白鳥座 -Cygnus-
rating: +8+x

「待てると思ったのだが、諸君。」O5-1は彼の椅子に腰を下ろし、深くため息をついた。

「これがそうであるのかと思っていたけれど…」と、11は彼女の耳に指を走らせ、髪を弄りながら反対した。「本当にこれを行っていいのでしょうか?事前の想定よりはるかに大きな影響が生じる可能性は十分にあります。」

「もしそうだとしても、私たちはより悪いことなるリスクを負う。停滞は常に、悪化よりも良いものだ。目を覚まし、記録を見て、新しい記憶を持つことに気付く…自分が新たに成し遂げたこと、成し遂げられなかったこと。私にはただ…できなかった。」

3はちらりと目を上げた。彼の顔は顔を青ざめていた。「私は…誰かを私を覚えてるか?…ヒットラーであったことを。」と、彼は訊ねた。

7は手を挙げ、少々頷くことで顔色悪い男に同意を示し、ゆっくりと手を降ろした。「13を採用したのと同じくらいには。」と彼はテーブルの反対側に、顔をぐいと向けながら言った。

1は部屋に、集まった彼の友人や家族に、過去1世紀の間に彼が出会った皆に、目を向けた。「それで、同意か?」彼は訊ねた。「結果がどうであれ。」

全員が、黙って座っていた。

「さあ」、彼は言った。「我々の記録を更新しよう…」


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。