合作-JPハブ

合作-JPハブへようこそ


職員は各ファイルのアクセスにはその性質上、異なるアクセス許可が必要とされる場合がある点に留意してください。

剪定対象の合作記事

財団はこれ以上の研究は必要ない、あまり役に立ちそうにないアイテムを多く発見しました。将来、これらのアイテムの知識が役に立つ時が来るかもしれません。
ここに記載されているのは日本で保管されているアイテムです。
- サイト-██、研究主任██ ██博士


説明:いくら使っても勢いが落ちないダストブロワー
回収日:████-██-██
回収場所:██県██市
現状:サイト██の職員用ロッカールームに保管
注:調子に乗って使い過ぎた研究員がこれまでに3名、手に軽い凍傷を負っています。


※ 当ページは合作剪定用個別評価モジュール設置のため、それまであった全文を一時的にこちらのページに移動しています。ご不便をお掛けします。

これらの超常現象に関する記録は日本国内・国外での、財団が関わったおかしな出来事です。財団の隠蔽工作チームが送られ、市民からこれらの証拠を隠しました。
-エージェント・カナヘビ


概要紹介:市内に存在するあらゆる監視カメラが15秒間、画面内に黒いスーツを着た複数の人物が未知の人物の葬儀に参列するさまを映し出しました。
発生日時:████年██月██日午前1時21分38秒~53秒
場所:日本、千葉県████市
追跡調査措置:中国のハッカー集団による示威行為として監視カメラがハッキングされたという虚偽のニュースを財団の報道官が流しました。都市内のすべての監視カメラは交換され、分析されましたが何一つ手がかりは見つかっていません。

SCP-024-JP「普通」、「基準金額通り」以外で利用した職員はその内容を報告する事。


利用者:エージェント水見
入力内容:観客入り武道館
基準金額の投入:基準金額の倍
内装:ステージ上にカラオケマシーンとソファー、机が備え付けられた。また観客が多数居り、歌に合わせて歓声をあげたり、サイリウムなどを使用した。ステージ上は自由に移動できたが、観客席に行くことは出来なかった。
考察:観客はオプション扱いで付けれるのですね。 — ████ ██博士

これはSCP-337-JPによって放送された内容の録音記録です。


録音記録337-7R-MAR - 日付████/██/██
対象: SCP-337-JP
放送内容: 13世紀から14世紀頃と思われる欧州の鎧を着た40代と思われる人物 フランス語を使用。背景にはラッパ奏者。
「我が城が異教徒に囲まれてしまったぞ!誰を呼ぶ?」
「ギヨーム卿!」 
「敵を打ち破る一騎当千の指揮官が欲しい!誰を呼ぶ?」  
「ギヨーム卿!」 
……

SCP-111-JP-J-1に関する情報です。
現在、これらの情報の更新が推奨されています。


SCP-111-JP-J-1であることが確定している物品のリストです。各職員はプロトコル"カレーのにおい"に基づき、過去、または現在に於けるSCP-111-JP-J-1であることが確定した物品の情報を記載してください。

  • エージェント・██のタバコ
  • エージェント・███の愛銃

……

lockerlocker

国内の財団職員の意見交換の場として、イントラネットで利用できる質問箱を設置しました。
81地域ブロックのイントラネットを利用できる職員でしたら誰でも質問・回答が行えます。
利用について分からないことがありましたら、問合わせページを参照してくださいね。
— 81地域イントラネット管理者 宮所


某のデスクにあった「蒼天航路」の31巻が見つからないのですが、誰か心当たりはないでしょうか? — 三国技師


SCP-826の実験に出願されています、該当記録を参照してください。 —匿名希望

SCP-207-JP-1および2には特異性が現れないため、実験は自由に行って構いません。生成したオブジェクトについては、必ず焼却処分して下さい。


上段 下段 オブジェクトの説明
「暴漢から身を守る護身術」と「十五少年漂流記」 SCP-207-JP-1「暴漢から身を守る漂流記」 護身のための無人島引きこもり生活術。

Mail
from: Sk9⁇m55Mj@?mAAA6304
件名:Saigaへ
本文:君がSaigaであるならば、このメールを読んでくれることを望む。
君にとっては、ひょっとすると突然のことで戸惑うかもしれない。私は君がいる世界とは別の次元、平行世界のSaigaだ。私は、私の世界のルールに則り、私の知る一般的な文法法則を活用して君にこのメールを書いている。
……


Mail
to: Sk9⁇m55Mj@?mAAA6304
件名:Re:Saigaへ
本文: 君からの連絡を嬉しく思います。
私はおそらく、君よりもすこしだけ出遅れているのだと思います。私は、君が言うこととまったく同じ思想を抱き、次元を超える手段を探している最中です。
あなたは犀賀と云うのですね。私は才我という名です。
是非、あなたと直に会ってお話がしたい。どうか、また連絡をください。

boatOBboatOB

警告:アクセスの際は音量にご注意ください。
SCP-710-JP-Jは日夜、新たな奥義の開発が行われています。
以下に、新たに開発された技を抜粋し、掲載します。
新たな奥義の開発に成功した職員は、本資料への登録が推奨されています。詳細は奥義開発申請手順をご確認下さい。


