SCP-4197(記録用:Parafriends / 寄生友)
rating: +3+x

アイテム番号: SCP-4197

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: PoI-4197は標準人型収容セルに収容されています。PoI-4197の強い要求(および収容違反の可能性)に従って、SCP-4197を駆除するための駆虫投与は禁止されています。

説明: SCP-4197は、21才の東アジアの男性(以下、PoI-4197)の両眼内で見られる寄生性眼感染症の異常な形態です。

SCP-4197実体は、亜急性症状を発現します。SCP-4197は、硝子体流体とブドウ膜の消費、単為生殖卵生産と休止状態を繰り返します。

SCP-4197-Aは、SCP-4197実体を収容する眼内液の不定形な物質であり、SCP-4197はこの内部で異常に妊娠します。通常、外見上は目が眼窩から垂れ下がった扁平な球体のように見える程度に膨らみます。PoI-4197の強膜、脈絡膜、および網膜が裂けない理由は不明です。

SCP-4197-Aは急速に成長することが知られています。PoI-4197が身体的または感情的な危害に脅かされると、SCP-4197は目から広がり、形状が著しく変化し、SCP-4197-Aの形態を操作します。 これらには、銃、戦斧、連接棍、および大きな木槌が含まれますが、これらに限定されません。 PoI-4197はこの変形についてアンビラメントな感情を抱いているようであり、「個性的な癖である」と説明しています。

発見: 一連のイベントは、財団型ヒト型実体検知アルゴリズムによって判明しました。

  • 強盗を阻止するために、SCP-4197が連接棍の形のSCP-4197-Aを振った。
  • SCP-4197が正面玄関ドアの鍵の形に変形した。
  • SCP-4197が、迫り来る酔っ払った運転手の運転するトラックを撃退するために、SCP-4197-Aから柔軟な3m x 3mの風船を作った。

2019年6月12日、捜索チームはPoI-4197の住宅を発見しました。 チームは寝室の窓を静かに開錠し、無力化エージェントを流し込みました。PoI-4197は無意識の状態で回収され、サイト-88に輸送されました。

尋問の結果、PoI-4197は盲目であることが判明しました。SCP-4197を介して周囲を異常な方法で認識し、オブジェクトが物体や現象の説明を中継しています。 慢性的な炎症、刺激、痛み、および分泌物が発生するにもかかわらず、PoI-4197はその状況を「快適であり決して孤独ではない」と述べています。

追記: 2019年6月20日に、PoI-4197は、トキソプラズマ症の長期曝露によって重度のインフルエンザを発症しました。PoI-4197が現場の緊急治療室に搬送され鎮静された後、SCP-4197は視神経、組織、血管を切断し、PoI-4197の目を頭蓋から実質的に切除しました。

SCP-4197の痕跡は、サイト-88外の小さな下水道に通じる換気シャフトに沿って検出されました。 フィールドエージェントは、最終的にシネプレックスの劇場の椅子に座っているPoI-4197の目を見つけました。トモグラフィーにより、SCP-4197の構成が「トイ・ストーリー4」のクレジット画面に類似していることが発見されました。

滅菌と外科的再接続の後、PoI-4197は合併症から回復しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。