SCP-5904(記録用: Things Could Be Butter / バタートーストになり得る物とは)
rating: +8+x
blank.png
buttercow.jpg

アイオワ州見本市での "バター牛(Butter Cow)"

アイテム番号: SCP-5904

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 必要に応じて、SCP-5904の偽装作戦が毎年8月9日~8月19日にアイオワ州で開催されます。
 
SCP-5904の発露する異常性を軽減するため、アイオワ州見本市に毎年「バター牛」が確保されます。「バター牛」を製作するための彫刻家は財団から委託されます。また、牛の偶像崇拝に関連する宗教、カルト、及びその他の曖昧な信仰に関する研究が現在進行中です。
 
説明: SCP-5904は主にアイオワ州で発生する、固体の表面に広がる液体及び半個体に影響を及ぼす現象です。液体及び半個体が固体の表面に均一に広がる場合、その液体及び半個体は溶けたバターに変わります。その後、溶けたバターが載っている固体は、バターが広がっている面積に比例したサイズのトーストに変化します。SCP-5904の影響を受けた物質がバターとトーストへと変化するのに要する時間は30秒~2時間です。
 
SSCP-5904が発生する正確な原因は不明ですが、全ての異常が見本市の開催中に発生し、パンに牛が描かれていることから、アイオワ州見本市の「バター牛1」が最も可能性の高い原因であると推測されています。その他の要因としては、彫刻の品質や完全な彫刻の存在が挙げらます。


インシデントログ: 以下は既知のSCP-5904が発露した異常性の要約です。

ログNo.01:


日付: 2009/08/09
位置: アイオワ州・スー市
概要: 最初の出現。TwitterユーザーであるMichael McKay氏は、彼の準備していたサンドイッチの画像を投稿しました。彼はそのサンドイッチが元々ピーナッツバターと葡萄ゼリーで構成されていたと主張していました。とりわけ、ゼリー入りのパンだけが影響を受けていました。サイト-319は異常性がある可能性を警戒するように指示されました。

ログNo.04:


日付: 2010/08/16
位置: アイオワ州・デモイン
概要: グロスビー邸に配達されたピザ。グロスビー夫人は配達後すぐに施設に連絡し、注文したミディアムサイズの牛肉と玉葱の載ったピザの代わりにバターを塗った大きなトーストを受け取ったと訴えました。

ログNo.07:


日時: 2011/08/11
位置: アイオワ州・ダビューク
概要: ラング邸で開催されたブロックパーティーで、17枚のハンバーガーパティがバターを塗ったトーストに変化しました。パーティーの出席者はそのトーストを完食した後、地元のAMラジオ局に異常を報告しました。二次的な異常が発生した場合、全ての個人は厳重な監視下に置かれます。

ログNo.09:


日付: 2011/08/12
位置: ウィスコンシン州・プレーリーデュチェイン
概要: 改装されたばかりの家の扉が、バターを塗った大きなトーストに変化していました。鳥によって一部が啄まれていたため、家の所有者が留守中に変化したと推測されています。

ログNo.10:


日付: 2013/08/19
位置: 州間高速道路29号線
概要: トムホリー氏の所有していた車が、ネブラスカ州オマハに向かっている途中で故障しました。調査の結果、エンジン内のピストン部分が木炭に還元されていたことが判明しました。

2014年が「バター牛」の作られていない唯一の年であったことは注目に値します。

ログNo.14:


日付: 2014/08/08
位置: ウィスコンシン州・ラクロス
概要: シルヴィア・レッケンシャー氏は、彼女の足の爪がバターを塗ったトーストの小片に変化した後、ガンダーセン・ルーテル医療センターに搬送されました。彼女は異常が発生する前にマニキュアを塗っていたと述べていました。

ログNo.15:


日付: 2014/08/17
位置: アイオワ州・バーリントン
概要: ピーター・アラン氏は、両臀部がバターを塗ったトーストに変化した後、グレートリヴァー医療センターに搬送されました。彼はコメントを拒否しましたが、彼のマンションを簡単に調査した結果、寝室のベッドに性行為用ローションのボトルが発見されました。また、彼の左臀部筋組織は、搬送中に紛失したか彼自身によって除去されたために失われていました。

ログNo.16:


日付: 2014/08/18
位置: アイオワ州・シダーフォールズ
概要: ダニエル・ローリー氏の首から下の身体は、彼がシャワーを浴びている間に、バターを塗ったトーストに変化しました。彼は約10分後に兄・ニコラス氏によって死体で発見されました。警察が到着した時、まだシャワーを止めていなかったため、トーストは水浸しでふやけ切っていました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。