最期之艦

rating: +23+x

巍巍鐵甲城
憑欄望海聽無意
本是遠春風

猶念舊時
你我遊學中庭
初夢呵
酒染群櫻千萬朵
店中弦接三世報國情

一朝聞上宣
芳華各自飄散
繽紛參道旁
彼此道聲再見

戎車揚起十方塵土
稻荷之神躍進離離黍
欲將若港的蜃樓追逐
輪盤絞起帝國奇虎

無人堪御之



巍巍ぎぎたる鐵甲城てつかふじやう
らんうみのぞみて 無意むい
もと 春風しゆんぷう とほからむ

なほ舊時きうじねん
なんぢわれ中庭ちゆうてい遊學いうがくすることを
初夢はつゆめ
さけめし 群櫻ぐんあう 千萬朵せんばんだ
店中てんちゆうげん三世さんせい 報國ほうこくじやう

一朝いつてう 上宣じやうせん
芳華はうか 各自かくじ 飄散へうさん
繽紛ひんぷんたる 參道さんだうそば
彼此たがひ再見さらばこゑ

戎車じゆうしや 十方じつぱう塵土ぢんどこし
稻荷之神いなりのかみ 離離りりたるきび躍進やくしん
まさ若港わかみなと蜃樓しんろう 追逐ついちくせむとすれば
輪盤りんばんしぼ帝國ていこく奇虎きこ

これ ぎよするにへるひと



    • _

    おお 我らが巨大なる軍艦よ
    手すりに寄りかかり 海を眺めて漠然と風音を聞く
    海上には 春風が届くはずもないというのに

    昔のことを思い出す
    君と僕は同窓の仲
    初夢を教えあい
    花見の酒席で杯を交わす
    遊郭の三味線の音に 報国の大志を語り合った

    そして 軍の招集がかかった
    まだ若い僕らは 戦場に駆り出されることになった
    桜舞い散る参道の傍で
    僕らは互いに別れを告げた

    戦車は土埃を巻き上げて
    戦争は国を疲弊させていくばかりだ
    若港1の蜃気楼を追い求めて
    帝国は最後の超常艦隊を送り出した

    それを操る術は 誰一人として分からなかった


鏘鏘鐵甲城
海波切裂剖深怨
斜霧自痕生

浮世濁浪滔滔
誰聞隱處淒號
斟下一攏薄暮
迎風寂寞微搖

處處浩宇熾燃
代代悲歡焚遍
銹槍靜臥於此寒奩
枯黃舊時寄念
今人拂去老兵遺思
輕試且去征遠

征遠須臾止
漫漫鐵蓮發
野砲轟不滅
異術未能拔
悄飲風光喧鬧忘
虛煙醉臥沒天涯

再沽六文錢



鏘鏘さうさうたる鐵甲城てつかふじやう
海波わだつみ きて 深怨しんゑんかつ
斜霧しやむ あとよりしやう

浮世うきよ 濁浪だくらう 滔滔たうたうたり
だれ隱處いんしよ淒號せいがう
一攏ひとすぢ 薄暮はくぼろし
かぜむか寂寞せきばくとして かすかにれたり

處處ところどころ 浩宇かうう 熾燃しねん
代代だいだい 悲歡ひかん べてあまね
銹槍しうさう 寒奩かんれんにて靜臥せいがすれば
舊時きうじ寄念きねん 枯黃こわうにさす
今人こんじん 老兵らうへい遺思いし はらりて
かるためせばまさ征遠せいゑん

征遠せいゑん 須臾しゆゆにして
漫漫まんまんとして 鐵蓮てつれん はつ
野砲やはう とどろかせど めつせざれば
異術いじゆつ いまくにあたはず
しづかに風光ふうくわう喧鬧けんたうわす
虛煙きよえん醉臥すいが天涯てんがいぼつ

ふたた六文錢ろくもんせんなるを はむ



    • _

    おお 我らが勢いよき軍艦よ
    海を切り裂いて 海中の怨霊を呼び覚ます
    忌々しい霧は航跡から生まれる

    浮世の浪は濁り渦巻く
    凄惨な悲鳴は誰の心に届くというのか
    ならばいっそ 夕暮れ色を酒として酌み
    向かい風に寂しく立ち尽くすのみ

    戦禍はすべてを巻き込み
    人々の憂いも喜びも すべて焼き尽くす
    棚の奥にしまわれた錆びた銃に
    添えられた思い出の花は萎んだ
    それでも 先人の遺志を破って
    その銃を持ち 戦場に赴くしかない

    しかし 戦はすぐ終わってしまった
    海上に現れた鉄蓮2は 艦隊の行く手を阻んだ
    大砲では役に立たず
    異術をもってしても敵わなかった
    やがて 水平線の景色を眺め しばし喧騒を忘れて
    ごうごうと立ちのぼる硝煙の中で 酔いつぶれて逝った

    六文銭の渡し賃も 酒に使おう


漠漠鐵甲城
星夜泣露滴靜破
暫醒亦蒙蒙

惟顧青嵐凝波
蒸於澹澹秋水
遊塵溶菲菲
析作殘櫻滿江北
片片裂血痕
零落如雨任枯萎

忽覺身乍寒 誰奪我軍袍
卻望一老婦 掛之枯木梢
梢揚淋淡赤 衣下新芳澆
兩顧時莞爾 拈花哂寥寥

誰泣渺茫絕伊人
誰歌悠悠故土曲
誰恨刀兵重難持
惟有浮棺迷途客旅
迎風落淚 睹月流哀
更驚妖氛結影 不知何所欲

瞬目瞥厄間



漠漠ばくばくたる鐵甲城てつかふじやう
星夜せいや つゆしづく しづけさやぶ
しばらむれど 蒙蒙もうもうたり

ただ 青嵐せいらんなみらすを かへりみて
澹澹たんたんたる秋水しうすいにて
遊塵いうぢん 菲菲ひひたるに
せきして 殘櫻ざんあうつく江北かうほく滿
片片へんぺんとして血痕けつこん
零落れいらくすること あめごとまにましを

