財団内部部門
rating: +28+x
blank.png

財団内部部門


ファイル概要: 財団の使命は確保し、収容し、保護することです。これらの目標の下に統合されているとはいえ、それを達成するには多種多様なアプローチと専門技能が必要とされます。このため、特定のタスクまたは分野をそれぞれ専門とする数多くの部門を作成する必要があります。

以下に特に知っておくべき部門がいくつかリストされていますが、これらが部門の全てではなくより包括的なリストが存在することは注記すべきでしょう。


監督

O5評議会

O5評議会.png

概要: O5評議会——監督評議会や監督司令部としても知られる——はSCP財団における最高機関です。評議会のメンバーはレベル5セキュリティクリアランスを持ち、それゆえSCPデータベース全体への検閲無しのアクセス権を保有します。

O5評議会のメンバーは日常的な問題には関与せず、異常との接触から意図的に隔離されていますが、彼らが介入を選択するならば、彼らの言葉が最終決定となります。O5評議会メンバーの正確な数、身元、役割は厳重に秘匿されています。

倫理委員会

倫理委員会_ethic.png

概要: O5評議会が何が安全かを決定する一方で、倫理委員会何が倫理的かを定義します。財団は道徳的な悩みに対して実用的なアプローチを取っていますが、目的は常に手段を正当化していなければなりません。倫理委員会は、必要な犠牲だけが払われ、もっとも倫理的な手段が常に選択されることを保証します。財団職員は、倫理委員会が監視し、評価し、裁きを下していることに注意すべきです。

倫理委員会のタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。

記録・情報保安管理局(RAISA)

raisa.png

概要: 記録・情報保安管理局(RAISA)は、財団データベース安全性と完全性を維持する任務に当たっています。RAISAは機密情報へのアクセスを制御し、何を編集して何を明らかにするかを決定します。RAISAはまた、データベースを侵入から保護し、財団のドキュメントにおける不整合を監視し、原因が非異常的なものか異常なものかを判定します。

財団の職員は、RAISAからSCP報告書に添付された通達を目にする可能性がありますが、それらはしばしばRAISA管理官マリア・ジョーンズによって署名されています。これらの通達は、それに続く情報に関する重要な示唆を与えます。

部門

錬金術部門

錬金術部門_alchemy-department.png

概要: 財団科学部門 錬金術課はより主流な分野の同僚たちから、しばしば過去の遺物や骨董品とみなされ、軽んじられています。しかし、錬金術とは単なる原始的な科学ではありません。錬金術は、現実の基本的な要素を形成するエーテルの力の操作を専門とする研究分野です。従来の科学でアノマリーを説明できない場合は、錬金術師に相談するだけで良いかもしれません。

錬金術部門のタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。

反ミーム部門

反ミーム部門_antimemetics-division.png

概要: 反ミームとは、人々の間に自らが拡散するのを妨害したり阻止したりする自己検閲特性を持つ概念の事です。反ミーム部門は異常な反ミームを研究し、収容するために存在します。これらの概念、オブジェクト、および実体は正常性や人命を脅かしますが、記録すること、あるいは記憶することさえほとんど不可能です。

慎重な観察、広範な訓練、そして精神影響を伴う記憶補強剤の定期的な服用を通して、反ミーム部門は他の誰もが忘れている危険に対処することができます。

人工知能適用課(AIAD)

人工知能適用課_AIAD.png

概要: 財団IT部門 人工知能適用課は、人工知能の開発、研究、利用のため創設されました。これには異常な人工知能の収容・無力化のほか、親財団人工知能徴募員(.aic)を製作し、財団施設の運営や電脳空間におけるフィールドミッションへの派遣を担わせることが含まれます。

aiadのタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。

解体部門

解体部門_Decom.%20Dept.%20Logo.svg

概要: 財団の核心は破壊ではなく収容にありますが、安全に収容するには危険すぎるか、予測不能であるか、または資源を大量に消費するアノマリーが存在します。他の全ての試みが失敗した場合、最後の手段となるのが解体部門です。

