アルドゥイノーシス9001プログラム計画書草稿
@import url(https://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/theme%3Amcf/quantico.css);
@import url(https://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/theme%3Amcf/sansation.css);
 
/*
    Manna Charitable Foundation
    [2014 Wikidot Theme, 2020 Restoration]
    Originally created for the SCP Foundation GoI Contest of 2014 (MCF team and Group of Interest) by Reach.
    Thanks to Aelanna and Crayne for their assistance and patience.
    Brought back by Stormbreath and UncleNicolini.
*/
 
/* COMMON */
h1, #page-title {
    font-family: sansationregular, sans-serif;
    color: #006c00;
    text-align: center;
}
 
#page-title {
    font-family: sansationregular, sans-serif;    
    font-weight: bold;
    border-color: #006c00;
}
 
a {
    color: #4f7942;
}
 
a.newpage {
    color: #74a512;
}
 
#side-bar a:visited {
    color: #4f7942;
}
 
a:visited {
    color: #344f2b;
}
 
/* GLOBAL WIDTH */
div#container-wrap {
    background-image: url(https://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/theme%3Amcf/body_bg_MCF2.png);
}
 
/* HEADER */
#header {
    background: url(https://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/theme%3Amcf/MCF-4.png) 40px 3px no-repeat;
}
 
#search-top-box-input {
    border: solid 1px #2e4626;
    color: #538d6f;
    background-color: #476c3b;
}
 
#search-top-box-input:hover,
#search-top-box-input:focus {
    color: #fff;
    background-color: #4b5320;
}
 
#search-top-box-form input[type=submit] {
    border: solid 1px #6fcf4f;
    background-color: #4b5320;
    background: linear-gradient(to bottom, #3d2b1f,#4b5320,#87a96b);
}
 
#search-top-box-form input[type=submit]:hover,
#search-top-box-form input[type=submit]:focus {
    background-color: #87a96b;
    background: linear-gradient(to bottom, #6b8a60,#87a96b,#56a63c);
}
 
#login-status {
    color: #a3c5a3;
}
 
#login-status a {
    color: #96e696;
}
 
#login-status ul a {
    color: #a3c5a3;
}
 
#account-topbutton {
    color: #a3c5a3;
}
 
#header h1 a,
#header h2 span {
    color: transparent;
    text-shadow: none;
}
 
/* TOP MENU */
#top-bar {
    font-family: quanticoregular, sans-serif;
}
 
#top-bar ul li ul {
    border: solid 1px #3d2b1f;
}
 
#top-bar ul li.sfhover a,
#top-bar ul li:hover a {
    background: #f0f8ff;
    color: #006c00;
}
 
#top-bar ul li ul a,
#top-bar a:hover {
    color: #006c00;
}
 
/* SIDE MENU */
#side-bar {
    font-family: quanticoregular, sans-serif;
}
 
#side-bar .side-block {
    border: 1px solid #198b19;
    box-shadow: 0 2px 6px rgba(0,30,0,.5);
    background: #f5fffa;
}
 
#side-bar .side-block.media,
#side-bar .side-block.resources {
    background: #f5fffa;
}
 
#side-bar .heading {
    color: #006c00;
    border-bottom: solid 1px #006c00;
}
 
.side-block .menu-item > .image {
    filter: hue-rotate(140deg) brightness(150%);
    -webkit-filter: hue-rotate(140deg) brightness(150%);
}
 
/* YUI-TABS */
.yui-navset .yui-content{
    background-color: #f5f5f5;
}
.yui-navset .yui-nav a,
.yui-navset .yui-navset-top .yui-nav a {
    background:#d8d8d8;
}
 
.yui-navset .yui-nav .selected a,
.yui-navset .yui-nav .selected a:focus, /* no focus effect for selected */
.yui-navset .yui-nav .selected a:hover { /* no hover effect for selected */
    background: #008000;
}
 
.yui-navset .yui-nav a:hover,
.yui-navset .yui-nav a:focus {
    background: #79d479;
}
 
.yui-navset .yui-nav,
.yui-navset .yui-navset-top .yui-nav {
    border-color: #008000;
}
 
.yui-navset .yui-nav,
.yui-navset .yui-navset-top .yui-nav {
    border-color: #006c00;
}
 
/* FOOTER */
#footer {
    background: #3d2b1f;
    color: #006c00;
}
 
/* SOME NICE BOXES */
div.sexy-box {
    background: #f0f8ff;
    border: 1px solid #3c9065;
}
div.sexy-box div.image-container img {
    border: 1px solid #9f8170;
}
 
