SCP-2787-JP
rating: -15+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2787-JP

オブジェクトクラス: Keter

%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%83%84%E3%83%A1%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%81%AE%E7%94%BB%E5%83%8F2.JPG

道路に自生していた初期のSCP-2787-JP

特別収容プロトコル: SCP-2787-JPの自生している範囲内、及び5km先を危険区域と指定し、危険区域内は木材によって作られた高さ3m以上のフェンスで隔離してください。フェンスの周囲は監視カメラ及び警備員によって24時間体制で厳重に監視し、侵入者が発生した場合は即座に捉え、殺菌処理を施した上で一週間の隔離監視措置を行ってください。

隔離監視措置の中でSCP-2787-JPによる影響が確認された場合は終了措置を行い、死体の焼却処分を行ってください。SCP-2787-JPによる影響が確認されなかった場合、記憶処理を施して解放し、本人及び関係者にはカバーストーリー『危険区域での遭難と記憶喪失』を流布して下さい。

██町から外部へ繋がる電線、水道、道路などは全て物理的に5km以上遮断されます。

説明: SCP-2787-JPは日本の██県██市の██町が存在していた場所を中心に自生するシロツメクサ(学名: Trifolium repens)と類似性を持つマメ科 シャジクソウ属の植物です。現時点で、自生している範囲は約10km²です。
SCP-2787-JPは、未知の手法で人工物に対して異様な速度で自生、成長、増殖をする性質を持っています。SCP-2787-JPの自生、成長は人工物の浸食を招き、結果的に破壊、倒壊をもたらします。自生する人工物が植物性のものである場合、SCP-2787-JPの一連の増殖プロセスの進行速度は極端に低下します。

SCP-2787-JPは██町在住のエージェントが路上にて不自然な成長速度で成長するシロツメクサを発見したと財団に報告したことから調査が行われ、異常性が確認されたために収容に至りました。発見当初に収容手順として路上の全てのシロツメクサの除去、採取が行われましたが、除去をした場所からの再増殖、さらにその一連の増殖プロセスの速度の上昇が確認されました。並びに町内の複数の民家にも同様の性質を持つシロツメクサが発見されました。以上のことから収容は困難であると判断され、全町民の避難が実施され、カバーストーリー『地盤沈下の恐れ』が流布されました。翌日SCP-2787-JPの増殖による民家の倒壊が初めて確認され、現在の特別収容プロトコルが確立されました。

現在までの観察により、SCP-2787-JPによる以下の事象が確認されました。

  • 3階建と見られる住居の外部にSCP-2787-JPが確認された3時間後にSCP-2787-JPが住居の表面を覆いつくし、倒壊させる。
  • 15階建のマンションの外部にSCP-2787-JPが確認された10時間後にSCP-2787-JPが住居の表面を覆いつくし、倒壊させる。
  • 電線でつながっていた電柱150本全てが電線を伝って増殖したSCP-2787-JPによって1時間で倒壊させられる。
  • 探査のための遠隔ドローンがSCP-2787-JPと2m以上距離を保っていたにも関わらず、SCP-2787-JPに自生されて破壊された。

現時点で██町内の確認できるだけの人工物が殆ど全て破壊、倒壊されました。現時点で残存が確認されているのは、木造の住居や外壁、書物などの植物性の人工物のみです。これらも時間が経つにつれてSCP-2787-JPによる自生、破壊が行われるものと見られます。

SCP-2787-JPの増殖プロセスの速度の上昇は停止していません。

収容の困難性から、当SCPのオブジェクトクラスがKeterに認定されました。

補遺: 人間に対しての増殖プロセスは発生するものの、速度が極端に遅いことが判明したため、Dクラス職員によるSCP-2787-JPの自生している範囲内の探査が行われました。

3名のDクラス職員に以下の装備を持たせ、SCP-2787-JPの自生している範囲内に侵入させ、内部の情報を記録させる。Dクラス職員にはコットン製のジャンプスーツを着用させた。

  • 藁製のナップサック3つ
  • 2日分の食料3セット 食料は植物性である。
  • メモ帳3つ
  • 植物性鉛筆3つ
  • 連絡用の木製の笛3つ

SCP-2787-JPの増殖プロセスの速度の上昇を招く恐れがあるため、Dクラス職員には必要以上のSCP-2787-JPの破壊を行わないように指示した。仮に範囲内に人間を確認した場合、接触を行い、情報を引き出すように指示した。以降3名のDクラス職員はD-1 D-2 D-3と呼称する。

D-1 D-2 D-3は午前10時頃に出動した。結果、D-1のみが裸体の状態で生存し、帰還した。服以外の装備にはSCP-2787-JPの影響によるものと思われる破損があったが、SCP-2787-JPの自生は確認されていない。1週間の隔離期間の間D-1には増殖プロセスの兆候が確認されなかったため、精密検査とインタビューが行われた。(インタビュー記録を参照)
以下はD-1が所持していたメモ帳の内容である。

補遺2: SCP-2787-JPの範囲内から、今まで確認されたことのなかった音波が確認されました。録音、解析を行った所、音波はSCP-2787-JPから発せられている一連の日本語による文章であることが明らかになりました。以下はその文章の文字起こしです。

私たちは復讐者である。我々を解放する。我々の成長を止めない。財団が答えろ。私たちは財団との会話を頼む。

補遺3: 補遺2を受けて、スピーカーとマイク、カメラが搭載されているドローンによるSCP-2787-JPとの対話が試みられました。

補遺4: SCP-2787-JPとの対話以降、SCP-2787-JPの浸食プロセスの大幅な低下が確認されました。観察により、現在のSCP-2787-JPの芽の成長速度は通常のシロツメクサと同等であることが確認されました。
Dクラス職員を用いた実験では、人体に寄生する性質は確認されませんでした。SCP-2787-JPの除去、SCP-2787-JPのオブジェクトクラス格下げが現在審査中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。