D-016
rating: +5+x

ものごとばんごう: D-016

オブジェクトクラッツ: わるい!!

とくべつしゅうようプトロコル: モンスターはわたしのベッドから、そして他の人がねているすべてのベッドから遠くはなれていなければなりません。そいつは人をこわがらせるため、子どもをモンスターに近づかせてはいけません。眠れなくなるから。部屋に光をつけることができても、かならずしも力になってくれるわけではありません。たいていD-016は光にもかかわらずそこにいてこわがらせてきます。毎ばん、財団の人はベッドの下に注意してわたしのベッドの下のくらやみにD-016がいなくて安全であることをかくにんしなければいけません。

せつめい: D-016は外には知られてないしわたしにもまだ見つかってないベッドの下にいるとてもわるいモンスターです。他の人もそいつを見てません。でも、そいつはベッドの下にいます。

光が消えるとモンスターがそこにあらわれてわたしや他の人を眠れなくしてきます。どんなベッドでも関係なくD-016はそこにあらわれてこわがらせます。そしてわたしの部屋の光がついてるときそいつはとてもひんぱんにいまだになおベッドの下にあらわれてます。

メモ: その夜モンスターはわたしにおもらしさせていやだた。わたしの両親はわたしがひとりでおもらししたと言てました、でももちろんそれはぜったいちがいます。わたしはねてたから。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。