SCP-1724-JP
評価: -13+x
blank.png

アイテム番号: SCP-1724-JP

オブジェクトクラス: safe

特別収容プロトコル: SCP-1724-JPはサイト8181の施錠可能な収容金庫に保管してください。また、収容金庫内部にはタイマー機能が装備された多光量型LED照明ユニットを設置し、日毎に6時から18時の12時間は照明が照射されるように設定してください。

SCP-1724-JPはセキュリティクリアランスレベル2以上の職員の許可があれば、使用することができます。

説明: SCP-1724-JPはグレーのスーツベストです。SCP-1724-JPを着用した状態で、手鎌で植物1を刈った場合、刈り取られた部分が、刈られた状態の稲に変化します。この稲から採れる米は、通常栽培した米と同様に経口摂取することができますが、種籾を撒いても生育しません。

この稲から採れる米の大きさや形、味などは、福岡県産米の夢つくしに酷似しています。また、稲の状態は、SCP-1724-JPが前日に日光2を浴びた時間により大きく変化します。詳細はSCP-1724-JP.光照射実験を参照してください。

発見経緯: 19██年1月7日に福岡県岡垣町のローカルラジオにて、作業着の上からスーツベストを着用した男性が、町内で草刈りをし稲穂を生み出しているという放送を、当時岡垣町職員として潜入していた財団エージェントが聞いたことで発見しました。件の男性(以降SCP-1724-JP-Aとする)に岡垣町の広報誌に掲載したいという名目でインタビューを行ったところ、SCP-1724-JPは福岡市中央区███丁目の路上で購入されたと判明しました。SCP-1724-JPにはタグ等が無く、製作元や販売元は不明です。また、SCP-1724-JPを販売していた人物についても発見には至っていません。インタビューの詳細は、SCP-1724-JP-A.1を参照してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。