黒い秋 3: 不協和詩選集 ハブ
rating: +4+x
blank.png

ハロウィンの夜、サイト-87のインターホン越しに、疲労を滲ませた女性の声が響く。

«全職員に告ぐ。こちらウェイス管理官。コード・スパラグモスが実行されました。世界が燃えています。»

少しの間の後、ため息が聞こえた。

«ああ、こうすればドラマチックに聞こえるだろうといつも考えてしまうのです、私は。実際世界が燃えているわけではないのですが、小さくとも重要な部分が燃えています。スロースピットのようなネクサス。ハイ・ブラジルからロードハンプトンまで、どこもかしこも異常な動きを経験しています。»

またもや間があり、その後に舌打ちが聞こえてきた。サイトのほとんどは空っぽで、この時点で全員が状況判断室にいた。

«一昨年昨年の10月は、私達にとってあまり良いものではありませんでした。スロースピットで起きたことを他の場所で繰り返さないようにするのが私達の仕事です。今夜どうなるかは予測できませんが、何よりも私達は包括的に文書化することが可能だと信じています。»

«私達はここでは、見守り、待ち、望むことしか出来ません。明日には太陽が昇るでしょう、そして何が起ころうと、私達はコードを続けます。»

2度目の間。

«私は…スピーチにはあまり慣れていません。正直、もっと色々言わなければならないんだと思います。ですが、もう話すことは何もありません。»

ウェイスはため息をついた。

«皆さんに幸運が訪れますように。»


メモ: 秘密が明らかになった。とんでもないハロウィンになりそうだ。

メモ: Nx-0018は奇妙な動きの渦中にある。広まるまで待てないな!

メモ: 新しい求人が出された為、誰かがそれを埋める必要がある。

エリアクラス: Shangri-La
アノマリー発生値: Normal
脅威レベル:
メモ: 今あるものはプロローグに過ぎない。いや、真面目な話これはプロローグだ。これの後にあるものはどんな順番で読んでも良い。

エリアクラス: Shangri-La
アノマリー発生値: Normal
脅威レベル:
メモ: 殆どの丘と同じように、夢ゲームのそれは静かである。こんなの世界で1番面白いゲームじゃない、ただのお世辞さ。

エリアクラス: Dunwich
アノマリー発生値: High
脅威レベルl:
メモ: 壊れるまでは、壁に向かって強く押し上げるしかない。俺達だって、お節介な市民さえいなければ逃げ切れると思っていたよ。

メリーランド州、ハークネス

An Apple A Day...

エリアクラス: Dunwich
アノマリー発生値: Normal
脅威レベル: Orange
メリーランド州ハークネスは、個人が全ての日常的な病気に免疫があるネクサスだが、本質的には、異常なハンセン病患者のコロニーに相当するように進化してきた。生物兵器が痛みを感じた時、何が起こると思う?

スリー・ポートランド

#DeerGhoulSchool

エリアクラス: Free Port
アノマリー発生値: Critical
脅威レベル:
メモ: ディア大学の生徒は、異常なソーシャルメディアネットワークを広く使用していることで有名である。あんたの学校のDiscordカルトと一緒にいれば何が起こると思ってたんだ?

エリアクラス: Asphodel
アノマリー発生値: High
脅威レベル:
メモ: 霧が消えたのではなく、彼らが霧から追い出されたのだ。A Journey to Mujinと著者の金承鈺氏に敬意を込めて。

エリアクラス: Dunwich
アノマリー発生値: High
脅威レベル:
私達が職務を遂行するのにうってつけのヴェールを雨は用意してくれる。だが、たとえ物語の黒幕であっても、最後には正体を明らかにする必要がある。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。