誤伝達部門ハブ 
rating: +36+x


誤伝達部門とは?

エリ・フォークレイ博士によって設立された誤伝達部門Department of Miscommunications (DoMC)は、SCP財団内にある専門部署であり、以下のようなものを取り扱っています。

  • 正確に説明することが困難になるように言語やコミュニケーションを操作するアノマリー。
  • 正確な収容をある程度困難にするために上記を行うアノマリー。
  • それらのようなことはしていないが、十分な知識を持たない観察者にはそうしているように見えるアノマリー。
  • 上記を支援する、言語的および物理的な技術の作成と維持。
  • ミーム学、言語学、反ミーム学、対抗概念学、形而上学、分析学、パラ-および異星言語学、データベース管理などの分野間における曖昧な学際的空間の探求および規制。

ほとんどの部門における基準では小規模なものですが、非常に有望です。彼らは表向きにはSCP-426(私はトースター)のようなアノマリーに対処する人々です;それについて話したり、文書化することが厄介な場合、彼らはそれを覆す方法を考え出し、それを文書に書き留めます。

誤伝達部門ではないとは?

DoMCは反ミームを扱う部門ではありません。これはいくらとても強く主張しても足りないくらいです。SCP-4773-2は誰にとっても十分な証拠になるはずです;彼らがそれらを手に入れた時には、彼らは著しく不適当で、恐ろしくそれらについては素人同然です。原則として、彼らはあなたの脳を内側から傷つけるようなことに、うまく対処してくれません。言葉と思考は別物です。SCP-4288は、本質的に除外適用されている稀なケースです — 事務上のミスや他の部署での混乱が起こらない限り、コミュニケーション無しに知覚変化や記憶消去を行うアノマリーは、できるだけ考慮からはずさなければなりません。



Ánmes änmes vëlents relless rell. 標準的なDoMCの表題はDarkStuffがデザインし、ロゴは当初hawkguyyが制作し、JackalRelatedが手直ししました。どちらもサイトのCC-By-SAライセンスの下で完全に無料で利用することができます。Relless haā ueɒly lI toï and sao not śfurre plotąte.

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。