに出会うな。土日祝日になるとこの公園にいつも来ている屋台だ。バニラやチョコミント、コーヒー味に色々なフレーバーのシャーベットやフラッペなんかを取り揃えてる。

安堂君、聞き込みをしていいかい?……おーーい?

はぁっ!?……いいですよぉ♡

ずいぶんと小柄で仕草が可愛らしい動物の被り物を付けた店員が出迎えてくれた。
『いらっしゃいませ!オターズアイスへようこそ!ご注文は?』

小柄で被り物をした店員?何か怪しいんじゃないかい?その被り物は何の被り物でしょう?

カワウソだ。

あっ!アマハルさまですぅ!わぁい!アマハルさまのアイス屋さんですよぉ猿児さま!

……そっか。川獺丸君か。疑って悪かったさ。えー、じゃあ私はレモンシャーベットを注文します。

プリンのアイス!プリンのアイスあったらくださぁい!

プリンのアイス?そんなものあるのか?調べさせてくれ……っあー、はいはい……うん、まぁ……あるよ!

やったー!

安堂はプリンが好きなの?

せやで、いつも食堂でごくまろプディング喰うとるの知らへんの?

私はプロテインとかサラダチキンとかで済ませちゃうから。

そっか。

アイスを出す間に、
『最近は物騒ですよね、ここら辺に住んでる人がたくさん行方不明で……誘拐も起きてるみたいですね?』
と世間話っぽく店員に振りますよ。

『ほんとお客様のおっしゃる通りでして、ここでは先週今週立て続いて誘拐が起きてるらしいんです。怖いですけど……それでお店を休むのは嫌ですし、せめて私がここでアイスを売ってたら、少しでも防犯になるんじゃないかと思っていつも通りに営業してるんですよね……はい、こちらカスタードプリンジェラートでございます』
店員はトーンダウンして話しつつカップに入ったアイスを1つ渡してくれる。

いいヒトなんやな。

アマハルさまってけっこう気ぃ強いですよぉ?ああ見えて。猿児さまぁ、自分はアイス食べまぁす!

『2件もここで誘拐事件が起きたのかい……!それは初耳だ、一体誰がさらわれたんですか?』
とちょっと大げさなくらい驚いて小声で会話を続けます。

『女子高生の姉妹の2人、女子大生が1人、だそうですよ。女の子ばっかりを狙うなんてひどい事件です……早く犯人が捕まればいいですよね。このままじゃお客様が来なくなっちゃいますし。はい、こちらレモンシャーベットでございます』
と猿児の分のアイスを渡した。店員の接客が終わったからこれ以上会話を続行するとなると世間話を続けられるように交渉したということでダイスロールが必要になるがどうする?

お店に他の客はいるかい?なければ言いくるめ60を使わせてもらっちゃおうかなー。

この場にいるのは店員と猿児たち3人だけだ。近くに他人の気配はないぞ。それじゃあ振ってくれ。

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(10) = 10”
60>10
60/5>10
言いくるめエクストリーム成功値5分の1成功!スペシャル!

おっ、スペシャル大成功だ。

成功値の5分の1以内のダイス目が出たのでスペシャルの処理だ。恩恵として、この店員の知る範囲ならどれだけ質問していいぞ。ただし、4つ目の質問に回答したころには日が落ちるな。店員に振ることができる話題は失踪者の目撃情報、誘拐犯の目撃情報、失踪事件の風評、先ほどの女の子について、猫舞が見せてきた予告状について、といったところだろうか。

なら、2つ目の質問で帰った方がいいですねぇ。

えっ?どうしてさ安堂君。

猫舞さまのおうちにこれから夜になる前に行かなくちゃですしぃ、マナさまたちと集合する時間も欲しいですからねぇ。それで1個ずつ。それでマイナス2ですぅ!

なるほど。ペナルティ回避は重要よね。安堂、頭いいね。

じゃあ、その案でいこうか。まず私から質問していいかな?失踪者について聞いてみたいですね。依頼の探し人の写真とか持ってると思うから、それを店員に見せて、
『店員さん、お仕事中すみませんがちょっと時間もらっていいですか……この4人に見覚えはありますか?』
と尋ねてみましょうか。

それなら……店員はソワソワするぞ。言葉にならないような様子でカウンター越しに身を乗り出して、
『た……探偵さんですか!?お客さん!?ぃやっ、私、聞き込みされるの夢で……うわぁ。す、すごい……カッコイイ探偵さんに清楚な美少女秘書とか……漫画みたい!』
と感激してるな。

美少女……美少女?

そう言われるとこそばゆいですぅ。これが言いくるめスペシャルの効果ってことですねぇ。

安堂、清楚な美少女だなんて言われて受け入れてるけど……。

えーと……安堂君は積極的に否定しない性格だからね。それに……清楚って言葉自体、ちゃんと知ってるかどうか……。

そういうわけで、最大限の協力の姿勢を店員から得られた猿児は店がオープンしている土日限定の目撃情報を得た。以前からこの店を利用していた、もしくは店員が目撃していたのは集姫姉妹と三峰だ。姉妹は公園を2人で散策する習慣があったらしく、毎週ここでアイスを1種類ずつ代わるがわる食べていた。次に三峰、福路と走り込みに来ている姿を店員がよく見ているみたいだな。

じゃあ自分はアマハルさまにさっきの女の子を見てないか聞きますよぉ。

店員は安堂からその話題を振られて少し興奮した素振りを見せるぞ。
『そう!聞いてください、私おかしな人を見かけて……その人かどうかはわかりませんが、不審者、っていうんでしょうか、見たんです!たしか……日曜日の昼過ぎです。その、探してるっていう姉妹の人、その常連さんが来なくて、まだかなぁ、と思ってた頃だったんです。あの人は……たぶん、女の子だと思います。フードで頭を隠していてよく見えなかったのですが、すごく回りを気にしていて……特に、あそこのベンチの近くにある監視カメラがどこを向いているのかをチェックしているような感じでした。私は犯罪の臭いをその人から感じたのですが、あいにくそれだけじゃ警察に相談することもできず、それからずっとモヤモヤしていたんです……』
ということだ。今話してた通り、その不審者は身体を隠していたから身体的特徴は判明しないぞ。あと、安堂が芸術(服飾)を持っているが不審者の特定には結びつかない。店員の記憶が服のブランドまで及んでいないからだ。

ベンチって、ミツミネとフクロが休んでるっていう?

ああ、そうだぞ。

じゃあ、そいつ、どっちから来てどっち行ったんかはわからん?

南の道から来て東の道から帰ってったらしいな。

うーん、これも南か……。いや、でも東か……その不審な子どもは鈴呼君か鈴音君だったのか……?いや……毎週来ている公園を下見するのも違和感がある……。

ここでGMから提案だ、安堂が調査を切りの良いところでやめたから、2人には情報を整理する時間がとれたとする。アイデアロールをしてくれ。成功したら猿児と安堂はそれぞれ一連の事件について閃きを得たということで情報を与える。

お、いいのかい?

