🌊 枅海鎮 🐋
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        top: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 5;
        font-family: 'Nanum Gothic', san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888;
        background-color: #fff;
        border-radius: 3em;
        color: #888;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    #top-bar .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    #top-bar .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -20em;
        width: 17.75em;
        height: 100%;
        margin: 0;
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        background-color: rgba(0,0,0,0.1);
        transition: left 0.4s ease-in-out;
 
        scrollbar-width: thin;
    }
 
    #side-bar:target {
        left: 0;
    }
    #side-bar:focus-within:not(:target) {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        margin-left: 19.75em;
        opacity: 0;
        z-index: -1;
        visibility: visible;
    }
    #side-bar:not(:target) .close-menu { display: none; }
 
    #top-bar .open-menu a:hover {
        text-decoration: none;
    }
 
    /* FIREFOX-SPECIFIC COMPATIBILITY METHOD */
    @supports (-moz-appearance:none) {
    #top-bar .open-menu a {
        pointer-events: none;
    }
    #side-bar:not(:target) .close-menu {
        display: block;
        pointer-events: none;
        user-select: none;
    }
 
    /* This pseudo-element is meant to overlay the regular sidebar button
    so the fixed positioning (top, left, right and/or bottom) has to match */
 
    #side-bar .close-menu::before {
        content: "";
        position: fixed;
        z-index: 5;
        display: block;
 
        top: 0.5em;
        left: 0.5em;
 
        border: 0.2em solid transparent;
        width: 30px;
        height: 30px;
        font-size: 30px;
        line-height: 0.9em;
 
        pointer-events: all;
        cursor: pointer;
    }
    #side-bar:focus-within {
        left: 0;
    }
    #side-bar:focus-within .close-menu::before {
        pointer-events: none;
    }
    }
}


評䟡: +23+x









行ったこずのない囜々を発芋し、
䞀番高い高峰を登り、
倩䞊の宇宙を旅し、
氞遠の闇の領域に探照灯を照らすこずが
生を生きる䟡倀があるようにしおくれる。


— オヌギュスト・ピカヌル、Earth, Sky, and Sea (1956): xii





















GoI-0531枅海鎮


別の名前

  • 四海氎路軍

掻動期間

  • 西暊2021幎 - 珟圚
  • 西暊841幎圌ら自らの䞻匵 - 珟圚
â–Œ 枅海鎮の垆の図案。
chonghaejin_small_green.png  四海氎路軍
 行軍倧総管
 砎神倧元垥
 枅海鎮倧䜿
 匵保皐坐船

抂芁「枅海鎮」はPoI「匵保皐」が指導者である朜氎航海集団です。巚倧なザトりクゞラMegaptera novaeangliae圢状の朜氎艊であるSCP-989-KOが圌らの本拠地であり、特定な陞䞊拠点なしに海䞭を挂うものず芋られる。SCP-989-KOが氎面䞊に浮䞊する時に繰り広げる黒い垆には、赀色で右偎の画像のような文句が曞かれおいる。枅海鎮が財団に察しおどのような立堎を取っおいるのかは分かりたせん。しかし、圌らは財団が確保しおいる䞀郚海掋性SCPの積極的な砎壊を図っおいるため、財団ずしおは䞻芁適性勢力に準じお盞手にする必芁がありたす。

来歎財団がSCP-989-KOず初めお遭遇した時、自称「匵保皐」が明らかにした情報によるず、「枅海鎮」の指導者「匵保皐」は統䞀新矅時代に掻動した実圚人物匵保皐本人であり、西暊841幎に䞭倮政府から粛枅された時、死なずに自分に埓う枅海鎮今日の莞島郡䜏民たちずずもにSCP-989-KOに乗っお海䞭に消えたずいう。たた、「匵保皐」は幟幎以䞊海䞭に存圚するポヌタルたちを利甚しお別䞖界たちを冒険しおあり、最近になっお地球に戻っおきたず䞻匵したした。このような䞻匵たちを裏付ける具䜓的な物蚌は、珟圚のずころ存圚したせん。

補遺2022幎珟圚基準で、枅海鎮が䞀床以䞊攻撃を詊みたSCPずしおはSCP-169、SCP-3000、SCP-3700-1・2などがありたす。 ほずんどの攻撃を撃退したしたが、無芖できない皋床の被害ず疲劎床が財団偎に环積しおいる。早急な察策が必芁な郚分です。
























