SCP-5939(記録用:A Wonderful Life in 2024 / 2024年の素敵な人生)
rating: +7+x

アイテム番号: SCP-5939

オブジェクトクラス: Apollyon

特別収容プロトコル: 万が一SCP-5939が発生した場合、すべての財団サイトは、24時間が経過した後、完全なロックダウン状態に移行します。除外サイトまたは従来のサイト以外の人員は最寄りの施設に報告し、除外サイトに入る人員は検疫所に入れられ、化学的に滅菌されなければなりません。

すべてのロックダウン状態は、O5評議会の命令によって解除されるか、または1,000年が経過した後に死亡した場合にのみ解除されます。

説明: SCP-5939は動物界に属する地球上のすべての生命体に感染することができる強力な突然変異誘発物質です。SCP-5939に曝露すると、対象の生殖細胞はランダムな突然変異を遂げ、より高い筋肉密度、追加の付属器官、内臓の再構成など、子孫が様々な新しい形質の発現を誘発します。これらの突然変異の真の範囲は現在のところ不明です。生物の遺伝学へのすべての突然変異は永久的なものです。財団の知る限りでは、SCP-5939イベントは地球の歴史の中で2回発生しています。



補遺-02: カルト主義者の活動 - 1789年
1789/10/30、イギリスのエイムズベリーの住民は、夜更けに空から降ってくる隕石を見たと報告しています。翌日、隕石は町から約2マイル離れた農家を完全に破壊したことが判明しました。直径約1メートルと報告された隕石を住民が撤去しようとしたところ、隕石は金粉の雲に溶け、突然の突風ですぐに飛散しました。1845年に財団のエージェントが農家を調査し、オカルト的な材料で満たされた隠し地下室を発見したときまで、この出来事には何の意味もありませんでした。ほとんどの材料に腐敗と経年劣化が認められましたが、いくつかのアイテムが残存しており、レベル3のクリアランスを持つ研究者が利用できます。

回収されたアイテム:

  • アキヴァ放射線を低周波で放出する、機能も創造も不明の金属製の箱。1
  • ストーンヘンジの写真47枚。
  • 手書きのメモ。
  • 相反する2冊の年表。

発見された2冊の本は、SCP-5939-AとSCP-5939-Bと指定され、それぞれ70年と200年は何も書き込まれていない手製本でした。2SCP-5939-Aは、チャールズ・ダーウィンの「種の起源」の初稿で、彼の筆跡と同一であることが確認されています。SCP-5939-Bは、スティーブン・ジェイ・グールドの「ワンダフルライフ」です。

現在のところ、エイムズベリーに衝突した隕石は制御されたSCP-5939のイベントであり、おそらく未知のカルトによって企てられたものであると考えられています。一つの異常事象を原因とすることはできませんが、それ以降異常な人間が出現する頻度が増え、現在に至っています。しかし、農家から回収された次のメモは、この主張をより信憑性のあるものにしています。

今日、神々の力を借りて、新しい明るい時代に人類を連れていく。近いうちに、私たちは神々と手を取り合って星の間を歩くことになるだろう。

補遺-03: 生殖細胞系列の研究
1984年8月、メキシコ湾での石油掘削施設の建設中に、財団の深海探査機が石灰岩の奥深くで大量に放出されたアキヴァ放射線を検出しました。その後の発掘調査では、エイムズベリーで発見されたものと一致する101グラムの隕石片が発見されました。酸素にさらされた後、破片は金色の粉末に割れ、そのすべてが密閉されたデュワーフラスコの中に入っていました。SCP-5939の動物への影響を決定するために、いくつかの実験を実施しました。(以下に詳述)。

実験記録-01
初期実験は、SCP-5939の0.001グラムに単一の繁殖ペアを曝露する実験をラットで実施されました。このペアは曝露による悪影響を経験していません。 子孫の異常は以下の通りです。

  • 毛皮が硬くなって貝殻のような構造になる。
  • 中腹部に二本の手足を追加した成長。
  • ヒトの声帯に似た器官の形成。
  • 舌の長さが7センチ伸びる。
  • 腫瘍の増殖。
  • 脊椎に沿った毒棘の形成。

実験記録-02:
SCP-5939の0.001グラムに単一の繁殖ペアを曝露すること実験を猫で実施されました。 子孫の異常は以下の通りです。

  • 筋肉の密度が指数関数的に増加する。
  • 口の中の毒腺。
  • 低レベルのテレパシー能力。
  • 毛皮の代わりに炎が現れる。

実験記録-03:
実験スケジュールは前倒しにされました。 2人の人間が0.001グラムのSCP-5939に暴露しました。子供が生まれて間もなく、サイト347との連絡はすべて途絶えました。23時間後、電気のみで構成された高さ40メートルの物体が[編集済み]に向かって移動しているのが目撃され、財団の攻撃チームの展開を促しました。実体を終了する前に大量の犠牲者が出ましたが、その実体は後にサイト-347の廃墟にまで遡りました。全ての実験は中断されました。

補遺-04: 2024/04/19
2024年4月4日、SCP-5939-Cとストーンヘンジの両方が同じ周波数と強度でアキヴァ放射線を放出し始めました。今後3ヶ月以内にSCP-5939のイベントが発生すると考えられています。これに対抗するために、財団は[編集済み]を使用して地球上のすべての動物を化学的に滅菌することを選択しました。この行動から回復する計画はありません。適切な職員に指示が出ています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。