技名: 量子指弾
概要: 大気中に存在する物質の量子をコペンハーゲン解釈に基づく方法で
指先に集積し、放つことで遠方にある物質を貫通させる。
段位: レベル3以上のみ習得可

SCPのフレーバーテキストを書くページです。
カードゲームのカードの様に、短い文でSCPの背景や世界観を表現してみましょう。


SCP-019-JP

おお、前よりも随分と賢そうな顔になったじゃあないか。

hal_akihal_aki

████/██/██、日本支部より財団本部に対し、日本支部の管理下にある、意志を持つか意志を持っている可能性があると考えられているオブジェクトの研究のため、SCP-978の貸与の申請が行われました。申請は受理され、同年██/██に一時的にSCP-978の管理が日本支部に委譲されました。これらの実験結果はその間に行われたものです。


被験者: 進藤研究員
撮影された行動: サイト-81██の食堂でオムライスを食べている。
撮影結果: 住宅の一室でオムライスを食べている。インタビューの結果、撮影された住宅の一室は進藤研究員の実家である事が判明した。
最近帰ってないしなあ… -進藤研究員

SCP-549-JPの異常性は、日本語を解する人間がSCP-549-JP-2群を用いて単語や文章(a)を組み、それを組み替えアナグラム(b)が成立した際に発現します。組み変わりが完了すると同時に、(a)に(b)の要素が加わった実体や現象(以降、SCP-549-JP-3)がその場に発生します。


(a)→(b): まんた→たんま
実験結果: オニイトマキエイ(Manta birostris) 一頭の出現。出現直後、鰓を含め全ての挙動を停止。血流や内臓活動等の体内での生命活動は継続していたが呼吸はままならず、出現後10分弱で死亡。(b)を崩した所、問題無く死体は消失。
備考: 実験は海洋生物用水槽の近くにて行った。

GoIフォーマットのフレーバーテキストを書く、SCPフレーバーテキスト集の派生ページです。
カードゲームのカードの様に、短い文でGoIの背景や世界観を表現してみましょう。



「何者でもない」

メモ:不死の首飾り

誰にでもなれるからこそ、誰でもないのかもしれない。

KyaruruKyaruru

SCPに関する詩を投稿するページです。
詩のジャンルは問いません。


SCP-040-JP-J

始終見む 幻夢の違和や 柳煤
ねこは目を閉じ 寝込むとメモの字

ogakuzuogakuzu


カノンハブ-JP

私達は財団は悪を最小限にとどめようとしていると思っていた。人類を守り、光の世界に留めるために影の中で戦う人々として財団を描いてきた。けれど、この世界の財団は、目的のために手段を選ばず、進歩のために犠牲を厭わない。


やがて財団は今ある全ての国家を破壊し、何もかもを自分たちの思い通りの世界に作り変えるだろう。そのための準備を進めているのだ。

「何が世界を歪めたのか」 —mary0228mary0228より

このせまい日本に、正常性維持機関がひしめきあっている。


政治も諜報も水面下で、音を鳴らすのは最後だけでいいのだ。

「政治局行政監督部 臨時業務(後編)」 —karkaroffkarkaroffより

これよりお目に入れますは、かつてあった帝国の残影。


償いをしなければならない。その為に沈むのです、貴方も、私も、これも、この船も。

「時化」 —shirasutaro-shirasutaro-より

98年初夏に発生したポーランドでの神格存在の降臨は、長く続いたヴェール政策の瓦解を齎した。事件はまた次の事件を生む──WTCでの超常テロ、拡散する異常疾患、エトセトラエトセトラ…。それでも、彼らは前へと進んでゆく。


ポーランドは明日、世界に先駆けて新たな一歩を踏み出します。ヴェールの先へ、闇へ立ち向かうために。ポーランドに未来あれ。

スシブレード、それは寿司と寿司の魂のぶつかり合い。世界一のスシブレーダーを目指して修行中のDクラス職員タカオは、運命と言う名の渦に呑まれ、闇寿司との戦いに身を投じていく。果たしてタカオは闇寿司を倒し、スシブレード界に平和を取り戻せるのか!?


3、2、1、へいらっしゃい!

それは、夢の世界に形作られた財団の影法師、あるいは揺ぎ無き元型。我々は夢という暗闇の中に立ち、潜在意識のネットワークに散らばる無秩序と異常を抑え込むことで、現実を維持し続ける。


それでも、我々は真の意味で現実に立つ日を信じ、この場所を維持する

Ave Maria」 —amamielamamielより


設定集

日本超常組織平和友好条約機構は、財団と世界オカルト連合が1959年に日本政府と締約した同名の条約を法的根拠として結成された要注意団体です。


財団、世界オカルト連合、日本国は、人類存続の理念のもとに協力一致することを確認する。加盟組織は、超常的存在ならびに組織から、日本国および日本国民が平和および安全に存するために努力する決意を有する。よって加盟組織と日本国は、この日本超常組織平和友好条約を締結する。

「日本超常組織平和友好条約 前文」 —JAGPATO有識者会議より

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。