SCP-2049-JP
rating: -17+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2049-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-2049-JPは、現時点では収容プロトコルが確立されていません。SCP-2049-JPを発見した場合は、SCP-2049-JPの異常性を利用し人目に付かない場所へ誘導し、必要に応じて目撃者の記憶処理等の隠蔽処置を行ってください。

説明: SCP-2049-JPは、2000年から確認されている肉体年齢80歳程度と推定されるアジア系の女性と思しき実体です。白い尼僧頭巾と袈裟のような衣服を着用しており、深く腰が曲がっています。右手には███社製の筆ペンを所持しています。SCP-2049-JPは、絶え間なく日本語で念仏(南無阿弥陀仏)を唱えながら移動します。食事や睡眠などの生理的活動は一切確認されていません。SCP-2049-JPの確保や行動妨害は、SCP-2049-JPの即時透過による干渉無効化という結果に終わりました。また、SCP-2049-JPとの意思疎通の成功例もありません。

SCP-2049-JPは、不定期に世界中のランダムな地点に出現し、自身に一番近い人間の死体(以下、目標)へ向かって時速1.2km程度で接近を試みます。出現から49日以内に目標に接近できなかった場合は、SCP-2049-JPは即座に消失します。SCP-2049-JPは、目標に辿り着くと目標の額に筆ペンで"吽"という文字を書きます。目標の体は書かれた"吽"の周囲から徐々に紫色の煙への変化して30分以内に消滅します。また、SCP-2049-JPは筆ペンを地面に置き目標に向かって跪き合掌していますが、目標の消滅と同時に消失します。

SCP-2049-JPの描く"吽"は、目標を分解して精神エネルギー体に変換し、異次元へ転送する術式であると推定されています。ミュレー多次元的探知機により精神エネルギー体の追跡調査を行った結果、高次元異世界"西方極楽浄土"1に転送されている事が判明しました。

ある日本人職員からの疑問に回答します。SCP-2049-JPは、故人の信仰を顧みない異常実体です。西方極楽浄土へ確実に行ける事は、必ずしも善い事ではありません。
ークリスチャン博士

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。