ジーエムはアンドーに甘いんちゃう?もしかしてー、アンドーのことー……、

アタイはこんな触腕で絞められて悦ぶようなヤツ好きになれねぇよ!

あ、あううぅ。

安堂、悔しいなら筋肉をつけよう。見返そうじゃん?

いや、今は体つきの話やのうて内面の話……ええわ、ごめんな、アンドー。

……振っていいかい?ちなみに私は成功値45ですよ。

あーあーあーすまねぇ言いすぎた。とにかく振ってくれ。猿児から頼む。

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(14) = 14”
45>14
アイデア成功

OK。安堂君も頼むよ、安堂君は65以下で成功だからよろしく頼むよ。

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(16) = 16”
65>16
アイデア成功

よし、安堂と猿児は屋台が用意している机を借りて地図にこれまでの情報をまとめたな。そして、咬冴たちが上波や福路から聞いた情報も加えて、古戦場公園、春の自宅、三峰が連れ去られた場所、そして猿児と集姫姉妹のアパート……それぞれの場所に印をつける。今日1日の行動を思い出していた安堂がふと思い出したことがある。猫舞は『鈴音さん鈴呼さんが誘拐された』と話していたということだ。だがしかし、それにはムジュンがある。なぜならば依頼文は”行方不明の生徒の捜索”なのだから。

あら?そんなこと言ってた?

うわ、フクロの件が誘拐だったから見過ごしてたわ。

安堂からその事実を指摘された猿児は先ほど教えられた猫舞の自宅をネット検索し地図に書き込む。するとどうだろう、猫舞の自宅は公園の南側……春の自宅の隣にあるじゃあないか。春の家の逆サイドは畑。つまり、春と隣人トラブルになってたのは猫舞だったんだな。

……あー。やっぱり猫舞はそういう奴だったのか!

悪いのは全部猫舞、ってことでいいんじゃない?さっき春の話でカッコつけたこと言ったときも怪しかったじゃん?

集姫さまの捜索依頼、自作自演だったんでしょーかぁ。10日前から家主がいない家に生活感があるっておかしいですよぉ。

じゃあ、盗撮魔も猫舞やったんか?ちゃうなら、ツドウキもグル、か。

さて、ここでパーティーはどう行動していくのか指針を立ててもらおう。探索者それぞれの立場での意見を聞きたい。とりあえず4人は屋台の前で集合したってことにするぞ。

はぁい♡

ようやくバトルに入れそうじゃない?あ、私はバニラ食べるから。

ウチはメロン味ー!よっしゃーアンドーのおごりやー!

……うん。二人のアイス代は安堂が立て替えたことにしていいぞ。じゃあアイスを舐めながらこれからどうするか会議してくれ。

そうだなぁ、私の立場なら……私は猫舞に護衛の依頼を受けている以上、ちゃんと会って話をしたいとは思うね。それに、鈴呼君たちが一体どうしているのかを知るためにも、誘拐犯っぽい彼女とは話をつけたいです。もしかしたら彼女の家に行くこと自体罠かもしれませんが、正義の為には罠だと知っていても行かなければならない時があるということです。

ウチはあくまでウエナミの代わりにハル先生を探してるだけやしなぁ。成り行きに任せようと思うで。

自分は、正直な気持ち多那瀬が帰ってくればそれで十分ですけどぉ、三丸子がそれでは満足しないと思うので猫舞さまが犯人ならもう悪事をしないように”オシオキ”したいですぅ。おまわりさんにお願いするのはその後がいいですねぇ。

私は普通に拳でやり合うつもりよ?工事に苦言した春を始末した上で、今もこうして私たちをウソの依頼で騙してるわけでしょ?性根悪いね。だからこそ余計に私は倒してしまいたい。集姫もグルならそいつらもまとめてぶっ飛ばす。だから彼女の家に行く口実があるなら行っておきたいね。

ふむふむ。なら全員で猫舞の自宅へこれから向かうということでいいな?それじゃあシーンを切り替えていくぞ。ここで咬冴たちの食事ボーナスは効果切れにさせてくれ。場所は猫舞宅玄関口、インターホンを押したところから始めよう、目的は集姫姉妹の依頼の件や春との隣人トラブルの件で猫舞を問いただし、警察に突き出すこと。はじめていこうか。

よし。

うふふ♡

やったるで!

ドアが開かなければ蹴り壊すから。


シーン7
影を落とした光

行動キャラクター
猿児安堂咬冴霧甲水

ロケーション
猫舞宅


それでは、猫舞の家の描写だな。まぁ安堂の家と比べたら大それた豪華さはないが、庭付き平屋一戸建てで猫舞の職業や年齢を考えると少し立派すぎると思うサイズ感だな。来訪者を見越してか門扉は既に開けられているのがわかる。というわけでもう玄関前だ。

うーん、覗き穴から見てみる?

ええよ、猿児覗いて。

そうだねぇ……、

ええってばぁ、しょうがあらへんなぁ。

……なんか、そう言われると率先して行きたくなくなっちゃうなぁ!!

ほら、マナさまSANが余裕ないですしぃ、余裕のある猿児さまが毒見役を、

ほら毒見役って言っちゃってますし!んもぉ……そりゃ覗くけどさ……。

玄関先を覗き穴越しに見るが、普通の一軒家の玄関の光景って感じだな。土間には6組の靴、猿児の来訪を見越してか1組だけスリッパが用意してある。

あぁ……まぁ、普通……ですね。異常ないなら普通に玄関開けてもらいますか。

猿児は家の前のインターホンを押したな。

『お待たせしました、猫舞さん。入れてください』と呼びかけますね。

インターホンから『今行きます~』という声、
それと家の中からトテトテと走る音が近づき、ドアが開いたね。猫舞は予告状を恐れているのか、金属バットを抱え込んでいる。一応聞くが、そのまま入るかい?

もちろんさ。

バットで殴ってくるかもしれない。常に猫舞を視界に入れるように振舞う。

猫舞は初対面の咬冴や霧甲水に対して動揺しているようだぞ。特に猫舞を見つめる霧甲水に威圧されてるな。

私たちは用心棒だ、とだけ自己紹介しておきましょうか。

ウチは心もとないけど、ユウナは確かに護衛向きな強さやしなぁ……あ、そういえば武器はあるん?

持ってないな。私にはライダーキックがあるからね。

マーシャルアーツ。

な、何もできません!

……ウチはなんかあったらアンドー連れて逃げるわ。最悪の場合な。

猫舞は玄関のすぐ隣にある居間に4人を通すと、一同を食卓に座らせて自身はキッチンの方へ入っていき、しばらくして飲み物をいろいろ持ってやってきた。好みがわからないから冷蔵庫の中身をあれこれ持ってきたということだった。とりあえず彼女はピッチャーに入れた麦茶を全員にコップに入れて出してくれたな。

現状、猫舞は被疑者だからね……一旦、口をつけずに世間話をして時間を稼ぎたいな。ちょうどいいところで鈴呼君を見たことを伝えてみようと思うよ。

それならウチはトイレに行くふりをして色々見たいわ。ジーエム?ええ?