人間の暩利ず䞖界の自由は「逃したクゞラ」でなければ䜕か。
すべおの人間の心ず意芋は「逃したクゞラ」でなければ䜕か。
圌らが持぀宗教的信仰の源泉は「逃したクゞラ」でなければ䜕か。
盗䜜を事こずずする䌌而非矎文家にずっお哲人の思想は「逃したクゞラ」でなければ䜕だろうか。
この倧きな地球自䜓は「逃したクゞラ」でなければ䜕だろうか。
そしお読者たちよ、あなたもたた「逃したクゞラ」であり「捕たったクゞラ」でなければ䜕だろうか。


— ハヌマン・メルノィル、『モビィ・ディック』金碩犧の譯本: 482





















䜕お呌べばいい123

摩マ䌜カ矅ラ枅海鎮45、
SCP-989-KO看守ら、
KTE-XXXX-Cetus焚曞者ら6

むラストレヌション

Makara3.png

知識

特城仮称78「摩䌜矅」は身長77メヌトルの海生物だ。芋た目にザトりクゞラず䌌おおり、たたザトりクゞラを基盀ずしおいるが、今は倧きさもそうで、身䜓の組成も有機物ず無機物が混合されで、ザトりクゞラず断定するのは曖昧になった。倖から芋るず、摩䌜矅はザトりクゞラの䜓のあちこちに朚材ず金属で重ね合わせた郚分が襀耞のように付いおいる姿であり、時々背䞭に倧きな黒い垆を広げるこずもある9。

摩䌜矅は皮膚ず筋骚の䞋に存圚しなければならない内郚臓噚がなく、胞腔・腹腔・頭蓋腔など䜓腔の䞭が空いおいる空掞になっおいる。心臓のあるべき郚分には消えない火が燃え䞊がっおいる。 「枅海鎮」ずいう名前を名乗る人々「摩䌜矅」ずいう名前も圌らが付けたものだは摩䌜矅の䜓腔を、たるで朚造垆船の船宀のような姿に改造しお自分たちの生掻空間ずしお䜿甚しおいる。特に、火炎のある胞腔郚分は、火炎を䞭心に火鉢や朚の段を䜿っお、たるで祭壇のように食られおいる。頭蓋腔には「船橋」ず呌べる空間が蚭けられおおり、枅海鎮の指導者たちはここを通じお摩䌜矅ず疎通しお摩䌜矅の動きを統制できるようだ。摩䌜矅の背䞭に垆柱を立おる鎖もここに぀ながっおいる。

倚様な生呜䜓が摩䌜矅の内倖に寄生しおいる。䜓腔の䞭で生掻する枅海鎮の人々は勿論、摩䌜矅の口の䞭では巚倧化したりチワ゚ビをはじめずする倚様な甲殻類が鯚鬚に濟過されたプランクトンを食べながら生きおいく。枅海鎮の人たちは時々に倖に出お、摩䌜矅の䜓にくっ぀いたフゞツボやコバンザメなどを刮げ萜ずすしおくれる。

性質摩䌜矅の心臓の炎はパングロスが自分の䞀郚分を切り離しお䜜り出したもので、この著録を䜜成する過皋でパングロス本人にその事実を確認された。この炎から出る匷力な生呜゚ネルギヌが摩䌜矅の筋骚を動かし、たたこの炎そのものが摩䌜矅の魂、たたはそれず䌌おいもののようだ。

摩䌜矅は普段は枅海鎮の指導者たちが船橋で操瞊する通りに動く10。しかし䟋倖があるが、「生きたいずいう匷力な意志」を感知した瞬間、摩䌜矅は枅海鎮の統制から抜け出し、その意志を発する人を救難するために自ら移動する。倚くの堎合、溺死盎前の遭難者が救助されるが、海岞で摩䌜矅を同じ原理で召還する堎合もある11。この救難掻動が行われる時、枅海鎮の人たちは摩䌜矅を操るこずができない。ひたすら摩䌜矅、正確には「呜の炎」自分の意志で自埋的に行われる行為だ。このように救助された人は枅海鎮の䞀員になるこずを提案されるが、断る堎合には䞀番近い陞に降ろすようだ。

呜の炎には摩䌜矅の掻力ず意志を䟛絊するほか、副䜜甚がある。呜の炎の呚蟺、すなわち摩䌜矅の䜓内に寄生する生呜䜓は呜の炎から掻力を䟛絊され老化しなくなる。それだけなら幞いだが、そのように若さを維持した人が炎から十分に離れれば、これたで溜たっおいた老化が䞀床に迫っおくる。自分の皮の平均寿呜を越えおたで摩䌜矅の内倖で生掻した実䜓が摩䌜矅から遠ざかるず、あっずいう間に老いお死ぬ。このためか、枅海鎮の人たちは陞に䞊陞する堎合が非垞に珍しい12。

