業務妨鯉 (S-14919)
rating: +13+x
イベント名:

FACTORY
(EST. 1835)

配管破壊工作
イベントID:
S-14919891197159
重要度:
場所:
南東オハイオ製造センター1
日付:
2017年4月22日
主要な関係者:
  • 未知の妨害工作員
主要なファクトリーの関係者:
  • 労働者 ウォルター・ペセック (Walter Pesek)2
その他の参加したファクトリー関係者:
  • 労働者 ヘンリク・ダービー (Henrik Darby)3
  • 警備員 ダイアン・エインズワース (Dianne Ainsworth)4
  • 警備員 エリカ・ペイン (Erika Payne)5
その他の影響を受けた利害関係者:
  • 南東オハイオ地域のファクトリーの顧客
  • ファクトリーの株主
関連する事前情報:

アジア産の外来種コイが活発化した結果、しばらくの間、配管が利用できなくなりました。

概要:

未知の妨害工作員が重要な排水管を閉塞させ、その被害による金銭及び効率面の損失という形で不利益が発生しました。オハイオ川流域の排流面積内にコロニーを形成している外来種魚類が興奮状態にあったため、この妨害工作は即座には判明しませんでした。適切な評価が行われた時点で、配管は補修不可能なほどに破損していたため、修理のために完全封鎖する必要がありました。このため、修理中は注文を完全に満たすことができなくなり、金銭的損失が発生しました。

発端:

不明な人数の妨害工作員が、深夜に主要排水管に接近し、泥、鉄筋、水草などを組み合わせて塞き止めました。

イベントの流れ
関係者の行動 ファクトリーの対応

妨害工作の結果、配管の効率性が予測パラメータを下回りました。

労働者 ウォルター・ペセックが、効率低下の原因を直接特定し、発見された問題点を処理するために当該エリアへ派遣されました。

野生の外来種コイによる干渉が、労働者 ウォルター・ペセックが適切な検査を行うのを妨げました。

労働者 ウォルター・ペセックは効率低下の原因を適切に特定できず、頭部及び両手に重傷を負って退却しました。

労働者 ヘンリク・ダービーが、動物干渉プロトコルに則った装備を整え、配管の評価に派遣されました。

コイの干渉活動は標準プロトコルの執行後に鈍化した後、それ以前のパラメータを超える規模まで激化しました。更に、干渉活動はコイに取り付けられた非標準的な装備によって増強されました。全ての装備品は、雑多な鋭器と現地固有種の植物を組み合わせたもののようでした。

野生動物の干渉に対する標準プロトコルを繰り返し執行した後、提供された野生動物鎮圧装備は不適切に使用されました。労働者 ヘンリク・ダービーは重傷を負い、配管を適切に評価できなくなりました。6

修理を受けた後、労働者 ウォルター・ペセックは再び配管の被害評価に派遣されました。更なる被害を阻止するために、警備員 ダイアン・エインズワース及び警備員 エリカ・ペインが労働者 ウォルター・ペセックに同伴しました。

労働者 ウォルター・ペセックが配管の近傍エリアに立ち入ると、即座に動物の干渉活動が始まりました。この時点で、全ての野生動物に非標準的な装備が取り付けられていました。

配管に到着した警備員 エリカ・ペインは強化野生動物鎮圧プロトコルを執行し始め、速やかに干渉を終わらせました。労働者 ウォルター・ペセックは配管の適切な検査を行うことができました。閉塞は労働者 ウォルター・ペセックの当時の形態では除去できないものでした。しかしながら、配管内の深刻な腐食と水害のため、これは問題とされませんでした。評価の結果、配管をできる限り早急に封鎖・修復し、破裂の危険性を最小限に抑えるべきだと断定されました。ファクトリーはこれに同意し、直近の労働者を修理プロセスに充当しました。

労働者 ウォルター・ペセックが配管との融合を終える前に、野生動物は活動を再開しました。野生動物の1匹、鯨銛を身体に取り付けた独特な体色のコイが警備員 エリカ・ペインと直接接触しました。生じた被害が警備員 エリカ・ペインの雇用に悪影響を及ぼすことは避けられましたが、警備員 エリカ・ペインは水中に転落しました。7

警備員 ダイアン・エインズワースは野生動物鎮圧プロトコルに従い続けましたが、適切な平和維持装備を支給されていたにも拘らず、干渉を続けるコイとの複数回の接触を経て水中に転落しました。8 水中に落ちた警備員 ダイアン・エインズワース及び警備員 エリカ・ペインは野生動物の干渉によって重傷を負いました。労働者 ウォルター・ペセックは致命的な妨害を受け、配管の修理を完了できませんでした。9

結果/その後

破損した配管の修理は現在困難であることから、排水管を新たなエリアに再敷設するのが最も経済的な解決策だと判断されました。ファクトリーは現在、新しい配管が当社のあらゆる従業員にとって満足のゆく効率的なシステムであり、最新の対妨害工作技術を備えていることを確実なものとするために、オハイオ州政府と協力しています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。