/* Custom page content classes */
.content-panel {
    border: solid 1px #5d8aa8;
    background-color: #bcd4e6;
    box-shadow: 3px 3px 6px #e6e6fa;
}
 
.content-panel .panel-body {
    background: f0ffff;
}
 
.content-panel .panel-footer {
    color: #06da6e;
}
 
.content-panel .content-toc {
    border: solid 1px #5d8aa8;
}
 
/* Page Rating Module Customizations */
.page-rate-widget-box .rate-points {
    background-color: #006c00 !important;
    border: solid 1px #006c00;
}
 
.page-rate-widget-box .rateup,
.page-rate-widget-box .ratedown {
    background-color: #f0f8ff;
    border-top: solid 1px #006c00;
    border-bottom: solid 1px #006c00;
}
 
.page-rate-widget-box .rateup a,
.page-rate-widget-box .ratedown a {
    color: #006c00;
}
 
.page-rate-widget-box .rateup a:hover,
.page-rate-widget-box .ratedown a:hover {
    background: #006c00;
    color: #f0ffff;
}
 
.page-rate-widget-box .cancel {
    background-color: #006c00;
    border: solid 1px #006c00;
}
 
.page-rate-widget-box .cancel a {
    color: #f0ffff;
}
 
.page-rate-widget-box .cancel a:hover {
    background: #cdeadc;
    color: #f0ffff;
}
 
/* Credit Rating Module */
#page-content .rate-box-with-credit-button {
    background-color: #006c00;
    border-color: #006c00;
}
#page-content .creditButton p a {
    border-left-color: #f0ffff;
}
 
/* Standard Image Block */
.scp-image-block {
    border: solid 1px #006c00;
}
 
.scp-image-block .scp-image-caption {
    background-color: #f0f8ff;
    border-top: solid 1px #006c00;
}
 
 /* Mobile Media Queries */
@media (max-width: 767px) {
    #side-bar {
        background-color: #006c00;
    }
 
    #top-bar .open-menu a {
        border: 0.2em solid #006c00;
        background-color: #f0f8ff;
        color: #006c00;
    }
 
   #header {
        background-size: 47%;
        background-position: 1em;
    }
}
rating: +13+x
MCF-8.png

どこで?

アルドゥイノーシス-9001プログラムはカナダのオンタリオ州の中央に位置します。これは人口密度の低さが非ヒトボランティアの使用と患者を発見を防ぐからです。ヌナブトの居住人口を減少させる努力を続けている間、以前使用していた施設がこの計画に再利用されます。

なぜ?

  • マクスウェリアンもしくは歯車正教の教化手術から回復しようとする者は健康状態を確かなものにするために肉体と精神のセラピーを必要とします。
  • マナの慈善財団だけがこれらの哀れな者たちの魂を機械から解放する適切な治療を与えられます。
  • これらの患者を補助するために回復された科学技術やアーティファクトは私たちの他の取り組みにおいても助けになるでしょう。
  • これらの者から作られた付加物は彼らの生物としての基本的権利に違反しています。
  • いい品質のベイビーラークを食べる

いつ?

この目的のための予定表は管理部の承認次第です

ミッション関係書類:アルドゥイノーシス-9001

壊れた神の教会、DとりわけWANは彼らの傘下に加わった者すべてを洗脳し事実上の奴隷にしています。多くの事例で、彼らの自由意志は取り去られています。

私たちは教会の犠牲者たちのために外科的な介入をともなったセラピーとカウンセリングを与える必要があります。

俺たちはお前の愛する人間にセキュリティカメラを置いて内臓を全部見ることができるし、俺は今夜にでもやるつもりだ

私たちはこの時計仕掛けの陰謀に衝撃を与えるために、十分な数の魂を救えるだろうと考えています。

犠牲者たちから回収された科学技術を、私たちは多くの別の物事に影響された人間たちを救うのに利用できます。


MCF-8.png

技術情報

ミッションワークグループ

失敗した自動慈善寄付勧誘ミッションに接続された、いくつかの未使用のオートマトンが存在するため、ボランティアは完全にアンドロイドのオートマトンのみで構成されます。これは治療される予定の、拡張された生物に対し慰安と親しみやすさを提供するでしょう。完全な名簿は以下の通りです。

  • ファーザー・クリスマス、シリアルNo,890087、ミッションの隊長。
  • 指揮官のバックアップユニット1体。
  • 11体の女性型ナースモデルと6体の男性型モデル。
  • あんたとは二度と話さない。
  • 3体のセラピストモデル。これは患者間で交代する、もしくはデータアップリンクを通じて直接繋がれます。
  • セキュリティとして振る舞うための適度な防衛手段を持つよう修正された16体のモデル。彼らに使うようプログラムできるのは非致死性鎮圧技術のみであり、彼らがそれを使えるのは相手側に暴力を振るわれてからです。