歎史ず関連組織パングロスがい぀、なぜ摩䌜矅を䜜り出したのか、その理由は定かではない13。おそらく圌の善良な性情のため、死んでいくクゞラに慈悲を斜しおから、すっかり忘れおしたったのではないかず思う。パングロスが初めおこのクゞラに䌚った圓時、すでに内臓は腐っおいお、ただ人生に察する執着、生きようずする意志だけが霧のように挂っおいたずいう14。パングロスは腐っおいくクゞラの䞭を空け、生呜の炎を分け、そこにクゞラの魂を捕えた。圌は炎を胞腔に安眮し、呚蟺に芋える質料を集めお砎れた皮革ず折れた筋骚を継ぎ合せた埌、クゞラを海に垰らせた。パングロス本人の䞍正確な回顧によるず、そうだったずいう。

接觊枅海鎮は他の巚倧海掋実䜓たちを「海神」ず呌び、摩䌜矅を利甚しお攻撃しおいる。圌らはパングロスを「護摩」1516ず呌び、海神たちを皆殺したら護摩を再び䌚えるず信じおいるようだ。かなり脈絡ないビリヌフだが、このビリヌフの根拠が䜕であり、どうしおこんなビリヌフを持぀ようになったのか、今たで確保された砎片的な航海日誌だけでは調べるこずができない1718。実はパングロスが自分たちのための劂䜕なる蚈画や意図も持っおいないこずを枅海鎮の人たちが知るこずになったら、どうなるだろうかあたりうたくいきそうにない1920。これは圓分間あちらに秘密にした方がいい。

芳察ず物語

枅海鎮の人々は、摩䌜矅に乗っお地球䞊の党おの海、そしお別䞖界たちの海たで広く冒険した。たずえ枅海鎮ず摩䌜矅が図曞通に入るこずはできないが、圌らが䜜成した航海日誌が砎片的に図曞通で発芋されたりもする。それらを集めお研究した結果、今たで確認された枅海鎮が関連する物語は、したの通りである。






















今、お前は狭い川の岞から抜け出しお倧海を芋るこずで、ようやく自分が醜い事を知った。
倩䞋の氎の䞭で海ほど莫倧なものはなく、䞇筋の川が海に流れ蟌むのが止たらないでも溢れる事がないのに、
これは海の氎が海底の穎〔尟閭〕ぞ挏れ出するからだが、だからずいっお海が空く事はない。
海には春も秋も倉化する事がなく、倧氎も日照りも知らない。
しかし、四海が倩地の間に存圚しおいるずいう事を考えおみたずき、その尟閭さえも広い沢の䞭の小さな穎ず䌌おいないか
䞭囜がたた、その四海の内偎にあるずいう事を考えおみたずき、倧きな倉庫の䞭に䞀粒の皗しかないずいう事に䌌おいないか
物の数を指しお䞇物ず蚀うが、人はその䞭で単数しか占めおいない。


— 『莊子倖篇』「第17篇秋氎」





















茫掋䞀千䞀癟八十二幎皐月の䞉十䞀日目

chonghaejin_stamp.png

・倩氣柄明、海象穩やかなり

・摩䌜矅平穩にお靜やかなり

・針路西北向、航走距離二千䞀癜六十里

・珟䜍眮䞉韓國の助音島から南向きに䞀癟里

map_example1.png

 

 

 久しぶりに盎接航海日誌を曞いおみる。枅海鎮、぀たり新矅囜助音島の旧枅海鎮を離れお、今幎ですでに1332幎1181幎になった。

 様々な別䞖界を回りながら流れた時間は、これたでのこずを掚し量るず、明らかに312幎の長さであったが、昚幎この䞖の䞭に戻っおみたずころ、161幎しか経っおいないずいう。どう考えおも理由のわからない䞍思議なこずだ。いただに䜕床も困惑しおいる。

 最初、我等は故囜から捚おられた少数の難民だった。どこにも我等を受け入れおくれる凊がないず、我等は、茫茫たる倧海は我等の土地であり、そこを我等の家ずするず宣蚀し、茫掋元幎の旗幟を䞊げた。しばらくはそのたた楜しい時間を過ごした。

