SCP-2264-JP
評価: -21+x
blank.png
notePC.png

電源が切られ非活性化状態にあるSCP-2264-JP。

アイテム番号: SCP-2264-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2264-JPはサイト-██の低危険性物体保管ユニットにて保管してください。レベル3クリアランス以下の職員の違法なアクセス行為及びSCP-2264-JP-1のログイン行為は認められていません。不正が確認された場合、カバーストーリー「圏外」を用いてログアウトさせた上でクラスB記憶処理を施してください。

SCP-2264-JP-1を用いた実験を行うには必ず3/2264クリアランス同等もしくはそれ以上のクリアランスを保持した職員に限定され、実験許可の可決は担当の無自覚博士に一任されます。

(1923/9/15追記 調査記録2264-JP-18以降、SCP-2264-JPの画面は変化していませんが、引き続きSCP-2264-JPの監視を行って下さい。)

説明: SCP-2264-JPは1907年に製造されたと推測される破壊を受け付けないノートパソコンです。SCP-2264-JPの背面部分には「To the fure,」という文字が明朝体で印刷されており、後に続く文字は識別できないほど劣化しています。SCP-2264-JPの内部は一般的なノートパソコンと同様の部品がある他、宝石類や██砂漠に分布する砂と全く同じ成分で構成された砂岩と見られるものがSCP-2264-JPを構成しています。製造元は株式会社███1とSCP-2264-JP本体に記されています。

SCP-2264-JPはその大部分が既に破損しており、修復は困難であるとされています。

SCP-2264-JP内にはアプリケーションが一つを除いて一切存在せず、削除履歴なども残されていません。SCP-2264-JPはその殆どの機能が正常には動きませんが、このアプリケーション(以下、SCP-2264-JP-1と記載)を開いている際のみSCP-2264-JPは正常に作動することが確認されています。

SCP-2264-JP-1の下部には"App For Goals"2という、タイトルと思わしきテキストが表示されています。

SCP-2264-JP及びSCP-2264-JP-1の異常性は条件(後述)を満たした人のみがアクセス出来るということにあります。SCP-2264-JP-1のアクセスには自身の個人情報が必要であり、その上でSCP-2264-JPから承認された人物のみがSCP-2264-JP-1にログイン出来ます。

現在までに確認されているログイン条件:(1923/8/27時点)

・使用者の周囲20m以内に人間を含むあらゆる動物がおらず単独である
・使用者の周囲20m以内に筆記が可能である紙やペンがない
・使用者が心身共に平和主義者である
・使用者が超常的存在3への対処に積極的である

以上の条件に一つでも該当していなかった場合、即座にSCP-2264-JPの電源が切られ一時的に干渉が不可能になります。

SCP-2264-JP-1へのログインが許可されると、約三千文字にわたる文書が表示されます。この文書の内容はSCP-2264-JP内でのみ閲覧可能で、いかなる手段を用いても文書の記録・複製は不可能です。

発見経緯: 1923/7/9 石川県███市内にて既に廃棄されていた███医療病院兼研究施設の診察室内から、以前から調査を続けていたエージェント・岡本により発見されました。直前まで使用されていた形跡は見つからず、指紋や外傷も確認できませんでした。周辺の調査の後財団により確保されました。

調査記録2264-1日付1923/8/2:

目的: SCP-2264-JP及びSCP-2264-JP-1の調査

調査員: D-231766(マイクを常備させる)

備考: D-231766には現時点で判明しているSCP-2264-JPについての情報を伝えた上で調査を行っています。

結果: SCP-2264-JP-1のログイン後SCP-2264-JPの画面に"Not you"と表示されSCP-2264-JPの電源が落とされました。1時間16分後にSCP-2264-JPの電源が復活しました。D-231766にはクラスB記憶処理が施されました。

追記: SCP-2264-JP-1へのログインは条件があると結論づけられました。

調査記録2264-17日付1923/8/17:

目的: SCP-2264-JP及びSCP-2264-JP-1の調査

調査員: エージェント・岡本(マイクを常備させる)

備考: エージェント・岡本には現時点で判明しているSCP-2264-JPの情報を伝えた上で調査を行っています。

結果: SCP-2264-JP-1のログイン後SCP-2264-JPの画面に"This is what you need to know"との文章が表示されSCP-XXXX-JP-1のログインに成功しました。以下はその記録です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。