そうだなぁ……そう出るなら……ちょっと全員で幸運を振ってくれ。PL1から順番にだ。

ん?幸運?ああ……振るよ?

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(35) = 35”
70>35
幸運成功

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(28) = 28”
85>28
幸運成功

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(43) = 43”
35<43
幸運失敗

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(13) = 13”
60>13
幸運成功

70以下の猿児が成功、85以下の安堂が成功、35超過の咬冴が失敗、60以下の私は成功。

……げっ。

トイレが大変ですぅ!

いや、咬冴は居間にいてもらう。咬冴がお手洗いへ行こうと立ったとき、毛先に吐息を感じた。その気配の主を確認するより早く、咬冴は後ろから羽交い絞めされてしまう。それぞれに思い思いの方向を向いていた一同が咬冴の悲鳴を聞き視線を向けると、そこにいたのは、部分的に緑の鱗を身体に生やした女の子だ。そのヌラヌラとした質感の鉤爪で握っているのは一瞥して拳銃だろうか。よくわからないちょっとSFの光線銃みたいなものを持ってる。しきりに出し入れする舌は明らかに人間のものではなく、ぎょろりぎょろりとこちらの1人1人を左右の眼で別々に見据える眼差しはその場の全員の背筋を凍らせるだろう。その存在は死角から出てきたのではなく、唐突にその場に現れたように感じるぞ。まるで、海底に潜むタコがその擬態を解いたように。

『で、出たーーーぁっ!猿児ぃぃぃ!こわいですううううっ!』
いきなり仕掛けてきたか。

咬冴と安堂の悲鳴で緊張が走るのに続き、奥のキッチンの扉が騒々しい音を立てて開かれる。その存在をまず知覚させたのは音だ。ブーンという低い音、キィンという耳障りな音、それらを同時に室内に響かせるその主は、ハチの羽に見える左右4枚の翼と、同じく虫を思わせる異様な黄色の甲殻に覆われた第二の腕を持ち、ニタリと張り付いた笑顔を湛えながらこちらを目指して歩み寄ってくる。その羽の音に耳をそばだてると、まるで自我が体から抜け出てしまうような狂おしい根源的な恐怖の感情が襲い掛かる。

え、え、え、え。もう1人!?

ここで探索者たちは気づくだろう。その異様な姿の2人はほとんど瓜二つの顔立ちをしている。

ほとんど似通った顔立ちをしている人物に一同は心当たりがあり、すぐにその正体を理解できる。

怪物じみたその2人は、探し求めていた集姫鈴音と鈴呼姉妹その人であることを。

ちっ、やっぱり敵だったのね。

『鈴音君!?鈴呼君!?なんて姿に……!!』

人間であって、もはやヒトとは言いにくい姿と化した双子を目の当たりにした探索者全員へSANチェック、成功で1、失敗すれば2D3のSAN喪失だ。

おっと……なかなか下限高めのSAN消費設定だね。

咬冴と猿児にとっては知り合いが化け物になってるわけだからじゃない?

うわー、確かに想像するとこたえるわ。

うぅ、興奮してきました……それじゃあとりあえず猿児さまから振ってください♡

……安堂君は緊張感と別の感情を一緒くたに考えてないかい?

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(47) = 47”
70>47
SAN1減少!
猿児のSAN70→69

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(20) = 20”
85-1>20
SAN1減少!
安堂のSAN84→83

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(46) = 46”
35-1<46
SAN2D3減少!再ロール!

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(39) = 39”
60>39
SAN1減少!
霧甲水のSAN60→59

あ゛ーっ!!

おっ一時的狂気5点以上のSAN喪失来るか?

あちゃーやっぱり駄目だったね。

もし発狂行動デバフ発生した時はRPに期待するよ、咬冴君。

マナさま以外は全員SAN1減っちゃいますねぇ。マナさまがんばりぇー。

ま、まだや……2D3ならまだ発狂せん確率の方が高い……!

''【ダイスロール結果】''
2d3
''(1,1) = 2”
SAN2減少!
5>2
発狂回避!
咬冴のSAN34→32

うっしゃぁ…………。

え、つまんない。

ドヤ顔ですぅ。

なんやねんその顔はぁ!?

ハハッ!でもよかった。

見知った顔をした襲撃者の登場に動揺を隠せない一同の中で、猫舞は堪え切れないと言いたげに不敵に笑った。
『くくくくく……あははぁ!!ありがたいですよねぇ~、猿児さ~ん。こうやって事件を装って誘い込めばやってきてくれるって思っていましたが……こ~んな両手に花!って感じで来るなんて、あなたは一級品の紳士ですよ!おっと失礼~……これからあなたを、一級品の淑女に仕立てるんでした~!』
猫舞は胸ポケットから取り出した眼鏡を装着し、握りしめていた金属バットを上段に構えた。
『さぁ、猿児さんを捕まえちゃえ鈴音ちゃん!』
バケモノとなった鈴音が猿児に向けて不気味な羽音を立てた……。
と、ゆーわけでぇ……戦闘だ。Beastie Girlsと化した姉妹と棍棒持ち猫舞が相手だ。


戦闘開始!


いぇーい。

ならばライダーキックの時間だ!

きゃー♡

えっウチ、捕まっ、どうする、え?

『鈴呼ちゃんが持ってるソレの名前はメスイキポワワ銃と言いましてねぇ……これを撃たれてしまうとどうなるか……あぁ!恐ろしい!とても言えませ~ん!この子がどうにかされてしまいたくなければ、おとなしくするんですよ~?』
と猫舞が4人を脅迫してるな。

なんやろウチがめっさピンチなのはわかったわ。

猫舞、物騒だね。とりあえず……猫舞が姉妹を改造して下僕にしてるって感じじゃない?

そうですね。それならまずは咬冴君の救出を優先、その後に猫舞の無力化を狙いましょう。

じゃあまずは咬冴を助けて次に姉妹の頭を蹴り飛ばして制御装置でもないか見てやろうじゃない。

えっ?

えっ?

なんでもええからとりあえずウチ助けてほしいんやけど?

きっとマナさまが逃げ出す方が早いですよぉ。

そういうことだ。行動順は咬冴鈴音猫舞猿児安堂霧甲水鈴呼の順番となる。現在咬冴は鈴呼に組み付き攻撃拘束技を受けている状態だな。鈴呼の順番になるまでに咬冴が開放されなければ、ポワワ銃……スタンガン気絶武器が自動成功して咬冴は戦闘不能となる。ついでにその光景はSANチェックが入るものになる……と先に注意しておこう。猫舞も予めそう言ってるからな。また、この敵パーティは弱った相手にはノックアウト攻撃気絶スキルを狙ってくる。全員が気絶したらもちろんバッドエンドだ。注意してくれよ。

そんならウチ逃げるでー!

