SCP-2207-JP
rating: -16+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2207-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2207-JPはサイト-81██の2×2㎡の非自律性オブジェクト収容室の照明を完全に消灯し、外部からの光線が侵入しない状況下に根部全体が土に埋まった状態で収容、サーモグラフィーを用いて常時監視を行ってください。24時間毎にDクラス職員を用いて1.5Lの淡水に澱粉質を溶解したものを与えてください。

SCP-2207-JPまたは死亡したSCP-2207-JP-1を視認した可能性のある職員の外出は23時から4時の間のみ許可されます。死亡したSCP-2207-JP-1の捜索は夜間に行われなければなりません。

SCP-2207-JPに関連する実験はセキュリティクリアランス3以上の職員による監視下で行われなければなりません。実験により生じたSCP-2207-JP-1は目隠しをした職員に焼却処分させてください。これ以上のSCP-2207-JP-1の収容は不必要です。

説明: SCP-2207-JPは外見、物質共に分類学上ヒルガオ科アサガオ種(Ipomoea nil)に分類され、同種の著しい変異体とされる一本のアサガオの根、茎、葉、花です。収容初期は根は15cm、茎は30cm、花は█輪でしたが、現在では花のみ██輪まで増加しています。根、茎、蔓、葉等の各部で現在まであらゆる成長、衰弱などは確認されていません。

SCP-2207-JPの異常性はSCP-2207-JPを視認した時、視認した人間(SCP-2207-JP-1)が直射日光を身体のいずれかの部位に照明されることで発現します。異常性は次の通りです。

視認した部位 異常性
SCP-2207-JP-1の脚部が枝分かれするように展開され、地面の材質に関係なく恒常化する。この異常性の発現に伴いSCP-2207-JP-1の脚部の骨は消滅する。
茎、蔓 SCP-2207-JP-1の体内での消化管の切断と再編成による2種の新規の消化管と思わしき筒状のものを生成する。この異常性の発現に伴いSCP-2207-JP-1の心臓、腎臓が消滅する。
腕部が裂傷し、内部から流体化した骨成分が流出し平面的に拡大後、凝固する。
頭部が肥大し、頭頂部から頭蓋骨が5つに分割され、それぞれが外側に歪曲し頭部の皮膚を割いて露出する。

発現直後にSCP-2207-JP-1は死亡します。約5時間後にSCP-2207-JP-1内部の水分が完全に消失し、新たな蕾がSCP-2207-JPに生成され、その時点における次の午前7時に開花する速度で成長します。この異常性によって生成された花の花弁、萼、雌蕊、雄蕊は他のSCP-2207-JPの花のものと全く同じであることが調査により判明しています。

これらの異常性のいずれも、SCP-2207-JP本体から切断された状態にあるもの、また死亡したSCP-2207-JP-1を視認した人間が日光に照明された場合もこの異常性が発現します

SCP-2207-JPは20██年、██県██村で起きた村民の一斉失踪事件を調査していた警察官全員の失踪が財団の目を引き捜索され、財団エージェント4名の犠牲を伴い原因として特定されたSCP-2207-JPが木造家屋の庭園に植えられた状態で発見、収容され、現在の異常性が確認されました。この捜索において死亡した職員はサイト81██に収容されています。

初期収容時のSCP-2207-JPに存在した花の数は██村の村民の数より少数となり一致しませんでした。現在までに財団の実験以外で発生したと思われるSCP-2207-JP-1が発見された例はありません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。