そしてミッションには以下の物が備えられます。

  • 付加物からの解放もしくは除去、あるいはワイヤレスアダプターの切断のための外科手術施設。
  • すべての部屋は患者が充電を必要としたときのために、1つだけ電力コンセントを備えます。
  • 非使い捨て医療装備と歯車。
  • 患者が自分の精神を励ますための図書館。これは彼らが偏向したロボトミー崇拝をやめるまで隔離されるからです。図書館は完全に機械の精神になっていない限り使えます。
  • ヒトとヒト型の患者が施設で24時間生活するための娯楽設備。
  • 食べることはできないが味覚を恋しく思っている者のためのペースト状食物生産機。味覚の喪失は壊れた神から逃れた者の一般的なストレス源の1つであり、以降の患者すべてがこれに気づくだろうと考えられるため、更なる治療が行われるべきです。

このミッションの追加利益は一般的に、ごく少数の患者のみが通常の食物を要求するだけなので食料が最小限で済むことです。アー、ワオ。ストロベリーのペーストだ。

異常資産

  • 付加物はWANと呼ばれる、マクスウェリアンのカルト活動に直接接続できる教会のネットワークにアクセスすることが出来ます。なんであれ、近年このインプラントを受けたより多くの人々がマナの助けを探すようになっています。これらの機械は彼らの救済の達成へのより効果的な手段を見つけるために研究されなければなりません。これら付加物のうち多くが除去のための外科的な干渉を要求します。いくつかは脳と他の臓器を時計仕掛けの機械へと大規模に置換してすらいます。彼らのデザインはより発展した人工補充物を創造するために使われています。
  • 時計仕掛けのウィルスは患者を完全な機械へと変貌させます。多くの例で彼らは救うことが出来ませんし、彼らを機械から回復させようとより重大な干渉を行うマナの施設に嫌悪感をもたらしています。

彼は平らな場所でフェラチオされた。


religiousheadgear.gif

任務監視会報草案"壊れた神の救済"

問題: これらの人々は、堕落と時計の輪廻から抜け出せていないが、しかし今日では彼らを治療し救済することが可能である。

#: 私たちが偽りの神によって虐げられた時計仕掛けの従者たちを解放する方法。アルフォンソ・マーキス博士、宗教安全委員会の責任者。

…私が初めてこの組織について学んだのは、週末に勉強を手伝っていた子供たちのグループからだった。1人の子供が輝く、真鍮の歯車を持ってきて友人に見せていた。それは磨かれ、なめらかで、普通の金属の破片が持っているのと同程度の興味深さがあった。彼らにどこでこれを手に入れたのか尋ねると、彼らは近くに異常な文字の書かれた木の洞1からだと言った。

1人の、私が彼の家庭教師になれたことを名誉に思うような子供がそれによって堕落するまで、私はこれらの歯車が危険だと本当には受け入れていなかった。彼の名前はセバスチャン、彼は人に何かを教えられるときに、きちんと座って一語一語を聞くことが出来るたぐいの子供だった。言い換えれば、珍しい子供だった。ある日彼は突然消えた。私は彼が廃車置き場の犠牲になった車の中で捕まえられるまで彼のことを聞かなかった。それから、彼はいなくなった。彼はセクトへと近づくために北へ移動していた。私はしばらくの間彼を追っていたが、説得しようという私の考えは通用しないということを悟らされた。だが私は別の手段を見つけることを誓った。

俺はこれがクッキーとなるためのおしゃぶりだと知っている。でも俺は、真鍮の子供たちの監視に同意した組織の抜け穴だ。やつのつながりを断ち切らせようとするな。歯車?たくさん与えろ。これは開始用のフリーサンプルだ。だがその後で俺たちは彼らをバラバラにする、あの子らを、これは彼らの最後の木の砦だ。俺が登るクソッタレな木だ。ガキともをキャンディへ導き赤ちゃんを与えろ。単純だ。

おまえは特別じゃない。面白かろうがな。やつらを賞品の魚とともにそそのかせ、だって俺は賞品が好きだから。これをゆっくりやつらに与えろ。これをもっとやつらに与えろ。やつらに接着剤の吸い方を教えるな、プリンターのインクの味はキャンディみたいだと知らせろ。少年たちは帰還し栄光を探しているという事実を守ることを誓え。インクの栄光を。

