SCP-2094-JP
rating: -13+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2094-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収用プロトコル: SCP-2094-JPはサイト81██の低危険度物品収用ロッカーにて管理、収容されます。SCP-2094-JP-Aの腐敗及びSCP-2094-JPの壊死を防止するため、1週間に1度、SCP-2094-JPにヒトを視認させます。

文書2094-1はSCP-2094-JPの発生を抑制するために、アクセス権限はクリアランスレベル3以上か実験に関わるクリアランスレベル2に限れます。また、SCP-2094-JPを実験目的で使用する際は必ずDクラス職員を消耗し、実験に使用したDクラス職員は最初に実験の対象となったDクラス職員以外は終了してください。

民間人によって偶発的にSCP-2094-JPが発生した場合、記憶処理を施し、フィールドエージェントによって当該オブジェクトは速やかに回収されます。

説明: SCP-2094-JPはある特定の手順を踏んで作られたパンケーキ(以下、SCP-2094-JP-Aと呼称)の表面上に発生する人の眼球を模した気泡です。SCP-2094-JPは1つのSCP-2094-JP-Aにつき、約50~200個体程発生し、これらは体積以外はヒト(Homo sapiens)の眼球の瞳孔や虹彩、水晶体などと同一の特性、構造を有しています。SCP-2094-JP群は視界に捉えたヒトを視認出来なくなるまで凝視し続けます1。この特異性は20km以上離れた位置でも凝視することが判明しています。なお、視界に2人以上のヒトがいた場合、特定の容姿2が凝視の対象となります。
 
SCP-2094-JP-Aは7日間、ヒトを視認することがなければ腐敗が始まります。初期腐敗から完全に腐敗するまでは3日間であり、この間にヒトを視認すると腐敗の進行は止まり、腐敗の進行度に関わらず、24時間で腐敗以前の状態に後退します。完全に腐敗するとSCP-2094-JPは全ての結膜部分が角膜に置換した後に、当該オブジェクトは壊死します。また、SCP-2094-JPを何らかの方法で潰すと、当該オブジェクトは2個体に分裂します。

SCP-2094-JPを摂取すると摂取した対象は激しく痙攣し、口から枝分かれした手(以降、SCP-2094-JP-Bと呼称)が出てきます。発生手順については以下の実験記録2094-1及び音声記録2094-Aを参照してください。



SCP-2094-JP-Bに寄生された対象は常に体全身を当該オブジェクトに愛撫されるような様子が見られます。このとき、対象は身震いや鳥肌が立つ、失禁等の生理現象が確認されています。また、例外として対象は食事、水分摂取を必要としません。

ヒトに寄生したSCP-2094-JPは胃、十二指腸、小腸、大腸に残留し4、体内で分裂を繰り返して、個体数を指数関数的に増殖させています。排泄によって数十個程のSCP-2094-JP群が体外へ排出されますが、体内のオブジェクトを完全に取り除くことはできません。これらは、銃器によって終了されたDクラス職員から、全ての結膜部分が角膜に置換されたSCP-2094-JP群が口から胃液ともに逆流したことからこの特異性が判明しました。
 
寄生された対象は個人差はありますが、1日に1回から5回程、自殺行為を試みます。しかし、どの自殺行為に対してもSCP-2094-JP-Bは喉仏を強く押す、手を強く握る等の妨害行為を行います。現在、対象が自殺に成功した例はありません。

補遺1: SCP-2094-JPは高宮研究員が戸部研究員に報告したことで存在が明らかとなり、特別収容プロトコルとSCP-2094-JPの発生方法を記した文書2094-1が確立されました。以下はそのインタビュー記録です。

補遺2: 財団の調査によりSCP-2094-JP-Bから超音波が発生していることが判明しました。現在もなお、リアルタイムでの超音波の解析は続いています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。