そうなれば STR対抗ロール力比べだ。咬冴のSTRは11で鈴呼のSTRは10、そのためダイスロールが55以下なら脱出成功だ。

うっしゃ、やるで!

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(60) = 60”
55<60
鈴呼の勝利
咬冴は拘束を解除できない!

ん˝あー……。『は、な、せ~~~~!』ってジタバタするけど逃げられないなぁ。

うぅ!マナさま!ちょっと羨ましい♡

『暴れたってそうはいかないよー?』猫舞は暴れる咬冴をせせら笑っている。

ぬぅーっ!!笑われたで!!

次は鈴音のターンだ。猫舞の指示通り、猿児を狙って4つの腕の鉤爪で引き裂こうとしている。近接格闘ロールを行うぞ。成功値は45、ダメージは1D6だ。

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(93) = 93”
45<93
攻撃失敗

『鈴音君!やめるんだっ!』避けながら必死で声をかけます。

鈴音は猿児の呼びかけに応じない。それどころか、ギギギという何の生き物とも言いづらい歯ぎしりのような音を立てて猿児を威嚇しているな。

これ対話できないタイプの敵やな?

やっぱ殴り飛ばすか蹴り飛ばすとかしないとダメじゃん?

猫舞のターンだ。棍棒30で攻撃、成功で1D8ダメージだ。標的はDEXが高い順に1D4で決めるぞ。攻撃対象は……、

''【ダイスロール結果】''
1d4
''(2) = 2”
1=咬冴
2=猿児 ←TARGET!
3=安堂
4=霧甲水

猿児だぁっ!

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(4) = 4”
30>4
6>4
攻撃クリティカル!猿児に8ダメージ!
猿児のHP12→4

うゎっ。

ダイス神ー!!ここでアタイに微笑むんじゃない!!!!

棍棒のクリティカルは弱点攻撃で最大値ダメージ、8ダメージね。

私のDEXじゃ回避できる自信がないですよ!HPだって12だからショックロール気絶判定行きだ!

じゃあ受ける?

うぅぅぅぅん…………そうする!回避16はちょっと信用ならないですからね。ライダーと怪人はトドメの必殺技を出すまでは立ち上がり続けるんだ!

ほい、じゃあHPが4まで減少。

『ぶはぁっ!?』

『猿児ィィ!?そんな……股間に!?』

あー、そういう弱点なんや。ふふっ……あかん、ピンチなのに笑ってもうた。

『お˝っおお˝おお˝!?ん˝んんん˝んんんーーーー!!!』と転げ回ります。

そんな本気で痛がらなくてもよくない?

ああ、いや……せっかく安堂君が描写を考えてくれたから……。

ショックロールするぞ。猿児のCONは11だから成功値は55だ。失敗したらそのまま失神するぞ。

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(26) = 26”
55>26
気絶回避!

耐えたか。
『うっぷ……!俺が倒れるわけにはいかない……!!』

アソコを打たれたら気絶する方が難しいですよぉ。普通は冷や汗が出て……、

そ、そこまでにしような?聞いててこっちが辛くなりそうやから。

『チッ!頑丈……いいですね!それだけ丈夫な方が商品価値は高いですから!』と猫舞が言っているが、言い返すか?

そうですね……立ち上がってファイティングポーズを取る。
Are you ready?かかってこいよ。

ヒュー!イカしてるやん!

猿児、強気ね。

いや、私はこの状況、気に入っているよ……実にね。

股間がジクジクするのにですかぁ?

ぷっ!
安堂君!?

それじゃあ反撃だ。誰に何をする?猿児。

もちろんライダーキックだ!猫舞にぶちかまそう。

ならまずキックの成功値75を出してもらおうかな。

よし……!猫舞さん……おまえの罪を数えろ!

そこに股間強打の罪を1個プラスですよぉ!

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(94) = 94”
75<94
攻撃失敗

うーわっ!

危ないところじゃん。不発で済むならいいけどファンブルになったらもう倒れるからね?

猿児の脚は股間に一撃を入れられたせいで力が入らない。猫舞が身を引くのに間に合わず空振りした。
『もう反撃できるなんて!本当に貴重な丈夫さですよ!猿児さん!』

『そうだとも、実にしぶといだろう……!なぜなら鈴音君と鈴呼君を取り返すまで私は倒れないからさ!』

次は自分です!とにかくマナさまを助けます!マナさまを捕まえている腕に飛びついて噛みつきます!

咬冴を鈴呼の拘束から解放するんだな?それなら……それに対し肘で安堂を打ち据えようと揉み合いに持ち込む。

ウチも噛みつく!

いい提案だ。なら鈴呼と安堂とでダイスロールして値が少ない方が勝者だ。ただし、鈴呼にはペナルティーダイス不利判定だ。

ペナルティーダイスぅ?

ダイスロールにさらに10の桁用のダイスを振る。それが本来のダイス目よりもっと悪い結果の値ならそれを使うんだ。話して分かるものではない……まぁ、安堂君は九丁麗君がやっているのを見ればいいよ。

そういうこと、それじゃあやって見せるから安堂は待っててくれ……。

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(19) = 19”

ここにペナルティーダイスを入れて……。

''【ダイスロール結果】''
1d10
''(9) = 9”
ダイス結果=99
95<99
ファンブル!

あっ。

つまり、ダイス目99。ファンブル。おつかれさまでした。

たはー。やられたやられた。やっちまったな。

ってことはウチ助かるな?

じゃあ、鈴呼が安堂の攻撃を察知して反撃しようと咬冴を拘束していた腕を組み替えた。その不用心さを突いた咬冴の噛みつきによって拘束からの解放は自動成功する。安堂は1D100振って、ファンブルにならなければ安堂も噛みつける。そういうことにするぞ。妙な出目は出すなよ?

はい!ガブーしますぅ!

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(48) = 48”
96>48
攻撃成功!

まぁそうなるな。鈴呼は咬冴が左腕に食らいついた痛みで注意がおろそかになる。それは安堂の攻撃をも成功させたってところだ。安堂と咬冴に左右の腕を噛みつかれて2D3のダメージだ。

'''【ダイスロール結果】''
2d3
''(3,3) = 6”
鈴呼に6ダメージ!
鈴呼のHP?→?

よっしゃー!

ガブリっ!

最大値じゃん。運いいね。

サメの牙は美しく、恐ろしい武器だからね!

おっとこりゃすごいな。2人の噛みつきでもうショックロールだ。成功値は50。どうなるかな……?

''''【ダイスロール結果】''
1d100
''(66) = 66”
50<66
気絶!戦闘より除外!

あぁ……倒れた。鈴呼は2人から受けた噛み傷の痛みで戦意を失った。膝をついて呆然と傷口を見ている。本当なら失神するんだが相手はもうヒトじゃないからな。こういう処理にさせてくれ。そのかわり戦闘には復帰しないぞ。
『鈴呼ちゃん!?時間が経った被検体の支配はもう持たないようですね!これじゃあ、出荷が……供給が……止まってしまうんですよ~!わ~た~せ~!身体をー!!』
と猫舞は怒っている。

敵の頭数が減りましたね。形勢逆転、実に劇的な戦闘運びでしょう。

猫舞は魔術師っぽくない?