この部門は、異常なオブジェクトを意図的に終了するよう求める要望書を審査し、必要かつ実行可能と考えられる提言のみを承認します。また解体部門は、付随的損害を最小限に抑えながらアノマリーを解体する最も効率的で人道的な方法に関する専門知識も提供しています。

解体部門のタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。

誤伝達部門(DoMC)

誤伝達部門_DoMC_miscdept.png

概要: 誤伝達部門が専門とするのは、言語やコミュニケーションの操作により、正確な記述と収容を困難にするアノマリーです。ミーム学、反ミーム学、言語学、形而上学の学際領域に存在しているこの部門は、財団の収容している最も複雑なアノマリーのいくつかに対して特別収容手順を書くという厄介な仕事を担当しています。

誤伝達部門のタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。

神話・民俗学部門/伝承部門

神話民俗学部門_folklore-dept.png

概要: 神話・民俗学部門では、異常なものが人間文化の発展に果たした役割を研究し、この研究を用いてアノマリーを同定し、考えうる収容方法について助言しています。古代の神話から都市伝説まで、失われた土地から落ち着きのない霊まであらゆるものを研究することで、この部門は世界中の民間伝承に見られる異常なものへの洞察が、無視されたり忘れ去られたりせずに、財団の知識体系に統合されることを保証します。

神話・民俗学部門のタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。

超現実部門

超現実部門_surreal.png

概要: 私たち超現実部門は、伝統的な論理的/左脳的方法では理解できないアノマリーの特定と収容を専門としています。部門は1491年10月35日に知的な青いアゲハチョウの群れによって設立され、私に言わせれば、それ以来ずっと下り坂でした。

超現実部門は、非現実をよりよく理解するために認知処理剤1と明晰な思考を利用します。超現実部門は、サイト-⌘と呼ばれる超々物理学的空間に本部を置いています。超現実部門はあなたを夢見ています。

先入観と歯は入口で捨ててください。

超現実部門のタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。

戦術神学部門

戦術神学部門_tact-theo_DoTT.png

概要: 戦術神学部門は神学的アノマリーの捕獲、収容および無力化の支援を任務とします。この部門は、聖遺物であると信じられている異常なアイテムや奇跡と考えられている超常現象の収容を担当し、超常カルトと最上級多能性実体の対処をも行います。

本部は遺物エリア-27にありますが世界中で活動しており、この部門には神学者、聖職者、懐疑論者といった多様なスタッフと、様々な宗教的伝統を専門とする下位部門が属します。

戦術神学部門のタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。

電気通信監視室(TMO)

電通室_telecommunications-monitoring-office.png

概要: 電気通信監視室は、財団が世界中の電話から収集した情報の分析と処理を担当しています。これには、緊急サービスへの通話の日常的な監視が含まれます。キーワードに敏感なアルゴリズムによって支援されていますが、TMOの仕事の大部分は、異常関与の形跡を求めて、ほとんどが平凡な何千もの呼びかけをスクリーニングするサイト-14のような施設の生身のオペレーターを必要とします。

電気通信監視室のタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。

時間異常部門

時間異常部門_Delta-T.png

概要: 時間異常部門は遡及的、時間的、および反歴史的な異常を扱っています。この部門は実際には研究及び収容班Δt(RCT-Δt)の小さな下位部門であり、時間サイト-01から運営され、通常の財団の指揮系統の外に存在する機関です。この異常な位置は、現在のところこの部門が創設されていないために、RCT-Δt工作員の資格情報を他の部門が認識するのが困難なことを意味しますが、それはどんな時点やタイムラインでも活動することを可能にします。

非現実部門

department-logo

概要: [部門名]は、[部門に関する情報]に影響を与える異常な現象の中でも非常に特殊な区分を扱います。

[追加情報]

[さらなる情報へのリンク]



関連ページ

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。