アストロラーベ研究所ジャーナルからの抜粋
rating: +5+x

電話番号 (814)-555-3346


アストロラーベ研究所

この文書は、異常の封じ込めを専門とする科学者が運営する公共メディアおよび収容会社であるアストロラーベ研究所の公開製品です。

この公開パンフレットは、アストロラーベ研究所ジャーナルの第045号から抜粋したものです。 購読時に使用可能です。

国民収容クラス: Krieger

監督科学者: ベン・ナイマン博士, 博士号, 医学博士

著者: ベン・ナイマン博士, 博士号, 医学博士

異常指定: 451-DIZZY COW Occurrence.

危険度: グリーン/ブルー ハイブリダイゼーション | ⭒⭒⭒⭒⭒ 公共の脅威

異常: この異常は、この組織の形成前に影響を受け、私の直接の前任者によってインタビューされたジェイミー・バイロンという名前の男性です。彼はウィスコンシン州モリンスキーの町で燃料精製所として運営されている組織に雇用されました。 独立した情報筋は、この組織が匿名を要求した異常収容組織であることを確認しています。

バイロン氏は、長期の孤立した記憶喪失の影響に関連する脳外傷に苦しんでおり、現在それは451-DIZZY-COW Occurrenceの基礎であると理解されています。現在バイロン氏は研究所の病院施設内で優先度の低い医療を受けています。 このインタビューの時点で彼は病気でしたが、研究所の質問に明晰的であり、協力的でした。バイロン氏のトラウマの本質は、神経概念的である可能性があります。 彼は現在同僚に反応していませんが、5年前に製油所から解放されてから3週間後、F. ヨハンソン博士はモリンスキーの彼の自宅でインタビューを行いました。バイロン氏の軍事訓練の痕跡は明らかだったものの、世帯は小さく、まばらに装飾されたタウンハウスでした。

J.L.スピアーズ博士、E.ファラガット博士、M.ウィザーズ博士を含む私の研究所の同僚は、バイロン氏の病気の感染が2023年の時点で世界中のさまざまなコミュニティで繰り返されていることに気づき、私に近づきました。 これらの影響は、バイロン氏が影響を受けた20年前より前に観察されています。 この文書とそれに添付されたインタビューは、451-DIZZY-COW Occurrenceの進展について住民を教育するために、研究所によって公開されました。

451-DIZZY-COW Occurrenceの事件は、現時点では、安全面から見て、最大の公共の脅威です。あなたまたはあなたの愛する人がバイロン氏と同じ症状に冒された場合は、このページの上部にある電話番号で研究所に電話してください。

出版前の数年間の査読の後、アストロラーベ研究所ジャーナルの編集者は、「ドゥーグ」と呼ばれる生き物が確かに脅威であり、インタビューから間もなく市政府によってほとんどが根絶されたことを考えると、彼らはバイロン氏の病気の原因ではなかったようです。 代わりに、これらの動物は、深刻な概念的欠陥を通してそれらを知覚する人間によって影響を受けるありふれた生物であると決定されました。したがって、451-DIZZY-COW Occurrenceは拡張され、危険度グリーン実体から危険度ブルーとなり、バイロン氏と彼の病気へと拡張及び変更されました。

これらの生き物に襲われそうになって気付かない人がいたら、すぐに電話してください。 さらに、それらは飼いならされた種であり、あなたの脳がそうではないと言っているにもかかわらず、あなたに依存していることを理解してください。 あなたや親戚が「頭の穴」の感覚や空虚感を伴う、物体や概念の突然の出現や消失に気付いた場合は、すぐに私たちに電話してください。 アストロラーベ研究所の451-DIZZY-COW Occurrenceの終了と収容を手伝ってください。451-DIZZY-COW Occurrenceを収容する方法については、雑誌の後ろを参照するか、上記の番号までお電話ください。

アストロラーベ研究所は現在調査を行っています。 アストロラーベ研究所は一般人の為ににここに存在しています。

この文書は、アストラ―べ研究所ジャーナルから抜粋したものであり、著作権はアストロラーベ研究所にあります。 アストロラーベ研究所は、世界中で活動している他の民間の収容及び意識向上活動を行っている組織とは別の組織です。

©アストロラ―べ研究所

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。