なんでもええわ。ユウナ、いてこましたり!

はいはい。鈴音へマーシャルアーツキック。成功値は70と30。

わかった。振ってくれ。

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(55) = 55”
70>55
攻撃成功

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(9) = 9”
30>9
マーシャルアーツ追加成功!ダメージ上昇補正!

おおおー!

うわ……完全に決めてきたな……。

1D3*2+1D4のダメージね。コイツも仕留めるよ。
『最高ね。福路にひどい目遭わせた犯人をこうして……蹴り倒せるんだから!』

''【ダイスロール結果】''
1d3
''(3) = 3”
3*2=6
6ダメージ!

''【ダイスロール結果】''
1d4
''(1) = 1”
1ダメージ!
6+1=7
鈴音に合計7ダメージ!
鈴音のHP?→?

7ダメージ。

え、延髄切りですぅ!脳震とう!

そうだな、ショックロール失敗で脳震とうで倒れたことにするか。鈴音も成功値50で振るぞ。

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(36) = 36”
50>36
気絶回避!

鈴音の残り体力は3になるぞ。まだこちらに向かってくる意思が残ってるらしいな。だが一時のダウンを奪うほどの痛打を相手に与えられただろう。追い詰められた様子の鈴音に猫舞は、
『私のビィジィネェェスは……あなたたちを素晴らしい悦楽へ誘える!鈴音ちゃん!早く!この人たちを捕まえて!』
と騒ぎ立てているな。

3か……下手に攻撃に成功すると死んでしまうかもしれないな。

何なら向こうの攻撃がファンブルしても死ぬで。

立ってるなら倒せばいいのよ。猫舞も、鈴音も。

む、霧甲水さまが怖いです、猿児さま……。

私は姉妹にはこんな姿になっても改心してほしいから死んでほしくはないかなー。

鈴呼は戦闘不能だからここで2ターン目の戦闘に入るぞ。まずは咬冴の宣言を聞こう。

猿児に応急手当!65あるから多分……いけるで。

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(47) = 47”
65>47
応急手当成功

おーありがとう。

『オトコの痛みはよーわからんけど、これで少しはラクになるやろ?』って感じで消炎剤をズボンの中にぶちまけるわ。

うぎゃー!?それはしみるっ!?

くくっ、それは殴られた腫れに効きそうだな。

むぅ、大雑把ですぅ。

しゃーないやん!ズボン下すわけにいかんもん。

アウチッ!ノゥ!ヤメテ!余計イタイ!

それじゃあ回復量を決めてくれ、1D3だ。

''【ダイスロール結果】''
1d3
''(3) = 3”
猿児は3回復!
猿児のHP4→7

猿児のHPは7まで回復したぞ。

『チョーイイネ!』

てのひらクルクル返しよった!

あぁっ猿児さまのエージェント・ぎん太さまが元気に、

やめなさい。

うぅー。

安堂君?そういうのは、あんまり女の子の前で言わないようにね?

アンドー、冗談言うにしたって言い方がガキすぎるで?

そういうところ含めての安堂だろ?んじゃあ鈴音のターン、猿児に近接格闘でノックアウト攻撃を仕掛ける。まずは格闘の成功判定だ。

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(84) = 84”
45<84
攻撃失敗

ダメだな、猿児を捕らえようと意識しすぎたのか、傷が深くて力不足だったのか、猿児は余裕で鉤爪を避けられた。

まさしく踊るように!

今度は猫舞だ、金属バットの標的は……、

''【ダイスロール結果】''
1d4
''(3) = 3”
1=咬冴
2=猿児
3=安堂 ←TARGET!
4=霧甲水

安堂!すまないが盛り上がりのための犠牲になってもらうぞ!

ひーっ!

あかん!最悪死ぬで!

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(100) = 100”
30<100
95<100
攻撃ファンブル!

なっファンブルっ!?

100や!

えっ!?

安堂君のリアルラックが助けてくれたみたいだね。

えっと……それじゃあ、振りかぶった金属バットが照明を叩き落としてしまい、蛍光灯が頭から降ってきたという感じかな。1D3の自傷ダメージの処理だ。

''【ダイスロール結果】''
1d3
''(3) = 3”
猫舞に3ダメージ!
猫舞のHP?→?

ぐえー。

やーいやーい、へたくそー。

うっさーい。のっけからファンブル2回出したパーティーに言われたくないもーん。

タコとサメが口ゲンカしてる。

とりあえず、猫舞の体力はこれで7だぞ。

その隙だらけの猫舞に灸をすえるとしましょうか!九丁麗君、今度こそライダーキックだ!

最悪、はじけ飛ぶぞ?

まぁ……死なないでしょう、多分。

ホンマに?

かもしれない運転は危ないぞ?

ここで殺しきらないとダイスに笑われるかもしれないぞ?

いやぁ……その……その時は、その時で。咬冴君に応急手当を頼みたいかな。とにかく今はこの猿児の生き様を見せてやります!まずキックを振ります。

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(32) = 32”
75>32
攻撃成功

よし。まずは決めたな。次に跳躍!これで決まりだ。

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(2) = 2”
60>2
6>2
跳躍追加クリティカル!ダメージ大上昇補正!

ぶっははは!

はぁっ!?

やらかしたな。

血の海ね。

えーと、自分の出番はもうなさそうですねぇ。

1D3*2+1D4の基礎ダメージにクリティカルボーナスが付くぞ。あーもう猫舞ダメかもしれないな?だから……この場合ダメージが伸びたところでスプラッターな光景が強調されるだけだからな、今回は精一杯の温情を込めて+1の追加ダメージにとどめておこう。

スゥゥゥ……っふぅぅぅ……。

エンジ!慌てちゃあかん!期待値は7.5、蘇生圏内やで!

くくく……猫舞が生き延びるか見ものだな?忘れないうちに成長ロールしておくぞ?

わかった、じゃあまず成長判定は……。

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(85) = 85”
60<85
ダイスロール失敗、1D10成長可能!再ロール!

よしっ……!成長具合はどうなる……?

''【ダイスロール結果】''
1d10
''(2) = 2”
猿児の跳躍60→62

んーしょっぱい。
まぁ……まぁまぁかな!
もっとライダーキックが上手くなりましたねぇ!

それじゃあ1D3*2+1+1D4のロール、覚悟して振ってくれ。

あぁ頼む耐えて!私はライダーキックしたかっただけで怪人じゃない人を爆発四散させたかったわけじゃないんだ!頼む!

''【ダイスロール結果】''
1d3
''(3) = 3”
3*2+1=7
7ダメージ!

''【ダイスロール結果】''
1d4
''(4) = 4”
4ダメージ!
7+4=11
猫舞に合計11ダメージ!
猫舞のHP7→-4
猫舞は死亡した。

ウワアアアアアアアアアアァァァァァァァ!!

