SCP-5221(記録用: またJFKの記事かよ / Yet Another Goddamn JFK Article)
rating: +6+x

アイテム番号: SCP-5221

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル 22/11/1963版: 1963年9月から11月までにテキサス州ダラスで活動していたすべての異常な人物は、11月22日の活動について(敵意のレベルに応じて)尋問/秘密裏に調査されます。キューバ及びロシアの長距離異常兵器にアクセスできる組織は、テキサス、ダラス、またはケネディ大統領に関連する行動がないか監視されています。暫定サイト-5221は、サイト65、45、37間の調査活動を調整するために設立されました。

特別収容プロトコル 22/11/1983版: サイト-5221は封鎖され、スタッフは通常業務に復帰しました。SCP-5221の調査に関連するすべての資産はアーカイブされています。

説明: SCP-5221はジョン・F・ケネディ大統領の暗殺です。主流な説では殺害は元海兵のリー・ハーヴェイ・オズワルドによって行われたと主張されていますが、財団による調査1では次のような要因により不可能であったと結論付けられました:

  • 狙撃時のテキサス教科書倉庫の6階から下のJFKの車までの角度が不明である。
  • 暗殺が行われたとされる場所での発射残渣、ライフル、及び弾薬の欠如。
  • オズワルドにケネディの暗殺の責任があると信じさせるオズワルドを中心とした認識災害効果。

財団の公式見解では、オズワルドは真犯人が逮捕を逃れるために仕立て上げたスケープゴートでした。

補遺5221.1: イベント22/11/1963

2カ月前に公に発表されたケネディ大統領のテキサス訪問の目的は、民主党内で生じた緊張関係を修復し、再選を目指すための環境を整えることでした。ケネディ大統領は11:25AMにダラス・ラブフィールド空港に到着、15分後にリンカーン・コンチネンタルで出発しました。

大統領の行列はおよそ12:30頃にディーリープラザに入りました。歴史的証拠によると、オズワルドはテキサス教科書倉庫の6階の窓から3発の発砲を行いました。

倉庫の従業員は全員、狙撃時のオズワルドが従業員であったとの宣誓証言に同意しており、提供された文書はこの主張を裏付けています。しかし、健康診断により小さな傷が首にあったことが明らかになりました。また、複数の従業員が頭痛・持続性の吐き気・めまいに悩まされていました。これらは記憶処理の一般的な副作用と一致します。

警察の記録によると、6.5×52mmの真鍮の薬莢3本が倉庫で発見されていることになっていますが、これを示す物的証拠は存在しません。従業員と同様に、担当した警察官も記憶処理の副作用を経験していることが判明しました。

補遺5221.2: SCP-5221-B

SCP-5221-01から04は、ダラスに存在する4つの異常な実体/現象の呼称であり、SCP-5221の捜査において最も可能性の高い容疑者と見なされています。

jackey

SCP-5221-B-01。

SCP-5221-B-01 (ジャッキー・ケネディ): ジャッキー・ケネディの父方の高祖父のミシェル・ブーヴィエはネオ-サーカイトカルトであるソシエテ・デ・ラ・フルール・サングランテ(ブラッディフラワー協会)のゼンド2として知られていました。家族がフランスから移住した後もその伝統は続き、彼女の祖先の数人が地元のサーキックコミュニティに統合されました。ジャッキーは軽度の病気に民間療法を使用することが知られていました。

可能性: 30%

アリバイ: 彼女の家族はネオ-サーキシズムに広範囲に関与していましたが、ジャッキー自身が軽微な民間療法の域を超えて積極的に用いていたという証拠はなく、夫の死が彼女に利益をもたらすかは不明瞭です。ジョンソン大統領のもとでフランスへの大使を拒否したことは、関与がなかった証拠と見なされました。


sasitome

SCP-5221-B-02.

SCP-5221-B-02 (フレデリック・バロウズ): GoI-006"第五教会"のメンバーであるフレデリック・バロウズは、車列から3マイル離れたダラスゴールドウォーターホテルの支店にいることが確認されました。非常に危険な念能力を持ち、また非第五教会員への共感が欠如していることが知られています。

可能性: 23%

アリバイ: この時点で、第五教会は異常事件課を始めとする国家機関にはまったく知られていませんでした。人目を引く暗殺は潜伏活動に悪影響を及ぼす上に、政治的利益はほぼありませんでした。


marvin

SCP-5221-B-03.

SCP-5221-B-03 (マーヴィン・ローター): ダラスの大都市圏に住んでいるマーヴィン・ローターという知性を持つアライグマです。この地域のいくつかの異常な麻薬ギャングに関する財団の情報提供者としての有用性を鑑み、収容を免除されています。ローターは過去に強い社会主義的見解を表明しており、3ピッグス湾侵攻の失敗以来、米国政府を軽蔑してきました。

可能性: 16%

アリバイ: ローターはアライグマの平均を超える知性を持っている以外に、ケネディを殺したりオズワルドの狙撃を助けるような異常な能力を示していません。ローターは、発砲時はゴミ箱で見つけたホットドッグを食べていたと主張しています。


SCP-5221-B-04 (時間的異常): 暗殺の日に、都市全体で未知の時間的異常が検出されました。いくつかの時計が時間を逆に刻み、有機分解が停止し、いくつかの目撃者が、ボニー・パーカーとクライド・バロウ4の写真と同じ時代遅れの服を着た男女の存在を証言しています。

可能性: 11%

アリバイ: 容疑者ではありますが、それをケネディに結びつける証拠はないようです。詳細は不明です。

22/11/1983 アップデート: 20年後、40%の確率を超える容疑者が発見されなかったため、SCP-5221はアーカイブされました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。