俺は彼が毒になる機会を手にする前に彼を切り捨てた。奴隷たちを奴らが何回も立った場所で切り捨てろ。おまえは素晴らしい武器を持っていた。血、髑髏の神のためのスプラッター映画のような血。良きクリスチャンのように。俺たちはおまえの魂を貪る獣に基づき、AIへの嫌悪感を退化させた。WANが再び作動する終末について語れ。おまえがそうする間に俺は物理学と数学を二重専攻する。切断はおまえを賢くしないよ、AI。

俺は圧倒者になるために言葉の下痢を作ることを決めた。俺たちは早口以上のものはないとしっているのだからそれを作れ。

彼が停止した後まだ新しく分類されている、俺はハタ類の魚を脳に与えた。あのガキはその後十分に1人ではいられなかった。俺はあのジャンクすべてを直した。今は全部終わった。俺は未来について考えるよりよいやり方を愛している。より多くの奴隷を。


俺がやつらを俺のロボットの奴隷たちと友だちにさせるために集めたら、やつらはおそらく幸せに感じるべきだ。やつらは外部メッセージがなくなったときから仲間を必要としている。頭脳を単純に保ち手をすばやくさせろ。それを重要な魂から遠ざけろ。

私は世界オカルト連合に参加し、エージェントとして子供たちを二度と脅かさぬよう機械の苦しみを地球から除去する革新者となった。彼らの体から機械の病を取り去るために、新しく興味深いタイプの酸を私は開発した。私は自分の心の中で、救済のために彼らの手足を取り替えた。私は精神から歯車を取り除き、彼らにチクタクいう時計爆弾から逃れた明快さを与えるために彼らの頭蓋骨を切り開いた。私はWANと戦うために持っていた武器のすべてを使った。それは無意味な戦いだった。私たちが彼らを清めても、彼らはより強力になった。すべてはインターネットから来た。

それはうまくいかなかった。私は生涯をこの努力に捧げたがうまくいかなかった。私の良心はやっていた仕事を続けさせなかった。私は心の中では間違っているのを知っていた。別の道を見つけねばならなかった。この有害な真鍮の悪夢を終わらせるために違う方法を見つけねばならなかった。

私の信頼は何年もして彼を最初に見つけたときから再び始まった。私は彼の詠唱する声を聞いた。主よ。データを削除してしまったことをお赦しください。私に0から1へ変換する強さをお与えください。私のアルファをバグから自由にしてください。しかし彼はそれにそれ以上の意味を込めなかった。年老いて疲れ、彼の体は長年の悪用と罪の日々のために彼を罰していた。私が彼を連れ戻しに来たとき彼は抵抗しなかった。彼は私に彼を洗浄させ、そこから私たちは彼を癒し始めた。今日では、セバスチャンはほぼ人間に戻り、このミッションの熱心な責任者となっているだろう。彼の感銘を与える物語は教会の手中から逃れた者を助けようとする者たちを助けている。

私は彼らを治療するときにすべてを健康に保つ最良の方法は、パニックを妨げるために慣れ親しんだものを使うことだと発見した。ロボットは申し分ない。彼らは治療の間、患者たちが自意識過剰になるのを妨げる。そして私たちは彼らを治療でき、彼ら異教徒の消費主義の工場製の偶像と何かを建設する機械から、完全に本物な体に置き換えることが出来る。私たちは彼らを癒すことができる。

現在では、患者の初期グループは20名以下となっている。しかしながら、私たちはより多くを牽引できる更なる成功を生み出すことを確信している。新しい者たちのために、私たちは唯一のものを求めている。俺たちのありがたい神サマのために、俺をやつらの金属の神からあふれるおしゃぶりから捕まえる機会。

これは簡単ではない。

しかし私たちは挑戦しなければならない。

アルフォンソ・マーキス博士は66歳のマナの事前財団のベテランメンバーである。世界オカルト連合での彼の以前のフィールドワークは10年に及び、それ以前は彼は牧師兼合衆国郵便職員であった。彼は現在リビア沿岸地域のボランティアをしている。

プログラム優先権: 中-低。施設とボランティアは予算上の必需品を可能な限り少なくするために再利用される。ミッション監視部はミッションの成果と計画の評価に基づいた追加援助を供給するかどうか決定すること。

結びの声明: 教会はこの10年若者をターゲットとしてきている。チャンスを持たない、路上で生活しゴミ箱の中に入っている子供たちは恐怖と悪行で満ちていた。彼らが孤独な異端者の生涯を送らされる前に、彼らの魂を救済するための時が来た。彼らは悪魔の手招きと呼び声によって月光を浴びる墓堀り人となるだろう。私たちだけが彼らを助けることができるのだ。 - マーキス博士

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。