SCP-2098-JP
rating: -22+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2098-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-2098-JPは、その異常性から収容するのは極めて困難です。現在はSCP-2098-JPがSCP-2098-JP-A群により、埋もれないように2分に1度SCP-2098-JPを掘り出すようにしてください。また、SCP-2098-JPの周辺地域にはカバーストーリー「私有地のため立ち入り禁止」カバーストーリー「地球温暖化による砂漠化」を伝えてください。

説明: 説明: SCP-2098-JPは、アフリカ大陸北部の砂漠地帯にある直径0.6㎜の異空間とそこから生成される直径0.6㎜~0.0001㎜の砂(SCP-2098-JP-A群)です。

SCP-2098-JPは、当初███砂漠全域がSCP-2098-JPとされていましたが、その後の調査によりSCP-2098-JPは、知的生命体が地球上にて文章化可能な会話を行なった際にその量に比例するようにSCP-2098-JP-A群がSCP-2098-JPより放出される事が判明しました。

SCP-2098-JP-A群に自体は非常に水捌けの良い砂であるという点以外に特筆すべき点はありません。不明な方法によって文字が彫られていることが顕微鏡を用いた調査によって確認されました。これまで、SCP-2098-JPから約100000種類(約400億の文字)(SCP-2098-JP-A-1からSCP-2098-JP-A-41592638979)の言語が発見されています。

実験記録001 - 日付2020/11/3

対象:
SCP-2098-JP
実施方法:
D-60406に「X」と100000回発声させる。
実施目的
SCP-2098-JPが人の発声した文字をSCP-2098-JP-Aに彫るのかを確かめるため。
結果:
全ての言語が書かれたSCP-2098-JP-A群が常に発生している状態だったため測定不可能だった。しかし、同日アメリカ大統領選挙が行われており、両大統領候補の名前の文字が含まれているSCP-2098-JP-A群が通常の十倍以上出現した。
分析:
実施目的に書かれた予想は正しいと言える。 森田博士

SCP-2098-JPが今後SCP-2098-JP-A群を生成し続けると███年後にはSCP-2098-JP-Aの無限増殖によるNK-クラス:"グレイ・グー"シナリオが発生すると予想されます。現在、財団はSCP-2098-JPの無力化を試みています。

補遺: 20██年██月█日、地球上のどの言語にも含まれないSCP-2098-JP-A-41592638980からSCP-2098-JP-A-63948110001が生成されました。これにより地球上に地球外生命体か未知のSCPが現れた可能性が高くなり最悪の場合、XKクラス世界終焉シナリオが発生するかもしれません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。