SCP-2218-JP
rating: -19+x

アイテム番号: SCP-2218-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2218-JPの住居はE7サイト群に指定されます1。隣接する住居は財団の管理下に置かれ、各住居にCクラス担当職員を最低2名配置します。SCP-2218-JPの正確な位置座標は1秒以下の間隔で記録され、最新の座標が常時測地部門に共有されます。

SCP-2218-JPおよびその同居家族には定期的に生存と生殖活動のために必要なリソースが提供されます。SCP-2218-JPの住居に訪問する職員が目撃された場合、カバーストーリー「近所づきあい」および「寝たきり」、「訪問介護」のいずれかが必要に応じて流布されます。地殻変動等の不可避的状況によりSCP-2218-JP各個体の位置座標が変化した場合には1時間以内に測地部門の担当職員を招集し対策チームを編成します。SCP-2218-JPの一切の移動は許可されません。

説明: SCP-2218-JPは常に倒立状態で生活する非常に筋肉質な男性群です。各個体は他個体と同一の生活様式を複数世代に渡って維持していることが確認されているにもかかわらず、他個体の存在を認知しておらず、全個体が自身は地球上で唯一かつ不可欠な存在であると認識しています。現在SCP-2218-JPは109個体が確認されています。

SCP-2218-JPの倒立状態を維持するため、家族は倒立状態のまま食事および生殖行為を行う手段を確立させています。その実際の方法には個体差が認められ、どのような経緯で差異が生じたのかについては調査が進められています。

補遺: 1995年█月██日、SCP-2218-JP-8は大規模災害により死亡しました。SCP-2218-JPが死亡した場合、通常その長男が即座にSCP-2218-JPとなりますが、不可能でした。SCP-2218-JP-8が居住する家屋の耐久性に問題があることは指摘されていましたが、補強工事は延期されていました。

測地部門は地球の回転変動について観測・調査を継続し、SCP-2218-JPが地球に与える影響を評価してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。