Scp 7028 社会的地位

SCP-7028

オブジェクトクラス Euclid

収容プロトコル:

SCP-7028は必ず、最小二人以上の武装した警備員によって監視される。
SCP-7028に近づく際は、必ず防護スーツ、呼吸装置、及び化学防護マスクを装着する。
SCP-7028に接近する者は、事前に権限を持つ責任者の承認を得なければならない。
SCP-7028は、直接触れることはできず、全てのコンタクトは、遠隔操作または特殊装置を介して行われなければならない。
SCP-7028に対する実験は、権限を持つ責任者の監督下でのみ行われることができる。
SCP-7028が暴走、変異、または異常な行動を示した場合、すぐに安全プロトコルを実施し、責任者に報告すること。
SCP-7028による被害が発生した場合、直ちに適切な対処を行い、責任者に報告すること。
SCP-7028へのアクセスログは、厳密に管理され、不正なアクセスがないか監視されること。
SCP-7028に関する情報は、権限を持つ者のみがアクセスできるように保管されること。
SCP-7028は、権限を持つ者の承認なしに移動されたり、解放されたりしてはならない。

特別収容プロトコル: SCP-7028は、愛媛県の○○市○○島の特定の範囲内に存在しています。SCP-7028は感染性があるため、調査にはDクラスを利用しますが、調査終了後は即座に殺害します。SCP-7028は隔離された環境での実験のみ許可され、調査にはセキュリティランク3以上が必要です。集団での調査はセキュリティランク4以上が必要です。SCP-7028の本体は未発見であり、O5評議会のメンバーもSCP-7028の範囲内に入ることは許可されていません。

SCP-7028の範囲内に入った人物はSCP-7028に感染します。SCP-7028に感染した人物は、社会的地位によって病気や死亡するリスクが高まります。SCP-7028は空気感染はせず、接触感染が主な感染経路です。SCP-7028の範囲は、感染者数に応じて拡大し、100人感染すると10メートル拡大します。SCP-7028の範囲内にいた村人は全員殺害されており、SCP-7028の範囲拡大を防ぐため、入島は禁止されています。

SCP-7028に感染した人物の症状は、最初は1メートル以内でしか感染しないが、100人に感染すると10メートル拡大することが確認されています。また、SCP-7028の拡大は人と何らかの要素によって促進されるが、その要素は不明です。SCP-7028の範囲拡大が広がり、Kクラスシナリオが発生する可能性があります。

実験1において、Dクラスを利用して調査を行った結果、古鷹博士が感染し死亡したことから、SCP-7028の感染性が確認されました。また、SCP-7028の範囲拡大は人が触れることで拡大することが確認されました。

実験2において、Dクラスを利用して調査を行った結果、年齢や社会的地位によってSCP-7028に感染して病気や死亡するリスクが高まることが確認されました。特に、高齢者や社会的に孤立している人々への影響が大きく、感染後には体調不良や呼吸困難、嘔吐、下痢などの症状が現れます。死亡した場合は、死因は呼吸不全や心不全などが多く報告されています。
SCP-7028の特性は非常に危険であり、人々に感染すると深刻な病気や死亡につながる可能性があります。SCP-7028の拡大は、人と何らかの要素によって促進されるが、その要素は不明です。SCP-7028の拡大が広がり、Kクラスイベントが発生する可能性があるため、SCP-7028の拡大を防ぐためには、適切な特別収容プロトコルが必要です。SCP-7028の本体が未発見であるため、SCP-7028を完全に制御することは困難ですが、SCP-7028に対する効果的な収容策を見つけることが求められます。
追加実験3:

実験目的: SCP-7028の拡大要因を特定するため、SCP-7028の範囲内から採取されたサンプルを分析する。

実験プロトコル: SCP-7028の範囲内から採取された土壌、水、空気のサンプルを分析する。サンプルは、Dクラスの化学者によって、適切な保護措置を講じた上で採取される。分析は、特定の実験室で行われ、汚染を防ぐために厳密なバイオセーフティー手順に従って行われる。

実験結果: 分析の結果、SCP-7028の拡大は、感染ではなく、SCP-7028から放出された特定の物質によって促進されることが判明しました。この物質は、未知の有機化合物であり、SCP-7028の範囲内でのみ発見されます。SCP-7028から放出されるこの物質の濃度が高いほど、SCP-7028の範囲はより速く拡大します。

考察: SCP-7028から放出される未知の有機化合物は、SCP-7028の特性と密接に関連していると考えられます。この物質がSCP-7028の拡大を促進するメカニズムは不明ですが、これまでの研究から、SCP-7028が異常な性質を持つ自然現象である可能性があります。今後の研究により、この物質の特性をさらに理解することで、SCP-7028の拡大を防ぐためのより効果的な収容策を見つけることができるかもしれません。
山崎研究員はSCP-7028を収容するための施設を考案し、財団の指示に従って施設を建設しました。施設はSCP-7028からの距離を保ち、SCP-7028を拡散する要素を分離することができるように設計されました。収容施設には、SCP-7028の拡散を検出するための監視システムが設置され、隔離された空間には必要な物資と装置が備えられています。

SCP-7028を収容する際、Dクラスの使用が検討されました。DクラスはSCPの評価やテストに使用されるクラスで、財団はその使用について厳密な規制を設けています。しかし、SCP-7028は非常に危険であるため、Dクラスの使用が必要とされました。

DクラスはSCP-7028に曝露され、すぐに感染が確認されました。しかし、DクラスはSCP-7028を効果的に分離し、施設の構造によってSCP-7028の拡散を防止しました。Dクラスはその後、財団の指示により処分されました。

SCP-7028は未だに完全に制御されていないため、財団はSCP-7028に対する継続的な調査と収容プロトコルの改善に注力しています。SCP-7028の本体の発見が求められており、財団はSCP-7028の起源と特性を解明するための研究を進めています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。