契約交渉 (N-01029)
rating: +11+x
イベント名:

FACTORY
(EST. 1896)

契約交渉
イベントID:
N-01029
重要度:
場所:
ファクトリー本社、
マサチューセッツ州ローウェル1
日付:
2012年4月8日
主要な関係者:
  • シカゴ・スピリット最高経営責任者 ナイト氏 (Mr. Night)
主要なファクトリーの関係者:
その他の参加したファクトリー関係者:
  • 職工長 ランドルフ・T・メッツガー (Randolph T. Metzger)3
  • 受付係 ヴァネッサ・キルロイ (Vanessa Killroy)4
  • 警備員 グラント・ペイジ (Grant Page)5
  • 警備員 キース・ブレディ (Keith Brady)6
関連する事前情報:

かつてファクトリーの小口顧客だったシカゴ・スピリットは1933年、主要幹部であった創業者の退任に続いて大幅に事業を縮小しました。事業縮小後、同社はファクトリーの重要な大口顧客であるマーシャル・カーター&ダーク株式会社に買収されました。

この買収によって長期目標は変化し、組織犯罪資産に関わる一般専門技術から、密輸と詐術に特化した事業運営への転換が発生しました。これに従い、シカゴ・スピリットに大規模な直接競合他社が存在しなかったこともあって、組織犯罪分野の製品の市場シェアは減少しました。

概要:

シカゴ・スピリット創業者 ナイト氏は、ファクトリー理事会役員との会談を手配するため、ファクトリー管理部に接触しました。この会合はファクトリーと再興したシカゴ・スピリットの間の取引交渉を目的とするものでした。彼はこの団体を“シカゴ・スペクター”と呼称しました。ナイト氏は理事会の特定役員、投資家との会談を希望しました。

会談は4月8日、マサチューセッツ州ローウェルのファクトリー本社で行われました。投資家は十分な準備時間を確保するため、会談の51時間38分5秒前に到着しました。ナイト氏は予定時刻の24分19秒前に到着し、ファクトリーが当初想定していた到着時刻とのずれは僅か4秒でした。

短時間ではあるものの充実した交渉と、ローウェル工場の見学ツアーの後、復興したシカゴ・スペクターとファクトリーの間に今後500年間の独占契約が締結されました。過去に売れ残っていた製品も契約の一環として複数含まれており、利益率は最大化されています。

発端:

ナイト氏は、投資家がファクトリーに雇用される以前に両者間に確立された私用回線を通じて、個人的に後者への連絡を取り、将来の事業計画を語るとともに、ファクトリーとの商取引の可能性を提案しました。

長期休暇も終わり、全てが整った。決めたよ。スピリットは再び立ち上がるだろう。昔も一緒に仕事をした仲だけれど、今回も君の支援を頼りにしていいかな? 応援してくれるなら、いつでも大歓迎だ。

投資家はこれに応じて、契約条件を話し合うため、ナイト氏を2012年4月8日 (その週の後半) にローウェル工場に招待しました。投資家はその後、即座にローウェル工場のオフィス内部へと転移し、ローウェル工場に常駐している側近者の職工長 ランドルフ・メッツガーと共に準備を開始しました。

イベントの流れ
関係者の行動 ファクトリーの対応
ナイト氏はローウェル工場の正面入口前に到着し、受付係 ヴァネッサ・キルロイに応対されました。7 ナイト氏は投資家との会談のため、会議室へ案内されました。 投資家は既に会議室で気長に待機していました。
ナイト氏は会議室に入室し、躊躇なく、ファクトリーと新設されたシカゴ・スペクターの潜在的な商取引の条件を交渉し始めました。8 投資家はこれに応じて、ナイト氏との間で、価格、期間、提供サービスなどの様々な主題を巡る交渉を進めました。9
両者間で、典型的な戦略とガイドラインに則った交渉が続けられました。10 投資家は用意した書類を提示し、ナイト氏にコピーを渡しながら書類について説明しました。11
ナイト氏は外套から試作品を取り出し、投資家の前で使い方を実演しました。12 彼はその後、試作品を外套の中に戻しました。 投資家はこの試作品に感銘を受け、ファクトリー兵器開発部による本製品の改良と量産化について概説する新しい条項を、ナイト=ファクトリー契約に付け加えました。
投資家は、ファクトリーの生産方式や性質を実地説明するため、ナイト氏にローウェル工場の見学ツアーを提案しました。13 ナイト氏は当初これに消極的であり、理由として突然の歩行能力障害を挙げました。警備員 グラント・ペイジ及びキース・ブレディが、ナイト氏を支援し、ツアーに連れ出すために呼び出されました。
投資家とナイト氏はローウェル工場を見学し、多数の装置や機械化された生産設備が最大効率で動作している様子を見聞しました。投資家は各工程をナイト氏に解説しました。14
ナイト氏は見学ツアーへの不満を表明し始め、理由として彼とファクトリーの正式な契約締結に進む意向を挙げました。15 投資家はナイト氏に同意し、警備員 キース・ブレディに命じて、正式な署名のために契約書を取りに行かせました。16
ナイト氏は当初署名に消極的であり、理由として契約の比較的些細な要素への懸念を挙げました。17 投資家はナイト氏の懸念に対応し、契約内容を修正しました。18
ナイト氏は引き続き署名できず、理由としてペンを持つことも、必要な液体を出すこともできないことを挙げました。 警備員 グラント・ペイジはナイト氏がペンを持つのを支援し、ナイト氏の腕の静脈から必要な液体を採取し、ナイト氏の手を導いて契約書に署名させました。
ナイト氏は苛立ちを募らせ始め、他にも緊急に対処すべき業務要件があるとして立ち去る意向を表明しました。
ナイト氏は、通常のように署名して正面入口から退出する代わりに、独自の手段でローウェル工場を立ち去りました。

受付係 ヴァネッサ・キルロイは、ナイト氏が退出した旨を記録するように指示されました。

投資家は、新たに締結した契約について職工長 ランドルフ・メッツガーと話し合うため、自らのオフィスに戻りました。

結果/その後

ファクトリー=スペクター契約はナイト氏をはじめとするシカゴ・スペクター社員らによって維持されており、対象製品群の利益率は劇的に向上しています。これらの製品に対する市場の需要は依然として限られており、シカゴ・スペクターはファクトリーにとってユニークな顧客となっています。ファクトリー=スペクター契約は、これまで未開拓であった収益性の高い市場への成長を表しています。

シカゴ・スペクターは長期持続性のある納品業者がいない可能性が高いため、同社へのアピールに特化した製品の更なる市場調査と開発が強く推奨されます。このような支援の必要性を利用すれば、長期的な利益に大きく貢献し、あらゆる潜在的需要の110%が満たされると予測されます。

脚注
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。