SCP-5078(記録用:Why Overwatch Command Failed Its Recycling Goals / 監督司令部がリサイクル目標を達成できなかった理由)
rating: +12+x

アイテム番号: SCP-5078
レベル4
収容クラス:
euclid
副次クラス:
none
撹乱クラス:
keneq
リスククラス:
notice

scp-5078.jpg

SCP-5078

特別収容プロトコル: SCP-5078は発見場所に収容されています。通常の歩行者とニューヨーク市警察の警察官の両方に潜伏した財団エージェントが、視聴覚による監視と実際のパトロールの両方を用いて、通行人が過度な関心を示していないかの確認をするためSCP-5078を監視します。

以前の█████ピッツェリア(SCP-5078が隣接している建物)は購入され、フロント企業スパイシー・クラスト・ピッツェリアに置き換えられました。従業員にはSCP-5078は通常のゴミ処理に使用されないということが伝えられています。このレストランには、顧客とスタッフの両方を装って追加の財団エージェントが常時配置されています。SCP-5078の大雑把な検査を行う、またはその中のゴミを処分しようとする通行人は拘留され、その動機について尋問されます。

いかなる種類の敵対グループがSCP-5078またはその内容物の所有権を奪おうとする場合、現場の警備員は防衛のため殺傷能力のある武器の使用を許可され、█管区警察所のNYPD警察官によって支援されます。

週に一度、5人の機動部隊アルファ-1(”レッド・ライト・ハンド”)隊員が分散してSCP-5078の内容物に異常な資料や文書がないかを検査し、彼らの判断でそれらを収容します。

説明: SCP-5078はニューヨーク市█████ ████にあるWaste Management Inc.のゴミ箱です。SCP-5078は未知の手段によって存在論的にロックされています。1したがってSCP-5078は元の位置から破壊、損傷、移動させることができません。SCP-5078内部では、異常現象の証拠が定期的に出現しています。これまでに、内部を目視して異常発生の瞬間を観察する試みは不可能と証明されています。

SCP-5078は時々異常なものを伴いますが、主に様々な形のゴミが現れます。例として、「コカロカ」ソーダ缶は、他の現実世界のブランドに類似した廃棄製品に加えて、頻繁に回収されます。それほど頻繁ではありませんが、SCP-5078には写真、書簡、社内メモ、その他の種類の文書など、更には既知及び未知のアノマリーに関連する文書が含まれています。

SCP-5078の異常特性は█████ピッツェリアの前オーナーであるマーカス・スコットによって発見されました。スコット氏はSCP-5078に含まれる機密情報を利用して利益のあるオンラインフィクションブログを立ち上げ、●●|●●●●●|●●|●発生に至りました。

2020/3/13に、以下の文書がSCP-5078から回収されました。

監督司令部内部覚書

To: O5-2
From: O5-3
Date: 1998/3/28

我々の情報セキュリティ対策について、Oneと真剣に話し合う必要があると思う。ああ、確かに世界で最も強力な超自然的手段のいくつかにアクセスできるのは事実だし、私だってとうの昔にいつかはそれを使うことになると受け入れていたさ。とは言えだ、財団本部でさえ基本的には世界中のオフィスビルと一緒のはずだ。単純に焼却炉がありゃ十分対応できるだろうし、次元の便所に流す必要なんてないだろう。
後、コーヒーカップをどこにでも置きっぱなしにするのを止めるように君の雑用係に言ってくれないか。べたべたしたリングがこびりついて、気持ち悪いんだ。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。