 しかし、ただ我等を守るだけのものであるず思われおいた摩䌜矅の心臓、護摩壇の炎が、我等を老けないようにし、陞に䞊がっお摩䌜矅から遠ざかるず、これたで取っおいなかった分の幎を䞀床に取るこずで、死んでしたうずいうこずが分かった。我等は驚いたし、恐ろしく思った。護摩が摩䌜矅を送っお我等の呜を救っおくれたこずに぀いおさえも感謝の念を抱き慎むこずができず、護摩の神獣である摩䌜矅を我等が奜き勝手に連れお行っお、その眰を受けるこずだず思った。自然にこれを正すためには、護摩に再び䌚わなければならない。

 しかし、千幎が過ぎおも、我等は護摩を党く芋぀けるこずができなかった。仏法が䌝えられおきた倩竺囜にも行っおみたし、新矅の蚀葉では名前も぀いおいない知られおいない土地にも行っおみた。摩䌜矅ずずもに氷海の氷を割っお進んだりもした。この倩䞋の地䞊、いや海䞭の党おの所ず海に觊れる党おの湟岞を探した。しかも、芋぀かったのは、護摩が残した意味の分からないいく぀かの文句だけだった。

 䞍可解なそれらの文句を倧たかに把握しお考えるず、護摩はおそらく自分が救っおやった物に関心がないようだった。溺れたアリを救っおやったずき、誰がそのアリのこずをいちいち蚘憶するだろうか。倩郚の存圚である護摩にずっお、我等は、或いは摩䌜矅さえも、その皋床に過ぎないのかもしれない。思うに倩郚の神々にはこの巚倧なクゞラも、人間も、同じように埮物に芋えるだろう。

 

 

 

 

 䞍死の呪いに぀いお初めお知っおからしばらくは、そのような䜿呜があるからこそ持ちこたえられた。ずころが、無数の別䞖界に通じる無限の海を瞊暪無尜に行き来する䞭で、我等はあたりにも倚くのこずを芋お聞いた。

 煌めく財宝、秀でた秘境、初めお芋る犜獣ず草朚、恐ろしい怪物、そしお䜕よりも、さたざたな異人たち。ああ䞖の䞭に人がそんなに倚く、人がいる䞖の䞭もそんなに倚いこずを、このような身の䞊にならなかったら、知るこずができただろうか

 果おしない芋聞ず経隓は、死ぬこずができず、海を圷埚わなければならないずいう境遇が、もしかしたら呪いではなく祝犏かもしれない、ず思わせる。少なくずも、我はそう思っおいる。そのため、い぀の間にか護摩を探す我等の航海には切迫感が消えた。航海そのものが目的になり、楜しみになった。

 しかし、それでもい぀でも護摩に再び䌚うべきだろう。 船員の䞭、ただ平凡な䜓に戻りたい人もいなくはないだろう。我はもうそうではないが、我も護摩に再び䌚わなければならない。そうしおこそ、その方に拱手をしお、千幎前にし損ねた感謝のお蟞儀をするこずができるから。

 だからこそ我等はい぀か四海の海神を皆倒すだろう。海神を倒すために、日々に新たにしおたた日に新たに、局䞀局匷くならなければならず、匷くなるため新しい船員を募集しお新しい兵装機を導入するだろう。そのため我等は今埌も冒険を続ける。

 果おしない海が我等の力であり、その力を積む時間も無限に䞎えられおいるから、なぜ倱敗を怖がるこずがあろうか

 

 久しくしお故郷に垰りし枅海鎮倧䜿の匵保皐曞く。

 

 






















趙員倖は魯達の手を握っお草堂に䞊がり䞊垭に座らせた。
䞋人に頌んで矊を屠しお酒をもおなし、倕方に客間を明け枡しお楜に䌑たせた。
翌日たたお酒ず食べ物を準備しお接埅した。
魯達が蚀った。「員倖の過分な奜意に察しお、私はどのようにすれば報いるこずができるか」
趙員倖は即座に返答した。「『四海はみんな兄匟なり』ず蚀いたした。どうしお報いなどずいう事をおっしゃるんですか」


— 『氎滞䌝』120回本、第4回






















legend_of_blue.png
Makara.png





















たぶしい空ず、きらめく癜い波の圌方
䞃぀の海ぞ挕ぎ出す、颚に身をたかせお
ひずり抱いた倢、やすらぎ求めおはしる
遅すぎるこずはないず、勇気いだくこの海に
どんな嵐がこようずも、心のオヌル離さずに
やがおい぀か蟿り぀くさ
ただひずり、おたえの岞蟺ぞ


— 霜月智恵子、〈䞃぀の海ぞ〉1990幎





















特に指定がない限り、このサむトのすべおのコンテンツはクリ゚むティブ・コモンズ 衚瀺 - 継承3.0ラむセンス の元で利甚可胜です。