「レッドブック計画」発表、カック灰除去装置「鴟尾」の量産ラインの建造を決定 国家力誇示が目的か(記録用: http://scp-wiki-cn.wikidot.com/r-sinano-chuo-co-jp-2021-6-28-hpsjhws)
rating: -7+x
blank.png

海外

「レッドブック計画」発表、カック灰除去装置「鴟尾」の量産ラインの建造を決定 国家力誇示が目的か

公開日 2021年6月28日 20:30

shibi.jpg
製造中のカック灰除去装置「鴟尾」

東京時間2021年6月28日午後、中国政府は記者会見を開き、近年中国国内で20平方km以上のカック灰が堆積している事実を受け、かつて製造していたカック灰除去装置「鴟尾」の生産ラインの稼働開始の決定を正式に発表した。

会見では、アキヴァ放射線によるカック灰の影響は国民に対しては認められないが、通常の物理的手段を用いて処理できず、中国国民の日常生活に深刻な影響を与えることが強調されていた。そのため、749局1が中国仙桃現実安定化有限公司と協力して独自に製作したカック灰除去装置「鴟尾」が用いられることとなった。鴟尾の生産ラインは現在建造中で、2021年後半には稼働可能となる見込み。装置の量産後はこれらの国際的な取引が可能となり、現在この装置を保有しない近隣諸国政府がこれらを購入することが可能だという。

同社は、この製造ラインが3,000人以上の雇用創出をもたらした後、設備の複雑な設置構造(中国政府発表)により、さらなる多くの雇用を生み出すこととなり、年率約7%程度しか経済成長していない北京の低迷したGDPを一時的に押し上げることができるだろうと推察している。しかし同地域は政府による資金援助を受けていることから、建造後に経済的な空白が生じる可能性は捨てきれず、政府の能力的部分を踏まえた場合、今回の動きは政府による国家力誇示のためである可能性が高いと考えられる。


財団は語る

財団中国支部は次のように語った。「中国政府が開発したこの装置は非常に有用なものだ。量産後は日本、ベトナム、マレーシア、インドネシア、北朝鮮などの、装置を持たない近隣諸国にも提供することで、貿易によって利益を得ることも可能となる」 —財団は、この装置の製造と普及によって、人々にもたらされる利益と効果に期待している。

財団中国支部マレーシア漢語支局・地所では、「事実として中国共産党が人民のために奉仕していることは、この点からも明らかである」と語っている。

レッドブックでは、もし本当にカック灰除去装置が量産できる状態となれば、財団は中国支部から相談を受ける形で、さらに踏み込んだ協力関係に持ち込むことも可能となる。


キーワード: 海外 中国 レッドブック計画 カック灰


ピックアップ
レッドブック計画は「衛星の長城」建造を計画 米国環境保護庁、残存する唯一のブラジル熱帯雨林の環境悪化を警戒
中国政府、第13次5ヵ年計画を正式に終了 中国を先進国として受け入れることはできず
GOC中国・副代表の李森、台湾との睨み合いを発表 台湾政府関係者「世界超秩序の崩壊につながる」と主張

新着 国内
首相、靖国神社へ参拝 現場は荘厳な様子
恋昏崎内部、夏鳥テロリストの襲撃を受ける 惨憺たる状況に
大黒工業七名労災死亡事件 労基法違反等の書類送検で調整

新着 海外
サウジ・イラン両指導者がメッカにて会談
伝承部族連合軍がカイロ制圧を宣言 夏鳥テロ主導者は行方不明
GOC職員、鎮異会所属の凶悪殺人犯ウーヤン・ジンを処刑 非常に危険な逮捕劇を経て

経済
埋没する東京超常資源 投資取りやめは「非現実的」か?
MC&DがECO出版の運営権を保有
弟の食料品の株価が高騰 コールドデリバリーの爆発的普及によるものか

アクセスランキング
地球外生命体が米国防総省に介入か その噂は本当なのか?
日本生類創研が獣人少年を創出
驚愕!? あるティーンエイジャーが、車のエンジン音のうるささに対して、次のようなことをやった!その理由は、心温まるものだった!


信濃中央新聞社関連企業
信濃中央新聞社について
信濃中央新聞電子版について


お問い合わせ | サイトマップ | 個人情報のお取扱 | 特定個人情報保護方針 | サイト利用に際して | アクセシビリティ

No reproduction or republication without written permission/CC BY-SA 3.0

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。