あああああもうだからって最大値出すかよアホぉぉぉぉぉぉ!

ぶあっはっはっはっはっは!

HP、いくつになります?

くっそ……マイナス4だ。煽ったのはいいけどこうなるなんて考えてなかったぞ……。

猿児、運悪いね。応急手当じゃどうやっても蘇生できないよ。

あーッははは、あかんわ。ウチ、助けられん。

もうしょうがないな。猫舞は対処のしようがなく死亡する。どうしよ……この後の描写……。

尋問する相手が死んじまってどうするん?

……これから考える!猿児は決めポーズをとり、空中でバク転しつつ素晴らしいフォームで猫舞の後頭部を蹴り飛ばした。着地した猿児の目の前に広がっていたのは、その最期にはあまりにも、無残な猫舞の死体だった。さっき頭に落ちてきた照明の残骸へ蹴り飛ばされたことで運悪く木材が眼孔から脳髄に突き刺さってしまっている。一同は彼女が自分に何が起きたのかもわからず即死したことを容易に想像できるだろうな。

あ、ああ……参ったなぁ……。

猿児、こんな波乱起こしてくれるとかおいしい立ち回りね。

おいしくなぁい!

猿児さま……。えっと、せめて……猫舞さまの目に刺さった木を抜いて、目を閉じさせますぅ。
『ごめんなさぁい。痛かったですよね。怖いの、終わりましたよぉ』

うえっ……よくそんなこと言いだすな安堂……。安堂の手は血まみれになるが猫舞の瞼を閉じさせることができた。

そうや、鈴音は?倒すん?

鈴呼と鈴音は急に床に突っ伏して動かなくなったぞ。おめでとう、誰一人欠けることなく戦闘を潜り抜けたな。


敵リーダー撃破により戦闘終了!


おめでとう……だろうが……初心者の咬冴君と安堂君に見本にならないロール運びを見せてしまった……。

犯人からの情報……。

とりあえず、死人を出してしまったことに4人は動揺するだろうな。SANチェックだ。成功で消耗を回避できるが失敗で1d3のSANを喪失するぞ。全員振ってくれ。

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(1) = 1”
70-1>1
SAN減少回避!
猿児のSAN69→69

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(53) = 53”
85-2>53
SAN減少回避!
安堂のSAN83→83

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(3) = 3”
35-3>3
SAN減少回避!
咬冴のSAN32→32

''【ダイスロール結果】''
1d100
''(42) = 42”
60-1>42
SAN減少回避!
霧甲水のSAN59→59

平気なのかよ。

猿児さまとマナさまは『悪は、去った!』って決めポーズですねぇ。

PCとPLの温度差。

……よし!そうなれば咬冴君、安堂君、勝利のダンスだ!

イエーイ!

自分も踊りますぅ!

いや、それよりどうするの?この状況。探すでしょ?いなくなった人たちを。

えっ、うーん……それなんだけど……私をこの場に残してもらえないかな?少し……この状況に呆然としているのが自然だと思うですよね。

じゃあ、自分も寄り添います。自分は猿児の親友、ですから。

でもSANチェックをクリティカルしてるから全く平気だと思うぞ?というか、猫舞が死んだから代わりの情報を出したいから家を探すなり持ち物を探るなりしてくれ……あぁでも時間はくれ……頼む……。

それじゃあ、猫舞の持ち物を漁ったり姉妹の様子を見るっていうのは?戦う意思はもうないだろうけど、見張っておきたい相手なのは間違いないでしょう?

ん。ウチはそれでええと思うで。敵を倒し終わった後の家探しなら2人いれば十分やしな。

わかった。私は警戒に当たるよ。探し人は見つかったしね。

そうだ、ずっとこの家工事してたんでしょう?それなのに平屋なら、地下室があるはず。それを探すのがいいね。

地下室の入り口はすぐ見つかったな、トイレの隣の階段だ。そこだけコンクリートの壁や照明の配線がむき出しで異質に見える通路があるのがわかる。

なるほどね。咬冴がいきなり捕まったのはこの階段を見られたくなかったからね。

2人で降りてくで。

猫舞さまや鈴呼さま、鈴音さまが何かおかしなものを持ってないか見てみますぅ。多那瀬がどこに行ったか分かるかもしれないですしぃ。

ポワワ銃、回収しといてね。

はぁい♡

そうだな……それなら、猫舞の遺体から手帳が見つかる。咬冴たちの捜索が終わるより先に読み終わるだろうし先に描写していこうか。時間の制限もないし図書館ロールは必要ない。基本的に手帳はそれぞれの生徒の家へと向かう日程と教える予定の科目や持っていく教材の頁数とか、仕事の内容がみっちり書き込まれているな。

プライベートなことは書かれてない仕事用のスケジュール帳だったのだろうか?

概ねその理解通りで間違いない。だが、決まった日時に”PAMWACへ納品”という項目が月1で書かれていることが目に付くな。直近だと昨日の金曜日にも赤丸が付いている。

『納品……?これは何かの組織の名前なのか……?』って悩んでるとしようか。姉妹からは何か見つからないかい?

あぁ、咬冴たちのアクションが終わったら描写する。安堂たちが死体漁りしている頃、咬冴と霧甲水は屋敷の地下室に着く。そこは周囲の家の基礎をもぶち抜いているのではないかという広大な広間であり、人間が入れるサイズの巨大なカプセル、拘束具のついたベッド、ギトギトに汚れた分娩台、床に散らばる様々な年齢層の人々が持っていそうな小物たち、散らばっている研究データはどれも人体実験の記録ばかり。そんなこんなで部屋に点在する様々な物体の1つ1つがここで行われていたことが凄惨で醜い悪魔のような所業であったことがうかがえるぞ。

うへぇ……。

猫舞は趣味悪いわね。SANチェックある?なければ生存者を探したい。

今やってることは事後処理みたいなもんだからな、SANチェックはなしでいいぞ。地下室には誰もいないな。姉妹のように恐ろしい人体改造の被害者がいることを2人は予想していただろうが、被験者はいない。ただ散らかっているだけだ。

ここに行方不明者が捕まっとるんじゃなかったんか?

いや!九丁麗さま、ベッドやカプセルに名前が書いてあったりしませんかぁ?後は……足元に落ちてるものに見覚えのあるものがあったりとか……。

うん、安堂の言う通りだ、人を拘束できそうな機材のそれぞれには横付けしたテーブルがあり、犠牲者の手荷物と思われるものが置いてある。被験者の名前の記述はなく、単に番号を振られているだけだったが、その中に咬冴たちは春の口紅と三峰の学生証を見つけることができただろう。

間に合わなかったのか。

どこかに連れていかれたんでしょ。納品って手帳にあるし。

それを調べるなら猿児たちと合流してからになるな。咬冴たちが言葉を失う光景と対峙している中、猿児と安堂はそれぞれに姉妹の様子を見る。

まだ失神したままかな?