たちまにはかにさむさをおぼ だれわれ軍袍ぐんはううば
かへつていち老婦らうふのぞ これけて枯木こぼくこずゑ
こずゑがりて 淡赤たんせきしたた 衣下いか新芳しんはうそそ
兩顧りやうこするとき 莞爾くわんじとして はなつまみて寥寥れうれうとしてわら

だれ渺茫べうばうとして伊人いじんぜつすることを
だれうた悠悠いういうとして故土こどきよく
だれうら刀兵たうへいおもかたきを
ただ 浮棺ふくわんりて 迷途めいど客旅かくりよなす
かぜむかへてなみだとし つきあいなが
さら妖氛結影えうふんけつえいおどろ なんほつするところやもらず

瞬目しゆんもくすれば 厄間やくかんべつ



    • _

    おお 我らが寂しげな軍艦よ
    流星は露となり 滴り落ちて静寂を破る
    眠り人は目覚め しばし朦朧とした

    目を凝らすと 青い霧は段々と形となり
    目前には広々とした川が現れた
    空を舞う灰塵は美しく
    桜の花びらとなって 川に浮かぶ
    その一枚一枚は 血染めの色をした
    雨のようにはらはら落ちて 散っていく

    途端に肌寒く感じた 誰かが僕の軍服を剥がした
    振り返って見れば ひとりの老婦人がそれを枯れ木の枝にかけているところだ
    枝は微かに揺れ 軍服から淡い赤の血が滲み出て 木の根元の花々を濡らした
    もう一度その老婦人を見れば 老婦人は花をひねって 無言に微笑した

    誰かが 愛する人と別れることを泣いている
    誰かが 故郷の歌を高らかに歌っている
    誰かが 軍刀と銃の重さを恨んでいる
    水上に浮かぶ棺は 途に迷う旅人を載せていた
    向かい風に落涙し 月を見て悲しみを零す
    周囲に怪しい影が現れ 思わず息を呑む

    瞬く間に あの世が見えた気がした


悠悠鐵甲城
白衣漫遊兀蕩蕩
如霰缽中橫

撥曳聲聲狂
弦斷霎時成空妄
渺渺玄霧開
舟出猶見故人相

末屆學子 覲見先輩
昔聞太平洋上 疾霆虺虺
慨歌淪幽冥 如櫻散且碎

吁嗟乘神艦 微撫諸法印
帝國造於新 帝國造於末
本部至善終品
未祭以血以靈
然無有所愧焉
輪盤絞命將盡

渡鳥有歸日 征夫去不還
奔鹿逃飛矢 生民更剖肝
幸哉大夢終落幕
皆歸此地笑團圓

殘香沾影隨



悠悠いういうたる鐵甲城てつかふじやう
白衣はくい 漫遊まんいうすること 兀蕩蕩こつたうたうとして
あられごと缽中はちちゆうよこたはる

きて 聲聲せいせいくる
げんたりて 霎時せふじ 空妄くうまう
渺渺べうべうとして 玄霧げんむひら
ふねでて なほ故人こじんかお

末屆まつかい學子がくし 先輩せんぱい覲見きんけん
むかし太平洋上たいへいやうじやう 疾霆しつてい 虺虺ききたるを
慨歌がいか幽冥いうめいしづむことを さくらごとくしてりてくだくることを

吁嗟ああ 神艦しんかん かすかに諸法印しよほふいん
帝國ていこく あたらしきにいてつく 帝國ていこく すゑいてつくりたる
本部ほんぶ至善しぜんなる 終品しゆうひん
いまもつれいもつまつらざれど
しかはぢところ らざりしや
輪盤りんばんしぼいのちまさきむ

渡鳥わたりどり かへれど 征夫せいふ りてはかへらず
奔鹿ほんろく 飛矢ひしのがれて 生民せいみん さらきもかつ
さいはかな 大夢だいむ つひ落幕らくまく
みな 此地このちかへりて團圓だんゑんわらはむ

殘香ざんかう かげまにまうるほ



    • _

    おお 我らがさすらう軍艦よ
    肌着のまま 宛て所もなく彷徨い
    まるで鉄鉢に横たわる霰のように

    狂おしい音は弾けども
    弦が切れれば すべてが水の泡になろう
    濃く立ち込めた黒い霧が消え
    船の前に故人の姿を見る

    「小生 先輩方に会えて とても光栄に思います
     先輩方の太平洋上での勇姿は かねてより聞き及んでおります
     惜しむらくは 海中に沈み 桜のように散ったことでしょう

     ああ この神艦に乗ってからというもの 兵装を使う機会もなく
     帝国が作った最新鋭にして最後の超常艦艇
     艦政本部の最終兵器は
     誰の血にも濡らされずに 誰の魂も奪うことはございませんでした
     けれども恥じる気持ちは一切ございません
     帝国の命運が すでに尽きたのならば」

    渡り鳥は 去ってもいずれ帰ってくるけれど 軍人は 一度去ると二度と戻らない
    奔る鹿は 弓矢を避けようとするけれど 民は 戦争から逃れられず苦しむだろう
    幸いなことに この巫山戯た夢はようやく幕を閉じ
    皆 この地に帰って 団円に笑い合う

    そして残り香は 影とともに消えていった


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。