クレア
rating: +4+x
c

クレアが命を落とした時、兄弟を恨んではいなかった。ジャックがこのことを知っていれば、2人はもっと良い関係を築けていたのかもしれない。しかし、彼は自分を保護者としては不十分で、反面教師であると見なしていた。長いこと眠れていない夜に煽るウイスキーに反射する。替えの体を、崩壊した天井と崩れたリノリウムタイルに舞う埃の中、投光照明と対応チームのランタンの光に照らされながら呆然とただ見ていた。もし彼らがそうなる前に、このような結末に至ってしまうことを知らせる方法さえあれば…

だがそれはジャックが語るべき物語ではないし、いずれにせよ、今となっては大した問題ではないのだ。

戻る

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。