あぁ、息はあるが全く動かない。ぱっと見寝てるようにも見える。

支配の呪文で不眠不休で働かされてたとかありそうね。

なら、服に手掛かりを探してあとはそっとしてあげましょうよぉ。

2人の服はボロボロになっていて持ち物らしいものもないが、ポケットから1つずつ縫いぐるみが出てきた。猿児はこれが先月に姉妹から「先生からもらった」と言って見せてくれたものだった。

その先生は猫舞ですか?

多分、そうだったんだろうと猿児は考えるね。奇しくも今の2人の姿に似た、ゲームに出てくるカメレオンのキャラクターと古いアニメのハチのキャラクターの縫いぐるみだった。

魔術的な品なのかな?この縫いぐるみみたいな姿に変わっていく、とか。

鈴呼君たちにもう会えないかもしれないと考えれば遺品代わりに持っていってもいいかもしれないな。

いやーやめとき。ユウナの言う通りならこの縫いぐるみキナ臭いで?

お2人が元に戻れないと決まったわけではありませんよぉ。

じゃあ少し見つめて、鈴音君たちのことを思い返して……2人の服に戻す。

地下室行きまぁすぅ!ほら、行きますよぉ猿児さま!

わかったわかった。私たちも咬冴君と霧甲水君に合流します。

それなら、安堂は地下室でピアスを見つける。それは去年の多那瀬の誕生日に安堂がプレゼントしたものだった。

あぁ……。

『多那瀬……ごめんなさい、自分がもっと早くここに来ていたら……』

やっぱりいなくなった全員が猫舞の被害者で間違いなさそうね。

それと、一同は整理のされてない紙の山の底から日記が見つける。

おっ、読みたい読みたい。

わかった、これを見てくれ。日付は1週間前から始まる。

○月×日(土)
あのいつもランニングしてるヒト、結構簡単に捕まえれちゃった。下見、大事。
しかしあの銃すごいなーあんなムキムキなスポーツ選手をビクンビクンにしちゃうんだもん。
PAMWACからの依頼の中に『女体化モンスター娘』というのがある。やったことないな。

○月△日(日)
あの筋肉がすごいヒトは狼さんになってもらおうじゃん。かっこいいし。
腹筋が割れてるメス獣人はPAMWAC的には需要大アリって、すぐリクエストが飛び込んできた。
『ライカンスロープは体つきがデカければデカいほど価値がある』ってさ。ふーん。大きい方が。

○月☐日(月)
あのクソ真面目な隣の先生、またウチに来たけど銃で簡単に伸びちゃった。
鈴呼ちゃんがどこに行ったか知ってるのかって言われた時は焦ったよね。担任だったのかな。
これなら初めからこうしておけばよかったのに。

○月▽日(火)
隣の先生には何度も裁判されそうになって頭に来てた。手足とはバイバイしてもらおうね。
あんな体にしたのにPAMWACには希少な供給だって感謝されてちょっち気まずいよぉ。
鈴呼ちゃんたちの家に行って気が付いた。ヤッバ隣の猿児さんってヒトちょーイケてる!

○月✓日(水)
連絡があって添付の写真の女を使えって。このヒトに鈴呼ちゃんを捕まえたのがバレてるらしい。
何でそんなことがわかるのかなぁあの人たち。
女体化の依頼は猿児さんを使おう!猿児さんを捕まえるためにはどうする?探偵だし依頼とか?

○月●日(木)
あのお屋敷のオバサンの処置も愛を込めてパパっと済ませた。
女体化の依頼、コレが終わればそろそろ鈴呼ちゃんたちを休めさせてもいいかな。
事件っぽく鈴呼ちゃん鈴音ちゃん家を荒らしてみたから捜索が入っても自然だね。

○月◎日(金)
鈴呼ちゃん鈴音ちゃんの捜索を依頼したから話を聞きに猿児さんはウチに来るはず。
そこを捕まえればカンペキ。いーやー、我ながらマジ頭いいよねー。
ここ何日で捕まえたのは出荷した。女体化のクスリはどう作るのかはキクノさんに後で聞こう。

最後の金曜日の日付は昨日のことだな。

なんだよこれ……前から私が狙われていたのか……。

ヘンなヤツらとつるんで誘拐やってたみたいやんな。

キクノって人が人体改造をやってて、猫舞は人身売買をしてたのかな?

その、PAMWACというのが三丸子の言ってた厄介な組織なんでしょうかぁ?

なるほど?

記憶力いいね。でも、もし三丸子がこの組織を知ってたとなると安堂の家の実体がもっと怪しくなるんだけどいいの?

さっきの剣幕知ってるとそれもありそうやと思うけどな。

この日記、もっと古い記述は概要だけ伝えるという形でまだ読み進めることもできるがどうする?

おう!もっと見せてーや!

猫舞の日記や研究データから読み取れることを共有メモにするぞ。こんな感じだ。

1、猫舞はPAMWACなる組織と人身売買のブローカーとして契約していた。

2、PAMWACに卸す人材の”加工”の作業場として猫舞宅が使われていた。

3、この家で行われていた工事は地下施設の加工場を作るためのものだった。

4、工事や”加工”の指南役としてキクノという人物が派遣されていた。

5、キクノは支配の魔術に習熟した魔術師で、呪文を猫舞に教えていた。

6、集姫姉妹は猫舞に魔術で操られていただけで悪気はなかった。

経理とかオカルト、他には科学系のロールに成功すれば追加で分かることも用意するけど……振る?

生物学ならウチは60や!

生物学だと成功したらSANチェックするくらい気味が悪い内容になるけど、

あ˝ーやめとくやめとく!!

じゃあ私も人類学あるけど手を出さないどこっと。

やっぱり鈴音君と鈴呼君は被害者だったんですね。それなら2人を今すぐ元に戻したりはできたりしないかな?

被害者を元に戻すための記述は猿児が目を皿にして探したが見つからなかった。おそらく完全に不可能なのではなく、施術について猫舞の理解が不十分だったのだろう。ベッドに拘束した対象を薬で昏睡させて酸素吸引機を装着し、薬物を充填したカプセルに投入すればその後は回収業者が全部済ましていたそうだ。

そうなると、分娩台があるというのがなおさら怖いですねぇ?

んー、分娩台の使用記録については猫舞も相当に後悔するような案件だったらしい。そのため記述自体控えめだが…………”人格排泄”という言葉が大きくバツ印をつけられて書き留められているのが目に付くぞ。

ひっ!

……なんか、何かがあったか想像したくない感じのワードですね……。

あ、ああっ、

おや、安堂君?

……人形はイヤだ人形はイヤだ人形はイヤだ人形はイヤだ人形はイヤだ人形はイヤだ人形はイヤだ……

おいっ……アンドー!!

っ!?……ぁ、マナさま、ご、ごめんなさい……自分……。うっ、ううっ……。

平気……じゃなさそうやな、ほら、いい子いい子したる。こっちおいで。

わ、わ。やったー!うへへー♡

えー?こんなところにもあるの、安堂の地雷。

これは……MC&D、末恐ろしいところですよ……。

…………まぁ……そんな感じで、猫舞の家で分かることはそれだけだ。とりあえず、ミッション完了ってやつだ。4人は猫舞宅を後にする。

姉妹はどうするんや?

