2020年度 Dクラス職員主要供給元に関する評価結果報告
rating: +44+x

2020年度 Dクラス職員主要供給元に関する評価結果報告

1.序文

Dクラス職員の供給不足問題は財団発足以来、常に職員の頭を悩ませ続けてきた。特に近年は死刑制度を廃止する国が増え、A分類に相当するDクラス職員を低コストで雇用する事が困難になりつつある。本資料ではA分類Dクラス職員の主要供給元に対して定量的な評価を行った。この取り組みで優良な供給元を明確化し、優先的な金銭的・人的リソースの注入を可能としたい。尚、A分類の詳細に関してはDクラス職員への職務割当及び職務後処理基準書を参照の事。

2.評価観点

評価観点は以下の4点とし、A-Eの5段階評価を付けた。また、全観点を総合的に勘案した結果を総合評価とした。
供給量: 安定して十分な量を供給する事が可能か。
品質:  供給するDクラス職員の質。主にコミュニケーション能力及び体力。
倫理観: 一般職員から見て不当な経緯で収監された者を供給する事が無いか。1
コスト: Dクラス職員雇用に伴うコスト。金銭的コストはどの供給元でも大きくは変わらないため、評価は主にカバーストーリーの流布等に伴う人的コストを基準にしている。

3.評価結果

4.総論

多くの職員が感じている通り、供給量が多い国は倫理的問題点も多く、倫理的問題をクリアした国は供給量が安定しないという結果であった。現在死刑判決数は世界的に減少傾向であり、今後事態が改善する可能性も低いだろう。限りある資源を有効に使うため、優良な供給元とはこれまで以上に良好な関係を築き上げたい。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。