ポーランド異常事例中央総局ハブ
rating: +9+x

anomalnapolicja-smol.png

2007年、時の軍事防諜局長の主導により、ポーランド異常事例中央総局(CBSP)が設立されました。CBSPの存在は極秘であり、市民と政府をアノマリーから保護することを目的としています。当初、CBSPは十分に機能しておらず、財団からはその存在を無視されていました。その後、CBSPがSCP-PL-███を発見したことで、財団は当組織との協力関係を樹立しました。

CBSPの施設はポーランド全土に分布していますが、最も集中しているのはワルシャワです。CBSPは今の所、財団以外の国内超常組織と提携したことがありません。

CBSPの活動は財団の継続的な監視下に置かれており、重大なアノマリーに関しては、速やかに財団へと引き渡すことが推奨されます。特定の状況下においては、CBSPのアノマリー保有が認められることもあります。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。