対処法がないうちは触らぬ神に祟りなし、がこのゲームで生き残るコツだよ、咬冴君。まぁそもそも……怪物になった少女を担いで連れ出すってリスクが高すぎますよ。

あー、悪い。ウチの考えが浅かったわ。

猫舞の遺体はどうするつもり?

はいはーい!三丸子に『これから帰りますぅ!』と電話しまぁす。

それなら、安堂の電話を取った三丸子が皆を家まで車で送ってくれることにするぞ。あと、死体の処理や警察への捜査の引継ぎとかもやってくれるそうだ。

わぁ!心強いですぅ。

なぁ。ジーエム?やっぱ安堂の家って……。


後日談

行動キャラクター
猿児安堂咬冴霧甲水

ロケーション
安堂家邸宅


翌日、その安堂の家に一同は集められる。安堂家の人間、つまりは多那瀬の行方を調査してくれた謝礼を渡したいと三丸子が呼び出したということにする。舞台は安堂宅の応接室だ。

えぇ?大丈夫?消されない私たち?

三丸子が安堂とともに応接室に入ったな。
『今回の失踪事件にケリをつけてくださり、改めてありがとうございます。正規に雇用契約を行った依頼でないため、キャッシュでの支払いとなることをご了承くださいね』
三丸子はメイドに指示し猿児、咬冴、霧甲水の3人に封筒を渡させるぞ。中身はちょっとビビるくらいの重さだ。

口止め料的なのも含まれてそうですしね。

『す……すごい、大金やないか!』と驚くで。ウチは奨学金目当てに勉強する苦学生やしな。

『猿児どのと……お坊ちゃんの言葉でわたくしどもは事件について本腰を入れて調査を行いました。目撃状況、監視カメラ、当日のアリバイ、どこから切ってもあの猫舞という方はどの失踪事件についても関与が疑われますね。多那瀬については残念でしたが……猫舞が多那瀬を襲った、その”真実”を得られてひとまずは満足です。この三丸子、万事を尽くしても得られなかったことに固執しません。皆様につきましては、この報酬をもってこの件とは手切れとさせていただきたい』

『三丸子?多那瀬は……多那瀬は、どうなるのですか?』

『今回は手が届かなかったとて、決して捨て置きはしないことを誓いましょう、お坊ちゃん。多那瀬は猫舞によって殺されたわけではない。生きているという”希望”がございますからね。それを信じることができるから、わたくしどもには相手がどこまで強大であろうと多那瀬を奪還するまでは戦い続ける”覚悟”を持てるのです。それを示したのはお坊ちゃんですよ』

『鈴音さん鈴呼さんは……』

『あの2人についてはこの屋敷で預かります。今はまだ寝ていますが、多那瀬の行方について情報を持っているかもしれないでしょう。また、多那瀬に近づくということは彼女たちが受けた人体改造の術に迫るということでもあります。元に戻せる日も来るかもしれません。まぁ、そうなるかどうかはあの2人が改心するかどうかにかかっていますよ』

『は、ハル先生も、見つけてくれるんか?』

『あくまで、多那瀬を探すついでです。お言葉ですが、この事件は皆様によって一区切りが打たれました。あなた方の探し人を見つけるという”夢”からは一度醒めて日常に帰る時であると、思いませんか?』

『まぁ、この人の言う通りじゃない?諦めろって言われてるわけじゃない、今日は帰りましょ』

『あ、ああ……わかった。だけど、ハル先生が見つかったなら、絶対ウチを呼ぶんやで!こんなことをさせたヤツら……許さへん!』

咬冴の正義心もわかるが、今日はここで解散すると告げて三丸子は安堂と一緒に席を立ったぞ。だが、数歩歩いたところで三丸子がぽつりと喋る。
『あー……これは、わたくしの独り言ですよ?猫舞には1年以上前に捜索願が出されていました。場所は彼女が前の勤務先、スタジオAKIの住所。この件を終わったものとしたくないなら……そこから当たると、いいんじゃないですかね』
三丸子は今度こそ応接室を後にしたぞ。そういうわけで、このお話はこれで完了、おつかれさま。

シナリオ’’ミエナイ隣人’’ここでゲームエンドだ。



シナリオクリア!



終了処理


あ、これキャンペーンシナリオ複数章構成だった?

いや、そういうわけじゃない。謎が残った方が……かっこいいじゃないか。もし、本当にキャンペーンを展開するときになったときに備えて、2D6のSAN回復ロールを進呈しよう。ゲームクリア報酬で1D6、姉妹の生還により1D6だ。咬冴以外は自動で全回復だな、咬冴だけダイスロールしてくれ。今回は初期値を超えて回復することはないぞ。

猿児のSAN69→70

安堂のSAN83→85

''【ダイスロール結果】''
1d6
''(6,3) = 9”
SAN9回復!うち6は余剰として廃棄。
咬冴のSAN32→35

霧甲水のSAN59→60

うんうん!ええね。

じゃあ咬冴のSANは全快だ。うーん……反省会、する?

そうだね。あのシーン始まるとやってたシークレットダイスは何なのか、が聞きたいね。

シークレットダイスは鈴呼の隠密判定だ。姿を消す魔術的な能力を彼女は持っていて猿児を尾行していたのだが、隠密判定が失敗した時にあのカメラを落としていくようになってた。

鈴音さま、鈴呼さまはどうやって誘拐をしてたんですぅ?

2人の手口については鈴呼が咬冴にそうやろうとしたように不意打ちから気絶させ、鈴音が犠牲者を掴んで飛ぶことで目撃を免れていたんだぞ。

案外簡単に猫舞たち倒せちゃったけど、これは手加減してくれたん?

いや……それは完全にアタイの調整ミスだ。これだけの格闘能力のある猿児たちが相手だからな、猫舞に棍棒を持たせたところで数の不利を覆すことは難しかったんだ。今日アンタらのキャラシートを主催から渡された時にもっと隅まで技能値に目を通していればもうちょっとテコ入れしたんだがな。

姉妹の家に入らなかったけど、入ってれば猫舞が怪しいことにもっと早く気が付けたかもしれない?

そだね。だけどそれよりも前に気が付けるタイミングはこっちでいくつか用意してたぞ?猿児と話してた時の猫舞、結構ボロが出てるからな。アタイとしては猫舞が姉妹が誘拐されたって言ったことをスルーされて正直焦ってたんだ。だいぶCheap Trickなもんだからバレると思ったんだけどな。まぁそこは、安堂の気の利いた提案のおかげでなんとかフラグ回収できたからよかったけどさ。

ふふん……♡あっそういえば猫舞さまの金属バットを受けた猿児さまのお股は自分が愛おしく、

はーい!終わり終わりー!!かいさーーん!またの機会でお会いしましょーー!!!

…………うぅ、言い切らせてくれないなんて焦らしプレイですぅ♡

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。