SCP-2067-JP
rating: -20+x

アイテム番号: SCP-2067-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 半径10m以上の範囲を確保し、日陰になるものを排除してください。湿度は80%前後を確保してください。地面は粘土質の土を使用してください。成長を始めた場合、緩効性化成肥料を少量与えてください。

SCP-2067-JPが発見された地域で繁殖している可能性が考えられるため、カバーストーリー「道路陥没」を流布し、警備員を10m間隔に配置して地域住民の侵入を禁止してください。

説明: SCP-2067-JPはシダレヤナギ(学名:Salix babylonica)に酷似した植物で、現在の高さは5mです。樹齢は不明です。

SCP-2067-JPは損傷や病害虫等、成長を阻害する事が発生すると、それに応じて再生、適応します。又、病害虫が損傷を与えた場合、同類のものが増加する事象が発生しますが、原因は不明です。それに対し、通常有益となる事が発生した場合、成長が逆行することが確認されています。根の周囲を掘り、縄を幹に括り付け、クレーンで持ち上げることで移動させることが可能です。

SCP-2067-JPは京都市█川付近の道路から柳が生えているとの通報より発見されました。財団はその柳をSCP-2067-JPとし、収容しました。

方法 部位、場所 変化
鉈で切る 患部より約10cmの枝が再生
チェーンソーを切る 約1mの枝が再生
ゴマダラカミキリを放つ 外皮 ゴマダラカミキリの増加、新芽の増加
一枚の葉がうどんこ病(英名:Powdery mildew)に罹る1 すべての葉が罹患、光合成が活発になる
バーナーで炙る 2 患部以下の部分が肥大化
火炎放射器で燃やす 全体 肥大化3
1時間水没させる 全体 外皮の厚みが増す
ミントを10箇所に植える 地面 1時間後にミントが全て枯れる
コンクリートの上に置く、壁に根を接触させる 地面 毎秒1cmで成長、半径5m範囲に根を展開
光を遮断する 部屋 1平方センチメートルにおける葉の数が1.5倍、光合成が活発になる
緩効性化成肥料を10g与える コンクリート上 10時間成長が停止

補遺: SCP-2067-JPは高さ15mに達すると開花することが判明しました。雌雄同株であることが花より確認されています。種子の数は推定80粒であると考えられています。受粉は未然に防ぐことができましたが、種子が散布された場合N-Kクラス世界終焉シナリオの可能性が考えられます。4

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。